任天堂「失敗の歴史」 ~インスタントライスから3DSまで~


nitnendoutoraokarukanban.jpg

 1964年頃、ディズニートランプの成功に気をよくしていた山内社長(当時)が、アメリカのカード(トランプ)業界を視察した際、そのトップ企業があまりにもショボかったため、業界の限界を悟ったというエピソードがある。

 その後、山内社長は手当たり次第にいろんなチャレンジをするのだがことごとく失敗したという。今回はそんな任天堂の失敗の数々を紹介しよう。


<食品編>

・インスタントライス
 お湯を注いで3分待つというインスタントラーメンのご飯バージョン。(電子レンジでチンでは無かった)。巨額な投資を行い大学施設で研究を重ね、「三近食品」という食品系子会社までつくり発売したものの、ドロドロですげえまずかったらしい。

・ポパイラーメン
 これも子会社名義。インスタントラーメン。ほうれん草味だったのかどうかは不明。

ディズニーフリッカー

 同じく子会社名義。ふりかけ。ネズミ味だったかどうかは不明(笑


<経営編>

・ダイヤタクシー
 1960年10月17日設立。ダイヤのマークが目印のタクシー会社。一説には山内社長(当時)が、運転手たちといろいろ交渉するのが面倒になり、やめてしまったという。名鉄に譲渡された。

・ラブホテル
 これはけっこう有名な話で、実際に複数の書籍にも載っていることなんだけど、名前とか場所とかいくら調べてもぜんぜん出てこないので、ねつ造なんじゃないかという噂もあります。まあ、参考程度で。



・射撃場
 光線銃のヒットに気を良くした任天堂は1973年、レーザークレー射撃場システムを開発。ボーリングに代わる新しいスポーツレジャーとして70年代初頭に全国展開に乗り出すも、オイルショックのあおりを受け、莫大な借金を背負った。


<非ゲーム商品編>

・ブロック
 1968年、レゴブロックに対抗(パクリって言っちゃダメ)して「NBブロック」ってのを作った。期待されたよりは売れなかった。

・フラフープ
 1969年、2人で同時に遊べる画期的なフラフープを発売。画期的過ぎた。

・サインペン
 他、ノートや文房具類などを手がけるも、ノウハウが無かったことに気づいた・・・・・・

・乳母車
「ママベリカ」っていうベビーカー。交通事故保険付きで登場。

800_5540.jpg
(c) OpenCage

・ラジコン
 左にしか曲がらなかったらしい。(そこそこ売れたらしいが、商業的に成功とは言いがたかった)

・コピー機
 1971年発売。「コピラス」なる家庭用複写機。性能はショボいが安さで10万台くらい売れたらしい。しかしその後、やっぱりショボいということで返品の嵐。



 どうせだからゲーム編も行ってみよう!


<ゲーム編(ファミコン前)>

・レーシング112
 1978年に三菱電機の協力を得て発売した112種類ものゲームが遊べるというテレビゲームマシン。しかし実際は似たようなゲームばかりで(実質3種類だったらしい)あり、人気は出なかった。

trid-dfsnkhsd112.jpg
 (C)任天堂

・スペースフィーバー
 1978年頃、全国的なインベーダーブームに、見事に乗り遅れてしまった任天堂が翌年、慌てて出した業務用ゲーム。その内容はハッキリ言って「スペースインベーダー」のパクリだったとか。しかし、まもなくインベーダーブームは去ってしまった・・・・・・

・コンピュータTVゲーム
 1980年発売。任天堂ゲーム機史上、売上ワースト1にして、知名度もワースト1(こいつだけ極端に資料がないのだ)。詳しくは「伝説の任天堂ワーストゲーム機、24万円で落札される!!」へ。

・レーダースコープ
 同じく1980年、任天堂アメリカ(NOA)を発足した際、勢いで3000台つくったら2000台余っちゃったというアーケードゲーム。しかしこの出来事がのちの『ドンキーコング』を生み出すことになる。(参照

redasuakoe.jpg



<ゲーム編(ファミコン後)> (以下、加筆&修正 2011/08/02 )

・ディスクシステムのネットワーク構想
 ディスクシステムは「カセットの時代からディスクカードの時代へ」というテレビCMと共に颯爽と登場。このとき任天堂は「今後カートリッジは作らない。ディスクシステムに専念する」という宣言までしていた。(参照



 カセットの3倍の容量、セーブ機能、美しい音源、書き換えシステムなどを謳い450万台を売り、周辺機器としては成功をおさめたと言えるが、一番売れたのはファミコンフィーバー真っ只中だった初年度(86年)で、あとは尻すぼみだった。
 その要因として考えられるのは、いちいちA面B面をひっくり返す行為やロード時間のわずらわしさもあるが、ソフトメーカー側が及び腰だったという点が大きい。クソゲーの氾濫をふせぐため、任天堂はメーカーに著作権の共有を主張したり、書き換えシステムでクソゲーを淘汰しようと考えていたのだ。
 しかも書き換えは、わずか500円という安さ。ほとんどのメーカーが「それじゃあカセット売ってたほうが儲かるじゃん」ってなったのは言うまでもない。当然、問屋、小売店にしても旨みは少なかった。(参照

 やがて技術の向上や、半導体価格の下落などの影響で、ディスクの容量を上回るカセットが登場(ディスクの容量は構造上増やせなかった)、セーブ機能や、拡張音源などが搭載されたものも現れ、ディスクの存在意義が消滅。(参照

 結局、カセットの時代からディスクカードの時代にはならなかったが、ディスクシステムが一定の役割を果たしたのは間違いない。

 そもそも任天堂がディスクシステムを投入した最大の狙いは「壮大なネットワーク構想」だったと言われており、現にディスクシステムにはそのための端子まで備わっていたのだが、時期尚早だったのか、ついにその構想が実現することはなかった。
 もしディスクシステムが衰退する前に、このネットワーク構想が実現していたら、また違った未来があったかもしれない・・・・・・



・バーチャルボーイ
 任天堂の失敗ゲーム機の代表格としてしばしばネタにされているが、いちおう100万台近く(全世界合計で)売っている。思えばこのときから任天堂と3Dの因縁が生まれたのかも。って、違うわ。ファミコンの3Dシステム忘れてた(笑
 なおバーチャルボーイに関しては、社長の岩田氏も、宮本氏も公然と「失敗だった」という発言をしちゃっている。(出典


・ニンテンドー64
 売上台数的に、プレステに負けたセガサターンにすら負けており、しばしば失敗の典型例と見なされることがあるが、借金をかかえるほど大コケしたわけではない。むしろ海外では成功している。今までゲーム業界のトップに君臨してきた任天堂が転落したという衝撃が、そんな印象を強めているのかもしれない。

 その要因として「サードパーティ離れ」が挙げられる。『ドラクエ』や『FF』など人気シリーズが他のハードへ行ってしまったことが大きかった。本体発売後、同時に出たタイトルから、3ヶ月も新作が出なかったという事実が、そんな状況を物語っている。

 結局、ゲームソフト総数で見ればファミコンやスーファミ時代の1000本越えとはいかず、わずか200本程度となった。(多けりゃいいってもんじゃないが・・・・・・)



・ゲームキューブ
 頑なにロムカセットにこだわっていた任天堂がやっと光ディスクを採用したゲーム機だったが、時すでに遅し。下位互換性やDVD再生機能が無かったこともあり完全に落ち目。売り上げ台数的にはニンテンドー64をも下回るという、悲しい結果に終わった。
 しかしここからDS、Wiiのヒットで奇跡の復活を果たすことになる。ちなみにオロチは触ったことすらない。

 なお、3DSを値下げした際、岩田社長はその理由を「ゲームキューブの教訓」としており、経営陣の間では「チャンスを活かせなかったゲーム機」という共通認識があるようだ。(参照


・3DS
 異例の早期値下げで株価暴落。ただしゲーム機の値下げはよくあることであり(PSなど)、株価だって上がったり下がったりするので、異例でも何でもないという意見も多い。
 したがって、この判断が功を奏し、大成功を収めた日には、失敗だと言ってたやつが恥ずかしい目に合うだろう・・・・・・(先に謝っておこう。ごめんね!)



 まさに「失敗は成功のもと」って言葉がよく似合う企業・・・・・・
 任天堂の失敗の歴史は「復活の歴史」と言い換えることができよう。

 同社が3Dで成功する日はいつになるのか。楽しみである。


関連記事
[ 2011/07/31 03:35 ] 任天堂 | コメント(24)
 ブログパーツ

【任天堂3DS】ファミコン残り5本のタイトルが気になる


anbasa.jpg

 任天堂3DSの値下げ騒動。どうせファミコン配るなら14,800円にしちゃえよって誰か言ってた。うまいこと言うなあ。ファミコンの定価と同じにして初心に戻れってことやね。

 さて、そんな無料配信タイトルだが今のところ5本しか発表されていない。(全部で10本無料配信予定らしい)

『スーパーマリオブラザーズ』
『ドンキーコングJr』
『アイスクライマー』
『バルーンファイト』
『ゼルダの伝説』

 今さら何を出し惜しみをしているのか。それともただ単にこの5本しかできてないのか知らないけど(なんなら、この5本すらできてないかもしれない)、残り5本が気にならないわけないよねっ!
 ということで今回はいろんな事情などいっさい考慮せず(笑、残り5本を勝手に予想して遊んでみたい。


<予想1>

be-subo-runogamen.jpg

『ベースボール』
『テニス』
『ゴルフ』
『サッカー』
『F1レース』

 まず傾向として先に発表された5本はだいたい初期ゲーということで、ここは無難に初期のスポーツ系を選んでみた。(どこが無難なんだ!)
 『ピンボール』あたりがどれかと入れ替わっても面白い。(ピンボールはスポーツじゃないという突っ込みは無しで)しかし先行組に比べたらいまいち、華やかさに欠ける。ディスクの『アイスホッケー』『バレーボール』が入れば、また少しは違うだろうけど・・・・・・



<予想2>

kurukururandonogamen.jpg

『デビルワールド』
『クルクルランド』
『レッキングクルー』
『スパルタンX』
『パンチアウト!!』

 じゃあ、見落とりしない初期のもの5本としたらこれか。それでも『アイスクライマー』『バルーンファイト』の安定感には負けるが。今さらドンキー系、ポパイ系でもあるまい。
 ちなみに『エキサイトバイク』と『アーバンチャンピオン』が入ってないのは、もうすでに3Dクラシックスってやつで配信されているからだ。




<予想3>

meorindonotaigamen.jpg

『謎の村雨城』
『メトロイド』
『光神話パルテナの鏡』
『リンクの冒険』
『スーパーマリオブラザーズ2』

 いっそのことROMから離れてみよう。ディスク5選だ。なんかこっちのほうがあるかも!?



<予想4>

famikontantekgabugamen.jpg

『新・鬼ヶ島』(前・後編)
『ファミコン探偵倶楽部』(前・後編)
『ファミコン探偵倶楽部PARTII』(前・後編)
『遊遊記』(前・後編)
『タイムツイスト』(前・後編)

 ディスクついでにアドベンチャー系5本。『中山美穂のトキメキハイスクール』も捨てがたい(笑 



<予想5>

hosinoka-bitaitogamen.jpg

『スーパーマリオブラザーズ3』
『MOTHER』
『星のカービィ 夢の泉の物語』
『ドクターマリオ』
『ファイアーエムブレム』

 ここで本命言っちゃおうか。スーマリ、ゼルダ以外で任天堂のファミコン代表作といえる人気ソフト5本。これだったらみんな嬉しいだろうね!


<予想6>

yakumantengogamen.jpg

『サッカー』
『ファミコンウォーズ』
『マリオオープンゴルフ』
『役満天国』
『スーパーマリオUSA』

 オロチの個人的な5本。とくに『スーパーマリオUSA』なんて本当に名作なんだけどなあ。いまいち評価されてない不遇の1本やね。


<予想7>

kaettekitamarimburanzugamen.jpg

『マリオブラザーズ』
『帰ってきたマリオブラザーズ』
『スーパーマリオブラザーズ2』
『スーパーマリオブラザーズ3』
『スーパーマリオUSA』

 マリオ頼み全開。逆に清々しいわっ!



<予想8>

ginngajnosanasgamen.jpg

『ポパイの英語遊び』
『マッハライダー』
『銀河の3人』
『ジョイメカファイト』
『ワリオの森』

 個性派5本。『ワリオの森』の対戦とか普通に面白いんだけど。そういえば対戦プレイはできないって話だったっけ・・・・・・


 以上
 
 君の予想はどれだ!


関連記事
[ 2011/07/29 23:36 ] 任天堂 | コメント(3)
 ブログパーツ

任天堂の感謝の意は「ファミコンソフト」だった!!


ニンテンドー3DSを価格改定前に購入されたみなさまへ

 本日、任天堂の公式サイトにて3DSの値下げが発表され、ちょっとしたお祭り騒ぎになっている。なんでも8月11日に1万円も値下げするというのだ。
 
 それじゃあ今まで買ったやつはどうなるの?と思ったら任天堂は、なんと8月10日までに3DS買ったひとたちには“感謝の意”としてファミコンソフトを配るという衝撃的な対応をするというのだ!

 こちら↓
  
 みなさまは、ニンテンドー3DSを最初に応援してくださった大切なお客様です。「早く買って損をした」というお気持ちを完全になくすことはできないかもしれませんが、特別なお客様であるみなさまに対し感謝の意を表して、以下のようなご提案を用意させていただきました。
(公式サイトより引用)

 そしてこちら↓

ikano10tatiruhainintedo.png


 この衝撃的な対応にネット各所では

・神対応!
・なぜファミコンなんだ
・ファミコンなんて要らない

 と賛否両論である。(ほとんど否だけど)


 なお、ファミコンのほかにゲームボーイアドバンスのタイトルも無償で配る予定とのこと。詳しくは公式サイトをご覧下さい。

 これを機に、今までファミコンに全く関心がなかったひとたちまで「ファミコンなんかクソだ!」なんて(逆にね)言い出したりしないように願ってます・・・・・・




関連記事
[ 2011/07/28 19:06 ] 任天堂 | コメント(3)
 ブログパーツ

ゲームに某ネズミ版権を使用する際の5つの注意事項


bounezuminokare.gif


 某ネズミキャラクターとは、黄色い電気出すやつじゃない方。彼が率いる世界的キャラクター集団はファミコンゲームにもちらほら登場しているが、その取り扱いが思いのほかセンシティブであることで知られている。

 今回はファミコンの時代に業界内で語られていたという「ゲームに某ネズミ版権を使用する際の5つの注意事項」を紹介させて頂きます。



1.暴力的な行動をさせてはならない

 イメージってものがあるからね。
 でも、僕の中で某ネズミさんは、猟銃を構えながらフンフンと歩いてるイメージ。
 


2.画像を加工してはならない

 切り抜いてもいけないらしい。



3.直接何か喋らせるような描写をしてはならない

 昔はフルボイスとか無かったけど「ゾ・ン・ビ・ハ・ン・タァ~」みたいな感じじゃあ
 イメージ崩れるだろうね。



4.他の有名キャラクターと絡ませてはならない

 大物俳優みたいだな。NGキャラとかいたりして。



5.キャラクターのことを“キャラ”と省略してはならない

 え、なんでだろ?



 以上

 どれもファミコン時代の噂話なので今は違うかもしれません・・・・・・


 

関連記事
[ 2011/07/28 02:18 ] ファミコントリビア | コメント(2)
 ブログパーツ

ファミコンでGoogleロゴを作ってみた 他


<ミュージック>
ファミコンカセットの外部拡張音源チップ5傑(Uron)
 これは勉強になる


<画像>
ファミコンでGoogleロゴを作ってみた(ファミコンネタでGoogleロゴトップページまとめ)
 いろんなファミコンソフトの画面でGoogleロゴを再現している画像をまとめたサイト。面白い。僕もなにかつくってみようかな。もっと他の作品が増えることを期待して。


ついにファミコン版ツイッターが登場!?(naglly.com)
 一発ネタ画像


ライトノベルを読みふける高橋名人(主にライトノベルを読むよ^0^/)
 シュール・・・・・・


<改造系>
ファミコン内臓ミニテーブル(Yarukinoki[ヤルキノキ])
 かわいい(笑


<動画>
・ドラクエ3発売当時のニュース映像

関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR