15万円の値がつくことも!? 不正コピーファミコンソフトが増加傾向


 不正コピーされた無認可のファミコンソフトがオークションで販売されている問題で、一時期、衰えていた出品数・取引数が今年の4月頃から増加傾向にあります。

 まずはこちらのオークション結果をご覧ください。

 ▼
 ▼
 ▼

dorakushuekkusu01.jpg
dorakushuekkusu02.jpg
 ※サムネイル画像:ファミコン 悪魔城ドラキュラx 血の輪廻★激レア★ ファミコンソフト(ヤフオク!)

 過去20年間で、(もともとプレミア物でない)違法コピーファミコンソフトに15万円がついたのはこれが初めてです。

 『悪魔城ドラキュラX血の輪廻』はそもそもPCエンジンスーパーCD-ROM2専用ソフトであり、良作にもかかわらず媒体が限られていたことや、発売された時期がハード後期だったこともあって、極めて早い段階でプレミア化していました。

 この出品物がどういう内容なのか詳細はわりませんがハックROMである可能性が高いです。


 では同じ出品者の直近1年の落札データを見てみましょう。
 ファミコン以外のものや一般ソフトも含まれますが、あくまでデータとして羅列しますので、あとは各自の判断で参考にして頂ければと思います。

ihoukopu-01.jpg

 今月に入って今までなかったようなタイトルがぽつぽつと出始めています。
 『アレスの翼』のパチ物は10年前からあるけど……


ihoukopu-02.jpg

 自主制作ファミコンソフトとして有名な『キラスタ』まで餌食に……


ihoukopu-03.jpg

 「スーパーマルオ」のコピーなどお札を刷っているようなもの。


ihoukopu-04.jpg

 バイナリィランド御成婚バージョンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 『ロックマン』や『烈火』など、非売品以外のソフトも扱っているところが気になりますね。中には本物もあるのかもしれませんが、少しでも疑わしいと思ったら、以下のフォームを活用することをお勧めします。

 オークション不正コピー情報受付フォーム(ACCS)



orotima-ku1.pngちょっと待て それは偽物 かもしれない
まずはチェックだ 発送地域

ドリームキャスト界に大規模な“相場殺し”案件が発生中!! 他


<注目>
・ドリームキャスト界に大規模な“相場殺し”案件が発生中!!(ヤフオク)
cdbaiohaza-do0.jpg

 ドリームキャスト専用ソフトの『バイオハザード2』『バイオハザード コードベロニカ』『パワーストーン2』の3本のデッドストック品が大量に出品されるいわゆる相場殺し案件が発生中。いまだに続いています。相場殺しの前例としては、ファミコンの『スーパーチャイニーズ2』『超人ウルトラベースボール』などは、いまだに新品が数百円で売られています。
 いずれにしても、もともとプレミアソフトではないにせよ、今後の相場に大きく影響すると思われます。


<ニュース>
シャープがFoxconn傘下企業としてChinaJoyに初出展
 台湾企業の傘下となったシャープがChinaJoyという見本市に初出展。中国市場へ向けて自社製品のテレビを猛アピールしたのだが、なぜかファミコンがつながれており、カセットが「in1ソフト」だったという始末。シャープといえばかつてツインファミコンつくったり、ファミコンの父である上村さんもシャープ出身。現場レベルではそんなことどうでもよくなっちゃってるんだろうなあ。というか、そもそも誰も「おかしい」と思わないのだろう。


<エピソード>
舛添要一、ゲームソフト『舛添要一の朝までファミコン』を監修時に落馬で右肩脱臼して「左手しか使えなかった」と告白
舛添要一 朝までファミコン

 このジャケットの撮影時、右肩を脱臼していたという、いい意味でものすごいどうでもいい事実が発覚しました(笑)。しかし、すっかりプレミアソフトになってしまったなあ。


<ドラクエ>
新作なのにこの懐かしさ……! ファミコン風「ドラクエⅪ」をすごい完成度で作る猛者現る
 完成度高い。


<歴史>
アップルと開発、ゲーム機で大失敗(日経)
 損失額は累計で約260億円。会社を潰しかける大失敗をした私が今、社長を務めています。「チャレンジ精神」と「敗者復活」が口先だけではないという証しです。とのこと。いろいろすごいな。

2016年12月の気になるファミコン関連グッズ


 2016年師走です。今回はヤフオク!で落札された気になるファミコン関連グッズを13事案ほど紹介します。こんな寒い日はこたつに入って、こうやってファミコン関連グッズについて永遠にしゃべってたい(笑)

ファミコン ファミリートレーナー 本体 ☆ ソフト 9個 ☆ FC
201612kininaru12.jpg


 よく見る「ファミリートレーナー」は基本セットといって、専用ソフト第1弾『アスレチックワールド』が同梱されているが、この「マットコントローラー」ってやつはその名の通りマットのみの単品商品。つまり「ファミリートレーナー」ってのはシステムの名前であってマットの名前ではないので勘違いしてたひとは憶えておこうね!
 ファミリートレーナー専用ソフトの新品、あるいは状態の良いものは昔からわりと多く残っているが、後半のソフトほど数が少ないようだ。

風雲!たけし城  WATER LASER 風雲水鉄砲 Z-1

 ちなみに手前右はファミコングッズではなく「風雲!たけし城 WaterLaser風雲水鉄砲 Z-1」なるもので、エレクトロサウンド機能、レーザーライト機能や、水鉄砲の限界を越えた連続発射能力が搭載されたハイテク水鉄砲であり、タンクは1300ccも入る背負うタイプだった。実際に番組で使われたらしく、プレミア付いてたりする。



FC-DISC 名門女子高生 セーラー服美少女図鑑 全6巻 セット
201612kininaru14.jpg

 パッと見、全部同じかなと思ったら下に小さく書いてある副題みたいなのが違う。#1名門山の手お嬢様女子高編A、#2同B、#3名門清純お嬢様公立女子高生編A、#4同B、#5名門純愛お嬢様私立女子高生編A、#6同Bとなっている。

201612kininaru01.jpg

 内容はおっさんがひたすらハシゴ上るゲーム。




レッドオクトーバーを追え 非売品 未発売サンプル起動確認済み
201612kininaru10.jpg

 発売中止ファミコンソフト『レッドオクトーバーを追え』ですね。1993年1月中旬発売予定だったが、さすがにその時期はファミコンの末期も末期。1993年10月1日にはスーパーファミコン版が発売されているので、途中でスーファミへ移行したと思われる。

レッドオクトーバーを追え

 スーファミ版『レッドオクトーバー』はパッケージ下部をご覧の通り、スーパースコープ対応ソフト(内容の一部のみ)だが、wikiで調べるとスーパースコープ対応ソフトの中に、こいつの名前を確認できない。誰か追加しといて!





TAITO ファミコン 影の伝説 懸賞品 おしゃべり霧姫(非売品)
201612kininaru11.jpg

 おしゃべり霧姫のついては当サイトのこちらの記事にも詳しく解説してる。

201612kininaru13.jpg

 『影の伝説』の説明書に記載された応募条件によると以下引用。

 青葉の章、紅葉の章、雪の章、2回クリアすると、なんと”霧姫”がもう1度出現するんだ。そこで画面写真を撮り、応募用紙に記入の上、いっしょにタイトーまで送ってください。


 なかなかのハードルである。先着1000名に当たったらしいが、もっと言うと、大当たりがこの「おしゃべり霧姫」で、2等が「影の伝説Tシャツ」、3等が「缶バッチ、シール、ペンケース等」となっており、それぞれ数が不明なので、こいつの実際の数も不明なのだ。
 ちなみにこの、おしゃべり霧姫のデザインは『奇々怪界』の主人公、小夜ちゃんでおなじみ元タイトー藪崎久也氏だそうである。





★ FC 谷川浩司の将棋指南Ⅱ 新版 詰め将棋・次の一手 ★
201612kininaru09.jpg

 市販ディスクシステムソフトの中でも5本の指に入る希少品。『谷川浩司の将棋指南Ⅱ』のB面に収録されている「詰め将棋・次の一手」を新版に書き換えたものである。これをタイトルの1つとしてファミコン総数1252本の中に含めるのが通例であった。

 データの書換という性質のみに言及するならば、同じような性質の『なんてったって!!ベースボール』の子ガメカセットも数に入っている。しかし、当ブログが何度も主張しているように、だったら『ベストプレープロ野球』のデータROM『’89-Apr』や、今年、その存在が再確認された『’90-Jun』がファミコン総数に入ってない理由は何なのか……

201612kininaru15.jpg
 ※サムネイル画像:今年10月に再確認された幻のソフト『’90-Jun』。詳しくはこちらの記事参照。

 ちゃんとした理由があるなら数に入れるべきだし、なければこの系統のソフトはごっそり抜くべきだし、どちらにせよハッキリさせたほうがいいと思うのである。天文界ですら「冥王星は惑星じゃなかった」って認めたじゃん。間違いはさっさと認めて前に進もうぜ!





①ファミリーコンピューター ディスクシステム 謎の村雨城 20本
201612kininaru08.jpg

③ファミリーコンピューター スターホース 18本セット
201612kininaru07.jpg

 相場殺し案件2つ。最初は謎の村雨城。ディスクは段ボールごと出てくること多いですね。タイトルロゴがでかでかと描かれた段ボールが魅力的です。つぎはスターホースですか。たしかセガのメダルゲームですよね。というのは冗談で、確認したら『スーパースターフォース』でした。誤字なんかよくあることですよ。でも、これはちょっと間違えすぎですね(笑)
 相場殺し案件といえばカルチャーブレーン系のソフトが過去に大量に出てきて大暴落したことがありました。『超人ウルトラベースボール』や『スーパーチャイニーズ2』、『同3』などはいまだに出てますね。




ディスクシステム 書き換え 店頭大ステッカー 看板 ポスター
201612kininaru06.jpg

ファミリーコンピューター必勝カードブック 第1巻 徳間書店
カードです。
201612kininaru05.jpg

 ディスクシステムのソフトの書換店をしめす看板(ステッカー)と、徳間書店のファミコンカードですね。
 「任天堂エンターテイメント」っていう楕円形の看板はオークションでよく見かけますけど、ディスクシステムの看板は珍しいです。ちなみに「任天堂エンターテイメント」の看板は最近また相場が上がりました。同じく店頭グッズである金のマリオ像もじわじわ上がっています。レトロゲーム高騰化の波はハードやソフトだけでなく、こうしたグッズにも押し寄せているようです。




新品FC NEWホリコマンダー2個セット
201612kininaru04.jpg

 『NEWホリコマンダー』はNEWファミコンの普通のコントローラ差込口に直接、差し込めるコントローラです。NES仕様でないコントローラでは唯一かもしれません。元々プレミア品でしたが、新品とはいえ、ここまで行くとは驚きです。しかしながら、レトロゲーム界では、いわゆる本体とコントローラの逆転現象ってのがだいぶ前から起こっていて、どういうことかというと、ファミコンなどの家庭用レトロゲームの場合、本体よりもコントローラのほうが先にダメになるため、どうしてもコントローラの需要のほうが高いんです。
 旧タイプ(赤白ファミコン)のコントローラは、数も多く、過去には捨て値で売られてましたが、TVとの接続問題(RF接続対応のテレビがない)や、コントローラのフィット感の違いなどで、やはり現在、人気なのはNEWファミコンであり、そのコントローラの相場は中古で2000~3000円ほど。状態によっては5000円を越えることもあり“本体のみ”よりも高くなる事案は珍しくありません。
NEWファミコン用 コントローラー(新品互換品)
 そんな状況に便乗してか、数年前から互換コントローラ(上画像)なんてものが出ていますが、評判はあまり良くないようです。





ファミコンチラシ アルマジロII/少年魔術師インディ等 未使用品
201612kininaru03.jpg

 幻のファミコンソフトとなったIGSの『アルマジロII』と『少年魔術師インディ』ですね。僕も少年魔術師インディに関してはかなり調べましたが、Youtubeに、当時のファミコン番組にて開発中の同ソフトが紹介された模様の動画がアップされていましたので、そちらを貼っておきます。


 
 貴重な映像ですね。以下、オークション説明文より引用。

【掲載タイトル】(全て発売中止)
FC アルマジロII/FC 少年魔術師インディ /GB アルマジロ外伝
SFC レイルロード・タイクーン/SFC お茶の間伝説


 結局、このチラシに載ってるすべてのタイトルが発売中止になったそうですよ。すごいなあ。正直、欲しかったわ。




コナミ ゲームセレクタ RU003 RF端子 未使用
201612kininaru02.jpg

 オロチ家でも現役バリバリで使ってるセレクタ。その最大の特徴はRF接続にも対応してることだけど、ぶっちゃけ、うちはNEWファミコン、PCエンジン、メガドライブで使ってるから、べつにこれじゃなくてもいいんだよね(笑)

ish075.jpg
 ※RF接続に対応するセレクター希少

 ただ他に持ってないから使ってるだけであって、本当は違うやつが欲しいです。しかしこのセレクタをファミコングッズだと言い張って20年。当初は見向きもされなかったけど、未使用品とはいえ2万円か。いよいよ堂に入って来た感あるなあ。



<まとめ>

 ここ最近のレトロゲーム高騰化で、最初から値段設定を高くしている出品者も多いですが、そんなことお構いなしに一本釣りしてるケースが目立っています。この場合、相場とか関係ないのにも関わらず、それが前例となってしまうと、レトロゲームがますます高騰化するというスパイラルが懸念されます。
 また、昔はオークションといえば店舗市場よりもだいぶ安かったのですが、今はあまりそんな印象がありません(もちろん、割安になることのほうが多いですが)。さらに言うと、あくどいといわれているAmazonですら、オークション結果よりも安く売られている事例は少なくなく、見逃せない存在となりつつありますね。以上。2016年12月の気になるファミコングッズでした!

「ニンテンドークラシックミニ」Amazon限定カード、ツタヤ袋も高騰!


 いつものようにオークションを見てたら、「ニンテンドークラシックミニ」Amazon限定ポストカードが出品されていて、しかも入札が入ってたので、aucfanで調べてみたら驚いた。

 こちら↓(上位のみ表示)

amazongenteipostakaod00.jpg

 ばんばん売れてるのかよ!

 新品未開封で相場1000円~2000円ってけっこうな数字だよ。定価の3割近い。さらに本体も売れば儲かっちゃうじゃん。べつに、そんなのは売るひとの勝手だと言うひともいるけどさ、最初から転売目的だったり、組織的だったりしたら、本当に欲しいひとが買えないもんね。そんな状況、お互いマイナスでしかない。


 さらに調べてみると、TSUTAYAの袋も売れてました。

amazongenteipostakaod01.jpg

 これはTSUTAYAの初回特典でついていた袋なので、今からお店にかけこんでもありません。僕は持ってないのですが、当時の雰囲気が良く再現されているように思います。正直欲しいです(笑)
 
 そして、ついでにチラシも調べてみた。

amazongenteipostakaod03.jpg

 まあ、こんなもんでしょうかね。

 お店に行けばタダで手に入るものとはいえ、欲しいけど、電車代やガソリン代、時間を使うのがもったいないというひとにとっては、オークションほど手軽なものはありません。


 最後にオマケで海外版「NES Classic Edition」も調べてみたよ。

amazongenteipostakaod02.jpg

 思ったより高いな!

 平均2万円ってところでしょうか。しかし数は少ないですが日本にも海外版クラシックミニを取り扱っている店はありますので、探してみてください。ちなみに名古屋のスーパーポテトでは14,800円(税抜)でしたよ。

ブックオフのオークションデータを検証したら見えてきた事実


 前回、「ブックオフ、オークション進出するも業績振るわず」という記事をエントリーしたところ、皆さんもブックオフの動向は気になっていたようで、各所で様々な反響を頂きました。

 そこで今回はもう1歩踏み込んで、ブックオフに関するオークションのデータを検証してみることにします。

bkkuohuyomukun.jpg


 今回の検証は、ブックオフのIDを含め、私オロチが「これは」と思ったストアを(オークションストア大賞などを参考に)適当に15店舗ほどピックアップし比較してみました。

 ※データはオロチが独自に算出したものであり、公式とは異なる場合が多々あります。
 ※悪・ど率は全評価の中の「非常に悪い」「悪い」「どちらでもない」評価の割合です。
 ※1日平均取引数は過去半年間のデータを元に、独自の方式で算出したものです。



<総合評価>

okuhyoukatorihikisuu3.png

 まずは総合評価です。

 総合評価とは単純にそのストアが今まで取引した数です。当然、長いことやってるストアほど数が多くなります。ちなみに今回ピックアップしたストアは現在稼働中で、なるべく総合評価の多いものを選びました。1位のBrandearは2015年ストア大賞に輝いたファッション・衣料品専門ストアです。

 ブックオフは6位につけてますね。ヤフオクと提携したのが2014年ですから、2年足らずでこのポジションは驚異的です。


 もちろん今回の検証は、すべてのストアIDを網羅してるわけじゃありませんが、この15店舗をピックアップするために、それ以上の数の上位ストアや有名ストアのIDをチェックしております。その中でもブックオフの総合評価の数は、そこらへんのストアを圧倒していました。



<1日の平均取引数>

okuhyoukatorihikisuu1.png

 次に1日の平均取引数を見てましょう。

 なんと、ブックオフは他のストアを抑えてダントツの1位でした。1日626件という数字は、頭1つ抜け出している2位ベクトルの、さらに2倍以上にもなります。絶望的に強かったフリーザを、トランクスが一刀両断したみたいな感じでしょうか……

 ヤフオク!は元々ファッション・衣料品が強いので、表には載せてないストアも含めて、上位はほとんどファッション系だったのですが、それらの強豪ストアを抑えてのダントツの1位には驚きです。

 やはりブックオフがヤフオク!本体と提携していること、そして、800を越える実店舗の“数のパワー”が、この数字に表れているのでしょう。



<伸び率>

snkrlogomjksyo3.png

 この表に載っている1日平均取引数は、過去半年間の取引数から算出したものですが、やはりここ最近ではどうなのかが気になりますよね。そこで過去半年間と直近1週間の1日平均取引数の差を、伸び率として算出すると、このようになりました。

 伸び率が100%以上だと、最近の取引数が伸びているということを表しています。当ブログがレトロゲーム専門ニュースサイトなので、たまたまピックアップさせてもらったBEEPが183%という驚異的な数字を叩き出してますが、規模を考えるとブックオフの伸び率は凄まじいですね。

 なお、最下位のセカンドストリートに関してはやる気がなくなったのではなく、現在、ID移行中につき、このような結果となっています。(まさか評価ロンダリングではあるまい)



<良い評価の割合>

okuhyoukatorihikisuu2.png

 オークションの取引はいろんな人間を相手にするので、どんなに細心の注意を払ってやっていても、悪い評価は付くものなのですが(交通事故みたいなもんです)、その割合はごく一般的なストアであれば100回に1回あるかどうかで、良い評価の割合が99%台なのが普通です。

 ※ちなみに個人よりもストアのほうが(報復評価をされにくい等の理由で)悪い評価を受けやすい傾向があるので、個人IDに関してはその限りではありません。


 そう考えるとブックオフの評価はわずか0.02%の差ではありますが98%台に甘んじており、手放しで「良い」とは言い難いです。これは急速に取引数を伸ばしていった弊害でしょうか。ただし「悪い」とも言い切れません。

 「セカンドストリート」や「買取王国」など、ブックオフと同じように実店舗をチェーン展開する“リアルでも有名な”ストアの良い評価率がのきなみ98%以下ということから考えても、この手のストアの評価にしては普通、あるいはやや良いとすら言えるでしょう。


 ちなみにその理由は、それぞれのストアの悪い評価を読めばすぐわかるのですが、これらの有名ストアは、オークションに出した商品を実店舗でも売っているため、「落札したのに売れ切れでした」ってパターンで悪い評価がついているケースが大半でした。
 大企業ゆえの風通しの悪さが原因なのでしょうか。



 以上。

 今回は僕がただ知りたかったから調べた内容となります。っていつもそうか(笑) これらのデータにそれ以上の意図はございませんので、ご了承ください!


 参照URL:
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=bookoff2014
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=vectoroomoto
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=j00v1961
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=marketenterprise_2006
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=quickdo2
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=fleur_2009_9
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=won_hee2000
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=zzzpakupakuzzz
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=yoshi_kanjp
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=goldsshops
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=takatakamaymay
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=toys_k3
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=jsol_sell
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=okoku365
http://auctions.yahoo.co.jp/show/rating?userID=parape_pope_gugugu



オークションの人間行動学
ケン・スティグリッツ
日経BP社
売り上げランキング: 186,680
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR