ファミコンディスクの説明書1枚に10万円の価値がつく!!


 とあるディスクシステムのソフトの“説明書のみ”が驚きの結果となった。

 こちら↓

tanogawa01.jpg
 【説明書のみ】ファミコンディスクシステム 谷川浩司の将棋指南2(ヤフオク!)

 なんと、10万円越えてますよ。

 なぜこんなに高いのか?
 実はこの説明書、オークションのタイトルでは『谷川浩司の将棋指南2』(ポニーキャニオン/1987年11月13日/書換:1988年1月12日)のものとありますが、正確に言うとそうではないのです。「谷川浩司の将棋指南2」まではいっしょなのですが、その中でも『新版 詰将棋・次の一手』という書き換え専用タイトルのものなのですよ。
 どういうことかというと、ディスクシステムのディスクはA面B面に別れており、このソフトの場合、A面に対戦将棋等、B面に「次の一手」という詰将棋が入っていたのです。

 そして1988年8月10日に 『新版 詰将棋・次の一手』なるものがリリースされました。つまり、B面のデータを新しく書き換えることができたわけです。したがってこの説明書は 『新版 詰将棋・次の一手』の説明書ということになるんですね。

 そうかぁ、それで10万円かぁ……
 って、なんでやねんっ!

 となると思いますので(笑)、もう少し補足しますと、以下の3点が考えられます。

・そもそも「将棋」という親父系ソフト
・紙ぺら1枚という捨てられ率の高さ
・ディスクライターでは書き換えできなかった



 まずはそもそも「将棋」というジャンルですね。当時、ファミコンのメインターゲットは小学生ですから、将棋など親父系ソフトはメインとは言いづらく、もともと数が少なかった可能性が高いです。しかもその中でも詰将棋ですから、よっぽど熱心な将棋ファンくらいしか、買ってまで新しいデータを手にしようとは思わなかったでしょう。

 次に、紙ぺら1枚という捨てられ率の高さですね。誰も将来、この紙ぺらが10万円になるなんて思っていませんでした(笑)

 最後に、ディスクライターでは書き換えできなかったという入手経路の限定性ですね。当時、ディスクの書換といえば、おもちゃ屋さん等に置いてあったディスクライターでするのが主流だったわけですが、このソフトを書き換えるには「任天堂へ申し込む」という手段しかありませんでした。具体的に言うと、ディスクを任天堂へ郵送しなければならなかったのです。


 そんな数々のハードルを乗り越えて、生き残ったこいつはもはや奇跡の一枚と言っていいでしょう。そこにどれくらいの価値を見出すのか。それはあなた次第です!

段ボールは夢の箱! ファミコンの隠れレアグッズ


 新品ファミコン本体と通信アダプタセットが高値で落札されていた。

 新品のファミコン本体(赤白・丸ボタン)の相場はオークションでだいたい2~3万円。通信アダプタセットはコレクターズアイテムであり、意外と数もあるので新品でも数千円。通信カートリッジは高値がつくこともあるが、ドラえもんのやつは比較的よく見る部類。(注意:通信カートリッジ自体が十分レアなんだけど!)

 そう思うと、今回のこちらのオークションは、相場よりちょっと高い気がするのだが、いったい何に値がついたのだろうか……

当時物ファミコン新品
danbo-ru01.jpg
danbo-ru02.jpg


 段ボールか!

 有名なプレミアソフトなど、皆が欲しがるものを欲しがるコレクターは多いが、逆に、あまりみんなが欲しがらないもの、皆が持ってないものに価値を見出すコレクターも、実は多い。

 段ボールの箱は、ただの梱包材と見なされ、そのまま捨てられてた。しかしだからこそ、逆に残ってないっていう隠れレア物なのである。

 これからも段ボール箱から目が離せない!?

SEGA「ソニックの棚」が37万円で落札される事案が発生!!


 これは、いったい何が起こってるんだ!

 SEGAの看板キャラクターソニックの絵がついた黒い棚が37万円を越える値で落札されていたことがわかった。

 こちら↓

segatana0.jpg

segatana2.jpg
 サムネイル画像:SEGA メーカー純正 GAME BOX 木箱 SONIC 超レア 当時物 景品?

 SEGA方面には疎い僕には、ソニック画が描いてあるただの棚にしか見えません……

 左上にSEGAのプレートがついてるところを見ると、純正ってことなのかな。

<追記>

 メガドライブのキャンペーンでもらえたSEGA純正の棚という情報を頂きました。ありがとうございました!

某ネットショップで299円で投げ売りされていた小画王が37倍の値段をつける!!


 小画王とみられるパチ物がオークションで高値で取引されていた。

shougakoou01.jpg

 これは2008年頃に登場したモニター一体型のパチファミコンで中国製。1年後の2009年には某ネットショップで299円という破格の値段で投げ売りされていたことで一部で話題となった。こんなことになるならキャプチャ画面を取っておけば良かったなあ。


 当時はちょうど地デジ移行が叫ばれていた時代であり、ジャンク扱いだったし、どうせすぐにゴミになるだろうということで、一応テレビなので、むしろリサイクル料が発生するんじゃないかという懸念もあり、よっぽどのもの好きでない限り誰も手を出さなかったのだろう……

 レビューなどを読むと、小画王(好小子)はそもそも白黒画面であり、日本仕様じゃないので、起動も遅かったんだとか。どちらかというとジョーク商品に近いポジションだったと思われます。それが今ではプレミアついちゃってるなんてね。何がどう転ぶかわかりません!



目指せパチプロ パチ夫くん [FAMILY COMPUTER]目指せパチプロ パチ夫くん [FAMILY COMPUTER]

ココナッツジャパンエンターテイメント
売り上げランキング : 26637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロッテファミコンチョコの空き箱が1万円で売れる事案が発生


 ファミコンチョコの空き箱がオークションに出品され、高値で取引されていた。

fmaikontoykos012.jpg
 ※『コンプREX(まんだらけ出版部)』 ファミコンチョコ特集より

 そもそもファミコンチョコとは「コンプREX」から以下引用。

 80年代後半にロッテから販売されて食玩シリーズ。上箱に「任天堂」のファミコンキャラクターが蓄光素材の塩ビ人形となって付属した食玩王道スタイルで販売されていました!



 ファミコンチョコの塩ビ人形については、かつて当ブログでも記事にさせてもらった。

消しゴム1体3万円!? ファミコンチョコの世界!

 塩ビ人形にはプレミアがついており、高いものになると3万円を越えるのは、すでにお伝えしたところであるが、実は空箱のほうもけっこうなプレミアがついたのだ。

 こちら↓

famikonshotko01.jpg

 定価100円のお菓子の空箱も30年取っておけば1万円ですよ……



愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー
池田 浩明 ワッキー貝山

双葉社 2013-04-17
売り上げランキング : 104510

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に
ワッキー貝山 池田 浩明

双葉社 2014-07-19
売り上げランキング : 282533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR