マニアック過ぎるファミコントリビア集 (3) 「めぐみのヌード」誕生秘話とか、乳首規制を逃れた女性キャラとか、、、6連発!!


◆マニアック過ぎるファミコントリビア 17 ◆

 まずはちょっと挨拶代わりに、、、

【グ】オホーツク操作手帳
『オホーツクに消ゆ』には、、、
 特製の捜査手帳があった

 ファミコンソフト『オホーツクに消ゆ』の商品に入っているアンケートを送ると抽選で5000名に特製の操作手帳が当たったという。5000個なら意外と残ってる!?




◆マニアック過ぎるファミコントリビア 18 ◆

 お待たせしました。



『オホーツクに消ゆ』でめぐみがヌードになるのは
 制作スタッフがプッツンしてたから、、、


 元々84年にPC向けに発売されたこのタイトル。87年にリメイク移植されたファミコン版に仕込まれた、この有名な裏技を知らないファミっ子はいないだろうが、一応説明しておくと、本作の登場人物のひとりであるめぐみと、和琴温泉でバッタリ出会うシーンで、あることをすると(しないと?)展開されるやりとりである。

【ネタ】オホーツク裏技03
 ※ファミ通1987年19号より

 当時の小学生男子にトラウマ級のインパクトを与えた、この裏技について、作者である堀井雄二氏が87年「ファミ通」や「ログイン」で語ったところによると、以下のような事情があったという。

 締め切り間際になると、かなりのスタッフたちがプッツンしはじめていた。ボクがふと見ると、ちょーど荒井画伯が、和琴温泉のめぐみの絵をデジタライズしていた。
「ひゃ~色っぽいなあ。これ脱がせられないの?」とボク。
「そうだ! かくしコマンドで脱ぐようにしようよ」とファミ坊。
「うん、やろうか」と荒井画伯。


 これが若さか……




◆マニアック過ぎるファミコントリビア 19 ◆

tikubi33.jpg
 ※ファミ通1987年19号より

めぐみの乳首は、、、
 ピンクにするかしないかで
  大議論になった 

 これもファンの間で語り継がれている有名な話。

 同じく堀井氏がファミ通誌上で語ったところによると、、、

 締め切りが迫っていて、することじゃない。でも誰ひとり反対する者はなく、すぐさまその追加の作製にはいる。このあとさらに、乳首をピンクにするかしないかで大議論したなど、誰が想像できるであろう(なさけない)


 彼らの議論はどんな答えを導き出したのか。いざ完成した裏技画像を見ると、残念ながら(?)、その乳首はピンク色ではなかったのだ。それどころか描かれてすらいなかった。そりゃそうだ。当時、ファミコンといえば小学生がメインのハード。任天堂のアダルト規制は厳しく、そもそもファミコンで乳首表現はNGなのである。


megumiurawaza.jpg

 しかしそこは天才・堀井雄二率いる面々……

 よく見ると、黒い輪郭線が1ドットだけ欠けていることがわかるだろう。なんと彼らは任天堂の「描くのはNG」という規制を逆手にとり、あえてドット抜けさせることによって見事に乳首を表現してみせたのである。この剛腕、かつ柔軟な発想たるや!

 まさに「描かないことで描く」は日本画の究極表現のひとつ。ぷっつんしてこの境地にたどり着くとは流石としか言いようのないエピソードであった。 




◆マニアック過ぎるファミコントリビア 20 ◆

 お次は乳首つながりで、、、

任天堂の乳首規制は、、、 
 モンスターには適用されなかった


 前述の通り、ファミコンは事実上、乳首表現がNGだったわけで、その長い抑圧の歴史は、2017年Switch版『スーパーマリオオデッセイ』でマリオの乳首が解禁されてとき、大きな話題になったことからも垣間見ることができる。(参照

 しかしながら、実はファミコン版『女神転生II』の一部のモンスターは、その規制から逃れていたようなのだ。

megamitensei2monster0.png

 左からピクシー、ハーピー、スキュラ、サキュバスである。よく見ると魅惑の1ドットが確認できるだろう。この他にも天使系の一部、バアルなどに同じような表現が見られる。人間じゃないからOKということなのだろうか、、、




◆マニアック過ぎるファミコントリビア 21 ◆

 しかし、話はこれだけでは終わらないのがこのブログ、、、

g1.jpg
ファミコンにはモンスターじゃないのに
 規制を逃れちゃったキャラがいる、、、
 

 ここでとっておきのネタを紹介しておこう。

 『ゴルゴ13第一章 神々の黄昏』の登場人物チェリー・グレイスである。とあるホテルで彼女と出会うと、なんだか妙に積極的に誘ってくる。そのあと「お子ちゃまはBボタンを押してね」的なことを言ってくるので、何かをすると(しないと?)、、、

g3.jpg

 こうなる、、、

g6.jpg

 驚くべきことに正規品でありながら、このシーンには乳首表現がなされているのだ。それにしても、さすが本編でも世界中の女の抱いて来たゴルゴ。こんなことぐらいでは1mmも動かない。




◆マニアック過ぎるファミコントリビア 22 ◆

ファミコン版『ゴルゴ13』の作者は、、、
 その昔、個人ホームページをやっていた
 
 17,8年前だろうか、ファミコン版『ゴルゴ13』の作者を名乗る人物が個人ホームページをやっていたのを知ってるひとはいるだろうか。残念ながら、それが同作のシナリオ&ゲームデザインを担当した吉川昇一さんだったのかどうか、不覚にも確証がないのだが、そういうホームページがあったことは絶対に間違いないのだ。

 なぜなら、その作者さん、自ら仕込んだこの裏技を「正規品ではファミコン唯一の乳首」と評し、どうやって任天堂の厳しい規制をくぐり抜けたのか、オブラートに包みつつ言及していたからである。しかも「詳しく知りたいひとはメール下さい」みたいなことが書いてあったので、私オロチは思い切ってメールを出したのだ。

g2.jpg
 この1ドットがいかにして任天堂さんの規制をくぐり抜けたのか!?

 おそらく、そんなことを聞いてくるやつなどいなかったのだろう。「まさか本当にメールをしてくるひとがいるとは思わなかった」と驚かれたものの、私は作者さんから直接、その真相を聞き出すことができたのだった。

 その内容は驚くべきものだったのだが、、、

 申し訳ない。この話は口外しないという約束だったので、残念ながらここには書けないのだった。どうしても知りたいひとはメール下さい(笑)※冗談です




orotima-ku1.png次回もお楽しみに!


◆ マニアック過ぎるファミコントリビア集一覧 ◆
(1) 謎のソフト『宇宙海賊の宝』とか、『スーマリ2』ROM化の話とか、、、
(2) ワニに食べさせてはいけないカセットとか、初代アテナの口の位置とか、、、
(3) 「めぐみのヌード」誕生秘話とか、乳首規制を逃れた女性キャラとか、、、

マニアック過ぎるファミコントリビア集 (1) 謎のソフト『宇宙海賊の宝』とか、『スーマリ2』ROM化の話とか、、、8連発!!


 今回はディープ企画。ファミコンに興味ないひとにはまったく興味のないであろうマニアック過ぎるトリビアネタを紹介するよ!


◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №1 ◆

『宇宙海賊の宝』という、、、
 謎のファミコンソフトが存在した。


【幻】宇宙海賊の宝2

 こちらは1986年頃のファミマガに掲載されていた謎のファミコンソフト『宇宙海賊の宝』の画像である。A4サイズの大きさのブック型ファイルにディスク、ミニ冊子、カセットテープが付いていたようだ。さすがにピンと来たかな。そう、このソフトは『銀河伝承』のプロトタイプなのだ。



 おそらく開発段階でタイトル&パッケージデザインの変更があったものと思われるが、何らかの理由で写真の差し替えが間に合わなかったのだろう。いっさいのフォローもなく、そのまま載せちゃってるゆるさが良いよね、、、

 万が一、このプロトタイプ版を持ってるって方、いらっしゃいましたら私オロチに連絡ください(笑)




◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №2 ◆

【ネタ】ドラゴンボール色違い3

『ドラゴンボール神龍の謎』は、、、
 ROMカートリッジが紫色だった。


 こちらも開発段階ネタ。ファミコンソフトの中には広告・チラシに載っていたROMカートリッジと、実際に販売されたもののデザインが違うなんてことがよくある。本作の場合は、ラベルデザインのみならずROMカートリッジの色まで違っていた例だ。


【ネタ】ドラゴンボール色違い2
 ※チラシバージョンと実際の製品版

 ちなみに、亀仙人がROMカートリッジを手に持っているバージョンのチラシのデザインも、よく見ると製品版と色合いがビミョウに違うぞ!




◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №3 ◆

 お次は紫色つながりで、、、

ro-rahime01.jpg

ローラ姫はかつて、、、
 髪の毛が紫色だった。

 ローラ姫といえばくりくりの茶髪というイメージ。

ro-rahime0.jpg

 ゲーム画面の彼女も、その後の公式ビジュアルの彼女も、髪の毛は茶色で統一されているのだが、初代『ドラクエ』のごく初期に出回ったチラシ・広告では鮮やかな紫色で描かれていたことがファンの間で知られている。もしかしたら昔ちょっとヤンキーだった!?



◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №4 ◆

奥田民生、国際派ファミコにスト

奥田民生はかつて、、、
 国際派ファミコニストだった。

 ミュージシャンの奥田民生さんが「音楽界の国際派ファミコニスト」と名乗って活動してることを、当時のファミ通が伝えている。一番好きなタイトルを聞かれた同氏は、ヒューマンの『ファイアープロレスリング』と語っていた。この堂々たる姿よ!



◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №5 ◆

 次は、、、
 これぞマニアック過ぎるファミコントリビアといった感じ!(自画自賛)

toppuru6.jpg【ネタ】トップルジップ模型6種類1

『トップルジップ』に付属する、、、
 フィギュアの種類は全6種類。

 特製の缶ケースに入った本作にはオマケとしてキャラクターフィギュアが付属しているのだが、長い間「それが何種類なのか」がコレクターたちの問題になっていた。さらに言うと、こいつの正式名称も定まっておらず、キャラ模型、オマケ、フィギュア、チョロジップなど様々な名前で呼ばれていた。本当は「ポケB」っていうらしいよ。



 そこでちょっと販売店様にお願いなんだけど、『トップルジップ』を陳列する際には、どんなポケBが入ってるのか、わかるようにしてくださるとありがたいです。工夫次第ですぐ売れちゃうかも!?



◆マニアック過ぎるファミコントリビア №6 ◆

【ネタ】ポニカがポニキャニへ

ポニーキャニオンは、、、
 その昔、ポニカだった。

 『おにゃんこTOWN』や『アタックアニマル学園』で知られるフジサンケイグループ傘下のレコード会社・ポニーキャニオン。1988年以前はポニカという名前で活動していたようだ。もともとはパソコンソフト部門のブランド名だったという。



 ちなみに『アタックアニマル学園』主人公のスケバン・ノッコはステージを進むにつれてセーラー服から体操服ブルマ姿、スクール水着姿へ変化することから、私は本作を元祖・コスプレ系ゲームと呼んでいる。



◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №7 ◆

『帰って来た!軍人将棋なんやそれ!?』は、、、
 ゴールドがもらえるキャンペーンを行っていた。

【グ】軍人将棋ゴールド

 ゴールドといってもゴールドROMカートリッジのことではなくて本物の24金ゴールドである。あー、良かったと胸を撫で下ろすコレクターたち。しかしよく考えると1グラムとはいえ、金を配っていたなんてなんともバブリーな話だ。



◆ マニアック過ぎるファミコントリビア №8 ◆

【ネタ】マリオ2ROM発売検討していた
 ※雑誌ハイスコア(86年)より

『スーパーマリオブラザーズ2』は、、、
 ROMカセットが発売される予定だった。


 最後はこれ。
 ディスクで一番売れたゲームソフトである『スーパーマリオブラザーズ2』にはROM化の話があり、実際に任天堂社内で検討されていたという。このプロジェクトがどんな理由で頓挫したのか今となっては知る由もないが、プロトタイプをつくる段階まで進んでいたのなら夢があるよね、、、

 かつて数十年前、ヤフオクで初めて『スーパーマリオブラザーズ2』のパチモノROMカートリッジが出て来たとき、一瞬、夢を見てしまったのは私だけではないはずだ。それは当時、そのような噂を聞いていたからだった。実は雑誌が取り上げるくらいには信憑性の高い話だったのである。

 なんなら、この記事が噂の発生源だったのかもしれない、、、



orotima-ku1.pngではまた次回!



◆ マニアック過ぎるファミコントリビア集一覧 ◆
(1) 謎のソフト『宇宙海賊の宝』とか、『スーマリ2』ROM化の話とか、、、
(2) ワニに食べさせてはいけないカセットとか、初代アテナの口の位置とか、、、
(3) 「めぐみのヌード」誕生秘話とか、乳首規制を逃れた女性キャラとか、、、

トリビア検証「アポロ11号は本当にファミコン以下だったのか?」


◆ファミコンで月面着陸◆

 皆さんは以下のようなトリビアをご存知だろうか?

 No.215

 月面着陸に成功した
  アポロ11号の
   コンピューターの性能は
    ファミコン以下


 (56/100へえ)


 これは2003年9月10日、かつて人気を博したフジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉』にて放送されたものである。現在でもWEB上の様々な場面で言及が見られる有名なトリビアだが、その印象的な内容のわりには56へえという低評価だったようである。パネラーの一人・荒俣宏先生にいたってはたったの2へえだった。

 かくいう私オロチも、このトリビアに関してはむしろ0へえでもいいぐらいだと思っているクチなのだ。今からその理由を述べていこう。




◆50年前の昔話◆

 まず、指摘しておきたいのはアポロ11号が月面着陸したのは今から50年前の昔話だということ。西暦で言えば1969年7月19日――

 僕らが生まれてくるずっとずっと前である。

as11-40-5874_medium.jpg
 画像:NASA Image and Video Library


 一方、ファミコンの発売は1983年7月15日――

 なんと、そこには14年もの開きがあるのだよ!

 14年といったら小さくていい匂いがしてあんなにかわいかった赤ちゃんが、ニキビ面で反抗期まっただなかのクソ生意気な中学二年生になってしまう歳月だ。コンピュータの進化は日進月歩。その昔、人類の偉業に携わったコンピュータより、14年後の子どもの玩具のほうが性能が上回るなんてこと、普通にコンピュータあるあるじゃないのか!?




◆作為的な構図◆

 それでも、あえて、このトリビアをとトリビアたらしめているものは何なのかという視座に立つならば、私は以下の2点の邂逅だったと表現しよう。

S69-38677_medium.jpg
 画像:NASA Image and Video Library

 1.すなわち、人類は今から50年も昔の原始的なコンピュータで月まで行けたくせに、それから(※)現在に至るまで結局、誰も行ってないじゃないかという不可解な事実がこの偉業をより際立たせているという点。

 2.もうひとつは、このトリビアが放送された2003年はファミコン20周年であり、それなりに盛り上がってはいたものの、すでに爆発的に世界へ普及していたPS2をはじめとする当時の最新ハードの前では骨董品も同然。その高い知名度が災いしてか、ショボいゲーム機の代名詞に成り果てていたという点だ。

 ※ 正確には1972年12月11日、アポロ17号が6度目の月面着陸を成功させて以降



 本トリビアは、本来、まったく関係ないこの2つの要素が出会ったことによって、「人類史上、稀に見るチートな偉業に携わったコンピュータが、あの誰もが知ってるショボいゲーム機より性能が劣っていた」という作為的な構図を成立させていたのである。

 むしろこのような作為的な構図を生み出す視点の妙こそ“トリビア”という発明だったのかなあ、なんて思ってみたりする。




◆ネタにマジレス◆

 ただし、このトリビアについては視点の妙だけでは、とてもじゃないが補いきれない、無数のツッコミポイントがあるので話は別だ。以下に列挙してしまおう。


●実はそれほど性能が要らなかった
 アポロ11号に搭載されていたコンピュータ「Apollo 11 Guidance Computer(以下AGC)」は軌道を制御するためのものであり、画像を処理するわけじゃないので、そもそも画像処理に長けたファミコンほどの性能は要らなかったと言われている。

●重量の関係上、必要最低限の機器だった
 ことのほかシビアなことで知られるロケットの重量制限の中で、必要最低限の性能しか搭載できなかったAGCだったが、複雑な計算はすでに地上のコンピュータで済ませていたので、それでも問題なかったという。

●信頼性重視であえて古い機械が選ばれていた
 さらに言うと、当時、ロケットに搭載するコンピュータは最新機器ではなく、宇宙空間での安定動作や、信頼性が重視されあえて古い機種のものが選ばれていたとのことだ。

●本当はファミコン2台分だった
 AGCの性能はファミコン2台分だったとするデータも存在する。これが本当だとすると少しインパクトに欠けるトリビアになってしまうだろう。(参照

●そもそも月へ行ってない
 信じるか信じないかはあなた次第です。


 最後の陰謀論はともかく、まとめると、性能が上なのか下なのか、という判断はどこをどう切り取って比較するのかで変わってくる話であり、たとえスペック上でAGCよりファミコンの性能のほうが上だったとしても、用途がまったく違うため「比較しても無意味」という元も子もない境地へ辿り着くことができよう。

 それでもまだ疑い切れないならば、アポロ11号にファミコンを搭載して月へ行くところを想像してみてほしい。あれ、、、案外、楽しいかも(笑)




◆元ネタを探せ!!◆

 最後に、アポロ11号(AGC)とファミコンを比較するという、スキャンダラスな構図を世界で一番最初に発見した人物を探してみたい。というのも『トリビアの泉』はあくまでも投稿ネタ番組であり、必ずしもオリジナルとは限らないからだ。

 さっそく調査してみると、案の定、私はWEB上に以下のような記述を発見したのである。

 アポロ11号が月面着陸に成功したとき(中略)、月着陸司令船に搭載されていたコンピュータは、初代ファミコン(赤白のやつ)よりも貧弱なもの・・・とのこと。 そんなので、よくもまあ月まで行けたもんだ。(また旅日記 - mataTabi Diary -


 この記事にはフロリダ州にあるNASAのケネディ宇宙センターを見学したときの様子が綴られていた。更新日は1999年11月27日である(改竄されているような様子は見られない)。『トリビアの泉』の放送日の4年前でありWEB上では確認しうる限り最古だと思われる。(※日本語圏のみ)

 気になるのは肝心の箇所が「とのこと」という伝聞調で終わっていることだ。これもまた元ネタではない可能性が高い。

 少なくとも「トリビアの泉」がオリジナルでないようだ。

6900952_medium.jpg
 画像:NASA Image and Video Library

 以下蛇足。私オロチはこの記事を読んだとき、学生時代に(英語ペラペラの姉と二人で)このケネディ宇宙センターへ行ったことがあるのを思い出したのだ。観光客は専用のバスに乗せられ、広大な敷地内を移動。所々でビデオを見せられていた。もしかしたらその解説の中にアポロ11号のコンピュータがファミコン(NES)並みだったという話があったかもしれないが、残念ながらそのような記憶はこれっぽっちも無いのだった。



orotima-ku1.pngう~ん、着陸失敗!



<参考文献>
The Apollo guidance computer: Hardware|Ch2-5
月とコンピュータ « さくらインターネット研究所
apollo11号のソースコードを読みつつ - aerith7’s blog
【第13回】〈一千億分の八〉アポロ11号の危機を救った女性プログラマー、マーガレット・ハミルトン | 『宇宙兄弟』公式サイト
アポロはファミコン2個分。コンピュータの進化を1枚にまとめた画像 | ギズモード・ジャパン

[ 2018/08/05 11:49 ] ファミコントリビア | コメント(8)
 ブログパーツ

ワリオやワルイージにガールフレンドがいない身も蓋もない理由


  なぜワリオやワルイージにはガールフレンドがいないのですか?

 海外メディアkotakuによると、この、いかにもシンメトリーを好む西洋的な疑問が、とあるツイッターユーザーによって解決されました。

 こちら↓


 こちらは2000年に『マリオテニス64』がリリースされた際、海外ゲーム雑誌「Nintendo Power」が、開発メーカーであるキャメロットの高橋宏之さんと高橋秀五さんをインタビューしたときの記事です。

 翻訳してみましょう。


<原文>
NP:
Mario Tennis also features Daisy, a character who hasn't so popular.
ST:We wanred to habe a similar partner for Luigi, like how Mario and Prinsess Peach have one another. We asked Nintedo, and Nintendo suggested Daisy.
HT:We asked Nintendo about girlfriend for Wario and Waluigi, too,but Mr. Miyamoto said that he didn't even want to see their girlfriend.(laughs)

<翻訳>
ニンテンドーパワー:
『マリオテニス』には、デイジー姫というあまり知名度のないキャラクターが登場しますが……

高橋秀五:マリオにはピーチ姫というパートナーがいるので、ルイージにもパートナーが欲しいと要望したら、任天堂が「だったらデイジー姫で」と提案してきたのです。

高橋宏之:私たちはついでにワリオとワルイージについてもパートナーがいるのか尋ねたのですが、宮本さんに「彼らのガールフレンドなんて見たくない」と言われてしまいました(笑)



 身も蓋もない理由だなあ……

 でも、言われてみたら任天堂作品って「悪役の女キャラ」が少ないですよね。ぱっと思いつかないのでアレですけど。そろそろ、ワルピーチや、ワルデイジーが出てきてもおかしくない時代のような気もします。

amiibo ワリオ (スーパーマリオシリーズ)

[ 2017/09/05 15:08 ] ファミコントリビア | コメント(3)
 ブログパーツ

米国の核ミサイル発射施設にはスーパーマリオの壁画が描かれている!!


 マリオに関するトリビアです。

 米ゲームメディアkotakuが伝えたところによると、米国の核ミサイル発射施設のひとつ「Foxtrot-01」に、なぜかスーパーマリオの壁画が描かれているそうです。

 それはこの施設を取材した米ニュース動画からいくつか確認することができます。私オロチが視聴してみたところ3箇所確認できました。皆さんも見つけてみて下さい。

 (しかし、なんとも物騒なサムネイル画像だなあ……)

 ▼
 ▼
 ▼



 ▼
 ▼
 ▼

 答え合わせです。

mario_hekiga01.jpg

 まず1:10くらいから始まるこのシーン。女性リポーターの背後に、思いっきりマリオが描かれてますね。しかもこれはNES版『マリオ3』のパッケージイラストじゃないですか。○○MAN3? 何かのパロディになっているようですが、そこまではわかりませんでした。

 そして、もうひとつ。左に見切れているピンク色のドレス姿は、ピーチ姫じゃないでしょうかね。ちょっと腕が短いですが(笑)、白い手袋も彼女の特徴的なファッションです。


 お次はこちら。

mario_hekiga02.jpg

 1:24あたり。短髪の軍人さんが扉を開けるシーン。
 
 注目はその奥の壁です。このギザギザのひげはワリオさんじゃないですかね。なんだか怖い顔してますが、彼はいったい何を怒っているのやら(っていうか、ワリオはいつもこんな顔か)

 
mario_hekiga03.jpg

 最後は3:26あたり。
 右のほうの壁に腕を組んだマリオの姿がありました。「どうだ、すごいだろ」といわんばかりの自信に満ち溢れたたたずまいですね。ということで、真面目な取材なのに、ちょいちょいマリオのキャラクタたちが見切れてきて、なんともシュールなニュース動画でした。


 ただ、なんでしょうか。オリンピックで日本の首相が扮するくらいの国民的キャラクタが、米国の核ミサイル発射場のマスコット的なことやらされているなんて、複雑な気持ちがなくもないですね。彼、イタリア人だし(話がややこしくなる)

 ちなみに、同記事によると他にもスターウォーズがテーマになっている施設もあるようです……



 SOUCE:Here's A Closer Look At That Nuclear Missile Silo Filled With Mario Murals
[ 2017/07/06 00:00 ] ファミコントリビア | コメント(2)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。