高橋名人も『ポケモンGO』でいきなりピカチュウGET!? “裏技”という発明について


<名人も思わずやっちゃう裏技の魅力>

 『ポケモンGO』が世界中を巻き込む空前のポケモンフィーバーを巻き起こしている中、16連射でお馴染みの我らがヒーロー高橋名人がいきなり裏技でピカチュウをGETするという事案が発生。

 以下、名人公式ブログ16連射のつぶやき内エントリー「ポケモンGO」」より引用。

 まずは、裏技を使って、
 最初からピカチューをゲットです。(w


 それがどうしたと思うかもしれませんけど、往年のファンなら「あれれ」ってなるはずです。

 なぜなら名人は30年前に発行した著書「ファミコン戦士に告ぐ 名人はキミだ!」の16P「名人の情報コーナー」にて、このように語っていたのですから。

 こちら↓

meijiurawaza0.jpg

 オレは裏ワザ本はキライだし
 ろくにクリアもできないくせに
 裏ワザに走ってるヤツも好きじゃない


 め、名人、そりゃないっすやん!(笑)


 なんてのはもちろん冗談で、実は名人、そうは言いつつ、こう続けています。

 だけど、裏ワザはキミたちにとって、
 かなり魅力のあるものらしいから、
 特別に発見テクニックを教えておいてやろう


 やさしいな!



<高橋名人直伝「裏ワザを見つける方法」>

 それから高橋名人は同著で「プログラムのミスが裏ワザを呼ぶ」という、かなりつっこんだ話を展開してくれます。

 まずは自ら『ロードランナー』のランナーくんがはしごに片手をかけて止まっていると無敵になってしまうというバグがあったと告白。(実はこのあまりにも有名なバグこそ「裏技」という言葉が発祥したきっかけと言われています。※後述) 

 その後、どういうことをしたらバグ(裏技)が発生しやすいかを以下のように解説してくれているのです。

 1.敵にあたる
 2.敵の弾にあたる
 3.ボーナス点が入る
 4.自分のパワーがゼロ
 5.ラウンドをクリアする
 6.残り時間がゼロになる
 7.敵をやっつける

 このうち、どれか2つを同時にやったりすると
 裏ワザが発見しやすい


 やけに具体的ですね……
 


<“裏技”というゲーム界最大の発明>

 ゲームソフトに重大なバグが見つかると最悪の場合、回収騒ぎとなってしまいます。しかしファミコン時代にバグを「裏技」と言い張ることでトラブルを回避する試みがされました。そして、その試みは大成功をおさめたのです。

 これを偉大な“発明”と言わずに何と言いましょうか。

 逆境を強みに変える。まさにコペルニクス的転回ってやつですよね!


 気になるのが「誰が発明したのか」ということですけど、それについては高橋名人が例の『ロードランナー』のバグについて、当時、ハドソンと蜜月関係にあったコロコロコミックの担当者に相談したところ「裏の技ってことにしてみては」と提案されたこと発祥だと言われています。(Wikipedia参照)

 なおこの話については今のところソースがWikipediaしかないので、補強が必要かと思いますが、それをきっかけに日本中が裏技ブームになったことには違いありません。少なくとも「裏技という言葉を広めた」という事実はあるようです。


 そしてその中心的存在となったのはファミマガの「超ウルトラ技」(通称:ウルテク)コーナーでした。2011年発行「超実録裏話ファミマガ」によると、当時のファミコン少年たちは、さながら日本全国総デバッカー状態だったんだとか……

超実録裏話 ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集

 もちろん僕もその一員でしたよ。1度も採用されたことはなかったですけど!

 つまり、もう言うまでも無いと思いますけど、今の時代の裏技とファミコン時代の裏技っていうのは、少し意味が違うんですね。まさか、ピカチュウGETがバグじゃあるまい……

 かと言ってバグ技がファミコン時代の専売特許ということでもありませんが。



<ポケモンGOの裏技のやり方>

 ちなみに『ポケモンGO』の裏技とは、チュートリアルで現れる3匹を捕まえずに、先に進むとピカチュウが現れるというものらしいですよ。もっと早く知りたかった(笑)



高橋名人の新冒険島高橋名人の新冒険島

ハドソン 1989-09-29
売り上げランキング : 37306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2016/07/23 02:35 ] 高橋名人 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

毛利名人がデビュー30周年‼ 映画「GAME KING」裏話


 かつて高橋名人のライバル的存在として活躍した毛利名人が今年でデビュー30周年を迎えることがわかった。




 毛利名人といえばその誕生秘話(漫画)がいろいろおかしいことでも有名ですね(笑)

毛利名人の誕生秘話がいろいろおかしい件

 また、1986年には高橋名人とファミコン版『スターソルジャー』で対決する様子を映画化したという「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」が制作されるなど、時のひととなっていました。

 ゲーム対決が1本の映画になってしまうくらい、当時はファミコンブームだったんですね。

・GAME KING 高橋名人VS毛利名人 スターソルジャー 全5ラウンド 30分 (Youtube)


 これは、高橋名人から直接聞いた話ですが「撮影当時、毛利は本気でやってくるから困った」と言ってました(笑)

 名人たるものプロである以上、常に魅せるプレイを心掛けていた高橋名人に対し、若い毛利名人はただただ勝ちにこだわってきたというわけです。しかも高橋名人は当日、高熱を押し切ってプレイしてたんだとか。根性ですね。
 さらに映画の撮影はやらせ一切なしの本番ぶっつけだったというから驚きです。一歩間違えたらすべてが台無しになる壮絶な現場だったでしょうね……

 wakakihinomouritakahasi.jpg
 ※若き日の高橋名人と毛利名人

 ただ、毛利名人のそんなスタイルも名人という名を背負っているが所以。ものすごいテクニックの持ち主だったことには変わりなく、また、甘いマスクも受けて、当時は高橋名人と人気を二分するほどの存在でした。


 なにはともあれ、30周年おめでとうございました!





・映画「GAME KING 高橋名人 VS.毛利名人 激突大決戦」も完全収「ファミコンのビデオ」
ファミ通DVDビデオ ファミコン生誕20周年記念 ファミコンのビデオファミ通DVDビデオ ファミコン生誕20周年記念 ファミコンのビデオ

ソニー・ミュージックディストリビューション 2003-12-03
売り上げランキング : 85715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[ 2015/07/21 16:28 ] 高橋名人 | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

高橋名人が語る“ゲームの本質”に思うこと


takahasimeijin4.jpg

 週刊ポスト2015年4月3日号に高橋名人のインタビューが掲載中。


takhaisimeiin0213.jpg

 SOUCE;NEWSポストセブン


 以下、僕が気になった部分を引用。

 私はファミコンの最後にも関わっているんです。1994年に出した『高橋名人の冒険島IV』が、ファミコンの最後のソフトでした。今はハードも進化して、グラフィックや音楽は本当にすごくなっている。でもファミコン時代の子供たちがつまらないゲームでも必死に面白い遊び方を見つけていたように、ゲームの本質は「遊び方」という部分にあって、それはいつの時代も変わらないんだと思います。



 いわゆるクソゲー愛ってやつですね……

 ここからは僕の意見ですが、つまらないゲームっていうは、たぶん“今考えたら”つまらないゲームのことなんだと思います。当時僕も小学生でした。テレビゲームというものに初めて出会い、すべてが新鮮でした。でも当時、必死になってやっていたゲームを大人になった今やってみると、そうでもなかったってことあるでしょう。きっと当時は本当に面白くて、やっていたんじゃないかなあなんて思います。
 
 一方で、当時でもつまらないゲームはつまらなかった。子供って大人が思っているよりもずっとシビアですよね。うちの子なんか、嫁が一生懸命つくった料理を平気で「まずい」って言って残すし。僕がそんなことしたら思いっきり殴られますよ(笑)


 そう考えると、ゲームの本質は「遊び方」というのは、まさにおっしゃる通りで、たとえば『スーパーマリオブラザーズ』の中で、いかに自分を表現するか、どのルートを通り、どのタイミングでジャンプし、どこでコインを取るのか、すべてが自己表現なんですね。
 『火の鳥』だってそう。どこで鬼瓦を出し、どういう風にボスを倒すか。このゲームのボスって、近づいて適当に連打してれば、たいてい勝てるんですが、あえてそうしないっていうこだわり。

 そういうところにみんな、プライドを持ってやっていたんじゃないでしょうか……



週刊ポスト 2015年 4/3 号 [雑誌]週刊ポスト 2015年 4/3 号 [雑誌]

小学館 2015-03-23
売り上げランキング :

特集16ページカラー
「ファミコンの時代」
高橋名人・堀井雄二インタビュー他

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2015/03/27 02:00 ] 高橋名人 | コメント(4)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

高橋名人がゲーム会社を設立 「代表取締役名人」に


 こちらの記事によると、高橋名人が新会社の「代表取締役名人」に就任したということです。いやいやいや、代表とりしまりやく名人って何やねん!

dokidokiguruoskawakskus.jpg
 ドキドキグルーヴワークス公式サイトより

 社名は「ドキドキグルーヴワークス」というらしい。なぜ「カシャカシャ16レンシャ」じゃないんだ。まあ、そこはいいか。業務内容を一部抜粋。

 私たち「ドキドキグルーヴワークス」はゲームソフトやスマートフォンの 開発途中におけるテスト及び報告、バランス調整等多岐にわたる、ソフトウェア完成間近の お手伝いを行います。

 なるほど。名人っぽいね!

 まあ、なんやかんや言うとりますけども、肝心なのは、これから何を成していくかだよね。僕で良かったら何でも協力しますよ。いや、させてください!っていうか、言ってるだけじゃなくて、本当にメール出しちゃったよ。

 とにかく、会社設立おめでとうございます!
[ 2014/06/04 21:24 ] 高橋名人 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

高橋名人が秘蔵のお宝「スペシャルバージョン」の数々を公開(解説付)


 先日、自身のブログにて『スターソルジャー』の全国キャラバン版を披露した高橋名人。反響が大きかったようで、この度、秘蔵のお宝の数々を解説付きで公開した。

 その前に。

 前回、披露した『スターソルジャー』全国キャラバン版の数について、名人は50本くらいと言っていたが、今回、さらに詳しい説明した。

予選参加者用に10本。メインモニター用に1本。予備に4本(中略)
3会場あるのですから、それを3倍すると45本となります。(中略)
逆に、予備を含めて、各会場に20本を作ったとして60本なんですよね。
(中略)
絶対とは言えませんが、45本から60本の間である事は間違いないと思います。

 文珍ジャックと同じくらいかなあ。


 そして、名人秘蔵のお宝について、以下のように掲載している。
 
takahasimeijin00.jpg
 ※サムネイル画像:16連射のつぶやき

 その内訳はこちら。

・スターソルジャー早打ちソフト
・チャンピオンシップロードランナー パスワード無し
・桃太郎電鉄 有名人向けサンプル
・タイマー
・カラーバー
・特別バージョン ボンバーマン 非売品


 詳しい解説は名人のブログをチェックだ! 

スペシャルバージョン(16連射のつぶやき)

ファミソン8BIT SP~ゲームソング編ファミソン8BIT SP~ゲームソング編
高橋名人 桃井はるこ

メディアファクトリー 2014-03-25
売り上げランキング : 39188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2014/04/16 20:08 ] 高橋名人 | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS