第4回 ファミコンパケ絵の世界!! ~その魅力の謎に迫る!!編~


 こんにちは。ファミコン研究家のオロチです。
 今回は普通に語ります。


<イメージを掻きたてたファミコンのパケ絵>

 ファミコンパッケージには独自の魅力があります。たとえば当時のゲームはパケ絵と実際のゲーム画面が違っていて当たり前でした。したがってファミコン少年たちは、パケ絵を見てイメージ(妄想とも言う)を膨らませていたのです。

 中にはあまりのギャップに落胆する者もいましたけどね(笑)

 darenanda0061.jpg
 ※『マドゥーラの翼』パッケージより


 たとえば小学生のとき『マドゥーラの翼』をジャケ買いしたS君は、ゲーム内の主人公ルシアの姿に「ぜんぜん違うじゃねえか!」なんてまったく言わないタイプでした。むしろ喜々としてプレイしてましたね。

rusia001.jpg

 もしかしてS君にはドット絵姿のルシアが、パケ絵となんら変わらない姿に見えていたかもしれません……




<ルシアの口は開いているか論争>

 こんなエピソードがあります。

 ルシアは泉で体力を回復することができるのですが、そのとき、S君は「ルシアの口が開いてる!」と言って譲らないんですよ。いやいや、そんなことないでしょとケンカになってしまったことがあったのです(笑)

rusia033.jpg

 写真ではわかりづらいですが、実際のゲーム画面を見てみると、たしかに回復の泉はチラチラと流れているので、ドットの一部がルシアの顔と重なることによってそう見えなくもないんです。

 でもね……
 僕は気付いたんですよ。
 そういうことじゃなかったんだなって……

 今は、S君の中では「ルシアの口は開いていたんだな」って素直に認める気持ちでいっぱいです。それは彼がたった一枚のパケ絵から妄想を膨らませた結果だったんじゃないでしょうか。いわゆる「感情移入」ってやつですね。 ※1

 そこには、ファミコンの時代のゲームは極端に公式イメージが少なかったって事情も関係すると思われます。とにかく、たった一枚から脳みそが擦り切れるまで妄想するしかなったのですよ。そりゃあ口ぐらい開いて見えますって(笑)  ※2


 ※1 そもそも飲んでるんじゃなくて、浴びてるんじゃない? ってツッコミはしてあげないで下さい(笑)
 ※2 ちなみに本作品は何度か漫画になっていますが(みなづき由宇版、もりけん版等)、当時、S君がそれを知っていたかは謎……




<出て来ないキャラクタすら描かれていた>

 『マドゥーラの翼』には他にも特筆すべき点があります。それはこの黒いおっさん……

rusia002.jpg

 ラスボスの「ダルトス」なんですが、なんと驚くべきことに実際のゲームには出て来ないのです。化け物姿でしか出て来なくて、とくに説明もなかったんですよ。今、こんなことしたら炎上しちゃうかもしれませんね(笑)


 でも当時、ほとんど問題になりませんでした。(イジられた程度)
 
 それは、ファミコンのパケ絵が、当時のハード性能や容量の関係で再現できなかった理想のイメージや、盛り込めなかった設定などを補う機能も果たしていたからなんじゃないかなって思うわけです。

pakee012.jpg

 もちろん、すべてのゲームがそうだったとは言いませんが「ゲームの進化=この3つの間隔を縮めること」だと考えるとわかりやすい。

 したがって不気味の谷現象じゃないですけど、この間隔が下手に狭いと逆に気持ち悪いってこともあるんですよね……




<パケ絵には独自の世界観すらあった>

 そう考えるとファミコンのパケ絵に、独自の魅力があってもおかしくありません。たとえばこんなツイートを引用させてもらいましょう。


 『ガーディック外伝』のパケ絵には独自の世界観がありましたよね。

 余談ですが当時、デザイナーがファミコンのパケ絵の依頼を受けた場合、十分な情報を得ていることは稀だったらしいですよ。したがってゲーム内容とかけ離れたパッケージ絵が誕生することもあったそうです。

 いくつか頭をよぎるなあ(笑)


 まさに「時代の妙」ですよね。そういうところもまた魅力なんですよ。ホントに。





<奇跡みたいな時代・奇跡みたいな物体>

 そろそろまとめに入ります。現在のゲームはスマホやダウンロードが主流になりつつあります。つまりパッケージは消えゆく存在なんですよね……

 参照記事:海外流出よりも深刻!? レトロゲーム消滅問題について

 元々ゲームはデータの集まりですから、わざわざパッケージ化して売っているほうが不自然だったのでしょう。100年、200年もすれば「ゲームをわざわざ物体にして売ってる時代があった!」なんて未来人たちに驚かれるかもしれません(笑)

 でも、だからこそこんな奇跡みたいな時代に生まれた奇跡みたいな物体を、僕は大切にしていきたいんですよ。ほら、昔から、大切に育てた娘のことを「箱入り娘」なんて言うじゃないですか。日本人にとってやっぱり箱って格別なんだと思うわけです。


Super Famicom: The Box Art Collection
 ※スコットランド人の熱狂的スーファミマニアが発行したボックスアート集(Amazonリンク)

 もちろん日本だけじゃありません。海外では「BoxArt」と呼ばれ芸術のひとつと見なされてますからね。パケ絵の魅力はワールドワイドなんです。


 ということで次回は紳士のたしなみ 谷間編(2)です(結局は)
 お楽しみに~!

<ファミコンパケ絵の世界 シリーズ>

1.お前は誰なんだ編(1)
2.背景と同化してる薄いおっさん編
3.紳士のたしなみ 谷間編(1)
4.その魅力の謎に迫る!!編
5.紳士のたしなみ 谷間編(2)
6.夜空に浮かぶお月さま編(1)





 ※以下のテーマも更新準備中です。気になるテーマがあったらどしどしリクエスト下さい

 勇者の剣はキラリと光る編、なぜか天気が悪い カミナリ編、ファミコンパケ絵は城でもつ編、敵に捕まってるお姫様・ヒロイン編、ガオーポーズしてる巨大なおっさん編、シュワちゃんのそっくりさん(もしくは本人)編 スタローンもおるでよ!! 他

第3回 ファミコンパケ絵の世界!! ~紳士のたしなみ 谷間編(1)~


 こんにちは。ファミコン研究家のオロチです。

 ファミコンのパッケージ絵の魅力を「一部からタイトルを当てる」というクイズ形式で伝えるシリーズ第3弾です。今回は皆様お待ちかね「紳士(と書いてヘンタイと読む)のたしなみ 谷間編」ですよ。しかも思ったより厳選が困難なため、3回に分けることが決定しました。おめでとうございます(笑)

 したがって「◯◯がない!」系の心配はご無用です。あえて今回、取り上げてないんだなという余裕をもってお楽しみください。

 全7問、まもなくスタートです。

 ↓
 ↓
 ↓

<第16問>
tanima01.jpg
 ※ちなみに出題番号はシリーズで通し番号となっております

 まずはこちらをご鑑賞ください。ビキニアーマーって防御力ないよね系の議論はいつの時代にもありましたが、そんな風雅を解さない連中をあざ笑うかのように、赤ビキニ一丁で颯爽と現れた偉大なる人物です。

 さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?
 

<第17問>
tanima4041.jpg

 続いてこちらは叶姉妹ばりのゴージャスな谷間が印象的な人物です。さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第18問>
tanima09.jpg

 少しマイナーです。金髪の女性がなにやらボールを持ってますね。何かのスポーツでしょうか。さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第19問>
tanima02.jpg

 キャラクター的にはむしろメジャー。華奢な体に貝殻のような水着を装着した姿。バックの赤は髪の毛です。さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第20問>
tanima10.jpg

 なんとも包容力を感じるデコルテラインです。コントラストの妙ですね。手前の鋭利な角状の物体が、その肉感性を際立たせているようにも見えます。さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第21問>
tanima4093.jpg

 こちらはディスクシステムからのエントリーです。見るからに通気性バツグンのコスチュームには清涼感が漂っています。さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?

 ↓
 ↓
 ↓

 いよいよ、ラストの問題です……

 ↓
 ↓
 ↓

<第22問>
tanima35.jpg

 この大胸筋と呼ぶにはあまりにも巨大な筋肉で形成されたガッチガチの谷間をご覧ください。Suica1枚入りませんよ(笑) 
 っていうか、よく見たらトップレスじゃないですか。いくらおおらかだったファミコン時代とはいえ(さすがに乳首までは描かれてませんが)、こんなパケ絵がまかり通っていたとは驚きです……

 さて、このファミコンソフトの名前は何でしょう?


 それでは答え合わせです。

 ↓
 ↓
 ↓

<16問目の答え>
sonota006_201704201356540b3.jpg
 
 『アテナ』(SNK/1986)

 ファミコン界きっての露出狂、じゃなかった(笑)、おてんば娘ことアテナ姫です。彼女のおかげで当時の小学生だどれだけ目のやり場に困ったことか……
 ちなみにアテナ姫が赤ビキニ姿なのは見た目通り、丸腰状態から装備がパワーアップしていく様を表現するためと言われています。なるほど、そんな理由なら仕方ないですね(納得しちゃうのかよ)


<第17問の答え>
tanima4040.jpg

 『銀河の三人』(任天堂/1987)

 PC向けにリリースした『地球戦士ライーザ』の移植作。キャラクターは超能力少女のリミ。デザインは漫画家の永井豪さんです。パッケージの裏の人物紹介を見ると、見事に別人になっているところが一興ですよね(笑)

tanima4044.jpg

 ファミコン時代のキャラクターは同一人物なのに、ゲーム内、パケ絵、説明書、全部違うなんてことはザラでした。そこには当時ならでは事情があるのですが、その話また別の機会にいたしましょう。
 逆に言えば、一人のキャラクターで何度も楽しむことができるのが、ファミコンパケ絵(なんならファミコン自体)の魅力のひとつだったりするのですよ。


<第18問の答え>
sonota002_20170420135653d1c.jpg

 『V'BALL』(テクノス/1989)

 健康的な水着の金髪お姉さんを中心に躍動感ある男たちが配置された素晴らしいデザインです。このゲームはファミコンの中でも数少ないトラックボール対応ソフトで、対戦プレイがめっぽう白熱しますのでお勧めですよ。


<第19問の答え>
reigai2.jpg

 『リトルマーメイド』(カプコン/1991)

 ディズニー映画「リトルマーメイド」を題材にしたアクションゲーム。主人公は人魚姫のアリエル。マーメイドらしく貝殻ブラを着用しています。それにしても刺さったら痛そうなお城ですね(笑)


<第20問の答え>
kaminari0910.jpg

 『メルヴィルの炎 ムーランルージュ戦記』(学習研究社/1989)

 これは難問だったと思います。教育雑誌で知られる学習研究社(学研)が、かつてリリースしたシミュレーションRPGです。したがってこの女性が一部マニアから学研のおばちゃんと呼ばれていた可能性は否定できません(笑)
 パッケージ学的には、装飾的な枠、お城、カミナリ、光る剣、谷間と、見所の多い秀逸なデザインですね。「メルヴィルの炎」なのに炎感があまりないところなど示唆に富んでいます。さらに言えばムーランルージュはフランス語で「赤い風車」という意味なんですが、なんなら風車感もありません。この、あえて外していくスタイル。素敵です。


<第21問の答え>
tanima4090.jpg

 『ダーティペア』(DISK/バンダイ/1987)

 ファミコン界ではアテナ姫と匹敵するほどの肌色率を誇る二人組です。元々は同名の小説であり、アニメ化され、映画にもなっています(見たことないけどね)。いわゆる版権ものってやつ。ちなみに本作は『レイラ』(dBソフト/1986)とよく混同されるのですが、むしろ『レイラ』のほうがこちらの原作に影響を受けていると言われています。


<第22問の答え>
IMG_1020.jpg

 『カルノフ』(ナムコ/1987)

 元祖ムキムキおじさん。オチに使ってすみません(笑)


 ということで、今回はここまでとしましょう。
 また次回、お楽しみに!

<ファミコンパケ絵の世界 シリーズ>

1.お前は誰なんだ編(1)
2.背景と同化してる薄いおっさん編
3.紳士のたしなみ 谷間編(1)
4.その魅力の謎に迫る!!編
5.紳士のたしなみ 谷間編(2)
6.夜空に浮かぶお月さま編(1)





 ※以下のテーマも更新準備中です。気になるテーマがあったらどしどしリクエスト下さい

 勇者の剣はキラリと光る編、なぜか天気が悪い カミナリ編、ファミコンパケ絵は城でもつ編、敵に捕まってるお姫様・ヒロイン編、ガオーポーズしてる巨大なおっさん編、シュワちゃんのそっくりさん(もしくは本人)編 スタローンもおるでよ!! 他

第2回 ファミコンパケ絵の世界!! ~背景と同化してる薄いおっさん編~


 こんにちは。ファミコン研究家のオロチです。
 ファミコンソフトのパッケージ絵を眺めているといろんな発見があります。たとえば、背景と同化してる薄いおっさんがやたら多いなあとか……

 気づいたらまとめたくなってくる性分なので困ったものです(笑)
 さっそくクイズ形式で紹介していきますね!


<第8問>
usuihito0101.jpg
 ※ちなみに出題番号はシリーズで通し番号となっております

 このキャラクターが描かれたファミコンソフトの名前をお答えください。
 まずはメジャーどころから行こうかな。悪魔みたいなお城の横に、どう見ても血吸うのが得意そうな薄いおっさんが、目ん玉光らせてますね。あ、しまった、もう答え言ってるようなもんじゃん(笑)

 じゃあ答え合わせするよ!

 ↓
 ↓
 ↓

<第8問の答え合わせ>
usuihito0100.jpg

 『悪魔城ドラキュラ』(コナミ/1986,1993)
 もともとディスクで発売されたコナミの名作アクション。ROMパッケージは1993年の再販版ですね。このパッケージ絵は、お城、薄いおっさん、キラリと光る武器など、パッケージ学的な見地からみても、かなりポイントを押さえた素晴らしいデザインです(笑)

 次から7問ノンストップで行くよ!


<第9問>
usuihito0091.jpg

 フードをかぶった薄いおっさん。口元がなんかくやしそう(笑)
 さて、このキャラクタが描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第10問>
usuihito0011.jpg

 わりとしっかり描き込まれた赤目の薄いおっさん。薄いオッサンはたいてい空にいるので、全体的に青いのが特徴ですね。私はこれを「限りなく透明に近いブルー」と呼んでいます(笑)
 さて、このキャラクタが描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?

 

<第11問>
usuihito0043.jpg

 脳みそむき出しの半分薄いおっさん。ファミコンにはこの“半分だけ薄いおっさん”ってのも何人かいます。あれ、待てよ。これはチャンス問題ですね。なんと、主人公の顔が見切れちゃってるじゃないですか。えっ、こんなやつ知らない?(笑) そんなわけないでしょう。ほら、サンソフトの、ほら……


<第12問>
usuihito0051.jpg

 ダースベイダー似の薄いおっさん。もういきなりヒント言っちゃうとこれもサンソフトのゲームですよ。ほら、BGMが評判の、ほら……


<第13問>
usuihito0031.jpg

 耳の尖ったスキンヘッドの薄いおっさん。
 装飾の入った襟がいかにもSFに出てくる軍人って感じ。それにしても薄いおっさんは白目率が高いですよね。ヒントですが、グラディウスの世界をモチーフとしたシミュレーションゲームといったら、さすがにわかっちゃうかな……


<第14問>
usuihito0081.jpg

 コミカルな感じの薄いおっさん。やっぱり黒目が描かれていると一気に親しみが湧きます。悩みを打ち明けたら普通にアドバイスとかくれそうですもんね(笑)
 ヒントはタイトーの後期RPGです。知名度は低いですが評価はまあまあ。さて、このキャラクタが描かれたファミコンソフトの名前は何でしょうが


<第15問>
usuihito0114.jpg

 最後はメガネをかけたねずみ男みたいな薄いおっさん。
 恐竜とか線路とか、もう色んなものが見切れちゃってますね。むしろ積極的に見切れていくスタイル(笑) ちなみに左側に見切れているのは主人公です。東洋的な雰囲気が特徴的なRPGでした。
 さて、このキャラクタが描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?


 それでは答え合わせです。

 ↓
 ↓
 ↓

<第9問の答え合わせ>
usuihito0090.jpg

 『ハイドライドスペシャル』(東芝EMI/1986年)
 ドラクエに先駆けてリリースされた本格アクションRPGでしたが、その不親切な設計により人気を博すことはありませんでした。キャラクターは魔王バラリス。魔王というよりご先祖様っぽいのは後光のせいでしょうか(笑)


<第10問の答え合わせ>
usuihito0010.jpg

 『アルテリオス』(日本物産/1987)
 ドラクエの成功で猫も杓子もRPGといった時代にニチブツがリリースした作品。薄いおっさんは帝王サーベラー。その見事な同化っぷりは教科書といってもいいくらいです。
 パッケージの左下、丸で囲まれた謎の2人組は、物語の核となるラド博士とレティシア譲ですが、右上の「1メガROM」だか「バックアップ機能云々」だかをこのひとたちが言ってるように見えますので、このゲームの作者とその娘だと勘違いしてるひともいたでしょうから、改めて申し上げます。違います!(笑)


<第11問の答え合わせ>
usuihito0040.jpg

 『エイリアンシンドローム』(サンソフト/1988)
 元々アーケードゲームだったという本作ですが、あまり知られていません。主人公の右横にいるエイリアンがほとんど映画「エイリアン」のエイリアンですね(笑)
エイリアン/ クラシック エイリアン - ビッグチャップ 7インチ アクションフィギュア 並行輸入品
 ゲームの詳細についてはセガ3D復刻プロジェクト公式サイトを読んでください(丸投げ)


<第12問の答え合わせ>
usuihito0050.jpg

 『ラフワールド』(サンソフト/1990)
 元々は映画「ターミネーター」のゲームとして作られたというサンソフトのアクションゲーム。そのBGMはファミコン最高峰と呼び声も高い。調べてみたところ、以下のサントラ集に入っているみたいなので興味あるひとはチェックしてみてね!

Rom Cassette Disc In SUNSOFT(通常版)



<第13問の答え合わせ>
usuihito0030.jpg

 『コズミックウォーズ』(コナミ/1989)
 某pediaや各種wikiなどネット情報では「グラディウスは局地戦でしかなかった!」というキャッチコピーで、さぞかし大々的にリリースされようなこと書いてあったので、当時のファミコン雑誌を確認したところ、この時期のコナミは「レーサーミニ四駆」推しだった節があるね。グラディウスシリーズの総括的位置づけでありながら単発(外伝扱い)に終わったことからも、何らか理由であんまりプッシュしなかったんじゃないかなあと推測します。なお、VC化もされてない模様。

usuihito0035.jpg

 ちなみにそのキャッチコピーとされるものは、パッケージ裏の煽り文であり、むしろ「コナミ初のシミュレーション」ってのがメインコピーだったような気がします。当時の広告や攻略記事(ファミマガ89年13号)等にも「グラディウス云々」は確認できませんでした。



<第14問の答え合わせ>
usuihito0080.jpg

 『SD刑事ブレイダー』(タイトー/1991)
 薄いおっさんはキングジャドー。このゲームはSDの名を冠していますがガンダムシリーズではありません。タイトーがファミコン後期にリリースした宇宙刑事物RPGです。内容的は良くも悪くもマイナーRPGですね。エンカウント率が高いのは後期ファミコンRPGにはよくあることです(笑)


<第15問の答え合わせ>
usuihito0110.jpg

 『道 -TAO- 究極の世紀末ロープレ』(VAP/1989)
 やたら宗教色の強いRPG。ファミコン再評価時代初期からカルトゲームとして有名でしたね。これは関係者に直接聞いた話なんですが、当時、メーカーがクリアできたひとに豪華プレゼントキャンペーンみたいなことやった際、わずか数通しか手紙が来なかったらしいですよ。まさに世紀末みたいな難易度でした(笑)


 ということでお送りしてきましたファミコンパケ絵の世界!!

 はたして、背景と同化してる薄いおっさんたちの魅力は伝わったでしょうか。実はおっさんだけじゃなく薄い女性も数名いたのですが、今回はどうしてもおっさん一本で行きたいという、私オロチの意向で全員カットになったことを、最後に報告いたします(笑)

 それではまた次回をお楽しみに!

<ファミコンパケ絵の世界 シリーズ>

1.お前は誰なんだ編(1)
2.背景と同化してる薄いおっさん編
3.紳士のたしなみ 谷間編(1)
4.その魅力の謎に迫る!!編
5.紳士のたしなみ 谷間編(2)
6.夜空に浮かぶお月さま編(1)





 ※以下のテーマも更新準備中です。気になるテーマがあったらどしどしリクエスト下さい

 勇者の剣はキラリと光る編、なぜか天気が悪い カミナリ編、ファミコンパケ絵は城でもつ編、敵に捕まってるお姫様・ヒロイン編、ガオーポーズしてる巨大なおっさん編、シュワちゃんのそっくりさん(もしくは本人)編 スタローンもおるでよ!! 他

第1回 ファミコンパケ絵の世界!! ~お前は誰なんだ編(1)~


 こんにちは。ファミコン研究家のオロチです。
 ファミコンソフトのパッケージ絵を眺めているといろんな発見があります。たとえばお前は誰なんだ!って思わずツッコミたくなるようなキャラクタとかね(笑)

 このシリーズではそんな研究成果をクイズ形式で紹介するよ!

 ↓

<第1問(とりあえず練習問題)>
ikki002.jpg

 この異常に発達したくちびる(笑)
 バカ殿さまに出てくる女中と同じ矢絣(やがすり)の着物が印象的な、この女性キャラクタが描かれたファミコンソフトの名前は何でしょうか? タイトルを答えてね。

 ↓
 ↓
 ↓

<答え合わせ>
ikki001.jpg

 答えはサンソフトの伝説的ゲーム『いっき』でした。
 キャラクタの名前は腰元。設定では美人ということになっているとか……

 まあ、こんな感じです。
 問題は徐々に難しくなっていくので覚悟してね。絶対に「お前は誰なんだ!」と言わせてみせますよ(笑) べつにそれが目的じゃないけど(笑)
 
 それでは5問つづけてどうぞ。


<第2問>
onyanko002.jpg

 ファンシーな絵柄に反して物騒なものを持ってますねえ(笑)
 さて、このキャラクタの描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第3問>
drabasu002.jpg

 フルフェイスのヘルメットを抱えてる変なやつ。
 この口の位置は、どう解釈したらいいのでしょうか……
 っていうか、なんなんだよ、こいつ(笑)
 さて、このキャラクタの描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第4問>
darenanda0112.jpg

 コロコロコミックでやっていた某お金持ち漫画の主人公に似てますね。
 ピエール、カトリーヌ、フランソワ~ なんて声が聞こえてきそうです(笑)

 さて、このキャラクタの描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?
 答えてくりくり~


<第5問>
pacman003.jpg

 これもまた、どこかで見たことあるキャラクターですねえ。
 ジャンプで連載していた某バトル漫画の初期ヒロインにそっくりです。
 その漫画の主人公のこと、唯一「孫くん」って呼んでませんか?

 さて、このキャラクタの描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?


<第6問>
pacman003.jpg
 
 このキャラも、とぼけた顔に反して物騒なもの持ってますねえ(笑)
 口がεのくせに、ポケットに手つっこんでるし……(それはいいだろ)
 そこそこ難問だと思うのでヒントをひとつ。いわゆる版権(人形)ゲーです。

 そろそろ答え合わせだ。

 ↓
 ↓
 ↓

<第2問の答え合わせ>
onyanko001.jpg

 『おにゃんこTOWN』(ポニーキャニオン/1985)
 見つかるとどこまでも追ってくる魚屋さんはトラウマ級でしたね(笑)


<第3問の答え合わせ>
drabasu001.jpg

 『ファミリーサーキット』(ナムコ/1988)
 ナムコの名作レースゲーム。車のドライバーはヘルメットの下に火傷防止などの目的でフェイスマスクをかぶっていることが多いですが、それにしても、こいつはいったい何なんだよ(笑)
 
darenanda0013.jpgdarenanda0014.jpg

 実はクルーたちもひとくせありますね。


<第4問の答え合わせ>
darenanda0111.jpg

 『スーパーチャイニーズ3』(カルチャーブレーン/1991)
 ボク珍殿下です。おぼっちゃまくんじゃなかったのね……


<第5問の答え合わせ>


 『ドラドラドラ.』(ナツメ/1991)
 RPG要素を取り入れた麻雀ゲーム。麻雀には不思議なコラボ力あるよね。脱衣将棋とかRPG囲碁とかあんまり聞いたことないもん。しかし、このキャラクターたち。なんとなく未発売に終わったRPG『オフザーケン』をほうふつとさせるなあ。

of10.jpg
 参照:幻のソフト研究所「オフザーケン


<第6問の答え合わせ>


 『ロストワード・オブ・ジェニー 失われたメッセージ 』(タカラ/1987)
 当時、女児に大人気だったジェニーちゃん人形(うちの姉も持ってました)が、なぜかアクションゲームの主人公に。その超絶な難易度や、おどろどろしい世界観はイメージがまったく逆でしたが、それでも何となくまかり通ってしまういい時代でした(笑)
 ちなみに、とぼけたおっさんは殺し屋ブラッキー。殺し屋だったのかよ!

 次で最後です。

 ↓
 ↓
 ↓

<第7問(超難問)>
wanpaku002.jpg

 最後は超難問だ。

 なんでしょう。この足の生えたプリンは(笑)
 しかも、なんか汁、じゃなくて汗が出てますねえ。
 プリンのくせに何を焦っているのでしょうか……

 さて、このキャラクタの描かれたファミコンソフトの名前は何でしょう?

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

<第7問の答え合わせ>
wanpaku001.jpg

 『わんぱくコックンのグルメワールド』(タイトー/1992)
 タイトーがファミコン晩年期にリリースしたマイナーなアクションゲームです。2013年2月に亡くなったゲームクリエーター・飯野賢治のプロデュース作品でもありました。
 この敵キャラの名前はプリプリン。よく見たら、足が生えてるのはプリンじゃなくて皿なので、本体は皿の可能性……、おっと、そろそろ終わりの時間が来てしまったようだ……



 以上。いかがだったでしょうか。
 全問正解は難しかったかな。まあ、このシリーズはクイズが目的ではなく、ファミコンパッケージの楽しい世界を皆さんにお伝えすることが目的なので、ガッカリする必要はありません。むしろ次回からは本格的にテーマをしぼっていくので、超マニアックな内容になることをご容赦ください(笑)

 こちらが主な更新予定です。

<ファミコンパケ絵の世界 シリーズ>

お前は誰なんだ編(2017/04/19 UP!!)
・夜空に浮かぶ怪しい月編
・勇者の剣はキラリと光る編
・紳士のたしなみ 谷間編
・紳士のたしなみ お尻編
・なぜか天気が悪いよ カミナリ編
背景と同化してる薄いおっさん(2017/04/20 UP!!)
・背景でガオーポーズしてる巨大なおっさん編
・もはや捕まるのが仕事!! お姫様(ヒロイン)編
・シュワちゃんのそっくりさん(もしくは本人)編 スタローンもおるでよ!!



 テーマだけでわくわくしますね(笑)
 それでは次回をお楽しみに!!



 ※ 「ファミコンパケ絵の一部からタイトルを当てろ!!」からタイトルを変更しました。

妖怪「コレ捨てババア」は現代の闇だね!


 皆さん、コレ捨てババアって知ってます?

 僕はリアルで遭遇したことはないんですけど、ネット上にはよく出没するらしいですよ。コレ捨てバアアはとにかくコレクションを捨てるのが大好きな妖怪でしてね、しかも自分のじゃなくて他人のを捨てるってところが業が深いっすよね。さすが妖怪っす。
 まあ、正確に言うと他人じゃなくて旦那さんとか息子とか身近なひとのコレクションを手当たり次第に捨てちゃうんですけどね。って、ますます業が深くなってるじゃないですか。怨念っていうか情念を感じますねえ。ただひたすら因果っす。

 こないだなんか、旦那さんの集めてたファミコンソフトを全部捨てたっていう大物ルーキーが現れたとかナントカで、妖怪界隈がざわついてますよ。「ダンシャリ、ダンシャリ」とかいう呪いの言葉を唱えながら息子のカードコレクションを捨てちゃう新種も発見されてるし。業が深いっすね。因果っすねえ。


 よく、そんなの釣り(ネット用語で創作という意味)だとか言うひといますけどね、妖怪に実在を問うなんて野暮ってもんですよ。そもそも最近では、テレビに“よく出る”らしいじゃないですか。フジテレビの情報番組とくダネには定期的に“出る”みたいだし、直近ではノンストップって番組に“出た”って噂ですよ。業が深いっすね。因果っすねえ。

obake.jpg
 ※イメージ図:いらすとや

 古来より妖怪は闇に住むと言われてますね。これも一種の現代の闇ってやつでしょうか。文明が発展して人間社会は闇を排除してきたわけですけど、その代わり現代の妖怪は人間の心の闇に住んでいるのかもしれません。

 まあ、そういう僕も実は……
 ファミコンジジイっていう妖怪なんですけどね!(笑)
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS