<オロチ考案・新エクストリームスポーツ>
フリースタイル・リモコニング
競技用リモコン商品化計画
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

昭和時代へタイムスリップしたような老舗・模型店でほっこりした話


 今回は、かつて愛知県中の玩具屋・ゲーム屋さんを駆けずり回っていた私オロチがスルーしてたくらい住宅街にひっそりと佇む老舗・模型屋さんにお邪魔して参りました。あえて店名は伏せているのは、この記事を読んで、ドッとひとが押し寄せたら困るだろうなと思ったからです。でも紹介したいというジレンマ(笑)

 情報をくれたSさん(こちらも同様の理由で伏せさせて頂きます)の話では、そのお店はインターホンを押してドアを開けてもらうシステムとのこと。秘密基地的なイメージが膨らみます。車で通りがかると、とりあえずシャッターが開いていてホッとする。

maruesu12.jpg
 ※お店の様子。店名の部分は加工してあります。

 さっそく近くの有料Pに車を止めて徒歩でお店に到着。ガラス戸越しに見える店内は薄暗く誰もいない様子。教えてもらった通りインターホンを鳴らすも無反応。店の外から声をかけるも無反応。万事休すかと思われた矢先、扉をよく見ると「用事で出ました。すぐに戻ります」のメモ書きが……
 
 10分くらいおいて再びお店を訪ねる。今度は人影があったので「お邪魔しまーす」と店内へ入ると、店番をしていた70代くらいのオバチャンが「どうぞー」とにっこり。備え付けのテレビを見ながら「今ね、星座の勉強してたの」って、ちょっと待ってください!

 たしかに、たまたま星座の番組がやってたみたいですけど、僕ってこの店、初めてですよね。二言目で、いきなり世間話って、どんだけフレンドリーなんですか!(汗)

 正直、ここ最近の老舗巡りではネット転売屋扱いされたり、ロクなことがなかったりしたので、僕は必要以上にビビっていたのですが、このオバチャンの対応に一気に緊張が吹っ飛び、乳首が陥没するくらい胸を撫で下ろしたのは言うまでもない(笑)


 店内の電気をつけてもらうと、そこに広がっていたのは小学生時代にタイムスリップしたような風景でした。

maruesu02.jpg

 本来は模型屋さんなのですが、店内入ってすぐのところがもはや昭和レトロゲームワールド。


maruesu13.jpg
 ※ブログ掲載の許可を得ています

 取り扱っている商品はファミコン、PCエンジン、メガドライブ、スーファミを中心にPS3まで意外と幅広いです。お値段は現在の相場とあまり関係ない感じ。かといって安いわけじゃありません。パチ夫くんシリーズが2500円だったりします。全部中古で、状態も良いというわけではなく、レア物もまったく見当たりません。せどり目的で行くと無駄足になることは、私オロチが保証しましょう!(笑)
 
 なんとも言ってもこの雰囲気ですよ。レトロゲーマーのおっさんだろうが、近所の子どものように、分け隔てなくフレンドリーに接してくれるオバチャンと「今、うちの息子がハマってるんですよ」とか何とか会話しながら、メガドライブ『ゴールデンアックス2』などを購入。満足していると、ご主人が帰って来た様子。また、ネット転売屋扱いされたらどうしよう。トラウマが甦り、顔がこわばる……

大塚製薬 オロナミンC ドリンク 120ml×50本

 しかし開口一番「風呂に行っていた」というご主人も、ことのほかフレンドリーで、どこの馬の骨ともわからない僕にオロナミンCをご馳走してくれる始末。長いレトロゲーム人生の中で、初対面のお店のひとにジュースおごってもらうなんて初めてだよ(笑)

 そこからは、しばらく御主人とラジコン談義に花を咲かせました。なんでもUコン(飛行機のラジコン)歴60年以上の大ベテランであり、このお店もご主人が会社勤めのかたわら趣味が高じて始めたとのことです。最近は飛ばすことのできるところが少ないと嘆いておられましたよ。趣味人の大先輩として尊敬いたしますが、なぜか知らないけどファミコン攻略本もオマケしてくれるし、少々、気前が良すぎでは?(笑)

maruesu07.jpg
 ※頂いたお名刺(裏面)。バリバリの模型屋さんです……

 これはあとでオバチャンにこっそり教えてもらった話ですが、ご主人は身体の一部が不自由で勤めに出られないオバチャンのためにお店を開いたというのが真相だそうです。なるほど。お店が50年以上続いている理由はご主人の愛だったのですね……

 久々にいいお店に巡り合うことができ、いい買い物をさせてもらいました。これだからレトロゲーム屋巡りはやめられません。70代になっても続けるぞ!(笑)



orotima-ku1.pngお店の名前がわかっても
コメント欄に書きこまないでね。

関連記事

復刻「ファミリーコンピュータMagazine」第2弾が10月5日に発売!!


 ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン、通称ミニスーファミの発売を記念して復刻「ファミリーコンピュータMagazine」第2弾が10月5日に発売されることがわかった。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine (ATMムック)

 以下、Amazonより引用。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの発売に合わせ、ミニスーファミ収録の21本のゲームを大特集し、あの『ファミリーコンピュータMagazine』が再び蘇ります!
そして今度は2大付録付き! 別冊付録は『スターフォックス』+『スターフォックス2』攻略ブック、そしてミニスーファミ収録ゲームの、当時の『ファミマガ』をスキャンしPDF化したものを収録したDVD-ROMももちろん付録として付きます!
DVD-ROM収録のページ数はなんと1500ページ超え! さらに20本のゲームのウル技をすべてまとめた「小技林」も特別収録しました!



 今回もボリュームがすごいね!


関連記事

任天堂「ミニスーファミ」公式サイトがオープン!! 最新動画も


minisu-famisaito0.jpg

 本日、「ミニスーファミ」公式サイトがオープンしました。

 それにともなって最新動画もアップされています。こちら↓



 21種類のゲームはもちろん。リセットボタンを押すだけの簡単なセーブ機能や、中断したところを少し巻き戻すことのできるリプレイ機能、セーブの中身が見えるマイプレイデモ、12種類の画面フレーム、アナログ画面モードなど機能が満載!

 HDMIで簡単にテレビに接続でき、USBで電源も取れる。これで定価7980円はおかしいっ!


orotima-ku1.png予約開始のXデイはいつになるのかな。
関連記事
[ 2017/08/22 16:36 ] SFC・64 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR