『スーパーマリオ』を口だけで再現してる動画


 ビートボクサーHIKAKIN氏による動画。



 達者やなあ。

 彼の公式ブログでこの動画のアクセス解析をしているのですが、日本、カナダ、スウェーデン、オーストラリアからのアクセスが多いんだってさ。共通点はなんだろう(笑

関連記事
[ 2010/06/22 03:11 ] ファミコン動画 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

ファミコン世代感涙の「攻略本」あるある 他


<ニュース>
任天堂、3DS「新・光神話 パルテナの鏡」発売決定
 3Dシステムから20年以上、任天堂は3Dにチャレンジし続けてきた。今度こそ成功なるか!?

<DVD>
高橋名人が主役キャラのTVアニメ『Bugってハニー』がDVD-BOX化(CDJournal)
 当時、2回くらいしか見なかったけど、需要あるのかな。 

“裏ワザ”に焦点を当てたゲームDVD!ファミコン版、メガドライブ版が同日発売(CDJournal)
 高橋名人のインタビューも入ってるって。

<ブログ>
ファミコン世代感涙の「攻略本」あるある(blogs.com)
 妙に馴れ馴れしい。←いきなりおもろい(笑

関連記事

キリンジのファミコンアレンジ


 ただ単に僕がキリンジ好きだから。
 ということでもあるんだけど、何だか癒されます。ファミコンになって改めて聴くと『MOTHER』や『オホーツクに消ゆ』をほうふつとさせる優しいメロディラインだ。YOUTUBEのコメントにもあったけどさすがナムコでゲーム音楽作ってただけあるよね。ファミコンアレンジされても違和感ないどころか、良さが倍増してます。







 ドット絵もいいよね。
関連記事

ゲームのタイトル読めるかな?ファミコン編 他


<ネタ>
ゲームのタイトル読めるかな?ファミコン編(ちょっとゲーム好きが通ります。)
 え、夢幻戦士ヴァリス?

<動画>
【神業】ファミコン動画にあわせてヴァイオリン演奏(マリオ編)(ゲーム超動画!)
 他にもいっぱいUPされてました。

ファミコンのいっきを改造して実機で遊んでみた動画(ukeru.jp)
 そうきたかって感じ。


関連記事

マリオの生みの親 宮本茂のゲーム哲学


 sui-pakmar-0.jpg

 マリオの生みの親、宮本茂についての興味深いブログ記事の紹介

「マリオになぜヒゲがあるのか」この話はけっこう有名だと思う。その理由は当時のゲーム環境にあった。キャラクターを数10ドットの範囲で表現しなければならず、まっさらな顔よりもヒゲがあったほうが色々と都合が良かったからである。ブログ記事はそんな当時の背景が細かく書かれている。

「ゲーム作りに必要なセンス」と題された2回目では、彼が世界一有名なアクションゲーム『スーパーマリオブラザーズ』をどのように生み出して入ったかが書かれている。
 宮本氏は当時、任天堂初期ゲームに多く見られた対戦ゲームを危惧し、アーケード版『パックランド』を見て衝撃を受けたという。前回の記事でも同じようなことを言ったけど、よく『パックランド』はスーマリの劣化版だとか、パクリだとか言われてますが真実は逆で、『スーパーマリオ』こそ『パックランド』をお手本にしたゲームだったのだ。

 しかしながらお手本にしたとはいえそこは宮本氏。そこに様々な独自のアイデアを盛り込み、とんでもない怪物ソフトに作り上げたのは皆さんもよく知ってる通りです。だって『パックランド』そのままだったら、まず操作の段階でナシだもん。
 A、Bボタンで左右に進み、十字キーでジャンプですよ。たまにマイナーなアクションゲームをやってみたりすると「おいおいBボタンでジャンプかよ」ってことが多々あるけど、そんなのかわいいほう。さすがファミコン三大難解操作ゲームの1つと言われてるだけある。(誰も言ってない)
 まあ『クレイジークライマー』には勝てないけどね(最初何もしらずこれをやったとき、1歩も動けずそのまま静かに電源を切ったのは、いい思い出・・・・・・)
 ただし『パックランド』は2コンで普通に操作できる。そういう保険をかけてる時点でやっぱり、つくったほうもこの操作方法になんか不安があったんだろうなあ。

 宮本氏はそんな『パックマン』の操作性を見直した。彼はスーマリの前に『エキサイトバイク』を手がけたんだけど、そこでAボタンアクセル、Bボタンターボという独自の操作性を確立していたのだ。それがスーマリのBダッシュにつながっていくというんだから面白い。 

 ブログ記事ではそんな彼の様々なアイデアを詳しく解説している。読み応え充分でめちゃくちゃ勉強になるぞ!


 なぜ、マリオにヒゲがあるのか? ー 宮本茂のゲーム哲学(1)
 ゲーム作りに必要なセンス ー 宮本茂のゲーム哲学(2)
 (esu-kei_text さん)

関連記事
[ 2010/06/01 22:47 ] ファミコントリビア | コメント(1)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR