セガのアーケード筐体20台弱の引き取り手を募集します!


 前回、残念ながら、とある老舗ホビーショップのアーケード筐体5~60台がほとんど処分されてしまったという話をしました。

アーケード筐体5,60台の引き取り手を探していた老舗ショップの話(2016/12/14)

 すると、皆さんからたくさんの反応いただき、声をかけてくれれば引き取ったのに!というようなメッセージも頂きました。私も「自分にできることは何だったのか」いろいろ考えまして、とにかく残りの筐体だけでも引き取らせてもらおうかなと思い、再びその老舗ホビーショップへ訪れました。
 すると店主さん、前回「ほとんど処分した」と仰ってたんですが、実はまだ20台弱あるとのことです!

 よーし、じゃあさっそく取りに行くぞ。なんて量じゃないので、ここはひとつ協力していただける方を募集させてもらおうかなという次第です。

gamecenter_kyoutai0.jpg

 しかしながら、まだいろいろクリアにしなきゃいけないことがたくさんあるので、まずは現時点でわかっていることや私なりに考えた要項を羅列させて頂きます。

<プロジェクト名>
 アーケード筐体救出プロジェクト

<趣旨>
 まず初めに、本プロジェクトは「廃棄されていくアーケード筐体をどうしても救いたい」という思いだけで立ち上げたプロジェクトです。機種は不明ですし、動作するかもわかりません。なにもかも手探りの状態で始まっております。それでも私と同じ思いがあり、とにかく協力したい。救いたい。と言って頂ける方を探しております。

<場所>
 愛知県。
 まだ話が正式に決定してない段階なので、万が一、関係者にご迷惑をおかけしないためにも、それ以外の情報は今のところ、伏せさせてください。

<筐体>
 20年くらい前のセガのアストロシティみたいなやつ。

<数量>
 20台弱(替えのパーツは多数)+ジャンク多数。

<引き取り時期>
 来年1月以降の店が暇な時期。

<募集内容>
 アーケード筐体の廃棄を阻止したい方。知識のある方。運ぶ手段(トラックなど)のある方。急に音信不通にならない方。
 
<募集期間>
 現在、エントリー期間を締め切りました。

<取りまとめ役>
 オロチ。ファミコンコレクターやってます。

<お断わり>
 私一人でどうにかなる量じゃないので協力者を募っております。20台全部まとめて引き取ってくださる方を探している訳ではありません。

 情報はこちらのページにて「アーケード筐体救出プロジェクト応募要項」更新していきます。



 前回の記事では、アーケード筐体は、その場で解体されたと言ってましたが、よく聞くとそうではなく、店主さんが自ら解体業者へ持って行ったとのことです。

 そして今回もいろいろ話をさせてもらったのですが、まず、なぜこんなにアーケード筐体があるかっていうと、店主さんは昔、ゲームセンターを2か所やっていたとのことです。その2か所分のアーケード筐体が全部、その倉庫にあるらしいです。
 最初はレンタルでやっていた。そのうち買い取るようになり、カセット込みで25~30万くらいしたがだいたい3か月で元が取れたそうです。SNKのゲームはファミコンみたいなカセットだったと言うことです。MVS基板ってやつですかね。

 以上となります。どうぞよろしくお願いします!

アーケード筐体5,60台の引き取り手を探していた老舗ショップの話


 1年前、名古屋郊外のとある老舗ホビーショップが、倉庫に眠るアーケード筐体5,60台の引き取り手を探してるという話をしたことを憶えてるでしょうか。

10年振りくらいに行った老舗ホビーショップで心揺れ動いた話

 その店は昔、ファミコンなどゲームを扱っていて、店の横の建物では小さなゲームセンターも営んでました。セガやSNKのビデオゲームが中心だったと記憶しています。もう、20年くらい前の話ですよ。
 しかし、いつしかゲームが売れなくなり(販売契約などが難しくなった?)、主力商品がプラモデルやミニ四駆に変わっていった結果、現在ではどこからどう見ても老舗ホビーショップというたたずまいです。

 実は奥のほうのガラスケースには今でもゲームボーイやPCエンジンなどのソフトが、新品のまま置いてあるのですが、その棚の前に大量の在庫(プラモデルやミニ四駆の)が山積みされており、その姿を見ることはほとんどできません。

hobi-shoppu01.jpg
 ※ダンボールの隙間からかろうじて見えたPCエンジンCD-ROM2とゲームボーイ等のソフトたち。ガラスケースに入っているにも関わらず状態が汚かったので、画像をモノクロ処理しています。

 さて本題に入ります。

 そのアーケード筐体を譲ってもらえる条件は「5,60台すべて引き取ること」だったんですが、その後、どうなったのでしょうか。先日、久々にその店におとずれ店長と話をしてきました。結果としては、ほとんど処分できたとのことです。ちょっと待ってください。今、処分って言いました?

 そうなんです。そもそも店長は引き取り手を探していたわけじゃなかったんです。ただ処分したかっただけだったんですよ。しかし倉庫が直接、車を付けるのが困難な場所であるため、人海戦術じゃないとその作業ができないのが最大のネックでした。幸いにも処分してくれる業者が見つかり、大量のアーケードゲーム筐体は、その場で破壊され、基板を抜き取られ、スクラップにしてから持ち運ばれていったということです。

 抜き取った基板はマニアに売るのでしょうか。そんなわけありませんね。彼らの目的は基板から取れるレアメタルだそうです。本来なら処分にお金がかかるところ、タダ同然でやってくれたと店長は何とも言えない表情で語ってくれました。

 これが現実なんだよなあ……

海外流出よりも深刻!? レトロゲーム消滅問題について

 こちらの記事の後半部分でも述べましたが、レトロゲーム、とくにアーケード筐体はマニアの間で高額取引される一方で、このように容赦なく廃棄処分される存在でもあります。それは業務用ゆえの定めなのでしょう。
 もちろん、ゲーム好きとしては素直に「もったいないな」と思います。もし僕がアーケードマニアを50人集めることができたなら、それらの筐体をまとめて引き取ることもできたでしょう。しかし僕にそんな力はなかったし、それらを保管する倉庫もありませんでした。非常に悔しくもありますが「ビジネスなんだから仕方ないよなあ」という気持ちで受け止めてるのが正直なところです。おそらくこんなことは全国で度々起きてるのでしょう。いちいち一喜一憂してたら本当に何もできません。

 その後、店長とニンテンドークラシックミニなんかの話をしながら、もしガラスケースの前のダンボールを整理することがあったら、中身のゲーム関係物をまとめて引き取らせてほしいとお願いし、店をあとにしました。アーケード筐体も何台かは残ってるみたいなので、それだけでも引き取ることができたらなあと思っています。

 置く場所なんてありません。でも、とにかく自分にできることをしようと思います。

10年振りくらいに行った老舗ホビーショップで心揺れ動いた話


 今日、仕事前に絶妙な空き時間があって、ずっと気になっていた老舗ホビーショップに寄ってみました。たぶん10年振りくらいの訪問でした。

 名古屋郊外にあるそのお店は、ファミコン時代からやってたので、おそらく相当歴史のある店なんだと思います。僕が初めてその店に行ったのは大学生になってからなので、20年くらい前でしょうか……
 なんで大学生になるまで行かなかったのかっていうと、単純に地元から遠かったので、車じゃないと行けなかったんですね。つまり、僕は行かなかったのではなくて行けなかったんです。まあ、そんなことはどうでもいいんです(笑)

 ちなみに、そのとき買ったのがこのミニ四駆たちです↓

 当時でも十分懐かしかったですね。なんせミニ四駆の全盛期は僕たちが小学校の頃でしたから、見つけたときは手が震えるくらい感動もので、思わずダッシュシリーズ大人買いしてやりました(笑)

dasshu02.jpg
 ※先日、実家から引き取ってきました

 店内の様子はというと完全にプラモデル一色で、ドンペンくんが尻尾巻いて逃げだすくらい、これでもかって言わんばかりに両サイド山積みなんですよ。通路はひとが一人通れるか通れないかって世界です。すれ違うたびに嫌でもお客さん同士、肌触れ合う仲になっちゃいます(笑)
 プラモデルに埋もれすぎてて正確にはわかりませんが、お店の広さは10坪も無いんじゃないでしょうか。たぶん何度か改装(模様替え)してて、僕が初めて行った頃はもうちょっと広くて、駄菓子なんかも売っていて、学校帰りの子供たちがちょっとくつろげるスペースもありました。そしてガラスケースのなかにはファミコンとかゲームソフトもちゃんと売ってましたね。それこそファミコン時代は飛ぶように売れたそうですよ。

 今日見てみると、そのガラスケース(1つじゃない)は奥に追いやられていたものの、あるにはあって、PCエンジンとか、ゲームボーイのソフトが並んでるのが判別できたんですけど、その前に鬼のように在庫の段ボールが積まれていて、そこまでたどり着けない状態なんです。店長さんに聞いたら、売るのは難しいとのこと。だって出せないもんね(笑)

 思い出話とか、他にも、もっと色んなことを書きたいんですが、今回は表題の話です。


 昔、その店のとなりはゲームコーナーになってて、アーケード筐体が何台か置いてあったんです。今はミニ四駆のコースが置いてあるってことなので、それらの筐体はどうしたんですかって聞いたら、まだ倉庫に眠ってるんですって!

 数にして5、60台くらいあって引き取り手を探してるって話ですよ。正直言って、心がブルンブルン揺れ動きましたね。でも条件があって、それは「全部引き取ってくれること」だそうです。全部持ってってくれれば、倉庫が空くのでうれしいとのことです。
 是非、どんなものがあるか見てみたいって言ったら、見せるのも手間なので「君が引き取るときが見るときだ!」って話ですよ。たしかに、何があったか調べるだけでも1日つぶれますもんね。そういえばCSでそんな番組ありましたよ。そうそう、ストレージ・ウォーズですよ。これ、ものすごいリスク高い福袋ですよね!?

 そのあと大まかだけど細かい話もして(なんだそりゃ)、まあ、とにかく、引き取るだけなら何とかいけそうだな(車の手配とか)って思ったんですが、仕事の時間が迫っていたので、うしろ髪ひかれつつ店を出ました。

 ちょっと本気でどうにかならないか考えてます。問題は、それだけの物をストックしておける倉庫なんですよね。そもそも引き取ってどうするんだって言われたら、当然何にも考えてないんですが(笑)

 見てみたら案外要らなかったりしてね!



1/32レーサーミニ四駆シリーズ NO.19 ダッシュ3号・流星(シューティング・スター)白ボディ1/32レーサーミニ四駆シリーズ NO.19 ダッシュ3号・流星(シューティング・スター)白ボディ


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アーケード筐体救出プロジェクト 概要


 最終更新日:2016/1/25
 店主との話し合いで、決行日などのめどがまったくたたないことから
 現在、作戦を仕切り直しております。 よろしくお願いします。


<プロジェクト名>
 アーケード筐体救出プロジェクト

<趣旨>
 まず初めに、本プロジェクトは「廃棄されていくアーケード筐体をどうしても救いたい」という思いだけで立ち上げたプロジェクトです。機種は不明ですし、状態もわかりません。なにもかも手探りの状態で始まっております。それでも私と同じ思いがあり、とにかく協力したい。救いたい。と言って頂ける方を探しております。

<場所>
 愛知県。
 まだ話が正式に決定してない段階なので、万が一、関係者にご迷惑をおかけしないためにも、それ以外の情報は今のところ、伏せさせてください。

<筐体>
 20年くらい前のセガのアストロシティみたいなやつ。

<ゲームの種類>
 唯一店主さんの口からきけたのは「龍虎の拳」というタイトル。

<数量>
 20台弱(替えのパーツは多数)+ジャンク多数。

<状態>
 片づけるまでは動いてたものばかりと思われる。
 鍵は前回、処分したときに業者に渡してしまったため、スペアを探さす必要あり。金庫の番号?もメモを探す必要あり。最悪の場合、ありません。

<引き取り時期>
 20017年2月以降の店が暇な時期。

<作業日数>
 1日。もしくは数日。
 作業のとき行く手をふさいでいる在庫の山をどけなければならない点、立ち会いのため店主さんが店を空けなければならない点を考慮すると、作業日数は少ないほうが良いと思われます。
 
<募集内容>
 アーケード筐体の廃棄を阻止したい方。知識のある方。運ぶ手段(トラックなど)のある方。急に音信不通にならない方。

<募集期間>
 第一次の募集は締め切りました。

<費用>
 引き取り自体には何も発生しない予定です。ただ、店主さんへ何か謝礼させて頂こうとは考えています。

<広報について>
 このプロジェクトの進行具合は随時、このブログで報告させてもらいます。

<お断わり>
・私一人でどうにかなる量じゃないので協力者を募っております。20台全部まとめて引き取ってくださる方を探している訳ではありません。

・協力者様の数次第では、このプロジェクト自体中止になることがあるかもしれません。もちろん、そうならないように全力を尽くしますが、もしそうなった場合は、ご了承ください。

・また、逆に多すぎちゃった場合、エントリー頂いてもご希望に沿えないことがあります。大変心苦しいですが、ご了承いただければと思います。

・店主さんはどんなゲームがあったかあまり憶えおらず、また、上記(赤字部分)のような事情で、容易に下見もできないため、作業する日がそれらを初めて見る日になる可能性もあります。一か八かのストレージ・ウォーズになるかもしれません。したがって、詳細がわからなければ引き取らないつもりの方はエントリーをお控えください。

<発送について>
 おかげさまで、現地入りして頂ける方のエントリーを多く頂いておりますので、発送のみのご希望には添えません。

<取りまとめ役>
 オロチ。ファミコンコレクターやってます。




 ※この記事は、その他のニュース記事と性質が違うため、区別するために日付が「1999/09/09(木)」となっております。

【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR