名古屋に待望のファミコンバーがオープン!


 先日このブログで紹介させてもらった沖縄にオープンしたファミコンカフェの記事(こちら)で、僕がうっかり「名古屋にはそういう店がない」というようなことを書いたら「加賀名人のファミコンバーってのがありますよ」とコメントを頂いちゃったわけですが、この度、そのお店の記事が「サカエ経済新聞」というニュースサイトに載っていたので紹介させて頂きます。

kagameijinnofamikoba-0.jpg
公式ホームページのサムネイル画像(クリックでリンク先へ)

 「加賀名人のファミコンバー」は8月にオープンしたお店。場所は名古屋の電気街大須。
 ファミコンはもちろん、スーファミやPCエンジン、メガドライブなどレトロ機種からプレステ2、Wiiなど現行機種まで遊べるらしい。料金は基本的に食べ放題、飲み放題、ゲームし放題で2時間2500円から。初回のみ1時間1000円で1ドリンク付きってのもあるという。

 いやあ、知らずに書いてすみませんでした。

大須に「加賀名人のファミコンバー」-ファミコン世代・ビジネスマンの間で話題に(サカエ経済新聞)

 詳しくはリンク記事を参照してください。

関連記事
[ 2010/09/30 00:05 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

恐怖のディスクシステム 他


<ネタ>
恐怖のディスクシステム (たかしの挑戦状) 情報提供:ファミコン家郎 さん
 色んな意味でめちゃくちゃ怖いです。画像がなくて良かった・・・・・・

初期型ディスクシステムの見分け方(Rock'n ゲーム三昧)
 色んな意味で、ディスクシステムの中身を確認しておいたほうがいいですね(笑

三十歳から四十五歳を無自覚に過ごすな ~任天堂社長 岩田聡氏~
 (中小企業診断士 和田伸午のおもしろビジネス放談)
 ちょっと古い記事だけど。
 っていうかHAL研の倒産の原因は『メタルスレーダーグローリー』じゃなかったんだ!(笑


<質問>
もしFC初のRPGが「MOTHER」だったらゲーム業界は…?(Yahoo!知恵袋)
 ムチャ振り的質問に見事な回答

ファミコンカセットがカラフルだった理由(Yahoo!知恵袋)


<サイト>
ハチビッツ ファナティックス
 江戸の粋を今に伝えるおっさんゲーマー達に捧げる痛快ガセネタマガジン



関連記事

実機で動くオリジナルファミコンソフト「BLADE BUSTER」




 近日、High Level Challenge !というサイトで公開予定の実機で動くオリジナルファミコンソフト「BLADE BUSTER」のプレ公開動画です。2001、2年ごろにはほぼ完成していたらしい。詳細はサイトへGO!
関連記事

ディスクシステム興亡史 他


<インタビュー>
社長が訊く「スーパーマリオ25周年」その2(スーパーマリオ25周年特設サイト)
 ファミコン初期はトラブル続きだったのかあ。
 四角ボタンが戻ってこなくなったりね(笑


<ブログ>
ディスクシステム興亡史(1)
ディスクシステム興亡史(2)
ディスクシステム興亡史(3)-完結編-(Hisakazu Hirabayashi * Official Blog)
 『ファミコン必勝本』などの編集者だった平林久和氏が92年頃に書いた未発表の原稿だそうだ。ディスクシステムとは一体何だったのか。筆者はディスクシステムの登場を「聖戦」に見立て独自の視点で語っている。
 3つの未来像。6つの欠点。ディスクシステムの欠点を逆手に取った名作『ゼルダの伝説』、DOGの戦略、メガロム時代の到来、英雄宮本茂の反撃、バッテリーバックアップシステムの登場・・・・・・
 読み応え十分でした。
「ランキングの恐ろしさ」はまさに当時、実感したよ!


とあるファミコンの周辺機器です(徒然ちょっとメモ')
 出た、これ、見たかったんです。
 欲しいなあ・・・・・・


<画像>
ファミコンなベッド。((旧)【ネタ倉庫】ライトニング・ストレージ)
 いい夢見れそう(笑

<オークション>
新品の『烈火』19万円で落札!!!(魚拓)
  逆に清清しいわ!

<動画>
たけしの挑戦状は「喫茶店で一時間話しただけのゲーム」発言
 Wikipediaにも載ってる発言です。(本当はもっと日数かけて色々アイデアを出したみたいです)

ファミコン(NES)コントローラ型アナログシンセ

 うわー、めっちゃ楽しそう!
 これは単体で成り立ってるのかな。
 それとも、どこかに音源モジュールみたいなものがあるのだろうか・・・・・・

関連記事

任天堂が正式発表「カセットフーフーするの禁止」


 スーパーマリオブラザーズが25周年ということで、特設サイトも立ち上げられ、なんだかお祭りムードだが、先日16日その特設サイトで公開された「キャンペーンTVCMに関して任天堂からのお知らせ」という動画があまりにも衝撃的な内容だったためネットの各所で話題となっている。

 スーパーマリオ25周年キャンペーン 公式サイト

 さっそく動画を見てみたら驚いた。
 ファミコンをしようとした男性がおもむろにカセットを手に取り、いつものように息をフーってしようとすると突然、映像が止まり、以下のようなテロップと音声が流れはじめたのだ。


 ファミリーコンピュータが発売されていた当時、  
 カセットの金属端子部に息を吹きかけ、ほこり
 を飛ばす行為が全国的に広まりました。
 しかし、現在ではこの行為は、サビによる故障
 の原因となることが分かっております。
(以下省略)


 おいおい待ってくれよ(笑

 誰も使わないファミコン用語辞典で「ファミコンへの愛」とまで称された、この国民的行為を。「ファミコンへの愛が足りない」と言って酸欠になるほど頑張ったあの思い出を。カセットを差し込むとき「お願いします」とか「頼むよ~。な?頼む」などと話しかけると、なお良しとされていた、あの偉大なるイニシエーションを・・・・・・
 30年経った今さら全否定って。言っとくけど僕のコレクションの中で端子がサビてるカセットなんて1つもありませんよ。なんか粉ふいてたり、緑色に変色してるやつならありますけどね(それだ!)

 冗談はさておき、別にサビるとかサビないとか、そんなことはどうでも良いや。法律で禁止されたわけじゃなしやりたけりゃ別にやればいいじゃない(笑

msitoysnukiuds.gif

 それより、こんなことを律儀に動画にしてお知らせしてくれる心意気が素敵だと思うよ。でも任天堂さんが思っているよりカセットフーフーって、もはや日本人の生活に深く入り込んでいると思わないか?
 ファミコン以来、この伝統はゲームボーイ、スーファミ、64、そして後続機へと脈々と受け継がれているし、ゲーム機以外でもたとえばパソコンのスロットにSDカードとか、xDカードなんかを差し込むとき、フーフーやっちゃうひといるよね。(いないか)


 こちらはキャンペーンTVCM

 なんにしてもマリオ25周年。おめでとう!!
関連記事
[ 2010/09/18 10:40 ] ファミコンニュース | コメント(1)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR