たった一人のファミコン少年タイトルGIF

【ヤフオク】ジャンク品の中に本物の『マイティ文珍ジャック』か!?


 Yahoo!オークションで「ファミコンソフト 11本セット レア?詳細不明のジャンク品あり」というタイトルのオークションが開催されたのは先月の21日のことだった。それと同時に多くの情報提供をいただいた。(いつもありがとうございます)
 その内容は、この出品物のなかに究極のレアソフトとして知られる『マイティ文珍ジャック』が混じっているんじゃないか、というものだった。

 ・参照リンク:究極のレアソフト『マイティ文珍ジャック』は存在した!!!

 さっそくに見に行ったら、それらしき黄色いカセットが、たくさんのジャンク品のなかに混じっているじゃないか。

 そのソフトは出品者の説明では思い出の品としながらも正体は不明となっていた。とりあえず様子を見ようとすぐにブログで取り上げることはしなかったのだが、そのオークションは締め切り直前に取り消しとなってしまった。
 理由は「出品内容に問題がある」ということだった。

 しかし、すぐにまたタイトル「ファミコンソフト 27本セット レア?ジャンク品など多数あり」で再出品されたようで先月の29日に終了。まずはその結果を見てみよう。

tinpinbojakunado.png

 以下、質問欄より引用。(一部抜粋)

>ボンジャックは20年以上前に小学生の同級生からもらった物です。
>アイテムが人頭みたいな形をしてました。
>動作テストも5年以上前で、その時も動作しなかったと思います。
>(10年以上前から動作してなかったかも)よってジャンク品です。
>本体もないので現在、動作確認ができません。



 またオークションの説明文には追記として以下のような説明も。

>価格がとてつもない事になってますが、入札者の皆様、
>どうかジャンクセットに熱くならないようにお願いします



 出品者はあくまでもジャンク品だという認識だったので値段が上がるのを危惧していたようだ。しかしこの行動がかえって信憑性を高めたのか、結果はジャンク品としては驚くような値段となった。
 ただし本物の『マイティ文珍ジャック』だった場合、すごくいい買い物だったかもしれない。

 というのも『マイティ文珍ジャック』はこのブログが2010年1月に発掘、その後、持ち主によってオークションに出品されたとき、40万くらいで落札されていたからだ。(参照

 maity001.jpg
 ↑こちらはオロチが最初に手にした文珍ジャック

 しかしそのときの出品者がオークションの説明のところに、ゲーム画面を必要以上に大きく貼り付けてしまい、偽物をつくろうとする良からぬやつらのいい材料になってしまったという残念な経緯がある。
 『マイティ文珍ジャック』は、爆弾のグラフィックを文珍の顔に差し替え、ラベルをつるつるに剥がしさえすれば、その性質上、本物とほとんど区別がつかないのだ。(僕が最初に手にしたものが本物だと皆さんが信じてくれるなら、その細部にわたるデータは持っているので、もしかしたら区別がつくかもしれないが)

 したがって、それ以降も同ソフトはちらほらと出品されてはいたが、偽物を疑う見方が強まっており滅多に落札されることはなかった。

 そう考えると、今回の出品の仕方は非常にコレクター心をゆさぶるものだったんじゃないだろうか。僕もこのまま終わるようなら入札してやろうか、なんてスケベな気持ちが出ちゃったけど、さすがマニアの皆さんは見逃さないね(笑

 最後に私オロチのプレイ動画を貼っておきます↓

 

 



桂文珍 10夜連続独演会 第10夜 [DVD]桂文珍 10夜連続独演会 第10夜 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー 2008-10-10
売り上げランキング : 40461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加  

『マイティ文珍ジャック』がさっそく転売されている!?


 いろいろあって、先月ようやく売れていった『マイティ文珍ジャック』が転売されているという情報をいただきましたので紹介します。まあ転売うんぬんは本物だったらの話ですけどね。

 「激レア」非売品 マイティ文珍ジャック
 tenbaityuu.jpg
 サムネイル表示(クリックでリンク先へ)

 写真がこれみよがしにデカデカと載ってます。前回のオークションでも出品者がでかい写真を載せていたので、こんな大きい写真は複製してくれと言っているようなものだという意見がありました。
 転売はやむを得ないにしろ複製だけはされてほしくないってのが本音ですね。

 あと一応、この出品に関して僕のブログのURLが貼られてますが、今回はぜんぜん関係ありません。ご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

究極のレアソフト『マイティ文珍ジャック』は存在した!!!


 『マイティ文珍ジャック』とは数あるファミコンのレアソフトの中でも、長い間その存在すら知られていなかった超マイナーなソフトである。どれくらいマイナーか知りたいひとは検索すればわかる。どんなレアソフトだろうが、画像や動画がわんさか出てくるこの時代に、このソフトの話題を扱ってるページは数えるほどしかないのだ。
 当然、僕の知る限りではあるが、このソフトは今まで市場に出てきたことは一回もなく、いったいどれくらいの価値があるのかすらわかっていない。まさに究極のレアソフトなのである。
 ここで軽くおさらいしよう。『マイティ文珍ジャック』とは以下のようなソフトである。

・「マイティボンジャック」の爆弾が桂文珍の顔になっている内容
・1986年4月放送「痛快テレビゲーム!ファミン子全員集合」というテレビ番組に登場
・番組を観覧していた子供たちに配られた
・ラベルも何も貼っていない黄色いソフト
・本数はおそらく30本程度

 さて、ことの発端は去年の11月。私オロチは「究極のレアソフト「マイティ文珍ジャック」についてのまとめ」という記事をブログに掲載した。そのときたくさん頂いたコメントの中に「持ってるひとを知っている」という人物が現れたのだ。ツカサと名乗るその方に僕は探してみてくださいとお願いした。
 すると年明け早々ツカサさんから「それらしいソフトがあったので動作確認をしてほしい」という連絡が来たのだ。マジすか。僕でよろしければ是非とお願いしたところ、先週の1月15日、ついにそのものが届いたのである。

 こちら↓
maity001.jpg

 おお、噂どおりの何も貼ってないROM!
 ラベルを剥がした形跡はない。ちなみに裏もツルツルである。僕は飛び上がるほど感動した。でもまだ早い。つけてみなければわからない。ということで僕は震える手を押さえつつ、カセットを本体に差し込み電源をつけた……

 maity002.jpg

 あれ!?
 おかしいなあ。真っ白だ。僕はもう1度つけてみた。やっぱり同じ反応だった。でもまあ1度や2度はつかないことなどよくあること。僕はもう1回やってみた。駄目だ・・・・・・
 その後、何度もトライしたがウンともスンとも言わなかった。僕の長いファミコン人生の中でも、ぜんぜんつかないカセットってのは珍しい。無いことは無いけど、ファミコンのカセットってけっこう頑丈で、どこかの動画で見たけど、たとえ窓から投げたって壊れないんですよ。(よいこはマネをしないでね)

 そこから僕の戦いが始った。
 まず僕はカセットを引っこ抜いて息をフーってやった。愛を込めて端子のほこりを飛ばす。たいていのカセットはこれでイチコロである。それでも駄目ならブーってやれ。霧状になった唾液が潤滑剤となるのだ。(ホントかよ)
 しかし画面はあいかわらず真っ白だった。ならばと綿棒を取り出し専用クリーナーで端子を磨いてみた。っていうか初めからそうしろよというツッコミは無しだ。でも結果は×。ファミコン本体の端子も磨いてみたけど同じ結果だった。
 
 じゃあカセットを浮かす作戦だ。よく最初からがっつり奥まで入れちゃうひとがいるけど、あれは間違いだ。カセットを手に持って前後位置を微調整しながらリセットボタンを連打する方法が一番いいのだ。

maity003.jpg

 このような状態である。本当はこの技は門外不出、オロチ家秘伝の奥義なんだけど、この際公表してしまおうじゃないか。
 すると……、真っ白い画面の一部に文字が混ざったのだ。僕は直感した。このカセットは死んでない、生きてると。そのときなぜか頭をよぎったのはスーパーマリオの超有名なバグ技「256W」である。そうか。その方法があったか!

 僕は普通のマイティボンジャックを出して来て、とりあえず本体に差し込んだのだ。当然、普通にタイトル画面が出るでしょ。で、スタートボタンを押す。当然1面が始るでしょ。そこで思いっきりカセットを引っこ抜いた。

 0DSCF4233.jpg
 当然画面はこうなる。バグ画面だ。
 それからどうするかと言うと…・・・
 普通のマイティボンジャックをもう1回差し込むんじゃなくて、送られてきた黄色いカセットのほう、つまりマイティ文珍ジャックだと思われるカセットを差し込むのだ。慎重にやさしくゆっくりと確実に差し込んでいく。

 すると・・・!?

 0DSCF4237.jpg
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 0DSCF4238.jpg
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 0DSCF4236.jpg

 出たぁあああーーー!!!!!!!!! 
 カセットが奥まで差し込まれた瞬間、さっきまで赤い爆弾だったグラフィックが文珍の顔になったのだ。目論見通りだった。長いファミコン人生の中でこれほど嬉しかった瞬間はない。感無量である。ふと時計を見ると夜中の4時をまわっていた。僕は3時間もカセットを入れてはつけ、入れてはつけを繰り返していたのだ。

 でも本当の戦いはここからだった。
 なぜならこれは、グラフィックが差し替えられていることが証明できる方法を示したに過ぎないのだ。一回カセットを引っこ抜いてしまったらプレイ続行はできない。おそらくこれは本物だろうけどプレイできなければ意味はない。プレイできなければその価値は半減するだろう。だから僕は意地でもこいつを起動させてやろうと思った。動作確認の依頼をしてくれたツカサさんのためにも……
 
 まあ結論から言うと結局、僕はこいつを起動することに成功したんです。2日越しでね。さんざんもったいぶっといてすみません。でも他に書きようがないのだ。なぜなら、僕はそれからただひたすらめちゃくちゃ頑張っただけなのだから。
 成功への近道なんてないってことですね。

 ということでめでたく僕は『マイティ文珍ジャック』をプレイすることができたわけだけど、今回はこれで終わりじゃないんです。実は動画を撮りました。初めての挑戦だったけどうまくできたと思う。時間はたっぷり10分、水晶玉を取るところまで。
 さあ、それでは、お待たせしました。世にも珍しいファミコンソフト『マイティ文珍ジャック』の世界をじっくりご堪能ください。



 結論、究極のレアソフト『マイティ文珍ジャック』は存在した!!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  

究極のレアソフト「マイティ文珍ジャック」についてのまとめ


 君は「マイティ文珍ジャック」というファミコンカセットを知っているか!?
 たぶん知らないだろうな。無理もない。だってこのソフトは普通に売られたソフトじゃないからだ。だからといって「幻のソフト研究所」で紹介されているような発売中止ソフトでもなければ、最近ネットオークションでよく出回っているようなハックROMでもない。

 じゃあ何なんだ!?
 正直言うと知ってるという方がいたら逆に教えてほしいのだ。だから今回は「マイティ文珍ジャック」について僕が調べたことをまとめてみようと思う。

 bunntingya-.jpg
  『さんまの名探偵(ナムコ)』より「桂文珍」

 とりあえず、このソフトは数あるファミコンのレアソフトの中でも極端にマイナーな存在だと思うんだ。僕も見たことないしうちの掲示板でも話題になったことすらないのだ。
 
 だが最近になって、なんだか微妙に何かありそうな気配である。
 まず、まんだらけが動いた。中野店ゲーム専門館「ギャラクシー」のブログによると、どうやら最近買取を開始したのだ。

 さっそく同店の高額買取商品のページをチェックさせてもらったらファミコンの部門に「マイティー文珍ジャック」の名前があり、買取価格は要相談となっていた。さすがまんだらけさんは対応が早い。試しに思いつく限りのファミコンショップの買取リストをチェックしてみたけど、この名前が見つかったのはここだけだった(漏れがあったらごめんね)


 さらに調査を進めてみると以下のような掲示板のスレッド内でこのソフトについて言及しているレスがいくつか見つかった。7年前と古いけどもピックアップしてみよう。



知らねぇだろうなこんなゲーム・その3  (2ちゃんねる)
マイティボンジャックを語ろうぜ (2ちゃんねる)
 ※ 2012/07/19 上記スレッドからの引用部分を削除 



 まとめると以下のようになる。

・昔とあるTV番組に「マイティ文珍ジャック」というゲームが出てきた
・内容はマイティボンジャックの爆弾が文珍の顔になってるだけ
・収録に参加した子供はお土産に同ソフトをもらえた
・毛利名人が道場破りしていた

 そうか。
 毛利名人が道場破りを・・・って関係ないやんっ!!!


 冗談はさておき、さらに調べていくと文珍ジャックについて詳しいバーチャルコンソール うぃき マイティボンジャックというwikiを発見。

 それによると、このソフトは1986年4月5日に春休み特別企画番組として放映された「痛快テレビゲーム!ファミン子全員集合」という番組で、作られた特別なソフトで、マイティボンジャックの爆弾が桂文珍になっているものだという。
 その名も「マイティ文珍ボンジャック」と紹介されたらしい。え、マイティ文珍ジャックじゃなかったの。
 そして某ホームページによると会場に来ていた子供たちに何本か配られたという。某ホームページってどこだろう。さらにその模様が「ファミリーコンピュータMagazine」で記事になったという。時期からいって86年4月号だな。残念。ちょうど持ってない。ちなみにファミマガ本誌では「マイティ文珍ジャック」と紹介されたという。BOMBが文珍なわけだからだそうだ。なるほどね。やっぱりこっちが正式名称か。

 
 よーし、だいたい分かってきたぞ。
 それにしても某ホームページってどこだろう。気になるよね。
 ご安心ください。どうもそうじゃないかというサイト様に行き着くことができました。
 こちらです↓

 痛快テレビゲーム!ファミン子全員集合
matibonjak.jpg


 
 なんとそこには実際のゲーム画面が!
 すげー、なんだこれー!!!
 興奮が止まらん。

 みんなも是非、同サイト様へ行って見てきて欲しい。
 すごいんだ。


 さらに同サイトのゲストブックには当時、その収録に参加し、実際に手に入れたという方が書き込みをしていた。
 それによると、マイティ文珍ジャックは何も書いていない箱に入っており、シールの貼ってない黄色のカセットだったという。さらに1人1本ではなく家族で1本配られたので数は30本より少なかったらしい。

 うぉおおお、30本以下となるとゴールドカートリッジ級でっせ!

 しかし残念ながらその方がもらったマイティ文珍ジャックは友達に貸したまま戻ってこず、どこかへ行ってしまったという良くあるオチで。ああ、もったいない・・・


 ということで今回はここまで。
 もうだめです。私オロチは力尽きました・・・
 このソフトについて何か知ってる方、是非情報を下さい!お願いします!




 2010/1/20実物を入手! 続報はこちら!!!




このエントリーをはてなブックマークに追加  
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR