ピーチ姫と幸せな人生を送ったマリオに待ち受ける悲劇!? 他


<ニュース>
任天堂「ミニスーファミ」が年末発売か 公式発表を準備中説(forbes)


任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる(inside)
 理由が「退任するから退任」になってるけど、とくに理由はないのかな?


<マリオ>
ピーチ姫と幸せな人生を送ったマリオに待ち受ける悲劇!?(reddit)
Super Mario's World from comics
 意味がわかったとき「そういうことか!」ってなった。これはゲームキャラの宿命。


<コレクター>
マンションに辞書6000冊! 国語辞典天国で昇天 (デイリー)
 世の中、すごいひとがいるもんだ。ジャンルは違えど通じるものがる。


<インタビュー>
ドット絵の匠 ファミコンで最も精緻なドット絵 ☆よしみる 編(第3回) (ファミ熱)


<コラム>
あるファミコン互換機がずっこけるほどに音痴 特にドラクエで並外れた音痴っぷりを発揮 (ねとらぼ)
 互換機音痴ネタ。久々に聴いたけど笑ってしまった。


mariopeachkekkon0.jpg

伝説のゲームプロデューサー著「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」発売中!! 他


<ニュース>
「ファミスタ打線」ゲームみたいに強え~4連勝(スポニチ)


<インタビュー>
迷宮組曲、マイティボンジャック…ファミコンから「メディアリテラシー」を学んだ | スマートニュース 松浦茂樹さん(リクルート)
 ファミコン詳しい(笑) ゲーマーですね。



<書籍>
・伝説のゲームプロデューサー著「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」発売中!!

シブサワ・コウ 0から1を創造する力
シブサワ・コウ
PHP研究所
売り上げランキング: 24,705

発売日:2017年3月22日




 完全に見過ごしてました(笑)
 今さらですけど紹介します。以下Amazonより引用。

<内容紹介>

『信長の野望』シリーズ世界累計出荷950万本突破! !
『三國志』シリーズ世界累計出荷750万本突破! !
伝説のゲームクリエイターが、既存の市場にない新しいものを創造する方法と これまで創り出してきた名作ゲームのヒットの秘訣を紹介する、待望の初の著書です!

『川中島の合戦』、『信長の野望』、『三國志』、『Winning Post』、『仁王』など、数々の名作を生み出してきた著者。しかし、社会人としてのスタートは、家業の倒産、染料工業薬品販売業の経営不振など、先の見えない数々の困難から始まったのです。

まさに「0」からスタートした著者が、どのようにして世の中にない商品を世に出し「1」を創りあげたのか、その方法と考え方を余すところなく明かします。



<目次>

第1章 創造――大ヒットシリーズ『信長の野望』は どのようにして生まれたのか?
第2章 旗揚げ――家業の倒産からゲーム会社へ、 好きなことを仕事にする
第3章 革新――「型破り」も続けることで「当たり前」になる
第4章 発展――過酷な市場競争の中で、生き残る方法
第5章 継承――ヒットを生み続ける企画会議の秘密



 シブサワ氏といえば電ファミのインタビュー記事が強烈でしたね。この記事に興味ある方は要チェックだ。




<レビュー>
あの時、アメリカで何が起こっていたのか──『セガ vs. 任天堂』|今月の「HONZ」推奨翻訳書レビュー2(courrier.jp)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)


<取材>
「暇つぶしの聖地」ゲームセンターは死なず!|老若男女さまざまな常連客を取材してみたら (courrier.jp)
 自分は「暇つぶし」で行ったことはないですが、興味深い内容です。途中で「この続きはCOURRiER Japon会員(有料)になるとご覧いただけます。」となります。


<動画>
・『ゼルダの伝説 BotW』がファミコン風に? 海外ファン無料ゲームが公開中 (ニコニコニュース)

忘れ去られたファミコンソフト『プレイボックスベーシック』が落札されていた!! 他


<ニュース>
「ワンダーモモ30周年記念商品」などGAMES GLORIOUS×NAMCO春夏コラボ新商品の第1弾が登場!4月28日開催のイベントで先行発売も(Gamer)


<インタビュー>
PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)(SocialVRinfo)


<経済>
任天堂に次ぐ時価2位、ネクソンの隠れた実力 (東洋経済)



<レトロゲーム>
エメドラ木村氏、呉ソフト社長などが登壇、レトロゲームトークショーを5月4日(祝)開催、新橋ツクモ(akiba-pc.watch)


<書籍>
異色な“未来の低評価ゲームをレビューするSF小説”が書籍化決定、連載開始から一年で (inside)


<オークション>
忘れ去られたファミコンソフト『プレイボックスベーシック』が落札されていた!!
tophito010102.jpg
 ※PLAY BOX BASIC バイオリズム カリキュレータ ミュージック(ヤフオク)

 このブログでは何度か取り上げている『PLAYBOX BASIC』がオークションで売れてました。この出品物は1年くらいずーっとグルグル回ってたんですけど、ついに、落ちましたねえ。
 出品物が1年くらい回ってることは別に珍しくないことじゃありません。長い間見てると愛着みたいなものが湧いてきちゃって、落札されているのを見ると、少し淋しいという気持ちと、同時に「ついにやったなあ」という訳のわからん感慨みたいなものがありますね(笑)

 もちろん、ずっと回ってたってことは初期値段が高かったってことなんですが、最近、この、高値でグルグルまわってたやつが、ふいに落ちてたってことが他にもありました。たとえばファミカセコンプリート最後の砦のひとつと言われている『 カラオケスタジオ専用 トップヒット20 Vol.2』も1年くらいグルグル回っていたでしょうか。


tophito01012.jpg
 ※新品未使用 カラオケスタジオ専用 トップヒット20 Vol.2 即決


 まあ、こちらに関しては新品だし、同じような状態ものが、まんだらけのショーケースでは10万越えてましたから、お買い得っちゃあお買い得なのかもしれません……

「NES Classic Editionの失敗」海外メディアが言及。日本は? 他


<ニュース>
・「NES Classic Editionの失敗」海外メディアが言及。日本は?

nintendokurasikumi0.jpg

 先週、ニンテンドークラシックミニの生産が一旦終了するというニュースが国内をかけめぐったわけですが、実は、それに先駆けて海外のミニファミコン(NES Classic Edition)も生産終了していました。
 すると、海外ゲームメディアを中心に「任天堂はこの失敗から何を学ぶべきか」という論調が展開されています。


Talking Point: Nintendo Needs to Learn Lessons From Its NES Mini Mistakes(nintendolife)
OPINION: WHAT NINTENDO CAN LEARN FROM THE NES CLASSIC'S FAILURES(wired.com)
Discontinuing the NES Classic Is a Classic Nintendo Mistake(au.ign.com)
 
 要約すると以下のような感じです。

・最終的に購入できなかった多くの人たちを苛立たせた
・潜在的なレトロゲーム需要の過小評価
・NESミニには多くの非ゲーマー層が関心を持った
・Nintendo SwitchのVC一本にしぼったという判断はありえない
・なぜなら多くの非ゲーマー層はNintendo Switchには興味がない
・非ゲーマー層にとって「シンプルで低価格」これ以上の強みはない
・ケーブルの短いコントローラ、ネット非対応など、まるで最初からB級品だった
・次はバージョン2か? SNESミニか?
・いずれにしても同じような失敗はしないでほしい



 一方、日本のゲームメディアではこのような論調は見られませんね。日本の「ニンテンドークラシックミニ」は成功だったんでしょうか。何をもって成功とするのかは判断が難しいのですが、人々の不満の声がないなら、少なくとも失敗ではなかったかなとは、素人ながらに思います。

 さすがに「どこにも売ってない」ってことは解消されましたね。でも私が個人的にモヤモヤするのは、あいかわらずどの店も定価以上で売っているところかな。「売れる値段で売るのが市場原理だ」みたいな主張もわかりますが、なんか転売屋の売り文句みたいで、あまり声に出したい日本語ではありません(笑)

 それに結局、シンプルで低価格なところが非ゲーマー層にウケてたのに、本末転倒感がすごいっ。

 そういえばファミコン時代は、あの悪名高い「抱き合わせ商法」ってのがありましたね。でも、あの時代、ファミコンを定価以上で売ってた店ってありましたっけ。
 少なくともファミコンは最初だけ定価で売って、あとはずっとプレミア価格なんてことはありませんでした。もちろんファミコンとクラシックミニを同じ土俵で語ろうとは思ってませんけど、だったらクラシックミニなら定価以上で売ってもいいみたいな風潮の正体は何でしょうかね。昔は良くも悪くも任天堂が市場をしっかり管理していたってことなんでしょうか……




<音楽>
豪華すぎるゲーム音楽イベント「ゲームタクト」開催直前出演者インタビュー(週刊アスキー)
 ゲーム音楽フェスティバル「東京ゲームタクト2017」を5月6日(土)に東京・大田区民ホール・アプリコにて開催します。 とのこと。


<コラム>
私(40歳)と息子(11歳)は『スーパーチャイニーズ』で夢の競演が出来るのか (Automaton)
 冒頭2段落が何言ってるわからないが(笑)「これってこんなに難しかったっけ?」あり過ぎて困る。ファミコンをほぼ毎日やっている僕ですらありますね。スーチャイは小学校のとき友達と「今日こそはクリアしよう」と数時間ほど頑張ったが、とうとうクリアできなかった苦い思い出がある。


<海外>
・ホテルに泊まったらテレビにゲームキューブのリモコンが付いてた! (RedditGaming)
This hotel I'm staying in uses a GameCube controller for the remote from nintendo

 1997年から米任天堂がLodgenet Interactive社と提携して行っているホテルサービス。業務用ファミコンの進化版みたいなもんですね。

『ゼルダメーカー』『MOTHER 4』オリジナルという道を目指す任天堂ファンゲーム開発者、ファンゲームは消えるのか 他


<ニュース>
『ゼルダメーカー』『MOTHER 4』オリジナルという道を目指す任天堂ファンゲーム開発者、ファンゲームは消えるのか (Automaton)
 海外のこういう文化っていい面もあれば悪い面もあると思う。ファミコンとかメガドライブでいまだに新作出し続けているところは素直にすごいと思うけど、一方で、たとえば海外検索エンジンでSuperMarioで検索すると公式より先に、勝手に作られたフラッシュゲームがわんさか出て来た時期もあったよね。その度に「海外はやりたい放題だなあ」と呆れたものだ。文化の違いと一言で片づけられない問題ですね。


北米大手ディスカウントストア650店舗がマリオカートを導入(NintendoLife)
 『マリオカート8デラックス』販促キャンペーンの一環だそうだ。店内BGMもマリオに。売ってやるぞという気合が感じられますね。バナナの皮で滑らないように気を付けてね(←お約束)


<新作>
「みんなでワイワイ!スペランカー」 ファミコン“伝説”のゲームがスイッチで復活 (毎日)
 スペランカー新作。なんだかんだ息が長いなあ。スペランカーについては色々調べているので、ことさら感慨深いです。


<オークション>
オークションで落札された『BANANA』サンプル版が色々すごい(ヤフオク!)
banananan00.jpg

 たまにあるよね。こういうサンプル版。僕の中では、サンプル版の欲しい度は、ちゃんと専用シールの貼ってあるもの →「 サンプル」という刻印 → 無印 → 誰かがマジックで書いたやつかな(笑) 前者はインテリア的に飾って楽しむこともできるし。たぶん中身の研究目的なんだよね。そういうのすら厭わない情熱には感服する。


<コラム>
ドット絵の巨匠よしみる編2 よそ者を自由に働かせてくれた人の存在 (ファミ熱)
 ツイッターでご活躍を拝見しています
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS