12月20日発売 3/4サイズのアップライト型アーケード筐体「Arcade1Up」が爆誕 自宅ゲーセンの夢が叶う


 おうちにゲーセンがやってくる!

Arcade1Up スペースインベーダー(日本仕様電源版)【数量限定】

 昔、ゲームセンターや駄菓子屋、スーパーの角なんかに置いてあったアップライト型アーケード筐体が3/4サイズになって大復活だ。見た目もそのまんま。17インチ液晶ディスプレイとスピーカー、ジョイスティックを搭載。国内仕様ACアダプタなので設置もカンタン。すぐにゲームが楽しめるぞ。

 気になるラインナップのこちら。
・『スペースインベーダー』
・『パックマン』『パックマン プラス』
・『ギャラガ』『ギャラクシアン』


 商品仕様はこちら。
筐体サイズ:W483mm×H1163mm×D584mm
筐体重量:約20kg
パッケージサイズ:W1213mm×H603mm×D171mm
電源:AC100V 50/60Hz ACアダプター(同梱)
 ※本製品は家庭用です。業務用にはご使用いただけません。
 ※ARCADE1UPに収録されている全てのゲームは海外仕様となっており、日本国内で流通しているゲームとは仕様が異なる場合がございます。



 プロモーション動画はこちら。



 3/4サイズとあって、やや小ぶりなのがお洒落だなあ。メンテナンスも大変じゃなさそうだし、リビングに1台、いいかもよ!?

 発売は12月20日。
 お値段は53,892円(現時点)だ!




orotima-ku1.png値段も手ごろ!
あとは置く場所だな









幻級のアーケード基板『ドラキュラハンター』が271.1万円で落札される!!


 テクノン工業というマイナーメーカーが1980年にリリースしたアーケードゲーム『ドラキュラハンター』が271万1000円という空前の結果となった。

dorakyurahanta-.jpg
dorakyurahanta-2.jpg
 ※画像:テクノン工業 ドラキュラハンター イン純正 説無 純正テーブル筐体用パネル付(ヤフオク!)

 かつて「ファミコン通信」1989年26号「アーケードマニアックス」にて「大したゲームではないが、ゲームセンターあらしに登場したことでゲームフリークたちに影響を与えたゲーム」と紹介されつつも「出回った枚数が少ない」と言及されるなど、古くからレア基板として有名だった本作……

dorakyurahanta-3_2018050723471675a.jpg
 ※該当ファミ通より。

 1996年リイド社発行「自宅をゲーセンにする!!」では「出回った数が異常に少ない」ということでレア基板ランキング2位として紹介するなど、その希少性がさらに強調されるようになった。

 そんな『ドラキュラハンター』が純正インスト・コンパネ付でヤフオク!に登場。198万円という強気な開始価格も注目されていた。


 ※こちらは海外版の動画

 ちなみに、テクノン工業は本作のあと『トロピカルダイブ』というゲームをリリースしてから倒産しているため、そっちのほうがレアじゃないのかという指摘もある。


Q質問4 投稿者:o*E*G*** / 評価:735 5月 3日 21時 02分
取り外した純正の筐体は残ってないのでしょうか?

A 回答 5月 4日 9時 57分
ご質問ありがとうございます。 筐体の方はだいぶ前に廃棄してしましました。 宜しくお願い致します。


 最後に気になった質問をピックアップ。もし純正筐体を廃棄してなかったらどうなっていたことやら……



orotima-ku1.pngゲームセンターあらしの影響力すげえ。




【エレメカ救出大作戦!!】 SHOKEN『冒険宝島』あげます! 届けます!


eremekadaisakusen1.jpg


<概要>

 二次募集を開始いたしました!!

boukentakarajima001.jpg 
 ※クリックで大きな画面へ

 概要、入手経路、状態などの詳細については前回の記事でご確認ください。




<ゲーム内容>

 タイミングよく玉をリリースしてGOALを目指すコロコロ玉転がしゲームです。3段目のワニが凶悪なことは有名ですね。


 ※プレイ動画(youtubeより)


 ぶっちゃけ、このワニが確率になっており、ダメなときはいくらタイミングを合わせてもバクっと食われます(笑)

 それが逆に楽しいんですよ。
 おい、急に早くなったじゃねえか!
 とか言ってツッコミを入れると大盛り上がりです。

boukentakarajima006.jpg
 ※スイッチ周り


 カウンターを見ると、だいたい当たりの割合は10分の1になっています。

 タイミングよくボタンを押すだけなので、雰囲気からも幼児~低学年が対象でしょう。うちの子もたまに会社の倉庫に来たときは、楽しく遊んでいました。例の凶悪なワニに一喜一憂する子どもたちがかわいいです。ミスすると煽ってくる声もいい感じに、子どもの闘志に火をつけてくれますよ(笑)

 また、定期的に流れるデモも牧歌的でいい雰囲気です。これを眺めているだけでも癒されることでしょう。(上級者向け)




<スペック・付属品など>

 サイズは公称です。

 形式 :  景品払い出し機(カプセル)
 サイズ : H1800×W725×D595mm
 重さ :  98kg
 電源 :  AC100V
 景品 : 75,90,100φカプセル(混在可)
 設定 :  1プレイ 100円
 状態 : ジャンク品 (ボタンが取れてしまいました)
 付属品: 鍵、説明書(コピー)、電源ケーブル(汎用型)、空カプセル数個

kagi.jpgboukentakarajima0041.jpg
 ※付属品の鍵と説明書


 私がチェックしたところ、ボタンが取れている個所以外に目立った故障はありませんでした。センサーも生きていました。

boukentakarajima002.jpgboukentakarajima003.jpg
 取れてしまったボタン(左図)と内部の様子(右図)


 ボタン周りの塗装剥げが目立ちますが、取れてしまったボタンさえなんとか固定できれば、ひとまず、プレイできる状態に戻るかもしれません。




<募集要項>

 以上、ふまえまして「我こそは」という方は、改めて↓の要項を確認し、すべての条件に同意した上でエントリー願います。(ちょっと簡略化しました)

 エントリー条件: 大切にしてくださる方 (転売はNO!)
 募集期間 : 3月1日~3月9日 
 配送期間 : 3月10日から3月31日
 保管場所 : 愛知県名古屋市中川区某所
 対応時間 : 10時~21時くらいまで
 当選発表 : 3月9日あたりに個別連絡いたします。
 配送方法 : 私オロチがお届けします(もちろん引き取りも可)
 ※配送について:愛知県からあまりにも遠い場合は要相談。

 なお、ご質問等は本記事のコメント欄へどうぞ。

 

<エントリー方法>

・タイトル 「エレメカ救出大作戦」
お名前 (ニックネーム可)
住所(または配送先)  
メールアドレス (連絡用)
携帯電話番号 (緊急連絡用) ※連絡が取れるならツイッターIDでも可。
・コメント (なぜ欲しいとか、どういう用途に使うとか、あれば)


 ↑を参考に、エントリーシート↓の空欄に必要事項をご記入の上、メールフォームの「内容」欄にコピペして送って下さい。

 ※メールフォームの「内容」欄以外はとくに埋める必要はありません。

エレメカ救出大作戦!! エントリーシート
・名前
(                                  )
・住所
(                                  )
・メールアドレス
(                                  )
・携帯電話番号 ※連絡が取れるならツイッターIDでも可
(                                  )
・コメント
(                                  )


 万が一、メールフォームが届かない場合はfamicom.com@(半角アットマーク)gmail.com まで送ってください。私オロチからの返信をもって、エントリー完了となります。



orotima-ku1.pngどうか、よろしくお願いします!

【エレメカ救出大作戦!!】 SHOKEN『冒険宝島』の引き取り手を募集!! 


eremekadaisakusen1.jpg


<概要>

 突然ですが、どなたか……
 SHOKENの『冒険宝島』のオーナーになりませんか?

boukentakarajima001.jpg 
 ※クリックで大きな画面へ

 エレメカというにはちょっと新しい時代のものですが、人気番組「探偵ナイトスクープ」にも登場したことのある、一部では有名なプライズゲーム機です。大切にしてくださる方に差し上げます。後日、さりげなく請求書が届くとか、そういうことはありません(笑)

 0円。タダ。無料!

 ただし、難アリ品です……(後述)




<入手経緯>

 5,6年ほど前に私オロチがついカッとなって落札(笑)

 届いてみると思ったより3割増しくらい大きくて、当然、家に置く場所がなかったので、しばらく会社の倉庫に置いてあったのですが、さすがに「邪魔」だと言われるようになってきて、3年くらい前に、とあるイベント関係の会社を営む知人へ泣く泣くお譲りしました。

boukentakarajima005.jpg
 ※電源を入れた様子 クリックで大きな画面へ


 知人はイベントで子どもたち相手に遊ばせたりしていたようですが、つい先日「やむなく処分することになった」と連絡があり、「それならば」と、私オロチが引き取り手を探すことになったわけです。



<ゲーム内容>

 タイミングよく玉をリリースしてGOALを目指すコロコロ玉転がしゲームです。3段目のワニが凶悪なことは有名ですね。


 ※プレイ動画(youtubeより)


 ぶっちゃけ、このワニが確率になっており、ダメなときはいくらタイミングを合わせてもバクっと食われます(笑)

 それが逆に楽しいんですよ。
 おい、急に早くなったじゃねえか!
 とか言ってツッコミを入れると大盛り上がりです。

boukentakarajima006.jpg
 ※スイッチ周り


 カウンターを見ると、だいたい当たりの割合は10分の1になっています。

 タイミングよくボタンを押すだけなので、雰囲気からも幼児~低学年が対象でしょう。うちの子もたまに会社の倉庫に来たときは、楽しく遊んでいました。例の凶悪なワニに一喜一憂する子どもたちがかわいいです。ミスすると煽ってくる声もいい感じに、子どもの闘志に火をつけてくれますよ(笑)

 また、定期的に流れるデモも牧歌的でいい雰囲気です。これを眺めているだけでも癒されることでしょう。(上級者向け)



<状態>

 さて、処分される理由ですが……

 なんと、ボタンが取れてしまったとのことです。さっそく確認しに行ったところ、取れてしまったボタンは、ただはめ直しただけでは反応しないようで、中を開けて見てみると、センサー部分?については動作してるっぽい(いろいろやったら反応はしました)ことがわかりました。

 したがって、なんとか、うまい具合に固定さえできれば、直せるかもしれません。

boukentakarajima002.jpgboukentakarajima003.jpg
 取れてしまったボタン(左図)と内部の様子(右図)


 ちなみに、それ以外のデモ機能や、ゲームに関する部分は、やってみた限りでは問題ありませんでした。しかしながら、完全な動作は保証いたしかねますので、そのあたりはご了承くださいね。

 外観ですが、ご覧のように、ボタン周りの塗装がはがれてしまっているのが目立ちます。1年前まで現役バリバリで稼働していたものなので、他にも、それなりのキズ、汚れがあります。また、内部にまで、ほこりが進入しているので清掃が必要です。あと、数か所にランプ切れがあるようです。

 ごくごく稀にボールがゲートに引っ掛けることがあるのですが、そんなときは台ごと傾けてやれば解決します。あとごくごく稀にカプセルを払い出すホッパーが空振りすることがありました。このへんはエレメカ持ちの方なら「あるある」ですよね。まあ、クラシックカーみたいなもんですから……


 以上の事情によりジャンク品となります。ジャンク品ということは修理・メンテナンスが必要ということです。ご了承ください。



<スペック・付属品など>

 サイズは公称です。

 形式 :  景品払い出し機(カプセル)
 サイズ : H1800×W725×D595mm
 重さ :  98kg
 電源 :  AC100V
 景品 : 75,90,100φカプセル(混在可)
 設定 :  1プレイ 100円
 状態 : ジャンク品 (ボタンの故障・その他不具合あるかも)
 付属品: 鍵、説明書(コピー)、電源ケーブル(汎用型)、空カプセル数個

kagi.jpgboukentakarajima0041.jpg
 ※付属品の鍵と説明書


 配送について。100キロ弱あるので、一人ではとてもじゃないですが持てません。(佐川の兄ちゃんは一人で運んでましたけどね)

 また、高さが180㎝もあるので一般的な乗用車には入らないでしょう。ハイエースなら横倒しで入るかもしれませんが、横倒しにしたことによって、何らかの不具合が生じてしまう可能性があります。パワーゲート付き箱型2t車なら問題ないです。



<募集要項>

 以上、ふまえまして「我こそは」という方は、改めて↓の要項を確認し、すべての条件に同意した上でエントリー願います。

 エントリー条件: 大切にしてくださる方 (転売はNO!)
 募集期間 : 2月23日~2月28日 
 引取期間 : 3月1日から3月31日
 引取場所 : 愛知県名古屋市中川区某所
 対応時間 : 10時~21時くらいまで
 当選発表 : 3月1日あたりに個別連絡いたします。
 引取方法 : 基本的にご本人で引き取り願いますが、場合によっては私オロチが届けることも可 (そっちのほうがネタ的に面白そうな感じなら)
 確認事項 : 全部チェックしてね!
 □ 返品は不可です
 □ 下見も基本的にできないと思って下さい
 □ 本企画の経過は当ブログ上でレポートします
 □ 反響によってはスケジュール通りいかないかも
 □ その他、思い通りいかなかったときはごめんね


 なお、ご質問等は本記事のコメント欄へどうぞ。

 

<エントリー方法>

・タイトル 「エレメカ救出大作戦」
お名前 (ニックネーム可)
・住所(または設置場所)  ※配送希望の場合
メールアドレス (連絡用)
携帯電話番号 (緊急連絡用) ※連絡が取れるならツイッターIDでも可。
引き取り可能日 (3月1日~31日 10時~21時) ※なるべく具体的に
・コメント (なぜ欲しいとか、どういう用途に使うとか、あれば)


 ↑を参考に、エントリーシート↓の空欄に必要事項をご記入の上、メールフォームの「内容」欄にコピペして送って下さい。

 なお、引き取り可能日については、ものが知人の会社創庫にあり、ざっくり「3月中に引き取りに行く」としか伝えてないため、とりあえず引き取ってくれる方の動ける日を先にできるだけ聞いておこうというアレです。
 ※メールフォームの「内容」欄以外はとくに埋める必要はありません。

エレメカ救出大作戦!! エントリーシート
・名前
(                                  )
・住所
(                                  )
・メールアドレス
(                                  )
・携帯電話番号 ※連絡が取れるならツイッターIDでも可
(                                  )
・引き取り可能日 (3月1日~31日 10時~21時) 
(                                  )
・コメント
(                                  )


 万が一、メールフォームが届かない場合はfamicom.com@(半角アットマーク)gmail.com まで送ってください。私オロチからの返信をもって、エントリー完了となります。それでは、よろしくお願いします!



orotima-ku1.pngお気軽にご応募ください!

高額落札された駄菓子屋ゲーム(エレメカ)まとめ 2017年


 こんにちは。エレメカ大好き人間オロチです。

 ぽかぽかと心地良い季節になってまいりました。いかがおすごしでしょうか。なにかと出費の多いこの時期には、心なしかエレメカの出品も多いような気がします(笑)

<高額落札されたエレメカまとめシリーズ>
2012年度版
2016年度版
2017年度版


 ということで、まだ5月ですけど、2017年度版まとめちゃいました。
 ごゆっくりお楽しみください。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca010.jpg
 ※レトロ ゲーム機 サトミ グランプリ サミー レトロ

 まずは出ました。株式会社さとみが1976年にリリースした10円転がしゲーム『グランプリ』ですよ。さとみといえば元々豆腐屋から始まったという異色のアミューズメント会社。のちのサミーですよね。しかしこの機種を出したあと一旦、倒産してしまいました。まさに途中で落とし穴に落ちちゃったわけだ。でも今ではセガと合併して世界的企業に。何がどう転ぶかわからんものです。このゲームの10円玉のように……

 およそ40年前の機種ですからね、鍵が壊れているとはいえ、ここまで状態の良いもは非常に珍しいと思います。

 ▼
 ▼
 ▼

indhi00000001.jpg
 ※昭和 レトロ コインゲーム機 コイン付き インディアナ500 4Rotor Corvette

 『インデアナ500』は、エレメカ界のバイブル「日本懐かし10円ゲーム大全」によると、ウコー社1978年製のルーレット系エレメカで、左右の数字の合計を当てるという一風変わったシステムを採用しているんだとか。中央のコルベットがひたすらかっこいいですね。白い筐体って案外少ないのでそんなところも鑑賞ポイントです。

 あと、これは僕も勘違いしてたので申し上げますと、イン「ディ」アナではなくイン「デ」アナですのでお気をつけください(笑)

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca001.jpg
 ※★駄菓子屋★ 昭和レトロ10円ゲーム●メロディーショット

 これは前回も落札されてましたね。エイブルコーポレーション1977年製「メロディーショット」です。色の褪せ具合から同じやつかな。
 ちなみにエイブルコーポレーションはお部屋探しとは別の会社。1983年設立。アミューズメント・パチンコ機器などを開発・販売していましたが2006年に経営破綻しています。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca002.jpg
 ※昭和 レトロ 10円 ゲーム機 W・ATTACK ジャンク /駄菓子屋 パチンコ

 ここからは同じ出品者さんが続きます。
 エレメカ界のバイブル「日本懐かし10円ゲーム大全」によると、三友商事が1978年にリリースした『W・ATTACK』です。一発で勝負が決まる機種だそうです。出品物はジャンクということで、かなり状態が悪いですね。屋外に放置されていたのかな。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca003.jpg
 ※昭和 レトロ 10円 ゲーム機 ロボ/ROBOT ジャンク /駄菓子屋 パチンコ

 つづいてこちらは『ロボ(ROBOT)』。「日本懐かし10円ゲーム大全」によると、工夫が施された盤面コースが魅力の謎の名作パチンコ系エレメカなんだとか。妙になまめかしいロボットにはセンス・オブ・ワンダーを感じますね(笑)

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca004.jpg
 ※昭和 レトロ 10円 ゲーム機 ピンポンパン ジャンク /駄菓子屋 パチンコ

 大登工業のパチンコ系メダル排出機『ピンポンパン』。 最大で「3倍チェッカー×3倍チェッカー×5枚チューリップ」の45枚のメダルを排出するというギャンブル性の高いエレメカ。真ん中のアメフト選手が上下に動くさまがものすごくウザいです(笑)

 大登工業は名古屋の会社で数年前まで喫茶店のテーブルゲーム機リースをやっていたようで、さすが喫茶店の街・名古屋といったところです。ただ、残念ながら今はどうなってるか不明です。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca005.jpg
 ※昭和 レトロ 10円 ゲーム機 トリプル チャンス ジャンク /駄菓子屋 パチンコ
 
 『ピンポンパン』の後継機である『パイパイ45』の別バージョンだと思います。その名の通り、最高で倍率45倍というギャンブル性の強い機種でした。なぜ『 トリプルチャンス』なる別名があるのでしょう……

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca006.jpg
 ※昭和レトロ 駄菓子屋10円ゲーム 本物レア品 再生済み エレメカ

 これも前回、ジャンクで落札されていた機種ですね。説明文に、>膨大な時間と手間をかけて復活させました。とあるので、そのレストア品なのかもしれません。説明文によるとオリジナルは1970年代の機種とあります。
 役物の単純さからおそらく1970年前半、この謎のキャラクタから1972,3年のものだとお見受けします。

 日中国交正常化により中国から日本へパンダが贈られたのが1972年。日本は空前のパンダブームに沸きました。一方、巨人がV9を達成、「巨人・大鵬・卵焼き」という有名フレーズを生み、日本中の国民がプロ野球に熱中していた時代が1965~73年です。

 まさにこの時代を象徴するかのような「パンダ」と「野球」のコラボキャラクタじゃないですか。こうやって、キャラクタひとつからその時代背景を妄想するのもエレメカの楽しみのひとつなんですよ!(笑)

 ▼
 ▼
 ▼

kosumoasumonoyatu01.jpg
当時物◆動作品 コスモス製 じゃんけん ゲーム カード レトロゲーム機 (検 ジャンケンマン 駄菓子 筐体

 カード排出機『カードじゃん(KJ-01)』。じゃんけんに勝つとカードがもらえる。説明文にはあのインチキ自販機で有名なコスモス社製とありましたが、正直、初めてお見受けするので調べてみました。

 書籍「最終決定版インチキガチャガチャの真相」によると、『カードじゃんDX(KJ-02)』という機種のみ掲載されています。型番から察するに『カードじゃん』はこの前身機種なのでしょう。すると、オークション写真には販売元「株式会社ユウ」とありますが、こちらはコスモスの関係会社でしょうか。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca011.jpg
 ※Cat Father キャットファーザー 10円ゲーム 駄菓子屋 動作品

 バンエース2000年リリースの『キャットファーザー』。90年代から2000年代にかけてエレメカは全体的に丸っこいフォルムになっていきます。スペースエイジ的なベクトルとは真逆の無機質な流線型になっていくのですよ。デザインからも叙情性が失われてしまいます。もっともエレメカなんてのは、もともとキッズ向け商品ですから叙情性もへったくれもないんですけどね!(笑)

 なんだかんだ言って、現代エレメカは実用性が高いので今でも高額で取引されています。僕も見つけたら必ずプレイします。

 ▼
 ▼
 ▼

201704_elemeca009.jpg
 ※ちゃんこキッズ レア コインあり 昭和レトロ 最終値下げ

 富士電子工業2002年製『ちゃんこキッズ』。落ち物ビンゴ系キッズメダルゲームですね。うちの子もゲーセン行ったら、この手のやつよくやってます。意外と玉がよく弾むのでビックリしますよね。
 公式サイトを見てみると、現在、この機種は掲載されていません。神聖なる土俵でごはんを食ってる力士(左側)に対して、相撲協会からクレームでも入ったのでしょうか(笑)

 ▼
 ▼
 ▼

 ということで、今回は以上です。
 いやあ、エレメカって本当にいいもんですね(笑)

 最後に参考文献を紹介しながらお別れでしたいと思います。さようなら!

<参考文献>

日本懐かし10円ゲーム大全 (タツミムック)
岸 昭仁
辰巳出版 (2015-05-22)
売り上げランキング: 160,866
エレメカ界のバイブルです!


最終決定版 インチキ・ガチャガチャの真相 -コスモス、その愛-
ワッキー貝山 池田 浩明 奈良 和広
双葉社(2016-10-5)
売り上げランキング: 39,260
コスモス本の決定版です!


【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。