PCエンジン『秋山仁の数学ミステリー』がヤフオクに登場!!


 PCエンジンのコンプリート最大の壁と呼ばれる『秋山仁の数学ミステリー』が久々にヤフオクに登場!!

akiyama01.jpg
akiyama02.jpg

 DUO-RX本体(箱付)とセットで出品され、43万円で落札されていた。



 ちなみに前回は単品で30万円だった。DUO-RX本体(箱付)とセットだったとはいえ、かなりの高額である。



orotima-ku1.png秋山先生、最近テレビで見ないなあ

奇跡の1台!! スーパーファミコン内蔵テレビ「14G-SF1」の新品未使用品がヤフオクに登場→見たことない落札値に!?


 先日、レトロゲーム界隈注目のオークションが激しい入札合戦の末、幕を閉じた。なんと、スーパーファミコン内蔵テレビ「14G-SF1」の新品未使用品である。

 こちら↓

 sf1001.jpg
sf1002.jpg
 ※★ スーパーファミコン内蔵TV 14G-SF1 シャープ 奇跡の1台 倉庫在庫品 新品未使用品 ★


 よんじゅうよんまんえん!!

 過去の事例では2015年にこれと同じ型の展示品がヤフオクへ出品され25万円の値をつけている。

スーパーファミコン内蔵テレビの展示品が高額で落札される!!

 ↑このとき出たものは、展示されていたということなので、厳密には新品・未使用品ではなかったかもしれないが、箱や付属品を含め、惚れ惚れするほどの超美品だったのは言うまでもなく、大きな話題になったものだ(といっても弊サイトくらいしか話題にしてなかったが)

 しかし、今回は閉店店舗の倉庫から出てきたということで、展示すらされていなかった完全なる新品・未使用品だったことが、その価値を大きく上げた理由だと考えられる。

 それにしても、こういうことはあまり言いたくないが、高騰化が止まらないねえ……


 ※駿河屋リンク(売り切れでした)


 そういえば、高校時代の友達M君の家にこれがあったことを思い出した。当時、僕はスーファミすらろくに見たことなかったので、たいそうビックリした憶えがある。しかし、そいつの家では既に誰もやっておらず、放置されている状態だったし、他のみんなもとくに興味を示してなかったのでそれっきりだったなあ。

 それから7、8年後――
 社会人になって、すでにファミコンを集めていた僕は、あるとき、ふと思い出したのだ。そういえば、M君の家にスーファミ内臓テレビがあったなあ、と……

 蒐集対象ではなかったものの、興味があった僕は、この際「へんなセールスと思われてもいいや」と、卒業アルバムを引っ張り出してきて、高校以来、まったく連絡を取り合ってなかったM君のうちへ電話をかけてみたのだ。そしたら、ワンコールもしないまま唐突に「新しい電話番号は○○です」みたいな案内が流れてきて、どうやら引っ越したことを知ったのだった。

 さっそく、新しい電話番号とやらにかけてみたら、今度はM君のお母さんが出た。
 「オロチです。M君と高校のとき同級生だった……」
 「ああ、オロチ君? 久しぶりねえ」
 こんなような会話をしたあと、やはり数年前に引っ越していたこと、昔の家は取り壊されて何も残ってないことなど聞かされ、時の流れを痛感したのだった。しかしそんなことよりも僕の脳裏に強烈なインパクトを残したのは「M君は今、どうしてますか」と尋ねたときの、お母さんの予想外な返答だった……

 「息子は今、プロサーファーを目指してアメリカに行ってるの」

 なんだ、この話(笑) 
 スーファミ内臓テレビ、ぜんぜん関係なくてゴメンね!


 関連記事:ファミコンテレビC1豪華珍品セットが37万円で落札される!! その真実は!?



orotima-ku1.png M君はプロサーファーになれたのかな

幻のアニメ作品「スーパーマリオの消防隊」が流出!? 


 スーパーマリオのアニメ映画化決定で、過去のアニメ作品に注目が集まっているのかもしれない……

『スーパーマリオ』の失われたアニメ作品がさいたまで発掘される!?

 弊サイトでもお伝えしたことのある、あの幻のアニメ作品のひとつ「スーパーマリオの消防隊」がヤフオクに登場。高額で落札されていたことがわかった。

 こちら↓

smbshouboutai1.jpg
smbshouboutai2.jpg
■16ミリ 16mm フィルム スーパーマリオの消防隊 任天堂 東映/つ/1


 これはいわゆる「教材アニメ」というやつで、所有しているのは主に自治体であり、必要に応じてしかるべき団体へレンタルされていた。見たことあるというひともいるのではないだろうか。自治体の所有物は台帳という物体的メモリーによって何十年に渡りキッチリと管理されており、また手続きが鬼のように面倒(議会を通すとか)なことから廃棄も容易ではない。

 さらに、おかしなことを言うようだが廃棄が決まったものは「必ず廃棄されなければならない」のが鉄則だ。つまり、マニアにとってどんなに価値があるものであろうと、よっぽどの事情がない限りは流出することはまずありえない。(妙に詳しいな……)

 したがって市場にまったく出て来ないため、幻のアニメ作品と呼ばれているのだ。


 ただし、例外として、所有者が自治体じゃなかった場合はその限りではない。おそらく今回のフィルムもそのような代物だと考えられる。っていうかリンク先の画像を見ると、九州の映画会社の所有だったことがモロにわかるやないかいっ!(プライバシー大丈夫か)



 ※こちらは海外の紹介動画

 この落札値から「教材アニメ」として普通に需要があったわけではなく、コレクターが争ったと見て間違いないだろう。当たり前の話だが「16mmフィルム」はそれを再生する機器がないと見ることすらできないのだが、16mm映写機は現在、製造されておらず、マニア専門店のようなところで高値で取引されているのが現状だ。

 おそらく、自治体が所有している16mmフィルムの運命は明るくはない。もうひとつの幻アニメ「スーパーマリオの交通安全」は現在でも多くの自治体が所有していることがわかっているが……

mariokoutuuannzenn03.jpg
 ※Google検索結果

 現状を考えると、それらは廃棄される未来を待つのみなのは明らかなのだ。なんなら、もう廃棄され始めているかもしれない。レトロゲーム界隈では保存運動が起こっているが、16mmフィルム界隈にもそのような動きはあるのだろうか……

 何はともあれ、スーパーマリオマニアにせよ、16mmフィルムマニアにせよ、今回、コレクターに確保されたことはGood Job!だったと言えるだろう。



orotima-ku1.pngこれを期に
バンバン流出したりして(笑)


伝説の海外ファミコンソフト『チーターマン』と『同2』がヤフオクに登場!?


 どうしようもないクソゲーとして世界的に有名な海外ファミコン版『チーターマン』とその続編『チーターマン2』がヤフオクにて落札されていた。

ti-ta-man02.jpg
ti-ta-man03.jpg

 そもそも『チーターマン』(CHEETAH MEN)は単体のゲームではなく、海外ファミコン(NES)の非公認ソフト『ACTION 52』(1991年)に収録されていたゲームのひとつで、クソな内容に反してBGMだけは良いということで有名になった作品である。一方、『同2』は未発売に終わっていたが、1997年に倉庫から発掘され1500本のみが流出したという曰くつきの幻ソフトだ。

 詳しいひとなら「おかしいな」と思うだろうが何のことはない。こちら▼

2012年にkick starterで出資を募り製作されたものです(元々は1991年に海外で発売されたミニゲームコレクション『Action 52』に収録されて発売されたもの)。

海外版 ファミコン NES チーターマン CHEETAHMEN : THE CREATION 箱説有(ヤフオク!)

2012年にkick starterで出資を募り製作されたものです(オリジナルは発売されておらず,1997年に開発会社の倉庫跡から発見された1.500本が非公式に販売された)。

 ※海外版 ファミコン NES チーターマン2 CHEETAHMEN II : THE LOST LEVELS 箱説有(ヤフオク!)


 この2本は2012年にキックスターターで出資を募って製作された復刻版だったのである。復刻版の『2』はパッケージに「THE LOST LEVELS」と書いてあるのですぐに見分けがつくだろう。


vgnn04.jpg
 ※VGNNイベントのときに目目連氏が持ち込んだもの

 ちなみにこちらが本物だ。
 酸化を防ぐため、窒素ガスが充填されたパッケージに密封されており、破壊しない限り、取り出すことはできないという。もはや文化財扱いである(笑)


 公式サイト:CHEETAHMENGAMES.COM

PCエンジンの幻級ソフト『ハドソンコンピュータデザイナーズスクール 卒業記念アルバム』が50万円で落札される!!


 これぞコレクターズアイテムって感じ。

sotugyouarubamu0.jpg
 ※サムネイル画像:ヤフオク!

 こちらのソフトはかつてハドソンが1991年に北海道で設立したゲーム学校「ハドソンコンピュータデザイナーズスクール(HCDS)」の生徒たちによる卒業記念アルバムです。つまりこのソフトを持っているのはこの学校を卒業した生徒だけということになります。

 内容は、オムニバス形式になっており卒業生の一人ひとりの作品が収録されているとのことです。何種類あるのか調べてみたところ少なくとも平成3年度版と、平成5年度版の存在は確認できました。

・平成3年度版
hadosonskuru02.jpg
 ※サムネイル画像:HardcoreGaming101

・平成5年度版
hadosonskuru01.jpg
 ※サムネイル画像:れとろゲーム懐古録

 そして今回が平成4年度版ですから、345とそろったことになりますね。これで全部なんでしょうか?



ゲームセンターCX PCエンジン スペシャル [DVD]
Happinet (2017-08-02)
売り上げランキング: 48

【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。