任天堂が21年前に「SWITCH」の商標を取得!? よくよく調べてみたら意外な事実が判明!!


 ※こちらは頂いたコメントを基に書き直した記事です。

 我がブログでは紹介しなかったネタだったのですが、任天堂がスイッチソフト「ARMS」の商標を28年前の取得していたというニュースは誤報だったそうです。

 なんでも、「ARMS」は元々YAMAHAが1989年に商標登録していたもので、任天堂がその一部の使用権利のみ買い取った結果、書類上、任天堂が1989年に取得したように見えていただけだった模様。取得自体は2017年に入ってからなので、誤報ということになります。このネタを報じていたメディアの皆さん、次、間違えると履物が便所スリッパ、椅子がパイプ椅子となります。


 そんなことよりも、任天堂さんが21年前に「スイッチ」の商標を取得していたことを、今さら発見したのですが……

 ▼
 ▼
 ▼

sw_shouhyo19930229_1.png



 登録日が1996年2月29日なので、約21年前ってことになりますよね。
 このロゴにはもうひとパターンありました。


sw_shouhyo19930229_2.png


 こちらも登録日が1996年2月29日となっております。

 これって大発見じゃん?もしかして旧ロゴじゃね?みたいなノリの記事を意気揚々とアップしたところ、コメント欄にて「それはメガCDソフト『スイッチ』なのでは」という情報を頂きました。本当にありがとうございます!

 さっそく調べてみると……

 ▼
 ▼
 ▼

switch16.jpg
 ※Googleイメージ検索結果より


 マジですねえ。

 そうなってくると、ますます謎が深まります、なぜ任天堂がメガドラCDソフトの「スイッチ」の商標を持っているのでしょうか。もしかしたらこれも「ARMS」みたいなパターンなのかもと思って確認したところ……


 sw_shouhyou4.png

 ビンゴっすねえ。

 これを見ると「スイッチ」という商標は元々セガが持っていたという、意外な事実が判明しました。セガといえば任天堂としのぎをけずった、かつてのライバル会社です。任天堂は知ってて「スイッチ」という名前にしたのか、知らなかったのか。

 そして……

 ▼
 ▼
 ▼

sw_shouhyou3.png
 ※経過情報より

 こちらを見ると、最終的には今年の5月12日に移転が完了していることがわかりました。セガはどんな気持ちで任天堂にこの商標を譲渡したのでしょうか……

 ということで当サイトは「映す価値なし」となりました(笑)



orotima-ku1.pngなんだこのオチは!


 ※なお、この商標検索サイトはいずれのページも直リンクできない仕様なので、ソース見たい方は特許情報プラットフォームで検索して下さい



芸能人格付けチェック これぞ真の一流品だ! 完全版 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー (2016-02-24)
売り上げランキング: 61,782
[ 2017/07/23 15:47 ] 任天堂 | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

任天堂は「テレビゲーム」で40周年を迎えました!!


 任天堂は2017年7月をもって40周年を迎えたそうですよ。おめでとうございます!!

 え、なんのこっちゃって?
 あれですよ。今から40年前といえば、1977年7月にリリースされたヒット商品。そうそう、任天堂初のテレビゲーム機『テレビゲーム6』と『テレビゲーム15』じゃないですか。

 つまり、任天堂は2017年7月をもって……
 テレビゲーム業界進出40周年ってことになるわけだ。

 フランスの任天堂本「L'Histoire de NINTENDO」には6月って書いてあったけど、公式が7月って言ってるんだから7月だよね(笑)

L' histoire de Nintendo t.1

 この『テレビゲーム6』と『15』は当時主流だったハードソフト一体型のゲーム機でした。あわせて80万台を売り上げる異例の大ヒットを記録したエピソードは、こちらの記事で紹介させてもらっています。

kara-terebige-mu6.jpgkara-terebige-mu15.jpg
『カラーテレビゲーム』を成功させた任天堂の奇策とは!?



 ちなみに、この記事にも7月って書いてあるわ。自分でも忘れていた(笑)

 まあ、いいや。で、勢いに乗った任天堂はその後、1978年に『レーシング112』、1979年に『ブロック崩し』をリリース。

historianintendo01.jpg
 「L'Histoire de NINTENDO」より


 順調なペースでテレビゲーム機を投入していきますが、1980年に投入したゲーム機が例のアレだったのです。

 そう、あの伝説のワースト機『コンピューターTVゲーム』ですよ。このハードがまったく売れなかったため、任天堂は、しばらくテレビゲーム業界から“いったん撤退”を余儀なくされたと言うから尋常じゃないよね。

 さっきから手前味噌で申し訳ないですが、そのあたりのエピソードについてはこちらの記事をご覧下さい。

nintendo-tbge-mumisyou.jpg
伝説の任天堂ワーストゲーム機、24万円で落札される!!



 しかしそこは任天堂さん。「ゲーム&ウオッチ」の大ヒットで借金を返済どころか、たんまり儲かったので、満を持してテレビゲーム業界へ復帰ですよ。ファミリーコンピュータという怪物をひっさげてね……

 まあ、ここからは皆さん、よくご存知のとおりです。ということで、ほとんどのひとは何のこっちゃわからないと思いますが、我がブログは言わせて頂きますよ。

 40周年おめでとう!



orotima-ku1.png周年イベントとかやらないのかな(笑)



SOUCE:Nintendo Has Now Been Making Video Games For 40 Years(kotaku)
[ 2017/07/07 00:36 ] 任天堂 | コメント(1)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

主要ハード・ソフトから見た任天堂株価 2011-2017


 この6年間で任天堂株価が順調に上がってきている。
 いつものように主要ハードとソフトから株価の推移を見てみよう。グレーの文字は主な出来事です。

nintendokabuka11-17.png

 ニンテンドー3DSが発売されたのは2011年2月26日。リリース当初は動きがにぶく6ヵ月後に値下げを敢行した。ゲーム機の値下げはよくあることだが早くも「失敗作」などと言われたものだ。ところがどっこい、そこからは人気シリーズ「モンハン」の獲得などで順調に売れ始めたのだった。

 しかしながら株価はどんどん降下していき、とうとう2012年5月には1万円台を下回ってしまう。「Wii U」の投入で多少は回復するが、正直言って苦戦しまくりで、そこから2年くらい12000~15000円台をフラフラすることになる。

 転機が訪れたのは2015年に入ってから。このころ、表には書いてないがDNAと提携を発表。また、CMを減らすなどコストの削減などを行っている。そして大ヒットゲーム『スプラトゥーン』の登場だ。任天堂は「まだまだ新規IPつくれまっせ」と世界に知らしめたタイトルだった。ただし一気に上がると反動があるものだ。

 2015年6月の小さなピークにはちょうど世界最大のゲーム見本市「E3 2015」が開催されていた。その後、急降下しているところから、投資家らの見通しは厳しかったようだ。

 しかしながらここで「ポケモンGO」ですよ。もう1年も前なのかあ。公園や駅前でうろうろしてたひとたちは今、どこへ……


nintendokabuka11-17.png
 ※上の表と同じです。

 だが任天堂は何を思ったか「ポケモンGOではあまり儲かりまへん」と、異例の声明を発表。狂ったように上昇していた株価に、自ら水を差した。

 されどここからが任天堂さんの真骨頂。9月の「スーパーマリオラン」リリースで株価は一気に20%回復し、10月には新ハード・スイッチを発表(発売じゃないよ)、11月にはUSJに「スーパーニンテンドーワールド」をオープンさせると発表(※1)。12月にミニファミコン発売と、立て続けにトピックを連発。

 ※1 表には「USJと提携」とあるが、提携すること事態はすでに2015年に発表している


 あれよあれよと株価が上昇。満を持しての「スイッチ」の発売でもうどうにも止まらない。そして過日のミニスーファミの発表で4万円台を突破するかと思いきや、なぜか反動で暴落ですよ(笑)

 2017年7月1日現在は3万7000円台となっている。

 まあ、なんにせよ今のところ順調に予想通りですが(何ならピークの前の小さい山説も当たってる)、ここからどうなるのかは正直言ってサッパリわかりません!


orotima-ku1.pngひとまず『スプラトゥーン2』かな……
[ 2017/07/01 01:58 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

宮本茂がPSPで『マリオ』をプレイしたときのエピソードが掲載中


 マリオの生みの親・宮本茂(敬称略)についての奇妙なエピソードをジャーナリストChris Kohler(敬称略)が語ってくれました。海外ゲームサイトKOTAKUの記事によると、それは2004年の出来事――

 Chrisは著書「Power-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra Life(パワーアップ:日本のビデオゲームが世界を1UPさせた方法)」のために、世界最大のコンピューターゲーム見本市「E3」を訪れていた。目的は任天堂への取材だった。


Power-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra LifePower-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra Life
Chris Kohler Shuhei Yoshida

Dover Publications 2016-10-21
売り上げランキング : 116706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さっそくChrisは会議室にて任天堂幹部Perrin Kaplan(敬称略)にインタビューをとった。

 そのとき、彼はリリースされたばかりのPSPを所持していた。しかもそれはゲームボー イのソフトが動くようにハックされていたのだった。当時、このようなエミュレータはまったく新しいものだったので、彼は座興とばかりに「最高にクレイジーなものをお見せしましょう」と言って、それを彼女に披露したという。するとPerrin は部屋を出て行ってしまった……

 しかしPerrinはすぐに戻って来て「宮本がそれを見たいと言っている」と告げた。

miyamotohakkupsp.jpg
 ※That Time Miyamoto Played Mario On My Hacked PSP (kotaku)

 Chrisはさっそく別のインタビューを終えたばかりの宮本のもとへかけつけ、彼にハックされたPSPを渡した。宮本は『スーパーマリオランド』を遊んでこう訊ねたという。

「クリス、これはあなたが作ったのですか?」
「いえいえ、わたしじゃありません……」

 そう言ってChrisは、それがハッカーたちの仕業だということ、そしてE3の前日にインターネットで入手したことを説明した。するとそこへもう一人の任天堂ハードウェアデザイナーがやってきて、ChrisはハックされたPSPのデモンストレーションを行うことになったという。

 
 その後――
 任天堂は自社ハードにエミュレータがインストールされないよう、独自の堅牢なシステムを開発するようになったそうです。 



 SOUCE:That Time Miyamoto Played Mario On My Hacked PSP (kotaku)
[ 2017/06/09 09:15 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

約2860万円の「ポケモンウォッチ」が売ってるぞ!!


 スイス・ジュネーブにて2004年に設立されたRomain Jerome社の歴史は浅い。しかしそれだけに斬新なアイデアと伝統技術から生まれるアバンギャルドな腕時計たちは、世界を驚かせ続けてる。

 今回はそんなRomain Jerome社が手掛けたポケモンウォッチ「TOURBILLON POKÉMON」を紹介しよう。

pokemonwatch01.jpg
 画像:TOURBILLON POKÉMON(RJ-Romain Jerome)

 躍動感あるピカチュウをセンターに配置した、立体的でカラフルな文字盤は、ひとつひとつ手作りのエナメル製。

pokemonwatch03.jpg
 画像:TOURBILLON POKÉMON(RJ-Romain Jerome)

 ポケモンを象徴する稲妻形のトゥールビヨン。ベルトはポケモンロゴに敬意を表して、黄色と青のステッチが施された黒アリゲーターの革。オシレイティングウェイトがピカチュウのかわいいうしろ姿という凝りようだ。

 公式サイトでは価格は伏せられていたが、こちらの通販サイトによると……

pokemonwath02.jpg
 画像:.highsnobiety.com

 お値段、なんと……
 25万8000ドル!

 日本円(2017年5月現在)にして約2860万円なり!!

 よーし、金持ちになったらゲットするぞー!(笑)



[ロマン ジェローム]Romain Jerome 腕時計 自動巻き M.CH001.01 メンズ 【正規輸入品】
Romain Jerome(ロマン ジェローム)
売り上げランキング: 246,826
[ 2017/05/19 00:41 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR