有名エミュレータ開発者「1万ドルの価値あるファミコンソフト輸送中に紛失」事件が解決へ!!


 海外の有名なエミュレータ開発者Byuu氏に悲劇が舞い込んだ。



<消えた100万ドル>

 ドイツの協力者が送ってくれた100本ものSNESソフト(海外のスーパーファミコン)が1か月以上も届いてないというのだ。そのソフトの中には非常に希少なものも含まれており、その市場価値は7500~1万ドルになるという。日本円にしておよそ100万円前後である。

 Byuu氏の目標は世界中のスーパーファミコンソフトを完全にアーカイブ化することだった。

 彼の開発するエミュレータは完全な再現を目指している点で他のものと異なっていた。すでに北米725タイトルのSNESソフトを入手し、データはもちろん、カートリッジ、パッケージ、説明書などをスキャン画像をできるかぎり保存しデータベースを完成させているという。
 次のステップとしてByuu氏は、ヨーロッパ(PAL)のソフト、さらには日本のスーパーファミコンソフトの完全制覇を目指していた。

snes_hunnsitu03.jpg
※image:wikipedia cc

 そんなとき協力してくれたのがドイツのコレクターだ。まず初めにドイツからDHL(国際輸送会社)経由で100本のソフトが彼の元へ届いた。さっそくそれらをアーカイブ化しドイツへ送り返した。2週間ほどかかったそうだが1回目のやりとりはうまくいったようだ。

 しかし2回目の100本が1か月経っても届かない。彼はまずDHL社に連絡をした。するとすでにUSPS(アメリカ郵便公社)へ渡したという回答を得た。次に彼はUSPSに問い合わせたが、満足いく回答は得られなかったという。



<一通の手紙>

 1月、Byuu氏は盗難を疑い、ツイッターなどSNS上で保険金などについての相談を持ちかけると主に、荷物の情報を呼びかけた。これをメディアサイトが取り上げたことによって、事態が大事になっていたったのである。

 Byuu氏はその間もむなしい努力を続けた。何度も郵便局へ足を運んだがとくに成果は得られなかった。SNSからも有力な情報は得られない。やがて彼はドイツのコレクターに1万ドル以上の賠償金を払うことを決意する。それは彼が13年間ものあいだ行ってきた「世界中のスーパーファミコンを完全にアーカイブ化する」というプロジェクトの頓挫を意味した。
 Byuu氏はSNS上でカンパを呼び掛けた。詐欺を疑う声もあったが、それなりに寄付が集まっていたという。

snes_hunnsitu01.jpg
 ※サムネイル画像:Lost Package(byuu.org)

 すると2月14日、Byuu氏はUSPSから一通の手紙を受け取った。それは「郵便物を包んでいたラッピング紙が見つかった」というものだった。しかしそれは彼に新たな疑問を与えた。フランクフルトからニュージャージーへ輸送される間に、その中身、つまり貴重なヴィンテージゲームたちはどこへ消えたのだろうか。

 謎は深まるばかりだった……



<完全なアーカイブ化が意味すること>

 そもそも、それらのゲームがなぜ貴重なのか。

 今回の事件を報道した欧州メディアサイトのひとつ「Eurogamer.Net」によると、そもそも世に出回っているエミュレータデータのほとんどは、何らかの手が加えられており完全なオリジナルとは言い難いという。それはバーチャルコンソールなど、任天堂が公式に出しているものですら事情は同じなのだ。

snes_hunnsitu04.jpg

 Byuu氏が世界中のスーパーファミコンソフトの「完全なアーカイブ化」を目指す理由にはそのような背景があった。そして、そこが彼の開発するSNESエミュレータと他のエミュレータとの大きな違いでもある。

 多くのエミュレータが「快適なプレイ」を目的としているのに対して、Byuu氏の目的はあくまでも「完全なアーカイブ化」なのだ。したがって彼のエミュレータは高スペックの環境が要求され、プレイには向かないとさえ言われている。

 ではなぜ彼は快適なプレイを犠牲にしてまで、完全なアーカイブ化にこだわるのか。

 その理由はエミュレータにも寿命があるからだ。同ソフトがPC環境で動作する以上、OSなどのバージョンがアップすればそれに対応して「快適なプレイ」ができるようオリジナルデータに手を加えていかなければならない。たとえば実機ではマシン性能の制約上、どうしても動作が遅くなる場面も、そうならないように改変されていたりする。あるいは言語を変えたりすることもできるだろう。そして厄介なのは、ほとんどの場合、それら改造されたデータは特定のエミュレータでしか動作しない。つまり互換性がないのだ。
 PC環境が刷新される度にそのようなことが繰り返されていけば、たとえ元々同じゲームだったとしても、数年後、数十年後には、それぞれまったく互換性のない別のゲームになっているだろう。

 そのような状況は本当の意味でのエミュレーションと言えるのだろうか……



<そして解決へ>

 Byuu氏に朗報が届いたのは2月23日のこと。いや、それは正確に言うと朗報以上のものだった……

snes_hunnsitu02.jpg

 彼の元へ届いたのは紛失したと思われていたゲームソフトそのものだったのだ。彼が歓喜したのは言うまでもない。

 Byuu氏の解説によると、まず1回目のやり取りの際、彼は100本のSNESソフトを2つの箱に分けてドイツへ送り返したという。その理由は100本をひとつの箱にすると保険限度額を越えてしまうためだった。しかし彼のその行動が悲劇を生んだのかもしれない。ドイツのコレクターが2回目の発送時にByuu氏が送った2つの箱を再利用したのだ。

snes_hunnsitu07.jpg

 そのとき、2つの箱をラッピング紙で包んで発送したらしい。しかしUSPSの機械を通る際、不幸にもそのラッピング紙がはがされてしまった。中からできてたのは使用済みの2つの箱。現場が混乱したのは想像に難くない……

 Byuu氏は言う。この時点でこの2つの箱を「料金不足の郵便物」として私に返却するのは可能だったはずだと。彼は盗難を疑ったことについてはUSPSに謝罪したが、ラッピング紙がはがれたあとの対応については改善を願った。なお、集めてしまった寄付は全額、返金するとのことである。


 なにはともあれ、見つかってよかったですね! 




 情報元:Lost Package(byuu.org)
[ 2017/02/27 14:45 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

シンプル・安い・こだわってる! しまむらの「ネオジオTシャツ」が大人気!


 今、しまむらで販売中のネオジオTシャツが大人気だ。

<3つの理由>

simamuraneojio01.jpg

 その理由はまずシンプルなデザイン。



 黒地にNEOGEOのロゴという非常にシンプルなデザインである。へたうま系の漫画のキャラがよくこういうの着てるよね。とかくごちゃごちゃしがちなゲームTシャツにあって、このような「ロゴだけ」というストレートなデザインは逆に魅力的だったりします。
 
 次に、その値段。

simamuraneojio03.jpg

 どう考えても1500円という安さは異常です。ちょっといいランチくらいの値段(笑)


simamuraneojio05.jpg
 ※オロチ購入のネオジオTシャツ

 しかも、商品タグがメモリーカード型になっているなど、実は細部にこだわっているという、なかなか玄人をも唸らせる仕上がりとなっているようだ。

simamuraneojio02.jpg

 ↑このカードホルダーの使い道はちょっと謎だけども(笑)

 シンプル、安い、こだわってる。3つの理由が人気の秘密だと思います。もう買う以外に選択肢がないですね。さっそく僕も昼休憩にしまむら走って買ってきました。



<気になる在庫・クオリティは?>

 まず、近所のしまむらに行くと店頭にはM,L,LLが各1枚ずつかかってました。このTシャツは「みんなのみんなのスウェッターズ」というシリーズのひとつなので、ほかの柄のものも在庫は各サイズ1枚ずつといった感じでした。他店舗は事情が違うのかもしれません。

 次にクオリティですが、以下にまとめました。

 生地
 1回洗ったら着れなくなるくらいのぺらぺらの生地ではなさそうですが、かといって分厚いこともない。1500円と言われたら1500円だなといった生地です。

 
 良く見ると真っ黒じゃありません。ほんのすこしグレーがかった黒です。写真を見るとロゴが丸く浮き出ているのがわかると思います。ロゴの部分は真っ黒です。

 サイズ
 M、L、LLの3サイズかと思います。普段僕はLですが、LLがジャストフィットしました。自分が太ったのかもしれませんが(笑)

 注意事項
 プリント部分が非常に繊細なようです。注意事項を見ると、ソファやバッグなど合成皮革製品に移りやすい。洗濯は他のものと分ける。プリント部分へのアイロンがけ禁止と書いてありました。



 以前、しまむらが出した「ロックマンTシャツ」のときはむしろ子どもへ着せたかったけどサイズが大人用しかなかったので諦めたんだよね。さすがにこの年になって、ドット絵のロックマンのTシャツを着るのは恥ずかしい。でもこういうロゴだったら着れる気がするし、部屋に飾ってもいいかもね!

 公式サイト:しまむら(メンズ カードホルダー付ゲームTシャツ各種)
[ 2017/02/23 10:08 ] ファミコンニュース | コメント(5)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

『ゴルフッ子オープン』にて小夜ちゃんの出し方が再発見される!!


 ツイッターの団結力がファミコンの難問を解いた。

gorusaya00.jpg

 『グルフッ子オープン』には『奇々怪界』の小夜ちゃんが登場するらしいことは、当時のファミコン雑誌などで紹介されていたのだが、長い間、その出し方が謎とされてきた。

gorusaya08.jpg

 そもそも説明書に書いてあるのだ。

 しかも水着姿が見られることもありますだって?
 これは大変だ!

詳細求む!ファミコン『ゴルフっ子オープン』にて、『奇々怪界』の小夜ちゃんが出てくる裏技の画像データが発掘される!(そうさめも)

 しかし本日、とあるツイートがきっかけとなり、ソフトの解析や情報収集が起こり、わずか1日で、その出し方が「ゲーム年鑑1989年」に載っていることが突き止められたのだった。経緯については上記事を参照してね。ツイッターおそるべし!

 その方法とは以下である。

 対戦相手が「プロ」
 キャディが「ちえみ」のときに
 6番ホールで3回OBを出す



 実際にやってみたので解説していこう。

 まずスタートしたら「にゅうげーむ」を選ぶ。どなた?で「COMと」を選ぶ。名前を入力する。クラブを確認する。支配人の長い話を聞く。するとキャディがランダムで決まるので、「ちえみ」になるまで繰り返す。6番ホールでOBを3回だす。

gorusaya02.jpg
 すると、突然「はしりタイ」が現れる。

gorusaya03.jpg
 あなた、プロ、ちえみ、らしき3人があたふたしながら唐突に「こんなとき、小夜ちゃんがいなければ!」とか言い出す。このあたりの展開はものすごいシュールだ。

gorusaya04.jpg
 「プロ」、「ちえみ」という選択肢を何度か選んでいると、満を持して小夜ちゃんが登場!
 これが長い間、謎とされてきた裏ワザかあ。

gorusaya05.jpg
 しかし、小夜ちゃんはその場を去って行ってしまう。
 したがって、とりあえず18ホールを頑張ってクリアしないといけない。
 ここはひとつ、楽しんでやろう。

gorusaya06.jpg
 すると、最後にパスワードが出るので、それをメモっておこう。
 リセットボタンを押し、今度は「ぱすわーど」を選んでパスワードを入力すると、対戦相手の選択肢に小夜ちゃんが登場するので、選ぶと……

gorusaya07.jpg
 はい、出ました!

 で、かんじんな水着が出る条件なのだが、そこまではわからなかった。というか力尽きました。あとは皆さんに任せます。僕のパスワードでよければ、使ってください。

 て めぢぺずこそるえじせてずぞみあ


 2文字目はスペースです。


<2017/1/14 追記>

ついに判明!ファミコン『ゴルフッ子オープン』にて、『奇々怪界』の小夜ちゃんが出てくる裏技が明らかに! (そうさめも)

 見事、判明しましたね。
 こういうときのレトロゲーム界隈の皆さんの団結力はすごいです。
 やはり、やり方は「対戦相手+キャディ+特定ホール+連続ミス」でした。当サイトも情報頂いてたんですが、仕事中だったので確認できず。そして、小夜ちゃん出したの意味なかったなんてあんまりだ(笑)

 やっと実機で確認できたので報告します。
 まずやり方としては「あしゅら」を出す。その方法は以下。

 対戦相手が「ママさん」
 キャディが「ひとみ」のときに
 5番ホールで3回OBを出す



sayomizugi01.jpg
 妖怪スライスが出現。

sayomizugi02.jpg
 な、なんや、このはんぺんは!

sayomizugi03.jpg
 ママさんが唐突に「あしゅらくんを呼ばないと!」とか言い出す。
 すると、なんか七支刀が出てきてものすごいエネルギーを放ち始める。

sayomizugi04.jpg
 あしゅらくん登場。
 しかし、例によってそのまま去って行ってしまうので頑張って18ホール終えよう。

sayomizugi07.jpg

 パスワードは「なぎらであぞしちろかぜたなぞでそち」だ。

 そして、いよいよ小夜ちゃんの水着姿の出し方は以下。

 対戦相手が「あしゅら」
 キャディが「ひとみ」のときに
 13番ホールで2回ウォーターハザードを出す



 まずはキャディが「ひとみ」になるまで頑張ろう。
 ちなみに僕は1回目「てつこ」が出て来たけど、2回目は「ひとみ」でした。

sayomizugi09.jpg 
 これがあしゅらくんのティーショット。
 決まってるね。でも、あしゅらくん、意外と下手くそだぞ。

 そして13番ホールで海に向かって打て!(2回)

sayomizugi05.jpg
 すると、あしゅらくんが何やら見つける。
 
「よぶ」と……

sayomizugi06.jpg
 出ました。
 水着姿の小夜ちゃん!

 ブラウン管のせいか、ちょっとぽっちゃりしてますね。


 最後に調子に乗って、再現してみた画像を貼っておきます。

sayomizugi00.png

 みんなもチャレンジしてみてね!
[ 2017/01/14 00:44 ] ファミコンニュース | コメント(9)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

妻にファミコンソフト1000本処分された男(年収700万円)が優しすぎる件


 聞き捨てならないニュースです。

ファミコンソフト1000本を妻に無断で売られた男性が気の毒すぎる! レア物も二束三文で売却される悲劇 (ニコニコニュース)

hatugensute01.jpg


 記事によると10月28日、発言小町にて「コレクションを妻に勝手に売られた(愚痴)」なるトピックが投稿されていたという。

 内容を要約すると以下である。

・会社から帰ると1000本近くのファミコンソフトがなくなってた
・妻に問いただすと「欲しい時計とバッグがあったから売った」
・「自慢してたくせに一万円にもならなかった」と逆にキレられた
・コレクションには、子どもの頃からの思い出の品も入っていた
・結婚前に購入したものであり、結婚後は一切購入していない
・戸棚にきれいに整頓して、出しっぱなしのようなことはない
・夫、30代サラリーマン 妻、30代専業主婦
・子供なし、借金なし、年収700万円

 SOUCE:コレクションを妻に勝手に売られた(愚痴)(発言小町)

 信じられない内容ですね。普通に窃盗じゃないですか!

 しかし何より疑問なのは、そもそも、なぜそんな理解のない女と結婚したかっていうことですよ。もちろん、世の中、ゲームコレクターに理解ある女性は圧倒的に少ないのですが、貧困問題が叫ばれている昨今で、年収700万もあるんだし、そうとう有利な立場だったはずです。(もちろん、結婚してから年収が上がった可能性もありますが)
 ただ、この妻の場合「理解がない」ってレベルを超えてますよね。ゲームだろうが何だろうが、他人が大切にしてるものを平気で捨てられる神経はどうかしています。

 まあ、実際の話、それだけ年収があれば、すぐに買い戻せるとは思いますけど(裸なら)、そういう問題でもなさそうです。

 彼は結局「日頃から妻ともっとコミュニケーションを取るべきでした」として、離婚はしない模様。どこまで優しいんだ。一点だけ物申すとしたら、匿名とはいえ、自分の妻のクソ具合をネットで晒す行為だけは理解できないかな。そんなの自分の恥ですし……

 ちなみに……
 このニュースを我が妻に話したところ「え、もうニュースになったの?」と言われ慌ててコレクションルーム確認したよ。そういえば、そんな投稿した憶えなかった(笑)

浜松科学館がファミコン展示「週刊ファミ通」編集長の特別講座も開催


 本日より静岡県は浜松科学館にて「30年ここまで進んだ科学と技術展」が開催されます。

hamamatufamituu.jpg
 ※サムネイル画像

 初代ファミリーコンピューター、ファミコンロボット、ゲームウォッチ等のレトロゲームの数々が展示される他、初代ウォークマン、CDウォークマン、初代携帯電話(ショルダーフォン)、30年前のカラーテレビ、日本初のノートパソコン、週刊ファミ通創刊号なんかも展示されるんだとか。

 開催期間は2016年12月23日(金・祝)~2017年4月2日(日)まで。

ファミコン通信 (エンターブレインムック)

 さらに来年1月28日には「週刊ファミ通」編集長林克彦氏による特別講演「ファミ通とゲームの歴史、その未来」が開催されるそうです。詳しくはホームページをご覧ください。

浜松科学館ホームページ
[ 2016/12/23 08:45 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS