解散! アトラスのファミコン作品を振り返る


 女神転生シリーズの開発やプリクラで知られるアトラスが10月1日付でインデックスホールディングスに吸収され、解散することがわかった。なお、ブランドは継続するという。
 そうかあ。ついに解散かあ。

 インデックスHD、アトラスを吸収合併 (ITmedia)

 ということでアトラスのファミコン作品を振り返ってみよう。


パズルボーイズ(ディスク書き換え専用) 発売1990年11月16日 

asfasdfsdfasdfas0.jpg

asfasdfsdfasdfas1.jpg

 アトラス初の自社発売ファミコンソフトにして唯一のディスクソフト。ゲームボーイからの移植作品。内容は何のひねりもない名前通りの正統派パズルゲーム。迷路内のブロックを動かしてキャラクターをゴールに導くというもの。その単純明快なルールと操作性は携帯ゲームみたいな感じだ。ヒマつぶしにはもってこいだな。


ニューヨークニャンキース 発売1991年4月5日 

nyu-iouyk-nanyanski-z.jpg

nyu-iouyk-nanyanski-z2.jpg

 隠れ名作アクションとしての呼び声の高いN.Y.ニャンキース。ロックマンみたいに最初いくつかステージが選べて、全部クリアすれば最終的なステージへの道が開けるシステム。難易度もそう高くないので普通にやり込めばクリアも夢ではない。ちなみにメジャーリーグは無関係である。


チキチキマシン猛レース 発売1991年12月25日 

tikitkikmasinakrier-s0.jpg

tikitkikmasinakrier-s1.jpg

 誰もが書いてるけど、あえて突っ込みます。レースゲームじゃないのかよっ!
 はじめてプレイするひとは、まさかの『シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件』パターンにびっくりするだろうね。実はアクションゲームだっていう。なお、難易度は低め。


 ちなみにあまり知られていないかもしれないが、アトラスは『女神転生』シリーズを筆頭に、実は開発を担当してましたってソフトがいくつかあった。
 ついでに紹介させていただきます。


キング オブ キングス 発売1988年12月9日(ナムコ)

knguingus.jpg

knguingus1.jpg

 超有名で超名作。
 『ファミコンウォーズ』や『ガチャポン戦士』シリーズと並ぶファミコン界のマップ式シミュレーションゲームの金字塔である。発売はナムコだが開発はアトラスであり、キャラクターグラフィックを担当したのは、女神転生シリーズの悪魔のデザインを手がけた「悪魔絵師」金子一馬氏だった。
 キャラクターやゲーム性もさることながら、このソフトがBGMも高く評価されているのは、特殊音源チップを搭載していることも要因の1つである。
 ゲームボーイでその流れを汲むシミュレーションゲームが発売されたこともあるが、これだけ続編が待望されていながら、まったく音沙汰ない名作も珍しい。


えりかとさとるの大冒険 発売1988年9月27日 (ナムコ)

erikastosatuaridaibaouke.jpg

erikastosatuaridaibaouke1.jpg

 このゲームに関してはもう例の裏技のインパクトが強すぎてね。
 Wikipediaによると、その裏技は2004年に2ちゃんねるのレトロゲーム板にて発見されたという。僕がブログをはじめた3年前の出来事だ。「ひでむし」の元同僚を名乗る人物がスレッドに裏技の存在を暴露したらしい。そこからプログラムの解析が始り、ほどなくして発見された。
 ちなみに裏技を仕組んだとされる、ひでむし氏は現在、消息不明だとか・・・・・・ 


 あまりにも有名な裏技動画(Youtube)


 こんな後味が悪い裏技で締めくくるなよ(笑
 
関連記事
[ 2010/08/31 01:42 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

アスレチックでマリオブラザーズを再現してる動画が面白い




 普通に運動神経がいい(笑
関連記事
[ 2010/08/27 02:08 ] ファミコン動画 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

ファミコン将棋ソフト順位戦 他


<ニュース>
久しぶりに遊びたいファミコンゲーム、男性1位『スーパーマリオ』女性1位『テトリス』 (INSIDE)
 
25日東京工芸大学が発表したアンケート結果です。久々にやりたいファミコンランキングの総合結果はこちら。

1位 スーパーマリオブラザーズ
2位 テトリス
3位 ドラゴンクエスト
4位 マリオブラザーズ
5位 パックマン
6位 ゼビウス
7位 ボンバーマン
8位 FF
9位 ツインビー
10位 ファミスタ
以下省略

 こういうアンケートもので毎回思うのが『テトリス』のランクイン。たしかに名作中の名作ではあるけど、僕はどっちかって言うとテトリスといえばゲームボーイ版のほうが印象強いんです。もちろんファミコン版も違った意味でインパクト強いと思うんですが(操作性の悪さとかね!)。
 まあシリーズとしてのランクインと考えれば(かといって『テトリス2』がそんなにメジャーだと思わないが)いいのかな。


<画像>
いろんなゲームに登場するマリオを集めまくった1枚 (Kotaku)
 壮観。


<質問>
ドンキホーテで販売している、ファミコンができるゲーム機は違法!?
 (Yahoo!知恵袋) 経由:中野龍三プロゲーマーWEB
 万が一の話ですが、任天堂がふたたびファミコンの生産を再開して、新作ゲームなんか出しちゃったりしたら、こういうパチ物はどうなるのかな。
 っていうか。それくらいのことやってくれたら本当にゲーム界に衝撃が走りますよ。なんなら低迷してる業界の起爆剤になるかもしれん・・・・・・



<動画>
ファミコン将棋ソフト順位戦 (ニコニコ動画)

 手がここまでめちゃくちゃだと逆におもしろい(笑
関連記事

『アンパンマンのひらがなだいすき』が結構なプレミア物になってる!?


 こちらのオークション結果を見てもらいたい。

anpaasooekamdaf.jpg

おえかキッズ専用アンパンマンのひらがなだいすき箱説あり(魚拓)

 3万円だぜ3万円。

 そもそも『アンパンマンのひらがなだいすき』は悪名高い(別に高くない)バンダイの周辺機器おえかキッズ専用カセット第2弾。そんなカセットがなぜに3万円なんだろうか。

napasmnasddgsikitisael.jpg

 僕は一見したとき、どうせ新品だろう、新品マニアの大盤振る舞いだろう、と勘ぐってたんですけど、説明文を読んだら中古品って言うじゃない。
 あらま。正直言ってぜんぜんノーマークだったわ。実はこれプレミアなんか付いてるんじゃないかしらとネットショップなどを見てみたら、これがけっこうな値段で売っているじゃないですか。おおかた裸ですけれども。そこで鑑みてみると、プレミアになっても別に変じゃないなという点も確かにある。

anmamabaososadgi.jpg
 ※ こちらはオロチ所有の「アンひら」 箱がちょっとボロい(笑 

 それはおえかキッズ専用カセットの第2弾であること。バンダイの出した珍妙な周辺機器の数々。その専用カセットは品薄なのか何なのか良くわからないが「バトルラッシュ」を筆頭にプレミア物が多いのは有名だろう。でもだからと言ってやっぱりこれは高すぎると思うのだ。そこでどんな原因が想定できるか考えてみた。


1.元々このくらいする
 過去のオークションを見るとそうでもない。ただし落札例は少ない。

2.実はものすごいレアな別バージョン
 そんな話は聞いたことないし、画像もノーマルバージョンに見える 

3.有名人の出品
 どこにもそんなこと書いてない。たぶん違う

4.たまたま猛烈に欲しいやつが2人以上いた
 入札歴を見たら案外当たっている。かなりやりあってたみたい

5.アンパンマンブームの到来 
 他のアンパンマングッツが高くなってないだろう

6.ひらがな練習ブームの到来 (まさかの)
 百歩譲ってそうだとしても、ファミコンのこれを買う奴はいねえだろ!

7.円じゃなくてウォンだ
 確かに韓国ウォンにすると2000円くらいだよね・・・・・・ってバカっ!!

8.『みんなでハイキングゲーム』はおえかキッズ専用じゃないぞ(似てるけど)
 関係ないじゃんっ!!!

9.ひらがなが好きなら「あんぱんまん」って表記しろよ
 おっしゃる通り!!!


 訳がわからんくなって来た(笑
 とにかくこういうのはその時だけってのが多いし、例え高く売ってたとしても値段を高く設定しているだけってこともあるので慎重にならなくてはならない。

関連記事

トラウマになるほど怖かった『ドラクエ』の名場面シーン 他


<ニュース>
モバゲータウンのオープンゲームの囲い込みが始まった!(Tech Crunch)
 東京新聞のこちらの記事によると、最近SNSゲーム大手のグリーやモバゲーは急拡大しており、業績も過去最高を更新しているとか。それに比べて任天堂をはじめとする既存のゲーム業界はかなり苦戦しているようだ。そんな中、モバゲーが動いた。
 過去に任天堂がおこなっていたという囲い込みを始めたというのだ。任天堂はアタリショックを教訓にさまざまな手段でファミコンを拡大させていった。詳しくはファミコンの歴史参照。
 はたして歴史は繰り返すのか。という記事。


アニメ監督の細田守さんと任天堂の宮本茂さんのトークショーが開催決定!実は2人とも金沢美大卒業生(はちま起稿)
 へえ、そうなんだ。


<ブログ>
ブロビーの新作。リメイク版Another World(洋ゲー店ブログ)
 こちらの記事で取り上げさせてもらった「ふしぎなブロビー」の新作。海外では発売されていたんですね。

ハイエナ (2段ジャンプ)
 >意図せずしてファミコンソフトをハイエナのごとく大量に集めて(略
 ってところが、僕のファミコン人生とかぶってたので(こちら参照)
 他にもこういうひとっているんだなあって、感慨深いものがあります。


懐かしゲームの”あの音”は??(mu-log ★むーたんブログ★)
 ゴゴシュシュになる!? 出た。誰も使わないファミコン用語(笑 
 僕の家では「シュワシュワシュワ~!」って言いますけどね。


「ゴールイン!!」(ファミパチブログ)
 有名パチモノブログの管理人さんがコレクションに一区切りをつけるらしいです。


<動画>
トラウマになるほど怖かった『ドラクエ』の名場面シーン(ガジェット通信)

 ドラクエ1-6までのトラウマシーンつめあわせ動画。
 ファミコンじゃないのはわからないけど面白かった。見ごたえあり。
関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS