【祝ブログ開設】毛利名人の誕生秘話がいろいろおかしい件


<毛利名人がブログを開設>

毛利名人のネバーエンディングゲームズ
mourimenjinoburogu.png
 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ

 今月に入ってから毛利名人がブログを開設していたことがわかった。

 毛利名人といえば高橋名人と並ぶファミコン名人として知られており、その活躍ぶりは映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』にもなった。

 ワイルドで肉体派なイメージだった高橋名人に対して、毛利名人はスマートで理論派なイメージだったため“ファミコン界の貴公子”などと呼ばれ人気を博し、稼いだ金でフェラーリを買ったという逸話も残っている。

wakakihinomouritakahasi.jpg
 ※若き日の高橋名人と毛利名人


<毛利名人誕生秘話>

 毛利名人(本名:公信)は東京の超セレブな家庭に生まれ、3歳のときにとある温泉街でピンボールゲームと出会い才能が開花。毎日ゲームセンターに通うようになってからは無敵の強さを誇り“公信お坊ちゃま”だとか“キング”とか呼ばれ名声をほしいままにしていた。

 しかしそんな順風満帆なゲーマー人生を送る彼の心に、強烈なトラウマを植えつける事件が起こる。

 その日、いつものように渋谷のゲーセンで自己記録の更新に勤しんでいた毛利少年のもとへ突然、挑戦状が叩きつけられたのだ。埼玉のゲーセンを総ナメにしているという女ゲーマー“蘭子”である。

 ざわめき始めたギャラリーたちに囲まれながら、毛利少年は紳士的な態度で彼女の挑戦を受けて立った。

mouriteberobero.png
 ※漫画のワンシーン

 しかし蘭子にいきなり手をなめ回すという強烈な心理戦を仕掛けられ、育ちが良かった少年はパニック状態に陥ってしまった。今思えばこのとき既にもう勝負は決まっていたのかもしれない。
 少年はじめての惨敗を喫し、おまけに1m以内にブスが近づいたら足がガクガクになるというトラウマ(なんじゃそりゃ)まで抱えることとなってしまったという。

 その日以来、毛利少年は今までの自分を捨て、死ぬ物狂いの特訓を始めたのだが・・・・・・ (つづく)


 「少年メディア3」(ハドソン/1985年)収録漫画『ファミコン龍虎伝』より
 ※たぶんほとんどフィクションです。




 ね、いろいろおかしかったでしょう(笑

 ちなみにこの漫画は高橋名人とのダブル主人公で(高橋名人の誕生秘話のほうも相当ぶっ飛んでる)、2人が出会い、対決するまでが描かれています。興味があるひとはぜひどっかで手に入れてみて下さい。

 まあ、昔の漫画なんてみんなこんな感じなんだけどね!

 
関連記事

任天堂ミニゲームシリーズの画像まとめ 後半


anosimasokaksuita.jpg

 ファミコンより10年以上も前に発売された、黄色い親子カンガルーがトレードマークの任天堂ミニゲームシリーズの画像まとめ。



 後半戦はこの14タイトルだ!
 ※なお、あいかわらずコメントは適当です(笑



ハチの巣ゲーム

13hatunosuemu.jpg

 小さいころ砂場でよくやった棒倒しゲームみたいなやつかな。黒ひげ危機一髪のハチバージョンみたいなやつかもしれん。ハチを落とさないようにというルールには後にサードパーティとなるハドソンへの配慮をうかがい知ることができる。



ルーレット

12ru-reto.jpg

 本格派のルーレット。こういうの玉がすぐどっか行っちゃうんだよね。



クルクルバンバン

11kurukrupan.jpg

 このゲーム性、どこかで見たことあるなあ。アイドル水泳大会でよくやってた“棒叩きゲーム”かなって思ったけど違った。ボールを当てる、相手、落とす・・・・・・、そうか、ボールを当てる行為をパンチとみなせば、ほら、『アーバンチャンピオン』じゃん!?



ブルドーザーゲーム

10burudoz.jpg

 たぶん下から圧力がかかっていて、特定のブロックを抜いちゃうとつぶれちゃうってゲーム。もしかしたらつぶしたほうが勝ちなのかもしれない。



玉つきゲーム

09tamatuibir.jpg

 僕は昔、小さなビリヤードゲームを買ってもらったことがあった。玉がビー玉くらいで、台がA4サイズくらいだったかな。当然、まったく本物と同じようには遊べなかった。これはそれよりも小さいくせに本物のビリヤードがそのまま遊べるらしい。おそるべし任天堂!



ベースボールパチンコ

08besuborupatiko.jpg

 任天堂はパチンコが嫌いらしいけど、このころはまだそうでもなかったのね。それどころか、ぜんぜん違う分野のゲームである野球を、パチンコに取り入れるなど、現代の“何でもかんでもパチンコ化現象”を予見していたかのような作品である。



ハードルレース

07ha-dorur.jpg

 このゲームはまるでファミコンソフト集めそのものではないか。すなわち、囲碁のハードル、特殊ROM(データックとか)のハードル、書き換え版ディスクのハードル、withサウンドウェアのハードル・・・・・・
 このゲームは、ファミコンソフト制覇を志す者の前に必ず現れるという4つのハードルを、越えてみろという任天堂のメッセージではないだろうか。しかしそのハードルを越えたところで、目の前にはさらなる“伝説の4つのハードル”が現れるという。

 すなわち、NHK学園のハードル、スタディボックスのハードル、通信カートリッジのハードル、えーっと、その他のハードル(投げやり)・・・・・・



玉つきサッカー

06tamatukisakka-.jpg

 何でも合体させちゃうっていう発想はクソゲーによくあるパターンだけど、稀に傑作が生まれることもある。はたしてこれは前者だったのか、後者だったのか・・・・・・



五ならべ

05gonarabe.jpg

 ミニ囲碁でもなく五目並べでもない。



ミラクルボール

04mirakurubo-ru.jpg

 ピンボールに見えなくもないが、きっとミラクルボールなのだろう。
 


カラフルボール

03karahurubo-ru.jpg

 ある未開の民族は数の概念がおおらかで、3以上は“たくさん”と表現するという。だから三色で“カラフル”もあながち間違いではない(俺は何を言ってるんだ・・・・・・)



落とし穴ゲーム

02otosianage-mu.jpg

 人生の落とし穴には落ちたくないものだ。(コメントがだんだん雑になってきたぞ・・・・・・)
 



ラビットコースター

01rabittoko-suta-.jpg

 本物の「ラビットコースター」はもっと立体的でかっこいい。

 任天堂大辞典によると、これは「芋虫ころころ」という江戸時代の遊びから発展した「俵ころがし」をリスペクトしたような玩具。ただし自分で組み立てなければならなかったようで、工作が苦手なひとにはちょっとお勧めできないかもしれない。

 動画があったので貼っておきます。





 任天堂ミニゲームシリーズの紹介は今回でひとまず終了。ただし70種類以上あるらしいので、あと少なく見積もってもあと40種類はあると考えられる。
 またいつか資料を手に入れたら、第2弾やるかも。


 関連リンク:任天堂ミニゲームシリーズの画像まとめ 前半


関連記事
[ 2011/06/30 02:47 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

【あたたた】「ファミコン神拳」がまさかの復活!!


 2011年9月15日に発売が決定したWii用ソフト『ドラゴンクエストI・II・III』に「ファミコン神拳」復刻版が同梱されるという情報をいただきました。


>◆復刻版攻略本「ファミコン神拳」
>1980年代後半に週刊少年ジャンプ読者を夢中にさせた攻略本
>「ファミコン神拳」から、株式会社集英社様のご協力により
>『ドラゴンクエストI』『II』『III』関連の記事を抜粋し、全130ページの
>大ボリュームで再編集した復刻版です。当時そのままの内容に、
>懐かしい記憶がよみがえってくることでしょう。


公式サイトより引用)


atata.jpg
 ※画像はオロチ所有の「ファミコン神拳」


 「ファミコン神拳」は『ドラクエ2』の復活の呪文でおなじみの、ゆう帝、みや王、キム皇らがライターとして携わっていた少年ジャンプの記事で、全体的に当時連載していた人気漫画『北斗の拳』をリスペクトしており、ファミコンソフトを星ではなく“あたたた”で評価するなど、独特のノリがあった。


 ちなみに単行本化されているが、数が多いのかプレミアはついてないので、手に入れるのはそれほど難しくない。


 
関連記事
[ 2011/06/29 15:56 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

伝説の玩具 任天堂『ラブテスター』が落札されていた


 『ラブテスター』は70年代に一世を風靡した(実はそんなに売れてないという説もある)伝説の玩具。横井軍平が開発したと言われている。

rabutesuta-01.jpg
 ※イメージ図

 使いかたは、男女がそれぞれ片手に金属球を持ち、空いてるほうの手をつなぐだけ。するとテスターの針が動くという仕組みだ。てのひらの発汗量によってラブラブ度を測っているとされているが、じつは電気抵抗を測っているだけであり、普通のテスターでも同じようなことができるらしい。
 ただ、汗をかくと電気抵抗が低くなため、恋をしてる→ドキドキする→汗をかく、と無理やり考えるなら、信憑性はあるのかもしれない。

 2010年にはじつに41年ぶりにマジックグッツでおなじみのテンヨーより復刻版が発売された。


anosimasokaksuita.jpg


 さて、今回はそんなラブテスターの任天堂“ミニゲームシリーズ版”がオークションに出品されていたので紹介させていただきます。


昭和レトロ◇任天堂 ラブテスター◇60年代 LOVETESTER 玩具

rabutesuta-.jpg
 ※サムネイル画像 クリックで魚拓へ 


 まあまあな値段がついてるじゃないか!

 任天堂ミニゲームシリーズについては(こちら)を参照してもらうとして、気になるはこの値段が相場なのかどうかってことだな。ちなみに復刻版は3000円くらいだったよ。


 いずれにしても『ラブテスター』を使えば意中の女性と手をつなぐきっかけになることは確かなようだ・・・・・・




 軽快な音楽がいい感じ。


関連記事
[ 2011/06/29 00:56 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

任天堂がファミコン説明書のオンライン販売を開始(すぐ売り切れる)


 昨日(2011年6月27日)、任天堂がオンライン販売をスタートさせたわけだが、その商品ラインナップがあまりにもニッチすぎるとして話題になっている。つまり「誰が要るんだこんなもん」っていうものしか売ってないというのだ。 こちら↓

nintendouoonrainsohanbai.png

※サムネイル画像 クリックで公式サイトへ


 さっそくのぞいてみると・・・・・・

・Wii コントローラポートカバー
・Wii メモリーカードスロットカバー
・Wii専用レンズクリーナーセット
・ニンテンドーDS Lite専用バッテリーパック
・ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ 取扱説明書

 など細かいものや周辺機器や説明書ばかりだ。たしかに、満を持してオンライン販売を開始したわりにはラインナップが地味すぎて思わずズッコケたくなるが、よく考えたら製品メーカーならどこでも普通に取り扱ってる内容だと言える。


 ただ、今回の注目はそこではない。

 なんと、そんなラインナップの中に“NEWファミコンの説明書”が紛れ込んでいるという情報を頂いたのだ。こちら↓

 famikonrrikire.jpg

 しかも1日で売り切れだってさ!

 どれだけの数を用意していたか知らないけど、すごい人気だね。でもどうせ売れ残ってたやつだと思うから再入荷は難しいんじゃないだろうか・・・・・・

 
※2011/6/30 説明書は前から売ってたという情報をいただきましたので、タイトルを「任天堂が突然ファミコン説明書の販売を開始(すぐ売り切れる)」から「任天堂がファミコン説明書のオンライン販売を開始(すぐ売り切れる)」に訂正させていただきました。
関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR