浜松市がゲーム&ウオッチコレクションを再び放出!!


 日本屈指のゲームウォッチコレクターで知られる浜松市が再びコレクションを放出している。

kantyouo-kushon.jpg
 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ

 主なラインナップ

・任天堂 ゲームウォッチ FIRE【未使用】
・任天堂 ゲームウォッチ TURTLE BRIDGE【未使用】
・任天堂 ゲームウォッチ PARACHUTE【未使用】
・任天堂 ゲームウォッチ OIL PANIC【未使用】
・任天堂 ゲームウォッチ FIRE ATTACK【未使用】
・任天堂 ゲームウォッチ OCTOPUS【未使用】
・ナショナル ゲーム電卓 Panac355【未使用】 保証金不要
・カシオ ゲーム電卓 GAME-Ⅱ【未使用】
・カシオ ゲーム電卓 GAME【未使用】
・カシオ BOXING GAME【未使用】 保証金不要


 前回は第1回公売で5月中に終わってるはずなので、今回は第2回公売。まだ在庫があったのか、売れ残ったのかは不明だ。公売は全部で8回あるらしいけど、もうこれでゲーム&ウオッチは弾切れかもしれんし、うかうかしてられないぜ。

 参加申し込み期間は6月10日23時までだ。


関連リンク:公売について(浜松市)
関連記事
[ 2011/05/31 14:08 ] レトロゲーム | コメント(1)
 ブログパーツ

ゲームソフト流通物語 他


<ニュース>
高橋名人 ハドソンでの最後の言葉「バーイ ハドソン!!」
 おつかれさまでした! 新しいブログはこちら→http://16shot.jp/


<オークション>
まだあった!『スーマリ』黒バージョン
su-marikuro546.jpg
 前回と出品者は同じ。まだあったそうだ。(魚拓)


<DIY系>
『ミスタースプラッシュ』仏版(情報提供)


<ブログ記事>
再掲載|「ゲームソフト流通物語(1)(Hisakazu Hirabayashi * Official Blog)
 つづきが気になる!


<サイト>
ゲームパッド地下秘密
 知るひとぞ知る。ゲームパッドの地下理想郷!!

関連記事

東大ファミコン続報 ついに全貌が明らかに!?


 前回の記事はけっこう反響を呼んでるようでいろんなニュースサイトさんに取り上げられてもらって、ありがたいです。そんな中「誰かレポートしてくれないかなあ」なんてお気楽なこと言ってたら、続々と報告されているブログやニュースサイトさんを見つけました。
 さらにはネットニュースにも取り上げられて、噂が噂を呼んでいるようです。東大ファミコン。情報提供者のJJJさんもきっと喜んでくれてるでしょう!


<東大ファミコンを取り上げているニュースサイトまとめ>

第84回 東京大学 五月祭で「自作ファミコン」を見てきた (ひよこガジェンヌ)
どういうこと? 東大がファミコンを作ったらしいので見に行ってきた(日々是遊戯)
東京大学がファミコンを作ったらしい(おもいっきり濁点)
東大がオリジナルのファミコンを製作、東大5月祭にて展示中(ゲエムノセカイ)


 そしてこちらがYoutubeにあがっていた動画である↓



 今さら僕が言うのもなんですが、いまいち何がどうすごいのかわからない(笑
 皆さんのレポートを見て勉強しよっと。

 
関連記事
[ 2011/05/30 21:51 ] ファミコンニュース | コメント(7)
 ブログパーツ

ロードランナーへの道 中級編 その3


rodoranna.gif

 中級編はわりと地味なステージが続くけど、ここは修練のためだと思って、じっくり攻略してほしい。そしてしっかりと技を身につけよう。今回はいっきょに5ステージを消化するぞ!


C'-02 『Uターン掘り』 難易度★★★☆

 <エディット図>
Cd02ro-dorannna-.jpg

 <クリア動画>


 <解説>
 まずはロボット1体だけを使って真ん中の金塊をゲット。次にロボット2体を使って左下の金塊を取りにいくのだが、ここで表題のUターン掘り(0:24)だ。ロボットとブロックが密着した状態でブロックを掘るとまるでUターンするかのようにロボットはその穴へ吸い込まれていくのだ。地味な技だがけっこう使う頻度は高いので憶えておこう。さっそく(0:37)で2回目のUターン掘り。そしてロボットの頭上から壁を2段、取り払う。これをしておかないと外へ出られないからね。
 時間差パートはそんなに難しくない。



C'-01 『ロボット走り』 難易度★★★☆

 <エディット図>
Cd01ro-dorannna-.jpg

 <クリア動画>


 <解説>
 開始するといきなりロボットが突っ込んでくるので、ここは逆に、迎えにいってロボットを回避。Uターン掘り(0:07)で右の穴にロボットを誘う。(0:11)ロボットの頭上で左に穴を開けたら、すぐさま右のロボットへ飛び移り、そのまま下のロボットの頭上へ落ちる。
 (0:25)から最大の難関である『魔のロボット走り』だ。4マス分という長さはエディット面に組み込める最大の長さ。なぜなら、それ以上長いと単にタイミングが難しいだけの反射神経ゲームになってしまう。そんなもんつまらんでしょ。パズル要素とアクション要素のバランス。その限界がロボット走り4マスなわけです。
 コツは緩急をつけること。─・─・─・って感じ。そのリズムさえわかればいいんだけど、これがなかなか難しい。ロボットを追い越してしまうのを恐れず思い切って十字キーを押すと意外と行ける。

  無事、右側ステージ渡ったら「ハシゴ誘い」でロボットたちを3体すべて穴に埋めてしまおう(0:30~0:37)。右上の時間差パートはひっかけ時間差パートだ。一見、左の壁から入って、またそこから戻るように見えるが実は、下に抜けて出ていくのが正解。そのために下の穴をロボットで埋めていたのだ。これに気づいたら、あら簡単。超基本的時間差掘りだけで金塊がらくらく取れるぞ。



B-05 『はしご遊び』 難易度★★★★

 <エディット図>
B05ro-dorannna-.jpg

  このステージから難易度が半星上がって4つ星となる。
 

 <クリア動画>


 <解説>
 このステージはクリア工程がややこしい。まず左のロボットを下へ誘導してやるのだが、そのとき右のロボットをハシゴで遊ばせる。なぜそうするかというとこのロボットパートは、2体では進めないようになっているからである。だけど穴を掘ると、どうしても2体動いちゃう。だから1体遊ばせてるのだ。2体で無理に進むと必ず詰まるぞ。そうして1体を最下層の穴へおさめたら、つぎに右上のロボットの出番。
 (0:32)でロボットを2体いっしょにそれぞれの穴へ入れたら、やはりここでもロボットを1体ハシゴで遊ばせよう。もう片方の1体を左中の穴へ入れたら、ハシゴの一番下でしばらく待機。すると遊ばせていたロボットが時間差パートのほうの穴へ落ちていくのだ。この技は「ハシゴ下待ち」といって、ハシゴの一番下で待機することでロボットを任意の場所まで誘導する技である。オロチ面では頻繁に登場することになるから憶えておこう。

 そしたらやっと左下の金塊を取りに行く。(0:59)のUターン掘りがポイントだ。そして時間差パートだが、実はここは時間差掘りは使わなくてもいい。ストレートに掘って行けばいいのだ。だけどけっこう時間がタイトなので、金塊を取り次第一目散に逃げ帰るべし。



B-04 『大崩落』 難易度★★★★

 <エディット図>
B04ro-dorannna-.jpg

 <クリア動画>


 <解説>
 ロボットパートは1体はダミーで、2体だけを使用する。それにさえ気づけば、今までの修行で習得した技で突破できるはずだ。問題なのは時間差パート。ダイナミックな視点が必要だ。まず上からブロックを削っていく(0:25)その姿はさながら大崩落である。そしたら、そのまま1番下まで行かず(0:30)中段で降りて壁を削り、また戻って降りるのがポイント。言わば時間差版の天井返しだ。

 そしたらタイミングを見ながら順番通りにブロックを消していく。言葉では簡単だがこれがけっこう難しく、タイミングが違うと地面になるはずのブロックの修復が遅かったり、逆に壁になるブロックの修復が早かったりして、うまく行かない。ひたすら練習してタイミングを憶えよう。



B-03 『スーパーダイビング』 難易度★★★★

 <エディット図>
B03lo-dorannaj-.jpg

 <クリア動画>


 <解説>
 ロボットと1対1。タイマン勝負ステージ。ロボットを真ん中の穴や左下へ誘導してしまったら負けだ。なんとか右下へ誘導するため、最初は時間差掘りで硬いブロックのほうへ誘導する。(0:21)でロボットの頭を渡って慌てているのは、とにかく早くしないと壁がじゃんじゃん埋まってしまうからだ。

 真ん中の金塊は硬いブロックの道を進ませたロボットを追いかけて落下中の頭上からゲット(0:26)だ。ここのタイミングはやや遅いと思ったくらいが意外とちょうど良かったりするぞ。早すぎるとロボットに捕まっちゃうので注意だ。

 頭上渡りで右下の金塊を取ったらすぐしたに降りてハシゴを登ってしまおう。ロボットを十分ひきつけて決死のスーパーダイビングだ。着地したら真下のブロックを堀り、ハシゴを降りきってしまえ。この際、少し左へポジションを移すとロボットがつられて穴へ落ちるぞ。このからくりに気づかないとこのステージはクリアできない。





 さあ、中級編は残り2回。それが終わればいよいよ上級編だ!


関連記事

東京大学がファミコンを製作、公開へ


 東京大学の工学部電子情報工学科、同電気電子工学科から成る組織「工学部電気電子情報系」通称EEICがファミコンを作っているという情報を頂きました。ありがとうございます。

 公式サイトによると、FPGAという回路でファミコンを作ろうという計画が進行中とのこと。ファミコンの部品は使わず、すべて1から作り上げるという。

 いったいどんなファミコンなんだろうか。想像つかん・・・・・・

eeic.jpg
 ※サムネイル画像クリックで公式サイトへ

 現在はもう完成してる模様で、それは今度の5月28日(土)29日(日)に開催される東大5月祭において展示されるという。って明日やないか!
 近くのひとはぜひ見に行ってほしいな!


(情報提供:JJJ氏)
関連記事
[ 2011/05/27 13:37 ] ファミコンニュース | コメント(5)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR