『星のカービィ 夢の泉の物語』のサントラCDが鬼のように高い!!


 「らしんばん」っていうお店の大阪店がレトロゲームのサントラCDの買取を強化してるらしい。こちら

 それによると一番高いのが『星のカービィ 夢の泉の物語』のサントラCDなんです。その買取額はなんと5万円。おいおい。ってことはそれ以上で売れるわけじゃん。と思って調べてみたら、Amazonがとんでもないことに。

hosinoka-bisantoraamazon.jpg
 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ

 新品が40万円だってさ。やっほーいっ!
 でもまあAmazonは売りたいひとが売りたい値段で売ってるからね。それに何より新品だし。他のところも調べてみたら、駿河屋さんで同じものが72,500円だった。中古だけども。こちら


 まあ、高いことには変わりないわな。
 そもそもこのCDがなぜ高いのかっていうと、ただ単にファミコン音源のものを収録したものじゃなくてボーカルアレンジされてるというところ(またそれがいい仕上がり)と、全37曲(効果音も含む)という盛りだくさんな内容が要因だと考えられます。

 でも、こんなのを見つけたよ!?


◆任天堂「星のカービィ ~夢の泉の物語~」 FC版サントラCD
hosinoka-bisanntorao-kushon.jpg

 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ(魚拓)

 21,100円で落札だってぇ!?
 すごいラッキーじゃん。これをそのまま「らしんばん」に売ったら・・・・・・

 そんな妄想しつつ、買取価格のTOP5でも見てみようぜ。


1位 50,000円『星のカービィ 夢の泉の物語 サウンドトラック』
2位 28,000円『がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり オリジナルゲームサントラ』
3位 22,000円『DARIUS PREMIUM BOX -REBIRTH-』


『スーパードンキーコング2 オリジナルサウンドトラック』
5位 20,000円『スーパーマリオRPG オリジナルサウンドバージョン』


 うーむ、なるほど。
 レトロゲームのサントラCDってけっこうプレミア付いてるってことがよくわかるね。もちろんファミコンのサントラCDも例外じゃなく、他にもプレミアが付いてるものがいっぱいあるということは調べてあるので、そのまとめはまた次の機会にしよう。

 
関連記事
[ 2010/11/26 01:11 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

ファミコンってのは楽器だよな 他


<ブログ>
「ゲーム大好き!アツめもん」第1話 (誠ブログ)
 ゲームコレクター酒缶さんの新しいコラムなのかな。テーマはファミコンソフトの管理。勉強させてもらいます。


やっぱ、ファミコンってのは楽器だよな・・・ (516Blog)
 楽器やファミコンを、同じ「心の再生ツール」と捉え、ゲームについて考察している記事です。
 たしかに(記事とは違う捉え方だが)単純に考えると、AボタンやBボタンは音階と考えることができ、ここでAボタンをどれくらいの長さでどれだけ押す、みたいなものは楽譜のように表せる。そしてそれにともなって音が出るわけだがら、大きな意味で楽器と言えるかもしれない。
 ただ自分も音楽やる人間として、「ハードが楽器でソフトが楽譜」ってのになんか違和感。美空ひばりやポールマッカートニーは楽譜が読めなかった(本当かどうか知らんけど)って言うし、そもそも音楽って原始時代からある。世の中には楽譜が存在しない音楽のほうが、むしろ多いような気がします。
 まあ、僕が音楽をやる上で、そんなに楽譜って重要じゃないと考えてるから、そう思うだけかもしれませんが・・・・・・



<雑誌>
「オトナファミ」付録「家庭用ゲーム機完全図鑑」発売中!!(オトナファミBlog)
 世界初のTVゲーム機から、カセットビジョン、ぴゅう太、ファミコン、メガドライブまで!昭和の子供たちを熱狂させた家庭用ゲーム機45機をフルコンプリート。激レアなレトロゲーム画面もいっぱい見られます!! とのこと。


関連記事

TV番組『スーパーマリオクラブ』が復活!! 他


<ニュース>
テレビ東京で「復活!スーパーマリオクラブ」が放送予定  (ゲームメモ)
 正直言ってあんまり見た憶えが無いんだけど、中学生になって部活やら何やらで忙しかったころかな。とにかくクリスマスに復活するらしいです。



関連リンク:スーパーマリオクラブ (テレビ番組) (Wikipedia)


<ブログ>
「惑星アトン外伝」のニセモノをつかまされた! (てんちょのひとりごと)
 かなり前の記事だけど、興味深かったので。コピー商品に対しての毅然とした態度。素晴らしいですね。(個人情報うんぬんはともかく)
 ディスクをコピーして売ってるやつは何考えてるのでしょうか。ひとが一生懸命つくったゲームをコピーして。むなしくないのだろうか。今は江戸時代じゃないんだからさ。金がなくたって餓死とかしないでしょ。百歩譲って母親が病気でその入院費を稼がなくちゃいけないとか、切実な理由があったとしてもだよ。そんな金で母さん、喜ぶかな。だからそんなせこい金稼ぎなんか止めろって言いたいです・・・・・・



<まとめ>
ファミコンGIFアニメーション秘宝館 (NEVERまとめ)
 画像総数 : 111件、・・・・・・もう、おなか一杯!
関連記事

アイツに「いっき」で米俵をもらえるキャンペーン実施中


 『スーパーマリオ』25周年キャンペーン盛り上がる中、実はあの迷作『いっき』も25周年だったというニュース(半分ネタ)は先日お伝えしたとおりだ。当然『いっき』陣営もスーマリに対抗してか、いくつかキャンペーンを打っているわけだが、本日、11月24日、『いっき』25周年キャンペーンサイトで驚愕のキャンペーンが発表された。

ikkikomedarawaera.jpg
 ※サムネイル画像 クリックでリンク先へ

 なんと、「いっき」を起こしたくなったエピソードを投稿して、特賞に選ばれたら米俵5kgがもらえるというのだ。公式サイトには以下のような説明があった。


 人生、生きてりゃ誰でも、堪忍袋の緒が切れる時もある。
 貴方も権べのように「おら・・・もう我慢なんねえだ・・・!」
 となったことはありませんか?

 そんな「いっき」を起こしたくなった
 出来事を投稿して、みんなで楽しもう!


 ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待て。おら?、もう?、我慢?、なんねえだ?
 それって例の有名な当時やってたCMの台詞でしょ、ちょっと違わないか!?
 ということで見てみよう。



 どう聞いても「おら、もう許せねえだ!」でした。公式が間違えるってどういうことやねん。そうだ、このことを「我慢ならんエピソード」として投稿しよう!
 なんてね。まあ、そんなことはいいんです。わざと言葉を変えてみただけかもしれないし、そもそもCMの台詞じゃないかもしれない。そんなことはどうでもいいことです・・・・・・・


 リンク:いっき おんらいん 公式サイト
関連記事
[ 2010/11/24 21:30 ] ファミコンニュース | コメント(1)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

『ファミコンゲームの主役たち』の内容が興味深い


 だいぶ前の話だけど、今年の7月15日、ファミコン25周年の日に、社会科 はこばれてくるしくみシリーズ11『ファミコンゲームの主役たち』という本をスキャンして英訳してる海外サイトがあるとして、ツイッターなど一部で盛り上がっていた。
 今さら、なぜそんな話題を? と思うかもしれないが、いろいろ調べてから記事を書こうと思って、そのまま忘れてたってわけなんです(笑

 何でもこの本は1989年に発行された小中学生が対象の社会科の本だそうで出版はあのPHP研究所。松下電器(現パナソニック)の創業者である松下幸之助が創設した出版社である。

 そして問題のサイトがこちら↓

famikononoshutya.jpg
 The Stars of Famicom Games(サムネイル画像 クリックでリンク先へ)

 びっくりしたのはその興味深い内容である。ゲームソフトの制作と流通というテーマを扱ったという点、写真の多さ、これは古本屋で見つけたら即買いでっせ。攻略本とかファミコン雑誌とかよくあるけど、ファミコンの製作現場の様子がこれほどわかりやすく載ってる本って、そうそう無いもんね。

 っていうかこのサイト、どうやらChris Covell's Homepageという海外のサイトの一部なのだが(Secret Pageってのをクリックしたところの該当ページ)、情報量が半端ない。さすがに全部見てないけどコレクションのページとか他にもいっぱいあるようだ。

 それにしてもレイアウトとか色使いとか古き良き昔のホームページって感じだなあ。日本にもこんなサイトいっぱいあったっけ・・・・・・

関連記事
[ 2010/11/24 11:30 ] ファミコンサイト | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR