バーチャルコンソール2009 4月


akumaj.jpg ファミコンからは悪魔城伝説のみが登場する。
 「悪魔城伝説」は悪魔城シリーズの第3弾。89年にROMで発売されたコナミの看板アクションゲームである。1作目はディスクの「悪魔城ドラキュラ」で、もうすでに2007年7月にバーチャルコンソールに登場している。これはのちにROMでも発売され今ではプレミアソフトとして有名だ。
 2作目は「ドラキュラⅡ」で、これもディスクで発売され、アクションにRPG要素をくわえた意欲作として知られている。これも2008年10月にバーチャルコンソールに登場した。
 そもそも悪魔城ドラキュラシリーズはアーケードゲーム出身作品が多いファミコン作品のなかでは珍しく?ファミコン発アクションゲームであり、かつ名作シリーズとなった数少ないタイトルなのだ。アーケード版も存在するが数が少なくプレミア化してるらしい。
 さらにBGMも高い評価を受けていることで知られており、サウンドトラックCDなどもプレミア化している。

 任天堂バーチャルコンソール公式ホームページ
関連記事
[ 2009/03/31 15:24 ] リメイク・新作 | コメント(1)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

ゲームコントローラの元素周期表


 以前、ゲームコントローラ進化のツリー図ってのがあったが(ゲームコントローラの進化をツリー図にしたサイト)、今回は元素周期表になっちゃいました。理科の教科書の裏表紙についてるやつ、すいへ、りーべ、なんたらかんたらってやつです。

3368683205_86a253c773.jpg

 主なもの挙げてみよう 

 1  1972 Magnavox オデッセイ
 2  1975 Atari ポン
 7  1977 RCA StudioⅡ
 11  1978 Magnavox オデッセイ2 
 17  1983 任天堂 ファミコン
 18  1985 コモドール 64
 19  1985 NES(海外ファミコン)
 21  1986 セガ マスターシステム
 20  1989 Atari 7800
 22  1989 NEC PCエンジン
 23  1989 セガ ジェネシス(海外メガドラ)
 24  1990 SNK ネオジオ
 25  1991 任天堂 SNES(海外スーファミ)
 26  1993 パナソニック 3DO
 28  1993 Atari ジャガー
 29  1994 SNK ネオジオCD
 30  1995 SONY プレステ
 31  1995 セガ サターン
 32  1995 任天堂 64
 33  1996 アップルバンダイ ピピン
 34  1999 セガ ドリキャス
 35  2000 ソニー プレステ2
 36  2001 任天堂 ゲームキューブ
 37  2001 マイクロソフト XBox
 38  2005 マイクロソフト XBox360
 39  2006 ソニー プレステ3
 40  2006 任天堂 Wii

 37  1980 任天堂 ゲーム&ウオッチ
 38  1989 任天堂 ゲームボーイ
 39  1989 Atari リンクス
 40  1990 NEC PCエンジンGT
 41  1990 セガ ゲームギア
 43  1995 セガ ノーマッド(携帯ジェネシス)
 45  1995 任天堂 バーチャルボーイ
 46  1998 任天堂 ゲームボーイカラー
 47  1999 SMK ネオジオポケットカラー
 48  1999 バンダイ ワンダースワンカラー
 49  2001 任天堂 ゲームボーイアドバンス
 50  2003 任天堂 ゲームボーイアドバンスSP
 52  2004 任天堂 DS
 53  2004 ソニー PSP
 54  2005 任天堂 ゲームボーイミクロ
 55  2006 任天堂 DS Lite
 56  2006 任天堂 DSi

 いやあ、歴史の重みを感じます・・・
 っていうかどうしても気になってるんで言いますね、コーヒーカップの跡は狙いなのか、それとも単なる不注意か、なぜコーヒーカップを置いたんだ!


今度は、元素周期表チックな、ゲーム機のコントローラーの歴史(GIZMODE JAPAN)
関連記事

ファミコン版ファイナルファンタジーがWiiで復活!!


 あのファイナルファンタジーが5月のWiiバーチャルコンソールで復活することが判明した。もちろんファミコンで発売された第1作のファイナルファンタジーだ。まあ正直言って僕はもうピンと来ないんです。FFがあまりにも違うところへ行っちゃった感じがしてね。なんならもうとっくに出てるのかと思ったし、新作の数字(10か、11か、12か?)も、どの機種か(Wiiか、Xboxか、PS3か?)も知らない有様だ。



 それよりなにより。僕がFFにいまいち気持ちが入らない最大の理由は1,2,3どれもクリアしてないってことです!
 3は最後のボスが倒せず、1は途中でやめ、2にいたってはやってません(笑  でも考えようによっては、僕は給食で一番おいしいものを残しあとで食べるタイプなのかもしれない。さらに言えばファミコンの楽しみが、大半の人間がとっくに味わってしまった楽しみが、まだまだ残っていることです。これは逆にラッキーだぞ!
 ということで、最初からやり直してみようと思います。1は店のBGMが好きでした・・・

 (情報元:NIKKEI NET
関連記事
[ 2009/03/26 15:13 ] リメイク・新作 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

Wiiで復活「パンチアウト!!」の最新映像




 今年発売予定のWii版『Punch-Out!!』の最新映像。
 あの最強最悪のラスボス、マイクタイソンが出てこない(たぶん)のが非常に惜しいんだけども、このゲームはあらゆるボクシングゲームの中で一番面白かった(たぶん)ので大いに期待したい。


情報元:マイクタイソンがラスボスとして出ていた「パンチアウト!!」がWiiでリニューアル、トレイラームービー登場(GIGAZINE)
関連記事
[ 2009/03/25 13:06 ] リメイク・新作 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

海外が注目する手作りポータブルファミコン


kkt1.jpg 

 以前、ファミコンのカセットに液晶画面とコントローラ機能をつけちゃったひとという記事で紹介したのは、外国のファミコンNESのカートリッジだったが、これは日本のファミコンカートリッジをポータブルにしちゃったという作品です。

 といってもこれはNESのやつとは違って、すでに存在するポータブルFC互換機をファミコンカセット型ケース(ゲーセンの景品)に入れたもののようです。でも決して単純に入れただけではなく、それなりの技術があってできるものです。かっこいいよね。欲しいなあ。

 しかもこれは海外のガジェット情報系有名サイト、KOTAKUやファミコン改造の大御所benheck.comでも紹介されているようで、注目度の高さがうかがえます。興味のある方はぜひ下のホームページまでどうぞ。
 ファミカセデジカメ、ファミカセ携帯なども有名です。

リンク:三度目の掃除機 ゴテキング様のホームぷぇージ3

関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS