NES版『Contra』のボックスアート原画を約1,100万円で探してる男性


 海外サイトkotakuによると、とあるビデオゲームアートコレクターの男性がNES版『Contra』のボックスアートの原画を10万ドルでウォンテッドしてるんだとか。
 
 おいおい、日本円にして約1,100万円だぞ……

Collector Offers To Pay $100,000 For Original Contra Box Art ※リンク先の画像はGENESIS版『Street Fighter II:Special Champion Edition』のボックスアートの原画。


 彼の名はダン。カナダはブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー在住の会計士で、筋金入りのビデオゲームアートコレクターである。

 元々純粋なNESコレクターだったダン氏。ビデオゲームアートに目覚めてしまってからは、世界的プレミアソフトで知られる『Stadium Events』を放出したこともあるという腹の据えようだ。(そもそも持っていたのか!)
 Photoshopが登場する前の時代、多くのボックスアートは手書きだったため、大きいものになると約50x76cmのサイズになるという。現在、彼のコレクションはそのようなボックスアートの原画のみならず、広告、雑誌の表紙など50作品以上に達している。


Mega_Man_7_Coverart.jpg
 ※Image:wikipedia


 そんなダン氏が一番力を入れているのがコナミとカプコンのコレクションだ。中でもSNES版『Mega Man 7』のアートワークは一番のお気に入りである。それを初めて手にしたときのことを彼は「ただそこに座り、30分くらいそれを眺めていた。それは驚くほどカラフルで、本当に美しく、神々しかった」と述懐している。

 だがそんな至福のときは滅多に訪れることはない。ビデオゲームアートの原画を蒐集するという挑戦は現存していることを突き止め、どこにあるのか探し出す作業である。しかしダン氏はこの10年間、人間が出し得る可能な限りの精力をそんな果てしない作業へ費やしてきたが、ほとんど失望に終わったという。多くの原画は廃棄されてしまっていたのだ……



 あるとき『Castlevania』の原画を捜し求めていた彼は、そのボックスアートが日本で制作されたことを知った。しかし残念ながらそれは1995年の阪神大震災にて失われてしまったらしい。ただしNES版『Contra』については喪失を免れたことを彼は突き止めた。それは英国の芸術家Bob Wakelin氏によって制作されたものだったからだ。

 その予想は正しかったが、ダン氏がWakelin氏のもとへたどり着いたときには『Contra』の原画は売却されたあとだったという。しかもその芸術家、それを誰に売ったか憶えてないという大物だったのだ。暗礁に乗り上げた彼はきっと藁をもつかむ気持ちだったのだろう。海外のコレクターフォーラム「Nintendo-Age collecting forums」へ以下のような書き込みをしたのだ。

 私は『Contra/Gryzor』のボックスアートの原画を探しています。
 譲っていただける方には10万ドルをご提供しましょう。
 ※『Gryzor』は欧州名

 果たして彼の願いは届くだろうか……


1710133-contra.gif
 image:What the hell is up with the cover?


 ちなみにこちらがそのボックスアートの元ネタ比較GIF。
 思ったより、そのまんまだなあ(笑)



orotima-ku1.png誰かこれ持ってるひといませんか?
僕が500万円で買い取りましょう(笑)


海外任天堂が満を持して小型ファミコン「Nintendo Classic Mini」を発売! 内臓ゲーム30種類


 海外の任天堂が小型ファミコン「Nintendo Classic Mini」を発売するそうです。

kogatanes.jpg

Nintendo Classic Mini: Nintendo Entertainment System (任天堂UK)

 公式サイトによると、内臓ゲームは以下。

Balloon Fight
Bubble Bobble
Castlevania(悪魔城ドラキュラ)
Castlevania II: Simon's Quest(悪魔城ドラキュラ2)
Donkey Kong
Donkey Kong Jr.
Double Dragon II: The Revenge
Dr. Mario
Excitebike
Final Fantasy
Galaga(ギャラガ)
Ghosts N Goblins(魔界村)
Gradius
Ice Climber
Kid Icarus(光神話パルテナの鏡)
Kirby’s Adventure(星のカービィ夢の泉の物語)
Mario Bros.
Mega Man 2(ロックマン2)
Metroid
Ninja Gaiden(忍者龍剣伝)
Pac-Man
Punch-Out!! Featuring Mr. Dream
StarTropics(日本未発売)
Super C(スーパー魂斗羅)
Super Mario Bros.
Super Mario Bros. 2
Super Mario Bros. 3
Tecmo Bowl
The Legend of Zelda
Zelda II: The Adventure of Link



 なかなか厳選されたラインナップだと思います。発売はまだまだ先の11月11日。価格は59.99ドルを予定しています。日本円にして6,000円弱ってところでしょうか。2016年に発売されるハードだけあってテレビとの接続はHDMI。電源はUSB対応(電源アダプタは別売)。ゲームパッドはWii Uでも使用できるクラッシックコントローラが採用されているようです。

 公式がこのようなファミコン内臓機を出すのは、レトロゲーム界にとっても大きな一歩といえますが、実はATARI、SEGA、NEOGEOなんかはすでにこのようなゲーム内臓機を出しております。任天堂さんお得意の、いわゆる「究極の後出し」ってやつですね(笑)

 なにげに日本未発売の任天堂ゲーム『StarTropics』が気になります……


 追伸:日本のファミコンは今日で祝33周年!



Atari Flashback 6 Classic Game Console [並行輸入品]Atari Flashback 6 Classic Game Console [並行輸入品]


売り上げランキング : 45988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SEGA GENESIS ULTIMATE PORTABLE GAME PLAYER 2015 [並行輸入品]SEGA GENESIS ULTIMATE PORTABLE GAME PLAYER 2015 [並行輸入品]

At Games(World)
売り上げランキング : 17550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NEOGEO X MEGA PACK VOLUME 1 (英語版)NEOGEO X MEGA PACK VOLUME 1 (英語版)

Tommo 2013-07-04
売り上げランキング : 12971

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

幻の韓国ファミコンソフト『Magic Kid Googoo』をめぐるゲーム保存問題


 韓国のゲームメーカーZemina社の唯一のオリジナルファミコンソフトであると同時に、屈指のレアソフトとして海外レトロゲーマーの間で知られていた『Magic Kid Googoo』の動画が公開され、ちょっとした議論が巻き起こっている。

majikukidgoogoo01.jpg

 Zemina社は1981~1992年まで韓国に存在したゲームメーカー。初期はMSX規格の日本のパクリゲームをせっせとつくっていたが、1987年にコンピュータプログラムの著作権保護法が制定されると、オリジナルゲームもつくるようになったとか。しかしそれでもやっぱり内容は日本のゲームにそっくりだったという。
 そして1992年、何を思ったかファミコンに参入。『Magic Kid Googoo』というアクションゲームをつくったあと、同社は忽然と姿を消した。結果的に同ソフトはZemina社ではただひとつのファミコンソフトとなったのだ。

 
 たしか任天堂は1990年に韓国へ進出しているので(参照記事)、時期的に矛盾はないが……

 こちらのページ(ハングル注意)によると、『Magic Kid Googoo』が幻のソフトになった理由として「国内(韓国)のゲームだからエミュレータにも収録されていない」と言及。サイト主が15年ぶりにこれを入手するまで、プレイ映像はおろかスクリーンショットすらどこにもなかったという。

 RedditGamingのNESコミュニティでも同ソフトはエミュレーションによって保存できない数少ないNESソフトのひとつとして知られていた。


 今回Youtubeにアップされた動画はそんな韓国サイトを見つけた海外レトロゲーマーの一人がこの貴重な映像を絶やさないように、多くの人間が見られるようコンバートしたものである。



 韓国のゲームの歴史をまとめる「A History of Korean Gaming」は同ソフトについて『スーパーマリオブラザーズ』の影響はみられるが、いくつかの興味深いオリジナルアイデアが盛り込まれていると指摘。
 たとえば主人公はクラゲ、カメ、ペンギンなどに変身してそれぞれの能力を発揮するのだという。さらに、広大なステージ構成や豊富な楽曲も魅力のひとつであるとしている。また、パスワードシステムが採用され韓国初のファミコンゲームということである。

 なお、この動画が再アップされたのを機に、RedditGamingのNESコミュニティでは、この所持者とされる人物へ同ソフトをダンプするよう訴える動きが起こった一方で、いくらゲームの保存が目的であっても、それをお願いすること、ましてやそれを「独占している」として非難することは筋違いであるとして議論が巻き起こっている。

 以下はその主な意見。

・彼がこれをダンプしない理由はありますか?
・そんなことをすれば、どうせコピーが出回るだろ。
・いや、そもそもアップロードすることは違法。
・なぜそのような要求をするのか。
・彼はちゃんとブログで紹介してるじゃないか。
・このゲームの歴史的重要性って何?
・ただの『スーマリ2』(注:日本ではマリオUSA)のパクリじゃん。



 動画見たけど、たしかに『マリオUSA』っぽい要素は多いが、言うほどでもない気がする。むしろそれを下地にして色んなゲームの要素を盛り込んだという感じ。したがって世界観バラバラだけどキャラクタが良いB級感をかもしだしているなあと思いました。

ニューヨークでNES(海外ファミコン)展示会開催!! 貴重な設計図などが公開される


 ニューヨーク州ロチェスターにある“遊び”の博物館「The Strong National Museum of Play」にて、NES(海外ファミコン)発売30周年を記念した展示会が開催される模様。

The Strong National Museum of Play01
 ※http://www.museumofplay.org


 イベントでは、NESの果たした役割を振り返ると共に、ストロングが所蔵している任天堂のゲームや玩具などのコレクション(花札、ウルトラハンド、ラブテスターなど)のほか、非常に貴重なNESの設計図なども展示いたします。



 とのことです。

 期間は2015年10月24日(土)から2016年1月24日(日)。ニューヨークに行く予定のある方は、ちょっと寄ってみてはいかがでしょうか?


 出典:立命館大学と世界唯一の遊びの博物館「ストロング」による海外向けゲーム機Nintendo Entertainment System発売30周年を記念する展示会をニューヨークで開催(プレスリリース)



NES 互換機 RETRON シルバーNES 互換機 RETRON シルバー

値段の安さに驚きます。

Hyperkin
売り上げランキング : 11647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

再現度が高すぎる海外ファミコンケーキが登場 懐疑派「本当にケーキなら切って見せろ!」


 海外掲示板RedditGamingにて本物そっくりのNES(海外ファミコン)ケーキが紹介され、驚きと称賛の声があがっています。

 こちら↓


 Talented friend of mine made this cake. Took me a while to realise it was cake and not a real Nintendo

 え、本物じゃないの。と思われた方、ご安心ください。僕もそう思いました(笑)


 しかし掲示板を見てると、けっこう懐疑派も多いようです。以下、気になるコメントをピックアップしてみました。


・カートリッジの中がろうそくになっていて、フーフーするんですね。

・これはバースデイケーキじゃなくて、ウェディングケーキらしいぞ。

・すごい。とくに溝の部分がパーフェクトだ。



・で、ケーキはどこ?

・これ、プラスチックじゃないの?

・切断した写真を見ないかぎり信じないぞ

・本当にケーキなら切って見せろ!

・正直私は滅多に感動しないが、これは今まで見た中で最高のケーキだ。

・これをケーキだと判断するまでに数秒かかったよ。

・このケーキはメルボルンのお店のものじゃないかな。



・大変だ。メガドライブもケーキに見えてきた!




 つくるのに何時間かかったのでしょうか……

 ちなみにパティシエの嫁にこの写真を見てもらったところ「このケーキはたぶんフォンダンとかパスティヤージュとか、シュガーペーストっていう砂糖ベースの細工用の材料でつくってるので、言ってみれば粘土細工みたいなものだよ」とのこと。それこそ粘土状で売っているものがあるそうです。



NES 互換機 RETRON シルバーNES 互換機 RETRON シルバー

Hyperkin
売り上げランキング : 32964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR