「ゲームセンターCXベストセレクション赤・緑盤」8月2日発売決定!!


 人気レトロゲーム番組のベスト盤が出る模様。

【早期予約特典あり】ゲームセンターCX ベストセレクション Blu-ray 赤盤(仮)(特典内容未定)
<内容>
●有野の挑戦
『アトランチスの謎』
『プリンス・オブ・ペルシャ』
『忍者龍剣伝』
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』
●たまに行くならこんなゲームセンター
『たまゲー in 四国~愛媛・高知編』ディレクターズカット版

[特典]
●初回限定封入特典 番組特製トレーディングカード
●映像特典 有野の挑戦 おまけリベンジ『アトランチスの謎』3本勝負
●音声特典 コメンタリー『忍者龍剣伝』[有野課長・東島真一郎(初代AD)・笹野大司(2代目AD)・浦川瞬(3代目AD)]
●封入特典 有野課長名刺


【早期予約特典あり】ゲームセンターCX ベストセレクション Blu-ray 緑盤(仮)(特典内容未定)
<内容>
●有野の挑戦
『魔界村』
『ときめきメモリアル ~forever with you~』
『スーパーマリオワールド』
『クロックタワー』
●たまに行くならこんなゲームセンター
『たまゲー in 四国~徳島・香川編』ディレクターズカット版

[特典]
●初回限定封入特典 番組特製トレーディングカード
●映像特典 有野の挑戦 おまけリベンジ『魔界村』3本勝負
●音声特典 コメンタリー『ときめきメモリアル ~forever with you~』[有野課長・菅 剛史(プロデューサー)・藤本達也(演出)]
●封入特典 有野課長名刺


 予約得点でオリジナルボールペンがもらえるらしい。



orotima-ku1.png単行本も出るね。



CONTINUE SPECIAL ゲームセンターCX
ゲームセンターCX
太田出版
売り上げランキング: 4,408

学習まんが「ポケモンをつくった男 田尻智」5月16日発売!!


 「ポケモンをつくった男 田尻智」という学習まんが発売される模様。

pikatuyipuikaioksui.jpg
 ※画像はピカチュウのお面をかぶったピカチュウ(シュール)


 ポケモンの生みの親として知られる田尻智氏の生い立ちから、ポケモンを生み出すまでを「学習まんが」というかたちで描いた内容となっているようです。

ともにゲーム開発に没頭した仲間との交流や、ポケモン誕生に際して田尻氏の背中を押してくれた関係者とのエピソードが満載。ゲームクリエイターを目指す子どもたちにはもちろんのこと、ポケモンファンの大人が手にとっても楽しめる内容です。巻頭・巻末では、ポケモンの歴史のみならずゲーム業界の歴史が一目でわかる記事も掲載。


 なかなか骨太な内容ですね。


ポケモンをつくった男 田尻智 (小学館版 学習まんがスペシャル)


 < 目次>〉
プロローグ
第一章 昆虫とインベーダー
第二章 増えていく仲間たち
第三章 素人集団の苦戦~初めてのゲーム制作~
第四章 社会の荒波とポケモンのめばえ
第五章 続発するトラブル
第六章 ポケットモンスター誕生!
エピローグ

解説「なぜおもしろいのか?」を考え抜いた田尻智


 巻末の解説記事は、なんと、あの宮本茂氏が担当しているとのこと。
 興味あるひとはGetだぜ!!



orotima-ku1.png2009年に似たような本、出てるね




田尻 智 ポケモンを創った男 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
田尻 智 宮 昌太朗
メディアファクトリー
売り上げランキング: 19,128

発売中!! 「懐かしパーフェクトガイドVol.3」は格ゲー特集!!


 仕事から帰ったら私オロチも寄稿している「懐かしパーフェクトガイドVol.3」が家に届いていた。

natukasi0300.jpg

 毎回、ひとつの大きなテーマを掲げることが特徴の本誌、今回は格闘ゲーム特集だ。

 マイナー格ゲー好きとしては、じっくり、たっぷり、時間をかけて嘗め回すように読み耽りたい。ただし、それ以外のコーナーでは、各ライター陣が自分のやりたいことをやりたいようにやっているのも本誌の大きな特徴のひとつ……

natukasi0303.jpg


 今回は以下のようなバラエティあふれる内容となっているぞ。

・レトロゲー最新ニュース
・タイムスリップゲームレビュー
・美少女ゲーム写真館
・神ってるゲーム大紹介
・なつかしのRPGリプレイズ『ハイドライドスペシャル編』
・元データイーストサウンドチームバンド ゲーマデリックの今を追え!
・非公式ゲーム攻略本の世界
・ドラクエ没モンスター研究所
・探偵はGAMEにいる 第3回
・ネットで遊べる! プライズゲーム特集
・90年代プロレス格闘ゲームの世界・スーファミ編
・遊べる!歌える!ゲームで流れた歌詞付きミュージック
・レトロゲームの中のソビエト連邦
・最高10億円!? 遊戯王高額レアカード特集
・素晴らしきファミコン・ミュージックの世界 第1回
・懐かしPCゲーム列伝 第3回
・ダイヤルアップ探偵団 第3回
・古典ゲー能考古學大系 (漫画)
・しおまんZ (漫画)
 
 ひとつひとつの特集が、本当に好きなひとがやってるなあって感じ。この中のどれかを担当しているよ。なお、今回から神ってるゲームのレビューが記名制になったので、恒例のオロチは何を書いたでしょうクイズができないのが残念だ(笑)

 興味あるひとは是非、お手にとってみてください!



orotima-ku1.png表紙のドット絵で雰囲気がガラった変わったなあ。良いと思う。




2月28日発売「DOS/V POWER REPORT 2018年4月号」はレトロゲーム大特集!!


 2月28日発売の「DOS/V POWER REPORT 2018年4月号」という雑誌がレトロゲーム特集な模様。

DOS/V POWER REPORT 2018年4月号

 以下、Amazonより引用。

<内容紹介>
【特集】(全90ページ)
コンシューマ機、パソコン、アーケード
レトロゲーム、進化中。

■今、遊んでほしいレトロゲーム
コンシューマゲーム機編
パソコンゲーム編
アーケードゲーム編

■そのとき何が起こったか。世界中の遊びを変えた国産ゲーム機進化の歴史
■知ってる?知らない? 海外ゲーム機の歴史をひもとく
■タイトルコンプリートじゃ終わらない! PCエンジンコレクター探訪

■百花繚乱。ゲームとともに進化したパソコンたち
NECパソコン、王道は揺るがず
常にライバルの先を狙ったシャープ機の輝き
一度手にしたら離れられない富士通FMシリーズ
間口は広いがマニアックなMSXの世界
忘れちゃいけないこのパソコン
■全貌は誰も知らない。パソコンゲームのコレクションに挑む
■憧れの存在を今、大人買い レトロパソコンの買い方&使い方
■レトロゲーム文化の発信地BEEP
■深夜限定“遊べる"アダルトゲーム

■ワンコインの芸術、アーケードゲーム文化を追う
■自宅にオレ専用ゲーセンを作った男
■買おうぜ! アーケード基板

■全国レトロゲームスポット
関東編
愛知・関西編
■21世紀だからできた! 駄菓子屋ゲームが集結する聖地
■ザ・レトロモダン、ピンボールを遊ぶ
■ライトに、ディープに、ゲームバーで夜はふけて
■レトロゲームミュージックの最新形

■レジェンド達が今、語る
レトロゲーム・リアルトーク#2レポート
マイクロキャビン ~パソコンゲーム黎明期から90年代RPGブームまでの道程
今なお続くテグザー、シルフィードのルーツに迫る
ハイドライド伝説

 なにこれ、すごい濃いじゃないですか。

 海外ゲーム機の歴史とか、PCエンジンコレクター探訪とか、愛知のレトロゲームスポットとか、ものすごい気になるんですけど!



orotima-ku1.png即効で注文した!!



DOS/V POWER REPORT 2018年4月号

インプレス (2018-02-28)


フランス本を翻訳「スペースインベーダーを創った男 西角友宏に聞く」2月23日発売!!


 あの宮本茂も尊敬しているという「スペースインベーダー」を創った男・西角友宏氏が本を出す模様。

スペースインベーダーを創った男 西角友宏に聞く

<内容紹介>
 世界中で大ヒットを記録した業務用ビデオゲーム『スペースインベーダー』。このゲームを生み出したクリエイター西角友宏氏の原点や草創期の秘話を、フランス人ゲーム史研究家フロラン・ゴルジュ氏によるインタビューと、フライヤーなど数多くの貴重な図版を掲載して、全5章構成で足跡を紹介。

 ・第1章 :幼少期から学生時代。
   学生時代に体験した趣味や遊びからクリエイターとしてのルーツを探る。

 ・第2章:クリエイターデビュー当初。
   『スカイファイター』や『ボーダーライン』など、初期に手がけた業務用アーケードゲーム(エレメカ)時代を振り返る。

 ・第3章 アーケード版ビデオゲーム黎明期。
   アメリカから輸入されたブロック崩し『ポン』から始まるビデオゲームの萌芽を解説。氏が手掛けた日本製初のビデオゲーム『サッカー』を始めドライブゲームの『スピードレース』や『ウエスタンガン』などの開発秘話、アタリ社がもたらしたゲームの基盤の進化などを描く。

 ・第4章:『スペースインベーダー』誕生。
  『スペースインベーダー』のグラフィックデザインやルール、サウンドデザインなどの誕生秘話をもとに「インベーダーブーム」を振り返る。

 ・第5章:未来へ向けた作品開発。
   業務用テレビゲーム開発を離れ、未来に向けた新しい商品を開発していた時代の思い出や独立してゲームソフト開発会社を興した後の足跡など、そのキャリアを振り返る。



 この本はフランスで刊行された「Space Invaders - Comment Tomohiro Nishikado a donné naissance au jeu vidéo Japonais !」の日本語版なんだそうだ。発売は2018年2月23日。徳間書店より。

 興味のあるひとはチェックしてみてね!



orotima-ku1.pngこのペースで、フランスで発行された任天堂関連本(横井軍平さんの本とか)も翻訳よろしく!




スペースインベーダーを創った男 西角友宏に聞く
FLORENT GORGES
徳間書店
売り上げランキング: 33,888


【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。