ブラジルでメガドライブ4が発売されていた!


 (0827)ブラジルでメガドライブ4発売!!で、入荷予定は? (ファミコンプラザゲーム最新情報ページ)によると、ブラジルでなんと、セガのメガドライブの後続機であるMEGA DRIVE 4が発売されているという。

 これだ!

 megadrive_thumb.jpg

 87種類のゲームを内蔵、見るからに安っぽいし、なんでギターが付いてだよ。どうせパチモノなんだろうな。と思ってたら、実はこれ、ちゃんとセガが認可した正規品なんだってさ。こいつは驚いたねえ。

 もともとメガドライブとは日本ではPCエンジンとスーファミの間ぐらいの時期に発売されたマシーンだった。当時セガはファミコンと間違えて親が買ってくるゲーム機の代名詞みたいなものだったが、メガドライブもそんなDNAを受け継いでしまったのか、僕のまわりにもほとんど持ってる奴いなかったし(年上の近所のお兄ちゃんとかが持ってた)ついに日のあたる場所へ出てくることはなかったという。ただしアメリカではGENESISという名で、けっこう売れたらしい。

 そんなメガドライブがなぜブラジルで生き延びていたのか謎である。ファミコンもどっかの国で正規品として後続機が出てたら面白いなあと思ったが、もうそれどころじゃないくらいパチモノが氾濫しているので、いまさら正規品が出たところでね・・・

 ちなみにこのMEGA DRIVE 4を日本で売ろうとするのはかなり難しいらしい。テレビへの接続方式の問題や、最大のネックは送料の高さだとか。詳しくは同サイトへどうぞ。
関連記事
[ 2009/08/28 14:01 ] レトロゲーム | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

キン肉マンゴールド60万円で落札!!!


 もう恒例になってるけど、キン肉マンゴールドカートリッジがヤフオクに出品され落札されていたというニュースです。説明不要だとは思うけど、このソフトは世界に8本しかないという超プレミアソフトなのだ。
 まずは今までのキン肉マンゴールドの落札相場をおさらいしてみよう。

 ペンタゴンバージョン
 2005年1月 まんだらけオークション
 落札価格 : 100万100円

 ブラックホールバージョン (バッファローマン差し替え)
 2006年4月 yahoo!オークション
 落札価格 : 75万円

 モンゴルマンバージョン
 2006年6月 yahoo!オークション
 落札価格 : 85万1千円

 ザ・ニンジャバージョン
 2002年2月 : yahoo!オークション
 落札価格 : 92万1千円

 さて今回のものはというと、ブラックホールバージョンなのだ。
 でもブラックホールバージョンってすでに出てるじゃん、落札者が手放したってことなのか、と思ったひと、ご安心ください。もちろん、過去に手に入れた人物が手放したということも充分ありえるが、これは同じブラックホールバージョンでもテリーマン差し替え版なのだ。
 かねてからブラックホールバージョンはバッファローマン差し替え版とテリーマン差し替え版の2種類あるんじゃないかと言われていたので、とうとう出たか、という感じなのである。

kingogamen.jpg

 しかし前回の記事でも言及させてもらったことだが、キン肉マンゴールドカートリッジのブラックホールバージョンはオークションに何度も出品されていることで有名なのだ。コピー品が出回っているんじゃないかという黒い噂さえある。
 だが今回はテリーマン差し替え版ということで、質問欄によるとニコニコ動画にアップされてたものと同じものだとか。これはもしかしてもしかするぞ。と思ってたんだけどフタを開けてみたら60万円で終了。しかも競り合ってそうなったわけではなく、開始価格に1人が入札してそのまま終了というさみしい結末となった。

 激レア キン肉マン ゴールドカートリッジ

 kingo60.jpg

 ではどうしてそれほど盛り上がらなかったのか。考えられる原因は以下の通り・・・

・オークションによく出回るブラックホールバージョンだった
・出品期間が4日間 (最大7日間なのに)
・終了日時が昼の11時59分だった (昼間は見てるひとが少ない)
・当選通知がついてない 
・当選した本人でもない
・7年前に購入したものらしいが、その本人でもない (代理出品)
・最初バッファローマンの差し替えだと説明していた (のちにテリーマンに修正)
・出品物について出品者がそんなに詳しくない (質問欄参照)
・不景気だから
・たまたま1人しか見てなかった
・そもそも今までが高すぎたのでは?
・じつは60万ジンバブエドルだ (逆に安いじゃん!)
・世界政府の陰謀 
・太陽がまぶしいから 
・ヤフオクじゃなくて八百福(ヤオフク)だ (まぎらわしい)
・ブラックホールが目玉の親父みたいだから
・結局はミート君のさじ加減1つだから 
・ブロッケンJrを選ぶやつはヘタレ (関係ないじゃん)
・ポッポポー (お前は出てくんな!)

 もうわけわからん(笑 真相はいかに!
関連記事

改造ファミコン 比較データ 他


<NEWS>
 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2) (INSIDE

 レトロゲーム風のピアノアプリ「NESynth」 (VENTURE VIEW)]

<改造系>
 転写シールの活用 (面白ゲーム変遷史 名作からクソゲーまで
 これがうわさの痛ファミかあ・・・

 改造ファミコン 比較データ (面白ゲーム変遷史 別館
 ぜんぜん気にしたことなかったけど、けっこう違うんですね
 
 ツインファミコンを改造してみた(LED改造編) (ニコニコ動画)
 一瞬なんのことがわからなかったけど、説明文読んで納得。細かい(笑

<パチモノ系>
 おすすめの台湾土産。台湾ファミコン! (ちいさな探検隊R
 あれ、パチモノ市場はどんどん南下してるって話だったけど、台湾にもまだ売ってるんだ。まあ日本にもあふれてる現状だからね・・・

<ネタ>
 ファミコンのIIコンにマイクが採用された理由 (2ちゃんコピペ道場

<動画>
 スーパーマリオブラザーズ 都市伝説「ワールド1-1に豆の木がある」 検証動画  (ゲームで一休みしませんか?

関連記事

ファミコンROM専用の「バッテリーチェッカー」


 今回ご紹介するはファミコンROM専用の「バッテリーチェッカー」です。
 まずは画像をご覧ください。

basareertkas05.jpgbasareertkas03.jpg
basareertkas02.jpg

 これはバックアップバッテリーチェッカーKS-001というファミコンROMの電池残量を計測する専用テスターなんです。情報提供者のグリナル スコーピオン氏によりますと、このテスターはリチウム電池専用で、ワニクチリード(テスター棒)をファミコンROMの端子に取り付け、もう一つのバネ状のリード(テスター棒)をカセットてっぺんの四角い穴に入れ、リチウム電池を探し当てて残量を測定するというものなんだとか。
 恐らく任天堂の修理センターかどこかで使用されていたものなのではないかということでした。説明書の写真を見る限りではファミコンとスーパーファミコン、両方に対応していたようだ。

basareertkas01.jpg

 こちら↑がその説明書の中身。
 そしてこちら↓が実際に計測している図です。

basareertkas04.jpg
 
 なるほど、こうなるのかあー。
 これだったら電池の残量を測るのにわざわざファミカセをこじ開けなくて済むね。しかし実際に測ってみて残量がなかったら結局、カセットをこじ開けて電池交換ということになるんじゃないのか。そう思ってたら何のことはない。ファミコンカセットを開ける際の専用ドライバー付き(左下の青いやつ)なので、もしものときも安心なのだった。

 そもそもこういう業界の人間しか持ってなかったようなものって、どこの誰がどういう経緯で手放してるんだろうね。そういえば、高橋名人が先日の何でもプログラムで... というブログ記事で変わり種のFCカセットをいくつか持ってると言っていた。画面の色あわせをするための『カラーバー』というカセットがあるんだって。HVC検査カセットってのはよくヤフオクに出てるけどね。

 しかしこの「バッテリーチェッカー」に限っては存在すらあまり知られてないんじゃないでしょうか。まさに珍品中の珍品だね。しかも実用的。これさえあればドラクエ3でぼうけんのしょが消えるのを未然に防ぐことができるぞ。もう悪夢のような効果音「デロデロデロデロデーンデーン」を聴くこともないのだ!

 と思ったけど、そういえば電池交換するときに、どうあがいても消えちゃうわ・・・


 (情報提供:グリナル スコーピオン氏)
関連記事

バーチャルコンソール 2009年8月 


 今月は「いけいけ!熱血ホッケー部 すべってころんで大乱闘」の1本のみ。というかどんどん少なくなっていくよね。仕方ないか。細かいけどホッケーといってもグランドホッケーじゃなくてアイスホッケーのことです。
 
 ファミコンのアイスホッケーソフトといえばディスクのやつだよね。僕はデブ+デブ+普通+チビというメンバーでやってるんだけど、なんであの対戦はあんなに盛り上がるんだろうか。僕思うにあの操作性の悪さ?だと思う。思うように動かない。だからこそ盛り上がる。ガタリンピックみたいなもんです。

 アイスホッケーでいうと「USA アイスホッケー IN FC」というジャレコが出した超マイナーなものもある。これ93年という最後期に出されたということで、見事に誰も知らないんだよね。僕もあまりやったことないんだけど、これジャレコの最後のソフトで、しかもスーファミ版をほぼ同じ時期に出してるんです。どんだけ力入れてたんだよ(笑

 そういえば「コナミック アイスホッケー」ってのもあったね。これディスクなんだけど、一時期なぜか市場価格が2万円くらいに高騰したことがあった。いったいあれは何だったんだろう・・・
 
 あれ、結局「いけいけ!熱血(略」にはほとんど触れなかったな・・・


 バーチャルコンソール公式サイト

関連記事
[ 2009/08/04 18:22 ] リメイク・新作 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS