任天堂「ファミコン」はこうして生まれた!!


 日系トレンディネットでは『TGS2008スペシャル』ということで任天堂「ファミコン」はこうして生まれたという記事が掲載されてます。「日経エレクトロニクス」に不定期連載されていた「ファミコン開発物語」を再掲載したものとのことで、第10回まであってこのたび最終回を迎えたようなので紹介させていただきます。
 内容はタイトル通りファミコン以前の黎明期が中心で、十字キー誕生秘話、からディスクシステム、通信アダプタの裏話など興味深い内容がいっぱい。
 勉強になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
[ 2008/10/21 11:01 ] ファミコンサイト | コメント(2)
 ブログパーツ

任天堂の「警告書」が公開されちゃった!!


 なんだか物騒なというか謎めいた情報です。なんでも任天堂著作権を侵害してるようなサービス、つまりエミュレーター関係の悪さをしていると任天堂から警告書が届くそうなのだが、それが初めて公開されちゃったというのだ。さらされているのはFOMAでファミコンができるというサイトの管理者に送られたもの。

 内容はかたすぎて1行で読むのやめたけど、なんだか怖いよ~。
(情報元:Gigazine
このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
[ 2008/10/17 11:44 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ

ファミコンサウンドの作り方動画



How to Chiptune - Famicon (NES) - #1というチップチューンの作り方を紹介している動画です。ファミコン編のほかにゲームボーイ編などもあるとか。僕もいつか挑戦してみたいなあ。(情報元: ギズモード・ジャパン
このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

シュウォッチがついに我が家にキター!


 去年7月に予約が開始され、9月に届くとなっていたが発売中止となり、その後、死んだようになっていたが突然、今年(2008年)の夏に発売が決定し、10月ごろに届くとなっていたシュウォッチがやっと我が家にやってきました。苦節1年3ヶ月、長かったなあ。

DSCF8669.jpg

 さっそく開けてみたけど白地に黄色と黒のカラーリングは昔のまんまだね。懐かしいな。やってみたらちょっとボタンが硬いなあって思ったけど、まあなんてったって新品だけらね。そのうち馴染むようになるだろう。
 僕はこすりスタイルなんだけど、今のところ記録は202です。ただしぜんぜん100%じゃないからね。今は小学校のころに築き上げた自分のスタイルを思い出しているといった感じです。

 12月には一般発売となるみたいだが、それはいいとして楽天で1580円で売ってるサイト(もう売り切れ)があったけど、どういうことなんだ。ハドソンで買うより安いっておかしくないか。今回の発売中止騒動といいなんかスッキリしないなあ。

 ちなみに高橋名人ブログによると名人はあいかわらずのボタン1つを叩くスタイルで記録は128だとか。16連射から13連射になってしまったが、並みの記録じゃないことはたしかだ。

 今やってみると10秒って意外と長いよ。体力が続かない(笑

このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

新しいファミコンテレビか!? オリジナル携帯ファミコンの紹介


 当ブログを見て影響を受けたというコポン氏から自作の携帯ファミコンの写真をいただきましたので紹介させていただきます。ご本人の解説によりますと、

・製作期間は3日。
・液晶が12Vなので、電池での動作は断念。(ACアダプターで稼動)
・純正コントローラーなので操作に違和感が無い。
・基板も純正なので全てのカセットに対応。
・重量は約1kg.。持ちやすいけど、長時間手に持ってプレイすると疲れる。
・薄くするためにカセットを裏側にセットするようにした。 (写真3枚目)
・Ⅱコンの使用が可能 (写真2枚目)
・外部コントローラの使用も可能
・液晶の取り外しが可能
・AV端子(RCA)によるビデオ出力が可能 (写真4枚目)
・同様にビデオ入力もあるのでTVモニタとして使用可能。
・音質、音量は普通のテレビ並みに大きく良好。
・本機右上の放熱フィンがかなり熱くなることが注意点。

ということです。(写真をクリックすると拡大します)

P3.jpgP5.jpg

P4.jpg


P6.jpg

 なによりアクリル板をここまで加工する技術がすごいという意見(sd氏談)もあります。そういわれてみればそうかもしれない。うしろのカセットを差し込むところなんて難しそうだよね。
 ただやっぱりACアダプタでしか稼動しないところがネックでしょうか。でもポータブルにこだわらずシャープC1みたいに、これは新しいファミコンテレビだと言い切っちゃえば、それはそれでいいよね。そうだなこうなったらバッテリーつけて、もっとでっかいスピーカー積んで、装飾を施したりして最高にゴージャスなファミコンを作ってもいいかも。

 好き勝手言ってますが、今回写真を提供してくれたコポン氏、ありがとうございました。これは新しい可能性を秘めたオリジナルファミコンであることは間違いないです。これからも期待!

 関係ないけど写真4枚目の昭和レトロな赤いテレビがすっごい気になる(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR