オロチのファミコン収集記 7


 ときはファミコン再評価時代。プレステとサターンの全面戦争が勃発していた時期だった。僕は県内のお店を周り尽くしており、名古屋市内にはちらほらとレア物にプレミア価格をつける店が現れていた。メタルスレーダーグローリー5万円!衝撃的な光景だ。何も知らない僕はこれが最後の砦になるだろうと思っていた。
 そのころから僕は頻繁にファミコン遠征ツアーに出かけるようなった。行き当たりばったりの車旅である。とりあえず助手席に眠りかけた友達を乗せ、夜中ひたすら23号線を西に向かった。友達が朝起きると伊勢神宮だったりするわけだ。
 1号線をひたすら東に向かい、朝起きたら富士山のふもとだったこともあるし、左手に海を眺めながらどこまで行けるかってやつをやって、岡山まで行ったこともあった。とにかくバカみたいだけど楽しいツアーだった。もちろんお目当ては田舎の玩具屋に眠るファミコンなんだけど。

 厄介なのが「ファミコン」という看板だ。その頃ファミコンといえば家庭用ゲーム機の代名詞だったもんだから、スーファミならともかく、プレステだろうがサターンだろうが、全部ひっくるめてファミコンと呼ばれていたのだ。大迷惑な話である。
 たとえば大通りの反対側にファミコンの看板をかかげた店を見つけ、必死こいてUターンかまし、行ってみればスーファミしかなかったり、ひどい場合はスーファミすら扱ってなかったりした。JAROに電話したろかって話だ。 貧乏学生の車旅である。夜は車内で寝た。1日をフランスパン1本でやり過ごした。ガソリン代返せという話だ。

 そんななかでも静岡県磐田市の玩具屋は忘れられない。その日はG君という奴と往復600キロの遠征だった。その店は本当に古き良き昭和の玩具屋って感じで、床はむき出しのコンクリート、木の枠のショーケースが所せましと並んでおり、子供が数人、店内のちょっとした遊戯スペースで遊んでいる。本当に懐かしい場所だった。
 
 ふと見るとカウンターのうしろの棚上に、ホコリをかぶったハンドルコントローラ。そしてドレミッコ、さらに奥にハイパーショット(バンダイ)が隠れているではないか。感動した。ファミマガ等で存在は確認していたけど、実際に見たのは初めてだった。しかも3つ同時だ。新品デッドストックだ!

 しかし神様はとんでもない試練を僕に与えたのだった・・・
関連記事

いきサラじゃん!?


 昨日、友達と2人で久々に「いたスト」をやった。そいつとは大学時代ほぼ毎日やっていた。ほんと暇だったんだなあ。僕たちが選ぶキャラクタは8割がた「ひろし」と「けいこ」。しょうた、まりな、は弱いし、ともみはなんか優等生すぎて面白くない。たかゆきは愛嬌がなくてつまらない。そこで残ったのがこの2人なのだ。
 僕が「おもち」、そいつが「えみこ」と名前を入力。最初の画面でひろしを選んだ瞬間、目をパチリとやるところで、うわ、むかつくーと叫ぶ。コースはアメリカ大陸。憶えてるもんだな。かなり久々だったはずなのに、体が勝手に進めていく。
 株ってどういう仕組みだったっけとか言いながらも、サイコロを振ってるうちに思い出す。で、ゲームも中盤になってくると完全に思い出したのか、チャンスカードをひくとき数字が出ただけで「ハワイ直行だ」とか「いきサラじゃん!」とかなる始末。ちなみに「いきサラ」とはいきなりサラリーの略なのだ。(生き恥をさらすという意味ではない)結局その日はけいこがトップ、僕はビリだった。くやし過ぎるわ!
 ちなみに昨日6月26日は奇しくもDS版いたストの発売日だったらしいぞ。公式ページはこちら。ドラクエとマリオが夢の競演だそうだ。なんかイメージが悪くなりそうだね。
関連記事
[ 2007/06/27 15:07 ] リメイク・新作 | コメント(0)
 ブログパーツ

オロチのファミコン収集記 6


 僕は一人ぼっちになっていた。周りのみんながファミコン集めに飽きてしまったのだ。ここはひとつ冷静になって考えてみよう。たしかに1000本は越えたよ。でもよく見ろ。同じのがたくさんあるじゃないか。3割はかぶってるぞ。タイトル数でいえば700くらいか。そもそもファミコンって何本発売されたんだ。あとどれだけ集めればいいんだ。見当も付かない・・・

 ときは既にファミコン再評価時代黎明期。都会でレアだと判定されたソフトに、とんでもないプレミアがつけられ、田舎にも押し迫っていた。でも僕はいまだにファミコン大好き少年のまま。何がレアなのか、何にプレミアがついているのかわからないし、考えたこともなかった。周りに詳しい人間もいなかったし、インターネットもなかった。どうしたものかと考えた僕は、とりあえず集めたソフトを整理してみた

 これまで僕が集めたファミコンソフトをどうしてたかというと、箱入りのものやディスクは棚に、裸カセットは色別で適当にダンボールに入れていたのだ。グラデーションを作ったりして楽しんだ。うーん、まるで虹みたい(なにを言うとんじゃ)。でもこれだと何がどこにあるかわかりにくいぞ。じゃあ、あいうえお順にしてみようか。うーん、たしかにわかりやすいくなったが、漠然としすぎている。試行錯誤を繰り返すうちに僕はカセットの中に番号がついてるものがあることを発見した。これだ!
 うすうす気づいていたがファミコンソフトの中には番号がふってあるものが存在する。よーし、メーカー別にわけてみるか。するとどうだろう。不完全ながらもファミコンの全体像が見えてきたぞ。つまりメーカー別にわけて、番号に欠番があったならそのソフトは持ってないってことになる。それを逆算していけばソフトのだいたいの総数が推測できるってわけだ。

 一番最初に目に付いたのはナムコだった。1番ギャラクシアンから18番スカイキッドを並べてみる。続いてアイレム、ニチブツ、セタ、タイトーなどに取り掛かった。とくにタイトーの後期の物に欠番が多かった。続いて箱に番号がふってあるテクモ、さらには型番に通し番号がふってあるらしいアスキーやジャレコに取りかかった。なかには元々欠番になってる番号もあるみたいだった。(ゲームボーイもカウントされていたため?)しかしそんなことは知る由もない。僕はひたすらカセットを番号順に並べ続けた。

 今ふり返ってみると、コレクターだったら普通にそうしていたことだったかもしれないし、そんなことでファミコンの全体像が見えるわけもなかった。でも当時の僕にとっては、それが唯一の道しるべだったのだ。
関連記事

オロチのファミコン収集記 5


 しかし僕が知っていたそれらの個人店のそのほんとが、21世紀を迎える前に、まるで申し合わせたかのように、いっせいに潰れてしまったのだ。ゲーム市場の変化にともないチェーン店が勢力を拡大したためだと思われるが、永久に降りてしまったシャッターを前にすると、何ともはがゆい気持ちにさせられた。

 僕はファミコンを買うとき必ずやることがある。値切りだ。個人経営の店でファミコンを買うと、よく店の人が昔話をしてくれた。全盛期は1日100本以上売れただの、今じゃあ売れば売るほど赤字だの、いわゆる武勇伝や愚痴である。値切りはそんな話のあいづちみたいなものだった。なかにはあまり友好的じゃない店もあって、僕がファミコン置いてありますかって聞くと「あるけど安くないよ」とか「最近そういう人多いのよね」とかブツブツ言われ、しまいには売ってくれないところもあった。でもたいていのお店は友好的で、値引きに応じてくれた。そんなやりとりが楽しかったのだ。

 しかし大手チェーン店ともなるとそうはいかない。まず相手がバイト君なのだ。その時点でハードルを1つ越えなければならない。必ずはぁ?って顔された。店長を呼びにどっか行ってしまう。たいていは不在か、奥から店長が出てきて丁寧に断られた。時代の流れってやつだね。

 まあ、そんなこんなで気付いてみたらなんとファミコンソフトの所有数が4桁を越えていたのだ。夢の1000本越え達成である。やったどー!

 でも現実はそんなに甘くなかった・・・
関連記事

恐怖の前ちゃん事件


 コロコロコミックが30周年を迎えるそうで、おめでとうございます。記念企画として高橋名人とタミヤの前ちゃん他、当時の担当者2名による座談会が開催されたらしい。
 名人が自身のブログでそのことを発表すると、多数のコメントが寄せられ、そのなかに前ちゃん本人が降臨するという、微笑ましいやりとりも見られた。っていうか名人がコメントした全員にまじめにレスしてるところにビックリ。

 ファミコンにはあまり関係ないんだけど、前ちゃんの話題が出たので今回はこの話。僕が小学生のころに体験した「恐怖の前ちゃん事件」である。その日、僕が部屋でごろごろしながらコロコロコミックを読んでいると、ラジコン特集のページに毎度おなじみ、前ちゃんが出ていた。両手にラジコンを持ってフキダシから何かコメントをしている。それを見た僕はある衝動にかられ、油性のペンを取った。キュッキュ。
 僕は前ちゃんの顔にらくがきをしたのだ。とんでもない傑作だった。腹を抱えながら姉に見せにいく。普段は冷静な姉が、でんぐり返しをしながら笑い転げた。何も言うことはない。満足した僕はその夜、ぐっすりと眠った。
 次の日、僕はひまだったので、またそのコロコロコミックを読み始めた。何かがおかしい。そういえば前ちゃんの顔にらくがきしてたっけ。どれどれ・・・

 ギャー!!!

 なんと前ちゃんの顔にしたらくがきが綺麗サッパリ消えていたのだ。何度見ても前ちゃんは元の顔に戻っていて、何事もなかったかのようにニコニコ笑っていた。血相を変えて、姉に見せにいく。たしかにあたしも見たと姉は首をかしげた。どうしよう、大変なことになっちゃった。頭をかかえ込む僕。そして幼い姉弟が未発達なオツムで考え抜いた結果、これは前ちゃんの呪いであるという結論に達したのは言うまでもない。僕はその日から眠れぬ夜を過ごしたのだった。どうだかわいいだろ。

 でも後日よく見たらインクのせいか、そのページが次のページとくっついてて、偶然、次のページにも同じ位置に、同じような構図の写真があったという真実が判明したのだ!ガッカリさせてすみません。そして前ちゃんにもごめんなさい。もう2度とらくがきなんかしませんから!
関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR