『たけしの挑戦状』『パワーブレイザー』タイトーのサントラ第2弾が9月28日発売


 クラリスディスクより、タイトーのサントラCD第2弾「Rom Cassette Disc in TAITO Vol.2」が発売される模様。

Rom Cassette Disc in TAITO Vol.2

 まさかの葬式ジャケット!

 以下、Amazonの説明文より引用。

ぶっ飛んだ世界観と不条理な難易度で多くのプレイヤーに衝撃を与えた、ビートたけし本人が監修の「たけしの挑戦状」。当時、子供たちに大人気だった映画・テレビ番組をゲーム化した「中国風ヴァンパイア」。家庭用DISKへのアーケードゲーム移植タイトル「奇々怪界 -怒涛編-」「遊メイズ」…etc、



 そしてタイトルリストは以下です。

DISC1
01.たけしの挑戦状
02.タイトー剣道ゲーム
03.中国風ヴァンパイアゲーム
04.たけしの戦国風雲児
05.パワー・ブレイザー
06.キャプテンセイバー

DISC2
01.奇々怪界 -怒涛編-
02.遊メイズ
03.ハレーウォーズ
04.究極ハリキリスタジアム&究極ハリキリスタジアム'88
05.究極ハリキリスタジアム 平成元年版
06.究極ハリキリスタジアムIII
07.中華大仙
08.インセクターX



 中国風ヴァンパイアゲームって、いったい何のことだろうと思ったら、あれだ。『キョンシーズ2』ね。タイトー剣道ゲームは『六三四の剣』か。

Rom Cassette Disc in TAITO Vol.2
ゲームサウンドトラック
クラリスディスク (2016-09-28)
売り上げランキング: 533

関連記事

日経サイエンス2016年10月号「ゲームと脳」特集


 明日発売の「日経サイエンス」2016年10月号で「ゲームと脳」特集が組まれる模様。

 公式サイトによると、ビデオゲームを楽しんでいると認知力など脳の働きに良い効果が表れることがわかってきました。とのことです。

 以下、目次を引用。

特集:ゲームを科学する
認知科学
ビデオゲームで認知力アップ  D. バヴェリア/ C. S. グリーン

情報技術
ビデオゲームを教育に  A. ガーシェンフェルド

ポケモンGOの先は? IoTからIoAへ  語り:暦本純一



 興味ある方は是非チェックしてみてください。


日経サイエンス 2016年 10 月号 [雑誌]

日本経済新聞出版社 (2016-08-25)


 ちなみに本日はこんな書籍も発売されています。

現代ゲーム全史  文明の遊戯史観から
中川大地
早川書房
売り上げランキング: 3,859


 併せて要チェックだ!
関連記事
[ 2016/08/24 14:53 ] ゲームネタ(全般) | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

【投票受付中】アメトークで「ボードゲーム芸人」がプレゼンされる!! 


 『アメトーーク!』若手プレゼン大会に芸人のいけだてつやさんが登場。『ボードゲーム大好き芸人』をプレゼンした模様。

『アメトーーク!』の若手プレゼン大会に「ボードゲーム大好き芸人」が登場(togetter)

bo-dokekmgein.jpg

 いけだてつやさんといえば、2009年頃に放送されていた「夜遊び三姉妹」という番組(地上派では珍しい家庭ゲーム機を題材とした番組だった)のふるぼっこ堂というコーナーに出演してましたね。毎回、格闘ゲームでアイドルをぼこぼこにしてる姿を見て、このひとはガチだなと思ってました。

 「夜遊び三姉妹」といえば高橋名人と毛利名人の対談が印象に残ってますが、名古屋地域ではなぜか番組が途中から放送されなくなっちゃって(改変のためネットされなくなった)、強制的に見れなくなったという苦い思い出もあります。

おばけ屋敷ゲーム
おばけ屋敷ゲーム
posted with amazlet at 16.08.24
バンダイ (2004-07-25)
売り上げランキング: 30,711


 話を戻しましょう。ボードゲームといえば、ファミコンとも親和性が高かったですね。

 なんとも言っても「パーティジョイシリーズ」ですよ。僕が持ってたのは「戦場の狼」でしたね。他にもキョンシーのやつとか、吉本芸人のやつを持ってました。パーティジョイシリーズに限らず、ファミコンゲームはボードゲームになってるものが多かったです。

 あと「風雲たけし城」とか「クレイジークライマー」とかの立体系ね。あれがまたアナログって感じで楽しんだ。それから忘れられないのが「お化け屋敷ゲーム」。ピンを押してギャーってやつね。嫁さんの実家にあるので今でもたまにやりますよ。あと人生ゲーム、これまた話したら長くなる(笑)

 大学生の頃に友達と「キン肉マン」のボードゲーム作って遊んでたこともあります。本編に一回でも登場したキャラクタが全部出て来る壮大なやつで、制作に3か月くらいかかったっけ(何やってんだ)


 ともかく、ボードゲームに興味あるひとはぜひこちらから投票してみてください。



日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)

辰巳出版 (2016-01-21)
売り上げランキング: 16,143
関連記事
[ 2016/08/24 10:48 ] レトロ玩具・グッズ | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて


転載禁止01
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


ネタ募集中!!

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
RSSフィード
follow us in feedly
QRコード
QR