レトロゲーム資料博物館の石井さんへ本音インタビュー


 今月初めに舞い込んで来たこちらのクラウドファンディングのニュース。

2020年に向けてレトロゲーム資料博物館の実現を!(石井 豊) - クラウドファンディング(Readyfor)
a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd_.png

 このプロジェクトに対して界隈の反応の多くは「誰が何をしようとしてるのか」という疑問だったように思います。そこで弊サイトではプロジェクトを立ち上げた石井豊さんへインタビューを実施。真面目な質問から、あえて答えにくいだろう質問までさせてもらい、本音で語って頂きました。

 さっそく行ってみよう!



◆石井さんについて◆

石井さんは「ラジオストック」を経営されているということですが、それはどんな内容のビジネスなのでしょう。また、楽天市場を撤退された理由を教えて下さい。

 廃品回収業者さんが集めてくれたレトロゲームを買取りに伺い、必要に応じて分解、清掃、整備後、販売というのを基本に20年間続けてきました。時代も変わり、個人売買が盛んになり、集まる量もこの20年で全盛期の20分の1ほどになり、劣化もさらに進み、それに対応する為に技術力を上げてきたつもりですが、さらに人を雇って売上を上げると、需要と供給のバランスが崩れる為、大きく出来る業種でもありません。
 現在は貯めた在庫を切売りしてますが、一生続くわけでもないので縮小しつつ進んできた次第で、楽天市場撤退もその一つです。


石井さんの一番思い入れのあるゲーム機&ゲームソフトは何ですか?

 小学四年生の頃、マイコンPC-6001を父親が買ってきてカセットテープ版のゲームで遊び、本を見ながらゲームを作ったりしてました。「オホーツクに消ゆ」もこれで解きましたが、後程やったファミコン版とのエンディングの音楽が全然違い、当時愕然としました。
 ゲームセンターに通い、一通り主要ハードは遊びましたが、高校生の頃、頑張って働き10万円程貯めPCエンジンCDROM2をフルセット揃えたのは強く印象に残っています。衝撃のCD媒体ゲームソフト、当時最先端のアニメーションや喋るビジュアルシーンにゲーム新時代を感じたものです。


それにしてもとてつもない量のレトロゲームですね。崩れたり、潰れたりしないか心配です。石井さんはこの写真で何を伝えたかったのでしょう?

 確かに写真で見ると、今にも崩れそうな感じもありますね。実際は、これまで数回、震度3~4位の地震に揺られたこともありましたが、崩れ落ちることはありませんでした。昨年新しい倉庫にすべて移動させたのですが、一番下の商品も問題ありませんでしたよ。この写真で支援者の皆さまにお伝えしたかったことは、修理や整備への想いです。この写真に写っている物は、ほぼすべて一度廃棄された物で修理や整備をする前段階の状態です。ここから一品一品、検査、修理や清掃、検品していき、商品化していました。
 次の新オーナーを幸せにし、大切に扱われることを思って、皆で仕事をやってきましたし、仕事を通して、様々なレトロゲームの問題点や、修理技術を発見する事が出来ました。写真で技術を紹介するより、修理整備前の物を見ていただいた方が解りやすいかと思い、この写真を使いました。


なるほど。これは修理する前のものだったんですね。




◆クラウドファディングについて◆

そもそもなぜクラウドファンディングなのでしょう。NPO法人ではできないのでしょうか。また、Readyforを選んだ理由を教えて下さい。

 NPO法人は人や知識が集まる場所であり、物を蓄える場所ではないと考えてます。博物館が実際スタートし、軌道に乗れば運営等をNPO法人でやって行ければ理想と思っています。
 クラウドファンディングは、インターネットを活用して、より多くの方々に知って頂くことが出来ると思いました。Readyforさんには2017年の初旬から相談させて頂きましたので、かれこれ1年半以上になります。その間、博物館の構想を練りながら、現状の事業仕分けや、展示会を行ったりと周知活動に取り組んできました。とても親身に相談に乗っていただいたことと、私たちの今の事業の現状やレトロゲームへの想いを一番よくわかって頂いてくれたので、Readyforさんにお願いさせて頂きました。


支援をしたくても5000円からはハードルが高いという声があります。またリターンに渋いという厳しい意見もありましたが、、、

 5000円からのハードルは高いというお声、リターンに渋いという厳しいご意見はその通りだと思います。まず、5000円からのハードルにさせて頂いた理由はリターン数に伴う事務作業を出来るだけ抑えたいというのが内情です。(※)
 次に、リターンの設定の理由についてですが、金額から見て、リターンが渋いのは、今回、人手も資金もなく、あるのは展示品と修理技術等という中で、純粋に半年間の運営費をご支援頂きたいのが本音です。頂いた支援金を少しでも博物館の充実に使えるように努力して行きますので、ご理解頂けましたら幸いです。

 ※その後、1000円からの設定が追加されました!


リターン品のデザインを担当されたチリ在住のホセさんって現地で任天堂サイトを運営していた人物ですよね。実はそのサイト見てましたよ(笑)

 そうです。現地で任天堂サイトを運営していました、人気グラフィックデザイナーです。アメリカの有名ビデオゲーム店のキャラクターグラフィックを担当してたりと、世界で活躍しています。JARGAのキャラやステッカーを作ってもらったり、今回のリターンの品も彼がデザイン担当予定です。今回のデザインの打ち合わせの為、こちらにも来てくれています。非常に日本文化が大好きでかなり詳しいです。ホセさんもファミコンのネタ!!の大ファンですよ。


えっ、やだ、恥ずかしい、、、


こうなってしまうともう手遅れですね。
 ※廃棄されていたゲームソフト(写真提供:石井さん)




◆ゲーム文化保存について◆

夫のコレクションを勝手に捨てる妻が我がサイトでも度々、話題になっていますが長年、廃品回収に関わって来た石井さんはどう見ていますか?

 物には何の変哲の無い石ころ一つにでも、思い出が詰まっていたり、高価なブランドバックでも飽きてしまえば邪魔と捨てたりする人は大勢います。レトロゲームも同じで、興味を持たない人達には子供のおもちゃ、カラオケの再生機(実際有ったんです!)とかにしか思ってないでしょう。
 今まであちこちの廃品現場を見ましたが、おばあちゃんが亡くなった瞬間、大事に受け継がれてきた由緒ある着物が、容赦なく嫁に捨てられたりと沢山見てきました。非常に残念でなりませんが、リサイクルできるものはリサイクルし、大事にしてくれる人の元へと繋げたいと思っています。


石井さんはNPO法人「JARGA」では、日本のゲーム文化の記録・保存活動をされているとのことですが、世界に比べて日本が遅れている理由とは?

 日本では現在、レトロゲームを見ようにも中古販売店に行って見る事くらいでしか出来ません。世界では、すでに常設された博物館が、世界のゲーム情報を発信したり、来場者が実物に触れて遊べたりと遥か先を行っています。博物館のバックヤードにも膨大な資料が蓄積され、専門の修理技術者や研究者が博物館で働いています。日本では常設された博物館が無く、技術や情報を蓄えるシステムも無く、すでに立ち遅れています。


では、どうすればいいのでしょう。

 業種にこだわらず、立場を超えて協力し、技術や情報を蓄えて行ける博物館を小さくても良いので早急にスタートさせるべきと思います。必ず日本の未来につながり、世界中の人々が訪れる魅力ある観光地、観光名所の一つになると確信しています。




◆博物館について◆

ゲームについては「プレイしてこそゲームだ」という考え方があります。プレイアブル展示はお考えでしょうか?

 はい、様々なハード、ソフトをプレイ出来るのが理想だと思っています。前回の展示会イベントでも触ってみたいという意見を多くの方から頂いていました。ハードを眺めてるだけでは寂しいので、プレイ出来る展示環境の実現も検討しなければならないと思っています。実現に向けては、実際にスタートしてから、利権者の皆さまとお話しして、解決や改善が必要なことを、一つ一つ解決、改善していかなくてはいけないと考えています。プレイアブル展示も重要な課題の一つだと考えています。

 ※米国ではゲーム保存に関してのみ著作権が免除になりました(参照)。日本も話が進むといいですね!


また、博物館を運営するとなると国内外のレトロゲームファンに刺さる魅力的な企画が必要になってくると思いますが、、、

 スタートすれば常設を始めスポット展示、イベントなど継続していかなくてはいけないと思っています。そのためには、ゲームに関わる様々な方々のご協力を頂くことも不可欠だと考えています。現在ゲームに携わっている方々や、過去にゲームに携わっていた方々に、今もご支援、ご協力をお願いして回っているところです。いくつかのアイディアはあるのですが、目標とする2020年オリンピックまで続けるには、まだまだ知恵を絞らなくてはいけません。


そもそも国内の博物館の多くが赤字という現状を知りながら、なぜ常設博物館という選択肢をえらぶのでしょうか。スーパーポテト、まんだらけがすでに外国人の観光スポットとなっているように、まずは店舗営業をしながら博物館を併設してもいいのでは?

 スーパーポテトさんや、まんだらけさんが外国人観光スポットになっている中で、そういう事業の可能性も選択肢にあると思います。私達がやっているNPO法人JARGAでの活動とレトロゲーム販売ラジオストックの2つが実店舗ではありませんが、併設してやってきました。収益を生まない活動は、どうしても時間、経済的にも余裕があるときにしか集中することは出来ません。この数年続けてきましたが、併設では非常に難しく、今回のチャレンジとなりました。
 実店舗を続けるというのだけでも現在は非常に難しい時代です。街のゲーム屋さんは全盛期に比べ、ほとんど無くなってしまいました。資金力も人手もない中で、今出来る事を考えた結果、純粋なレトロゲームの博物館に挑戦しようという結論に至りました。

 なるほど。いろいろ考えた結果なのですね。


石井さん~ なんか面白いのないっすか_?ってポテトの連中も見に来ますよ。
 ※倉庫を見に来た他店のスタッフさん(写真提供:石井さん)




◆NPO法人について◆

NPO法人「JARGA」については、その活動内容の周知がレトロゲーム界隈ですら十分とは言えない現状が見受けられますが、、、

 周知活動について、この1年間では、去年の9月の展示会を初めに、ラジオ出演3件、毎日新聞に掲載、立命館大学での講演会、地元フリーペーパー「Pontab」や動画サイトでの紹介が数件、取り上げて頂きました。しかし、ネットも含めて、積極的なメディア活動には手が回っておらず、受身の活動だったと思います。私としては、呼ばれたら極力喜んで赴く方針です。
 ですが現状は、現場での仕事も山のように抱えており、多くの皆様に届く程の情報発信が出来ていないのはJARGAの活動として不十分でした。もしよろしければ、どなたか情報発信を手伝ってくれる方が欲しいとはいつも切望しています。今後は、情報発信の充実に向けて行きたいと思います。


海外のレトロゲーム関連団体とは積極的に交流されているようですが、国内の各種団体、レトロゲームショップ、コレクター界隈とは交流しないのですか?

 スーパーポテトさん、ゲーム探偵団さんとは20年来のお付き合いをさせて頂いています。地元大阪、関西寄りになりがちですが、これまで知り合えた関連団体さんや愛好家さんとは相互交流を進めてきたつもりです。ですが、さらに様々な人達との協力が必須と考えています。私自身、人と話すのは好きな方ですし、一人で出来るものでもありませんので、喜んで出来るところから着実に文化保存活動への理解、交流の輪を広げて行きたいと思っています。


近年、国内ではレトロゲーム関連イベントが盛んに行われています。そのような場所へプロジェクトとして出展するお考えはありますか?

 はい、理念や目的が合うイベントには、資料博物館プロジェクトとして、是非参加して行きたいと考えています。そのためには、まず、博物館としての土台作りをしっかりしないといけないと思っています。博物館設立に集中できるように、この9月末で大きく業務体制を変えました。
 年内はクラウドファンドの成功に向けて対応に時間を多く取られると思います。ぜひ成功させて、国内のレトロ関連イベントへ資料博物館プロジェクトとして参加してイベントを盛り上げる活動ができたらと思っています。

これは期待ですね。石井さん、お忙しい中、インタビューに応えてくださってありがとうございました!


 この記事が、皆さんの「誰が何をしようとしているのか」という疑問を晴らすお手伝いになれば幸いです。


2020年に向けてレトロゲーム資料博物館の実現を!(石井 豊(ラジオストック店主、JARGA日本レトロゲーム協会理事長) 2018/10/12 公開) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

[ 2018/10/31 10:39 ] レトロゲーム | コメント(7)
 ブログパーツ

某ショップで買う気満々だったリンクスがとんでもない代物だった件


◆リンクスの思い出◆

 それは1992年頃の話――
 高校生のとき、オタクの友達が学校へ謎の黒い携帯ゲーム機をを持ってきた。



 アタリコープ社というメーカーが1989年にリリースした携帯ゲーム機「Atari Lynx(リンクス)」である。ゲームボーイでテトリスをやったことある程度だった私にとって、その携帯ゲーム機は大きさ、カラー液晶、ゲーム内容、何もかもが衝撃的だった。

 とにかく「California Games」というソフトのサーフィンのやつが面白くて、面白くて、授業が終わる毎に、狂ったようにやっていたものだ。

sa-finnoyatu.jpg
 画像:Atari Lynx - California Games "Surfing" [Epyx] 1991 - YouTube

 しかしある日、そのオタクの友達がたまたま学校に忘れて帰ってしまったとき、リンクスは机の中から忽然と消え去っていたのだった。そいつは「くそー、盗まれたー」と悔しがっていたが、真相は今となっては闇の中である、、、



◆あえて潰れているようなデザイン!?◆

 そんなほろ苦い思い出もあってか、リンクスは私の「いつか手に入れたいゲーム機ランキング」で常に上位ランクインしているハードなのだが、その希少性からプレミアが付いており、なかなか手を出せないでいた。すると先日、旅先で某ショップへ立ち寄ったとき、箱付でお手ごろ価格なリンクスに遭遇したのである。

lynx001.jpg

 ついに出会ったー!!

 もしかしたら持ってるひとなら、この上の写真だけですでに違和感を抱いたかもしれない。舞い上がっていた私には、というか、そもそも箱をまじまじと見たことのない私が、そのようなディテールに気づくわけもなかった。

 さっそく中を見せてもらおうとカウンターへ持って行く。するといっしょに旅をしていた仲間から「箱の角が変じゃない?」との指摘を受けた。

lynx002.jpg

 言われてみれば角は潰れているというよりも、あえて潰れているように見せかけているようなデザインだと思った。海外のゲーム機だし、そういうもんなのだろう。そんなことより早く、中を見せておくれ!



◆さすがに違和感を抱く◆

 箱を開けると中には発泡スチロールに挟まれた本体と説明書が入っていた。

 すぐさま動作チェックを所望。店員さんが電池を用意している間に説明書を取り出すと、明らかにコピー用紙に印刷したような粗末なものが出てきた。「素人がつくったみたいだな」思わず口に出たものの、説明書のコピーなどファミコンにはよくあることだし、不思議なもんでまったく気にならなかったのだ。

 しかし本体に電池を入れてスイッチオン。ウンともスンとも動かない。もしかしたらカセットを挿さないと動かないのかもしれないが、残念ながらこの店にはカセットが1本もなかったのだった。どうしよう。あーあ、死ぬほど悩む。高校生のとき夢中になったサーフィンのやつ。長い間ゲーム名すらわからなかったサーフィンのやつ。いつかリンクスを手に入れ遊び倒してやろうと夢見ていたサーフィンのやつ、、、

 遠路はるばる辿り着いた某ショップで、少し頑張ればGetできる金額。ゲームソフトはあとからどこかで買えばいい。まずは本体がなければ意味がないんだし。でも万が一、不動品だったら返品するのは距離的にいってほぼ不可能だ。あーあ、死ぬほど悩む。そんなこと思いながら、ふとひっくり返ったフタに目をやると、、、

 私は箱のつなぎ目が明らかにおかしいことに気が付いたのだ。

lynx005.jpg

 え、そもそも、つなぎ目って何だよ!?
 よく見たら箱の構造が違うじゃん、、、
 これ、誰かが勝手につくったコピー品じゃないかっ!



◆手作りの箱の謎◆

 買う気満々だった私が正気に戻った瞬間である。

 この箱はオリジナルの箱をコピーしたものをダンボールに貼り付けただけの代物だったのだ。説明書のコピーやゲームそのもののコピー品なら(残念ながら)よく見かけるものの、箱をコピーしたものがお店で売ってるところを見るのは始めてだった。しかもどこにもそのような注意書きがないからタチが悪い。

 ただし、私には怒りのような感情は湧かなかった。そんなことよりもいったい誰が、どんな目的でこんなもの作ったのだろうかという好奇心が先行してしまったのである。

lynx003.jpg
 この発砲スチロールも手作り品か!?

 箱や説明書をコピーできるということは、オリジナル品を持っていて、コピー品をつくったあと、オリジナルの箱だけどっか行ってしまったのか。それともオリジナルは箱ごと売って、あとから本体のみ別で入手しニコイチしたのか。あるいは2台持ちで1台は箱なしだったので、コピー品をつくったものの不要になって売り払ったのか。もしくは、業者による組織的な犯行か、、、

 ついつい謎解き大好き人間の性分が出てしまったのだ(笑)
 
 結局、釈然としないまま私はその店をあとにした。みんなも“旅先で気が大きくなってるときに探してたやつを見つけて買う気満々になっちゃって違和感とかにまったく気付かなくなっちゃうやつ”には気を付けてね!



orotima-ku1.pngまだまだ修行が足りんなあ

[ 2018/10/28 00:47 ] レトロゲーム | コメント(10)
 ブログパーツ

2020年「レトロゲーム資料博物館」設立へクラウドファンディング始る。希望地は大阪日本橋!!


 JARGA日本レトロゲーム協会理事長の石井豊さんがレトロゲーム資料博物館を設立するためクラウドファンディングを開始しました。

2020年に向けてレトロゲーム資料博物館の実現を!(石井 豊(ラジオストック店主、JARGA日本レトロゲーム協会理事長) 2018/10/12 公開) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
2020年レトロゲーム博物館


 石井さんは20年以上前から、一般家庭から廃棄されたレトロゲーム機を専門に集める店「ラジオストック」を経営されており、ディスクシステム用補修ベルトやファミコンのコントローラの補修パーツなどを独自製作するなどレトロゲーム界の屋台骨を支えて来たことで知られています。その高い修理技術力は他店へ技術指導するほどのレベル。

 私達の技術を生かし、観光需要の伸びる2020年に向けて日本のゲーム文化を世界、次の世代に紹介できるレトロゲーム資料博物館を2020年のオリンピック終了まで続けたいと考えています


 なるほど。日本文化の発信ですか。

 なお、今回の資料博物館はNPO法人JARGAとは別で、私設博物館(博物館類似施設)として活動するとのこと。詳しくはリンク先をお読みください。

 山中渓オールドフィールドで行われた展示会へは行きました。本当に素晴らしい内容でした。少々アクセスしにくい場所だな思っていたので、もし日本橋あたりで実現するならば凄いことですよ。



orotima-ku1.png応援します!

[ 2018/10/12 15:01 ] レトロゲーム | コメント(2)
 ブログパーツ

注文殺到!! 究極のレトロゲーム互換機POLYMEGA(ポリメガ)製作者へのインタビュー記事が掲載中!!


◆プレオーダー状況◆

 POLYMEGAは9月にリワード式プレオーダーを開始。それはプレオーダーがある一定の目標金額に達成するたびに仕様がパワーアップしていくというクラウドファンディングのようなものです。現在は残り14日でレベル1(50万ドル)に届くかどうかという状況です。

polymega333.jpg

 こちらがそのリワード式プレイオーダー専用サイトです。

https://www.polymega.com/rewards/

 各目標金額とパワーアップする仕様は以下。

レベル1 (50万ドル) :  USER INTERFACE "LIGHT" SKIN.
レベル2 (75万ドル) :  COLLECTION INSIGHTS SCREEN.
レベル3 (100万ドル) :  FAMICOM MODULE SET
レベル4 (125万ドル) : PLAY MOVIES AND AUDIO DISCS
レベル5 (150万ドル) :  NEC PC-FX CD SYSTEM
レベル6 (200万ドル) : ATARI 2600 / 7800 MODULE SET

 おお、レベル1目前か、、、




◆インタビュー記事◆

 そんな中、海外の任天堂サイト「NintendoLife」にPOLYMEGA製作者Bryan Bernal氏へのインタビュー記事が掲載されていました。

Exclusive: Polymega Creator Playmaji On FPGA, Sega Saturn And Dealing With 'Healthy' Scepticism - Nintendo Life

 気になる箇所をピックアップしてみましょう。

Nintendo Life(以下N):今の心境は?
Bryan Bernal(以下B):困難はありましたが素晴らしい気分です。
N:プレオーダー開始直後にサーバーがダウンしましたね。
B:1日400kヒットは予期していませんでした。

 なんだかんだ3日ぐらいアクセス不能だったらしいです。



N:セガサターンへの対応はサプライズでした。ちゃんと動くんでしょうか?
B:プロモーションビデオを見てもらえばおわかりのように最高速度で走っています。それはLinuxベースのシステムソフトウェアやUIが、Cなどの低レベル言語で効率的にコーディングされているためです。
N:ビデオの『Sega Rally』がサターン版でないと指摘するひともいましたが、、、
B:それは人為的ミスです。古い映像をそのまま使ってしまいました。

 技術的なことはよくわからんので、適当に翻訳してしまったが、要するに「大丈夫」だということらしい。

N:プレオーダーキャンペーンはどうでした?
B:1000台以上の注文があり、世界中の販売代理店からも問い合わせが殺到しています。
N:しかしネット上では多くの懐疑論が展開されています。
B:問題ではありません。我々は純粋にレトロゲームを愛する本当に小さなチームであり、このプロジェクトのために人生を捧げて来ました。我々はその情熱を共有できるひとたちのために、我々が信じることを行うだけです。
 たとえ高い目標が達成できなくても、このプロジェクトが築き上げた業績が消え失せることはありません。独自エミュレーションAPIとUIコードを一から書きましたし、いくつかの正当なライセンスも取得しました。我々は現代のレトロゲーマーにとって理想的なハードを作り上げて来たのです。
 新しく設計したカートリッジコネクタはゲームソフトを傷つけることがありません。ネオジオCDの読み込み時間を大幅に短縮しました。多くの人がもう二度とプレイできないと思っていたレトロゲームに、我々は新たな息吹を吹き込んだのですから。

 がんばってください!



orotima-ku1.png詳しい情報を知りたいひとは
POLYMEGAの基礎知識(仮)
をチェックだ!



[ 2018/09/26 00:05 ] レトロゲーム | コメント(0)
 ブログパーツ

究極のレトロゲーム互換機POLYMEGAがセガサターンに対応!! トレーラー動画公開&プレオーダー開始


 こちらの記事によると、POLYMEGAがセガサターンに対応するとのこと。

POLYMEGAの基礎知識(仮) : POLYMEGA:【速報】セガサターン対応決定!!!!!!!!!

 それと同時にトレーラー動画が公開&プレオーダーが開始されました。



 現在、サイトは非常につながりにくい状態となっております。

polymega00.jpg
https://www.polymega.com/

 ただ、もともと日本向けのプレオーダーではないので、慌てることはないようです。




orotima-ku1.png時代が動いたな

[ 2018/09/05 11:41 ] レトロゲーム | コメント(12)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。