ゲームがインストールされた状態で売ってはダメ!! 「レトロフリーク不正転売」問題の現状について


<22万円で落札された理由>
 
 2017年の10月――
 1台で11種類のレトロゲームが遊べる究極のゲーム互換機「レトロフリーク」の中古品が22万円で落札される事案が発生していた。

retorohuri-kuoku01.jpg
 ※レトロフリーク コントローラー付 ファミコン/スーファミ/スーパーファミコン/ゲームボーイ/ゲームギア/PCエンジン/メガドライブが遊べる(ヤフオク!)

 なぜこのような高値になったのか。
 ここで注目すべきなのは「オークションの説明文」である。以下引用。

 ソフトは合計4665本が収録されています。


 oh...



<使用許諾の存在>

 WEB上で公開されているレトロフリーク使用許諾によれば「ゲームがインストールされた本製品を第三者に販売、貸与、譲渡等すること」は禁止されており、その際は必ず削除するよう呼びかけると共に、場合によっては著作権法違反で刑事・民事の責任を問われかねないことが明記されている。

kiyakuretorohuri-ku.jpg
 画像:レトロフリーク公式サイト「使用許諾/ライセンス」より


 この出品者はそのようなルールを知らなかったのだろうか?

 むしろ使用許諾や契約書の類をきちんと読んでいるユーザーは少数派かもしれないが、ファミコン誕生以来「海賊版を販売して逮捕」というニュースが紙面を騒がせたことなど一度や二度ではないはずだ。ましてや大量のソフトがインストールされたゲーム機(及び記憶媒体)を売りさばく行為が、犯罪行為でないわけがない。

 しかしオークション説明文を読み進めると、さらに驚くべきことが書かれていたのだ。以下引用。

 わたしはゲームコレクターで20年かけて集めてきたソフトを2年以上かけて、こつこつとこの本体に取り込んできました。ソフト集めに総額800万円以上かけたと思います・・・。色々な事情で、このたびなくなく手放すことにします。



 開いた口がふさがらないとはこのことだ……




<問われるユーザーの善意>

 そもそもレトロフリークは発売前から「実質的にマジコンでは」という声もあり、頑なに導入をこばむレトロゲーマーも少なくない。最近ではこんな不穏なニュースがあったことも留意しておかなければならないだろう。
レトロフリーク (レトロゲーム互換機)
 今回の件のようにゲームソフトがインストールされたまま気軽に販売できてしまう悪用性の高さは、販売前から指摘されていたことだ。しかしながら「世の中でもっとも人間をころしている道具」だからと言って自動車が販売禁止にならないように、悪用できるからといって、即、ダメですということにはならないはずである。

 そこは完全に「ユーザーの善意」に委ねられる部分なのだろうか。私オロチはさっそくサイバーガジェット社に見解を伺ってみたが、回答は得られたものの転載及び二次使用は不可ということで、そのやりとは公開できなかった。(ガックリ)

 テンプレ回答だったとだけ言っておこう……




<過去の事例>

 そこで、弊ブログではレトロフリークの販売が開始された2015年10月から2018年1月までのオークションデータを調査することにした。すると、このような不正転売が始まったのは2017年の9月頃だったことが判明したのである。

 以下に主な取引例を挙げておこう。

retorohuri-kuhuseihannbai2.jpg


 いずれもタイトルや本文、あるいは画像で複数のゲームソフトがインストールされている状態であることが明示された上で販売された例である。もはやそれを商売にしているIDも見られることは指摘しておかなければなるまい。




<まずは周知徹底を!!>

 このような現状を眺めていると、奇しくも漫画村問題で表層に露出した感のある「エンタメコンテンツは無料が当たり前」と思ってる世代の存在を私は想起せざるを得ない。あれはまだマジコンが猛威を振るっていたころだったか、私はとある同級生に「R4ってどこで買えるの?」と聞かれて絶句したことがあった。

mamatomo.jpg

 一切悪びれる様子もなく「子どもが欲しがっている」「友だちみんなやってる」「それがあればゲームがたくさんできる」と力説する彼女の瞳からは、母親として誠実に子どもと向き合おうとする気概すら感じたのだ。勿論「それはダメな使い方だよ」と丁寧に説明したのだが、何だかバツが悪い空気になってしまった苦い思い出がよみがえる。

 レトロフリークの不正転売にしても、いったいどんな人間がどんな思いで落札しているのかは知らないが、まずは「ダメなことなんだ」と周知徹底することが第一歩になるのではないか。なぜならダメなことだと知っていながら買う人間に「ダメだ」と言ったところでやっぱり買うだろうが、知らない人間に「ダメだ」と言ったら、もしかしたら買うのをやめるかもしれないからである。

 いずれにしても、先人たちの努力とアイデアの結晶であるゲームソフトの価値を、不当に傷つける行為など許されるはずもない。ましてやそのような人間がゲームコレクターを騙るなど言語道断だ。メーカーをはじめ、しかるべき機関がすみやかに対処してくれることを願うばかりである。



orotima-ku1.pngゲームには少しずつ買い集める
っていう楽しさもあるよね!


[ 2018/01/28 14:29 ] レトロゲーム | コメント(17)
 ブログパーツ

ゲーム産業黎明期を考察する電子書籍「ビデオゲーム・アーカイブス」が創刊!! 第1弾『クレイジー・クライマー』


 何やら面白そうな電子書籍の登場です。

ビデオゲーム・アーカイブス vol.1 クレイジー・クライマー (IGCC-MOOK)

 以下、プレスリリースより。

 ”ゲーム”をひとつの文化と捉え、それを“未来への遺産”にする目的で、ゲーム文化保存研究所(所在地:東京都新宿区、所長:大堀康祐)は設立されました。そのゲーム文化を保存する為の出版活動として『ビデオゲーム・アーカイブス』を2018年1月15日に創刊したことをお知らせいたします。

 貴重な資料とともに、ゲーム産業黎明期を考察するビデオゲーム・アーカイブス第1弾! 画期的なツインレバーでゲーム業界に衝撃を与えた異色作「クレイジー・クライマー」。その全てを1冊にまとめました。一般には公開されていなかったオペレーター用の設定資料や海外向けの販促資料も掲載。

・『クレイジー・クライマー』をつくった男、藤原茂樹インタビュー
・日本物産とはどんな会社だったか?
・どんなゲームだったのか?
・筐体から見た「クレイジー・クライマー」
・さまざまなインストラクションカード
・ゲームシステムと操作方法
・登場キャラクターとドット絵パターン
・敵ギミックの出現ポイントまでを網羅した「全ステージマップ」
・「裏技・バグ技」大公開!
・〈対談〉石黒憲一(娯楽産業研究家/キバンゲリオン)×大堀康祐(ゲーム文化保存研究所所長/うる星あんず)
・移植された「クレイジー・クライマー」たち(ファミコン/プレイステーション/玩具・ボードゲーム)
・基板から見た「クレイジー・クライマー」
・基板で分かる「クレイジーコング」「リバーパトロール」との関係



 Amazon Kindle 定価500円(Kindle Unlimited対象)で発売中!!




[ 2018/01/15 21:16 ] レトロゲーム | コメント(0)
 ブログパーツ

とあるクソゲーが10年間で4億円以上を集めている謎の所業


 『Desert Bus』は1995年にリリースを予定していたメガCD専用の未発売ゲーム『Penn & Teller's Smoke and Mirrors』に収録されていたミニゲームである。
 アリゾナ州のツーソンからネバダ州のラスベガスまで砂漠の中の道をひたすら走り続けるだけという内容が、あまりにも意味不明だったため、カルト的クソゲーとして知られている。


 ※8時間プレイ動画


 BGMは一切なく、車窓から見えるのは砂漠のみ。終点ラスベガスへ到着するのにリアルタイムで8時間もかかる上、クリアボーナスは1ポイントのみ。ゲームを中断しようとスタートボタンを押してもクラクションが鳴るのみという、のみのみ尽くしで、しかもバスは何もしないと右へ少しずつ寄っていき道を外れてしまうため、何らかの方法でアクセル(Aボタン)を固定して放置するというずぼらな手法さえ通用しないという鬼畜仕様となっている。

deza-tobasu01.jpg
 ※冒頭の場面より


 このゲームをプロデュースしたPenn & Tellerは70年代からラスベガスで活躍する、毒舌の大男と何も喋らないチビからなるコメディアンコンビ。ポリゴン技術などの進歩によってリアリティへ追求が加速していた当時のゲーム業界の風潮に対して、「実際に砂漠を走るバスをリアルに再現したらこうなりました」という、いかにも西洋的な皮肉を利かせたのだろう。
 クラクションが鳴るだけというスタートボタンの仕様についてもご丁寧に「人生にポーズ機能などありません」とマニュアルに書かれていたんだとか……

 
 そんなクソゲーが現在までに4億円以上のお金を集めていると聞いたら驚くだろうか?


 海外ゲームメディア「Polygon」によると、現在このゲームは2007年から開始された「Desert Bus for Hope」という慈善プロジェクトに利用されているとのこと。

deza-tobasu02.jpg
 https://desertbus.org/

 きっかけはこのゲームを入手したカナダのグループが、あまりにも退屈な内容に一計を案じ、「お金をくれた分だけゲームを続ける」という企画をストリーミング配信したことだった。面白がった視聴者がお金を投入しつづけ、結局、7万ドルも集まってしまい、おかげで彼らは5日と5時間5分も砂漠の中を運転し続けるはめになったという。

 このプロジェクトは現在も続けられており、今年だけ65万ドル以上が集まっている。過去10年間を累計すると、じつに400万ドルを越えるという輝かしい結果を残しているのだ。日本円に換算すると4億円を越える額である。


 集まった寄付金は「Child’s Play」という慈善団体へ託され、玩具やゲームなどに姿を変えた上で、世界中の100を越える病院にいる子どもたちへ届けられているとのこと。バスが乗せていたのは客ではなく玩具やゲーム。行く突く先はラスベガスではなく子どもたちの笑顔だったというわけだ。



orotima-ku1.png最悪のクソゲーと呼ばれたゲームが、
子どもたちのために役立ってるなんて、
世の中、何がどう転ぶかわからないね!




Souce:Desert Bus for Hope eclipses $4 million lifetime mark(Polygon)
[ 2017/11/26 13:14 ] レトロゲーム | コメント(2)
 ブログパーツ

英国の博物館みたいなレトロゲームショップ探訪記が掲載中


 海外ゲームサイト「NintendoLife」が英国の素敵なレトロゲーム屋さんを紹介してくれました。

igirisuge-mushoppu01.jpg
Feature: Take A Tour Of The UK's Most Incredible Retro Game StoreNintendo Life
冒頭翻訳:英国のYorkはヨーロッパ最大と言われるゴシック様式の大聖堂など、歴史的建造物が立ち並ぶまちです。
 そんな観光地から一歩せまい路地に入れば、あなたはレトロゲームの天国を見つけることができるでしょう。「Sore Thumb Retro Games」は見た目こそ小ぢんまりとしていますが、英国でもっともふるいレトロゲームショップなのです。



 店内には日本のレトロゲームを中心に所狭しとゲームソフトやハード、グッズなどが並べられています。

 記事では 「お店で売った珍しいもの、あるいは高価だったものは?」という質問に以下のように答えていました。

 最近だとNintendo 64DDを販売しました。 あとは、パナソニックのGameCube互換機と業務用ファミコンのホテルユニット(業務用ファミコン?)を売ったよ。一番高かったのはサターンの『Hyperduel』だったと思う。



 英国のレトロゲーム事情がわかる良い記事ですね。詳しくはリンク先をチェックだ!


orotima-ku1.pngファミコンのネタ!!のロゴをつくってみた




懐かしのケータイゲームマニアックス (OAKMOOK-622)

オークラ出版 (2017-10-27)
売り上げランキング: 1,555

[ 2017/11/02 11:51 ] レトロゲーム | コメント(1)
 ブログパーツ

現代の小学2年生に「バーチャルボーイ」やらせてみたら反応が自由過ぎた件


 今回はバーチャルボーイを現代の小学2年生にやらせたらどんな反応をするのかという夏休み最後の自由研究です。用意したのはこちら。

vb01

・バーチャルボーイ本体一式
・専用ソフト『とびだせ!ぱにボン』
・男子小学2年生(8才)


 続いて、それぞれを軽く紹介していきましょう。まずは、かの横井軍平が手掛けたバーチャルボーイ。任天堂失敗作の代名詞として変に有名なため、普及率のわりには知名度の高いゲーム機です。

 次に『とびだせ!ぱにボン』(1995年7月/ハドソン)は落ち物系パズルゲーム『ぱにっくボンバーシリーズ』のVB移植作です。バーチャルボーイ全19タイトル中で最も入手しやすいソフトのひとつだと思います。

とびだせ!ぱにボン 【バーチャルボーイ】

 そして男子小学2年生は、最近やっと『マインクラフト】に飽きてきたというバリバリのゲームキッズ。何を隠そう私の上の息子です。ちなみに、素のリアクションがほしかったので彼には趣旨を伝えてません(笑)



<それではさっそく検証開始!>

 まずは私オロチがリビングへ進入。妻のiPadでYoutubeを見ていた彼のとなりで、これ見よがしにバーチャルボーイをプレイし始めました。するとすぐに「なにそれ」と興味を示してきた息子……

 もしかして、こいつは野犬かと思うほどの食いつきの良さです。さっそく交代しましょう。

vb_shougakusei001.jpg


 たまたま着ていた黄色いシャツとバーチャルボーイの赤が、ほどよいコントラストを形成しています。ほどなくして、彼が「ボンバーマンとぷよぷよが合体したようなゲームだなあ」とつぶやきました。

 手前味噌ながら、さすが我が息子です。なぜならこのゲーム、ボンバーマンとぷよぷよが合体したようなゲームだからです!(そのままかよ)


vb_shougakusei017.jpg
 ※当時のテレビCMより

 そして私はすぐに気がづきました。対峙しているのにも拘らず、顔が見えないという何とも不思議なコミュニケーション。一方の相手は画面を想像するしかないという奇妙なやり取り。今のところ新鮮です。



<いきなり思いもよらない行動へ>

 しばらく「この敵、めっちゃ弱い」とか何とか言いながらゲームプレイしていた彼ですが、途中で私が2週間くらい庭に放置していたビニールプールの片づけをし始めたため、ひとりになってしまいました。(今、やらなくても……)
 
 しかし、10分後くらいに「もしかして飽きてやめちゃってるかな」と心配しながらリビングに戻ると、彼は思いもよらない行動をしていたのです。

 こちら。

 ▼
 ▼
 ▼

vb_shougakusei005.jpg

 いやいや、リラックスしすぎだろっ!(笑)

 太太しいと書いて「ふてぶてしい」と読むのですが、時系列をまったく無視していいなら、彼が語源かもしれない可能性は0ではありません。


 やがて――
 ゲームがひと段落したのか、むくっと起き上ってきた息子。何を言うかと思ったら「ねえ、跡ついてる?」とバカみたいな笑顔で、おでこを見せてきました。


vb_shougakusei011.jpg

 見事に跡がついてますね……

 こんなときは「ナイス重力!!」とでも言ってサムズアップしておけばいいのでしょうか。よく、わかりません。きっと、小学生のときよくやった、蚊に刺されたところを爪でバッテンするみたいなノリなのでしょう。いずれにせよ、バーチャルボーイにこんなくだらない楽しみ方があったなんて最高です。




<旺盛なチャレンジ精神>

 今度は彼、私の持っていたiPoneを指して「ねえ、ちょっとそれ貸して」と言ってきました。いったい何をするつもりなのでしょうか。訝しみながらも渡したところ……

vb_shougakusei003.jpg
 
 ああ、中の写真でも撮るのかな!?

 と思うのが、どうやら我々ファミコン世代の発想限界のようです。ああでもない、こうでもない、試行錯誤を続けた結果「縦に持つ」という答えを見つけた彼は、得意げにこう言いました。

 「こうやってやるとお父さんも見えるでしょ?」
 「!?」

vb_shougakusei012.jpg

 つまり、彼はバーチャルボーイの最大の難点である「ひとりしか画面が見えない」という、共有性の低さに小学2年生なりの解決法を提示してきたわけです。かつてガラケー世代が、ふっかつのじゅもんを憶えるのに「テレビ画面を写メすればいいじゃない」と言い放ったという逸話が、脳裏をよりぎます……

 しかし、息子よ、スマホ片手にどうやってコントローラを操作するつもりだ。そうつっこむと彼は「あっそうか」と言ってバツが悪そうに笑うのみ。詰めが甘いんだよなあ。どうやら現代版マリー・アントワネットの到来は先送りされました。



<その発想は時代の最先端へリンクする>

 再び通常スタイルに戻っていた彼でしたが、さっきからなぜか「目をからだめてねって何?」と聞いてきます。

 さっぱり要領を得ないので画面を見てみると「目を休めてね」と書いてありました。これは「体」じゃなくて「休」だよとやさしく教えてあげたのですが、今思うとあれはオートポーズ画面だったようです。バーチャルボーイには30分プレイし続けると強制的に15分間の休憩が入るという特有の機能(オンオフできる)がついていたのでした。貴重な画面を撮り損ねてしまった!

Auto_Pause.jpg
※こちらは海外版。Image:Bomberman Wiki(Panic Bomber)


 すると何を思ったのか彼、今度は……
 「これをつけると家がゲームになるぞ!」
 などと抜かしながら、バーチャルボーイを装着したまま、動物園のツキノワグマのように、リビングをうろつき始めたのです。視界をふさがれているくせに「お父さんがゾンビになっちゃった~」とか「なんだあれは~」とか、ハイテンションで楽しそう。

vb_shougakusei016.jpg

 息子よ。それはARという発想だよ。
 拡張現実といって、現実の情報に何か別の情報を付加する技術なんだ。「ポケモンGO」って知ってるだろ。あのゲームでポケモンをゲットするとき、まるでポケモンが現実世界にいるみたいだよね。まさにそれがARさ。しかし驚いたな。そんなこと知らないはずの君が、同じような発想をするとはね。しかも早すぎたVRゲーム機と呼ばれたバーチャルボーイで、その着想が浮かぶとは、我が息子ながら天晴だよ……

 みたいな感じで、得意げにウンチクを語っていると!?
 
 ▼
 ▼
 ▼

vb_shougakusei002.jpg

 聞いてないのかーいっ!(笑)

 そこには、オートポーズ画面が解除されゲームが再開されたのか、またぞろ寝転びながらバーチャルボーイをプレイする、彼の太太しい姿があったのでした。足まで組みやがって。まったく自由過ぎるだろ……



<まとめ>

 結論から言うと、うちの息子はバーチャルボーイを十分に楽しんでいたように思います。それどころか、いちいち予想もつかない行動をしてくれるので驚きの連続でした。

 ただしそれは彼の好奇心旺盛な性格や、バーチャルボーイの「物珍しさ」及び「玩具然とした構造」に起因するものであり、永続的なものではないかもしれません。かつて、バーチャルボーイを新品で買ったほとんどのゲーム少年たちが、ガッカリしながら、その蝙蝠みたいな形のコントローラを机上へ置き去ったように……

 ちなみに、私オロチがプレイした感想は、臭い!酔う!疲れる!でも愛おしい!です。


バーチャルLAB 【バーチャルボーイ】
任天堂 (1995-12-08)
売り上げランキング: 71,195


 次回は『バーチャルLAB』で検証する予定ですので「持ってるけど、どうしても要らない」って方は是非、私オロチまで連絡ください!  この検証、ほぼソフト関係なくね?という鋭いツッコミは無しの方向で(笑)

 (おわり)
[ 2017/09/01 12:28 ] レトロゲーム | コメント(9)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR