2011年 ファミコン重大トピックス (コラム部門)


 2011年 ファミコン重大トピックス!! 最後はコラム部門。今年、当ブログで人気のあったコラム記事をさらに、ツッコミ部門、数字部門、トリビア部門、データ部門の4つにわけて紹介します。


<ツッコミ部門>

 私オロチは「どうでもいいことにツッコミを入れる記事」を好き好んで書いています。すべてネタなんです。とくにこのツッコミ部門にノミネートされたネタなんかは本当に自分でも心の底から「どうでもいいな(笑」と思いながら書いてます。
 どうか笑ってやってください。


日本の行政はいまだに“ゲーム=ファミコン”だと思ってるらしい 6/15

 2011年に僕が書いた記事のなかでもっとも反響が大きかったのは、なんといってもこれ。普段よりも攻撃的な表現が多かったせいか、厳しい反応も多かったが(ちなみにリアルな僕はわりとこんな感じである)、この記事が「はてなブックマーク」週間ランキング(ゲーム・アニメ部門)第1位を獲得(参照)したことは、このブログにとって非常に大きなターニングポイントになった。


ダンジョンの宝箱から“本当のドラクエ世界”が見えて来た!! 7/17

 こういう考察ネタはどこまでツッコミを入れるかバランスが難しい。そもそもキャラがお城と同じ大きさじゃないかとか、なんでみんな日本語しゃべってるんだとか言い出したらキリがないからね。まあ初めてにしては上出来だったんじゃないかな。僕のなかでは2011年ベストコラムだ!


1-1をクリアしたあと、マリオはお城の中で何をやっているのか? 10/5

 これはあとから気がついたことなんだけど、このネタには1つ抜けてる点があって、それはマリオがお城に入ってから「旗を立ててる」という行為について何も触れてないところだ。本当に、あとから気がついた。まだまだ詰めが甘い。


ファミコンの○○編ソフトを調べてたら驚愕の真実にたどり着いた!! 9/2

 あとから読み返してみるとこのネタはちょっとくどかったかな。


「ファミリーコンピューター(伸ばす)」って言う奴なんなの? 9/23

 さっきから反省しまくりなんだけど、このネタについても反省点が一点。それはタイトルだ。そもそもファミリーコンピューター(伸ばす)っていう表記の問題なのに、言う奴とか言っちゃってるもんね。少なからず誤解をまねいた結果となったのは大いに反省するところだ。


【スーパータイガー事件】ハイスコア至上時代の衰退を考える 7/8

 ツッコミ部門というか、これだけはちょっと真面目なネタ。レベルアップもなければアイテムすらなかった初期ゲーの時代で考えればわかりやすい。そんな時代、ゲームをクリアするためには労力をついやし、自分の腕を上げなければならなかった。それがいつしかアイテムという概念が生まれ、そしてレベルアップという概念が生まれた。自分の腕を上げる代わりに、主人公の腕が上がってくれたのだ。
 そして現代は、そんな労力ですら金で買えるという時代に突入したようだ・・・・・・




<数字部門>

 記事のタイトルに数字を含んでいるネタ部門です。しかしながら全角数字と半角数字がゴチャゴチャになっちゃってるのはご愛嬌。


なぜファミコンは難しいのか? 10の回答パターン 2/27

 意識的にタイトルに数字を含めた初めてのネタだった。オチの部分は、今読んでみると何だか恥ずかしい。


ゲームソフトに名前を書く習慣が廃れた8つの理由 10/21

 これもYahoo!知恵袋から拾ってきた質問に対して、いくつかの回答を用意するパターン。わりとウケた。


よく考えたらちょっと変なファミコンタイトル大賞 5選 11/3

 どれもこれも、誰もが1度は違和感をおぼえたタイトルに違いない。


『スーパーマリオブラザーズ』初期の隠れ名曲 3選 12/11

 公式アレンジの素晴らしさ(3曲目)


“懐かしい”とは何か? 全ての懐古主義者へ贈るたった1つの答え 12/15

 たった1つとは大きく出たなと思うかもしれないが、これは僕のなかではたった1つって意味で(笑




<トリビア部門>

 わがブログはファミコン専門のニュースサイトして主に現在の話題を取り上げてきたが、2011年は過去にも目を向けるようなった。
 それはただ単純に「今の世の中、ファミコンのニュースなんかそんなにない」という理由もあるが(それを言ったらおしまいだ(笑)、ファミコンをとりまく歴史について、自分のなかで今まで以上に興味がわき出したというのが最大の理由だ。
 ということで、トリビア部門は主に過去の出来事についてのコラムである。


出版業界の常識「スーパーマリオ攻略本伝説」とは!? 4/22

 任天堂関係の本を読み漁っていたとき初めて知ったことを記事にしてみた。当時のファミコンフィーバーがいかに凄まじかったのか、うかがい知ることの出来るエピソードだったのではないだろうか。


ファミコンで唯一正規販売されたインディーズゲームとは? 8/7

 トリビアという意識はぜんぜんなかった。レトロゲーム系ニュースサイトKotakuJapanさんにトリビアとして取り上げてもらったとき、初めて意識したというのが本当のところである。


人気があり過ぎて中古屋が再販させちゃったファミコンソフト伝説 8/20

 トリビア部門では一番の反響を呼んだネタだった。これもKotakuJapanさんに取り上げてもらって、ネットニュース媒体にも載った。


堀井雄二氏が24年前に言及していた「オンラインRPG」について 10/8

 ドラクエ25周年になんとか便乗できないかと(笑、必死にネタを探していたとき、近所の古本屋でこの本とめぐりあったときは、思わず「おお、ラッキー!」と声に出してしまった。


史上最悪のマリオゲーム『HOTEL MARIO』とは!? 8/14

 ファミコン以外のゲームについて、深く取り上げた初めての記事だと思う。僕のなかでは挑戦だった。


『カラーテレビゲーム』を成功させた任天堂の奇策とは!? 9/11

 これも任天堂関係の本に載っていたネタ。


任天堂と電通が協力して作ったファミコンソフトとは!? 9/30

 このころになると思いっきりトリビアを意識して書いていた(笑




<データ部門>

 最後はデータ部門。全体的に地味(笑)なのでさらっと行こう。


ドラクエシリーズ 幻の没モンスターの画像を集めてみた 2/1

 さまざまな理由でお蔵入りとなった没モンスターたち。幻のソフトとおなじようなロマンがあるよね


任天堂「失敗の歴史」 ~インスタントライスから3DSまで~ 7/31

 任天堂はもともと花札などをつくっていた会社でゲームはむしろ、同社の長い歴史のなかでは最近のヒット商品と言えなくもない。よく任天堂はソニーとくらべられるが、任天堂は創業1889年、ソニーは1946年であり、じつは歴史的にいうと任天堂のほうがずっと先輩だったりするのだ。
 この記事は最初、玩具だけでいこうと思っていた。ゲーム機のほうはおまけ扱いで正直手を抜いていたのだ。しかし、えらいお叱りを受け、慌てて追記したことは反省すべきところである。



歴代ハード・主要ソフトから見た任天堂株価の30年史 11/27

 僕は株はやってないが、株価とヒット商品の関係には興味を持っていた。でも意外と誰もやってなかったので自分でやってみた。それにしてもDS、Wiiのあたりはすごかったんだなあ。


<総評>

 全体的に言えることは「僕はタイトルのつけかたが下手なんだな」ということ。こればっかりは本当にセンスの問題だ。いくら面白い(少なくとも僕はそう思っている)記事を書いても読んでもらわないと意味ないからね。だから意識的に数字を入れてみたり、いろいろ勉強して頑張ってみてるけど、やっぱり下手だ。どうしようもない。

 誰かタイトルだけでも考えてくれないかなあ(笑

 ということで、3部門にわけてお送りしたファミコン重大トピックス!! いかがだったでしょうか。2011年の記事もこれで〆だ。さあ正月、餅食って寝るぞ!



<2011 ファミコン重大トピックス>
オークション部門
ニュース部門
コラム部門




関連記事
[ 2011/12/30 20:48 ] まとめ | コメント(0)
 ブログパーツ

年末ジャンボ発売中止ソフト祭り 他


 さあ、今回で今年のネタは出しおさめじゃい!(キン肉マン風)

<ニュース>
任天堂、3DS向けバーチャルコンソールに『スーパーマリオブラザーズ』を新年配信(INSIDE)


<音楽>
ファミコンのカルトソフト『アイドル八犬伝』のテーマソングがまさかのCD化!(KotakuJapan)
 公式サイトはこちら。売れるといいね!


<コラム>
来年は辰年なので、とりあえずドラゴンの出てくるファミコンソフトを集めてみた(ひよこガジェンヌ)
 おいおいマジかよ。来年辰なのかよ(そっちか)

ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由(Aニュース)
 ファミリーコンピューター(伸ばすほう)って言っちゃってる時点で読む気なくした。これはいけませんねえ。


<改造>
とめどなくレゲー(ファミコン篇その1)
とめどなくレゲー(ファミコン篇その2)
 ジャンクオーディオを修理しては放置するという非生産的なことをやってます。というブログ説明文に吹いた(笑、こういうオーディオ畑のひとのファミコン改造がどうなるか見てみたい。


<サイト>
ファミコン四天王が三重県で活躍中!?(キバヤシレコード)
 なんだか懐かしいにおいがします


<オークション>
ディスク100本以上オークションに変なソフトがまぐれ込んでいる!?
dhiusu10hooijou.png
yubiningounintndoumario0.png

 カジー さんより情報いただきました。これは非売品『キン肉マンゴールド』のキン肉マングレートバージョンと、発売中止ソフト『エイリアン2』でしょうか。いけませんねえ。


年末ジャンボ発売中止ソフト祭り
 外道猫さん提供。こちらは僕も様子を見ていた。それにしても語呂悪い(笑、まあそれはいいとして、おかしいのだ。なにがって『モンスターパーティ』はあのあとすぐに同出品者より再出品されていたはず(参照)残念ながらリンク切れだが、まさか・・・・・・!?

出品者は外国人『キン肉マンゴールド』グレートバージョン
 これも外道猫さん提供。2本持っていたうちの最後の1本なんだって。


関連記事

【TAS】星のカービィ 夢の泉の物語 05:43.57


<動画>【TAS】星のカービィ 夢の泉の物語 05:43.57


関連記事

2011年 ファミコン重大トピックス!! (ニュース部門)


 2011年 ファミコン重大トピックス!! オークション編につづいてはニュース部門だ。
 さっそく今年、話題になったファミコンニュースを時系列にそって振り返ってみよう。


<1月>

ファミコンの海賊版を販売した男を逮捕!! 1/14

 年明け早々、モバオクで「ファミコン2000本」の入った不正コピーCD-ROMを売ったとみられる男が逮捕された。この事件が抑止力にでもなれば良かったが、Yahoo!オークションのほうはあいかわらず無法地帯が続いた。



<4月>

著作権協会から警告を受けたファミコンバーが閉店!? 4/26

 全国では今も続々と新しいゲームバーが開店しているが、この事件以来、僕はそんな情報をキャッチしても、記事を書くのを控えるようになったしまった。


珍百景!? ファミコンカラオケの看板 4/28

 仕事帰りにたまたま、この看板を見つけて記事にさせてもらった。VOWのノリだ。そしたらそのお店の方から感謝のコメントを頂いてしまった。恐縮しつつも素直にうれしい出来事だった。ありがとうございました。



<5月>

ハドソン高橋名人が退社報告 他 5/23

 ファミコン界の大スター高橋名人はハドソンの顔でもあった。ひとつの時代が終わったと思った。当時「名人」はハドソンの役職だったため、その名がどうなるか心配されたが、無事、今でも名人は名人のままだ。12月に入籍されたことは記憶に新しい。おめでとうございます。
 以下蛇足。このニュース、当ブログはファミコン専門ニュースブログでありながら、なんなら「高橋名人」というカテゴリがありながら、第一報は「気になるファミコンネタ」の1つという扱いだった。なぜこのネタで1つの記事としなかったのか、自分でもよくわからない(笑



東京大学がファミコンを製作、公開へ 5/27

 情報提供を頂いて記事にさせてもらった。ツイッターを中心に話題が広がり、その後、数多くのニュースサイトがこのネタを取り上げたことは続報でもお伝えた。ツイッターの威力をあらためて認識した出来事だった。


【あたたた】「ファミコン神拳」がまさかの復活!! 5/29

 ドラゴンクエスト25周年に沸いた2011年。この良い流れは当時のファミコン雑誌関係者たちのあいだに、とっくに来ていたようで、出版業界に目を向ければ、ファミマガの歴史をふりかえるような本「超実録ファミマガ」が出たり(もちろん買った)、ファミコン必勝本の関係者がツイッターを通じて集結し「ヒッポンエイジズ」というイベントが開催されたり、心はずむような出来事がたくさん起こった。



<6月>

ボンバーマンを26年間やり続けている99歳のおばあちゃんがいた!! 6/9

 テレビ番組『ナニコレ珍百景』にて放送された99歳ボンバーマン婆さんのネタだった。その後、同じネタが有名ゲームブログにも取り上げられ話題となった。さらに海外でもかなりの反響を呼んだみたいだ。
 僕もファイナルファンタジーばあさんの記事で力説させてもらったが、この婆さんが言い放った「ゲームやってるとボケない」は名言だと思う。いろんなひとに知ってもらいたい言葉だ。




<7月>

任天堂の感謝の意は「ファミコンソフト」だった!! 7/28

 任天堂が新ハード「3DS」の値下げに踏み切ったのは大決断だったと思う。そのときすでに購入していたひとたちへの感謝の意としてファミコンソフトを無料でプレゼントするというのも、なかなかできることではない。
 しかし「ファミコンなんていらねえよ!」という声が挙がったのも事実。中には、今までとくにファミコンに関心がなかったひとたちも居ただろう。彼らがもっと違うかたちでファミコンに出会っていたなら・・・・・・
 そんなことを思わせるニュースだった。



「日本レトロゲーム協会」が発足していた!? 7/22

 偶然サイトを見つけ記事にさせてもらった。現在も細々と公式サイトの更新をしているようだが、あいかわらずその全容は見えてこない。



<8月>

『さんまの名探偵』が島田紳助の引退を予言していた!? 他 8/23

 「まさに、さんまは名探偵だった」とツイッターで話題となっていたものを「気になるファミコンネタ」の1つとして紹介させてもらった記事だったが、ロケットニュース24(β)さんをはじめとする有名ニュースサイトに、取り上げてもらうや否やアクセス数がえらいことに(笑
 やっぱり世の中のひとたちはファミコンネタよりも芸能ネタなのか・・・・・・




<9月>

フランスでファミコン大百科『La Bible NINTENDO』が発売されていた!! 9/28

 ファミコンに対する海外の評価は日本よりも進んでいる場合がある。とりわけ任天堂の初期玩具に関しては海外コレクターのほうが気合入ってたりするのだ。この本はそんなフランスのマニアックな人たちがつくったファミコンの大百科だった。非常にほしいのだが手に入れ方がわからん。



<11月>

『テトリス』ついに本当に映画化!! 11/13

 といっても凸が□に恋をするとか、そんな話じゃないと思う。


動物愛護団体が今さら『マリオ3』のタヌキスーツに抗議運動!? 11/16

 その後、代表者が「あれはジョークだった」と釈明したらしいが、だとしたら笑えないし。



<総評>

 まず僕が印象に残っているのは「ボンバーマンおばあさん」。今までの僕だったらテレビネタなんかスルーしてた。でも2011年の僕は違った。すぐに記事を書いてアップしたら、想像以上の反響に驚いた。なるほどこういうのもアリかってね。
 次に印象的なのはやっぱり「さんまの名探偵」の予言のやつ。正直言って2011年で一番のアクセス数を叩き出したのはこの記事だった。大きいニュースに乗っかる形の、いわゆる便乗記事ってやつ。なるほどこういうのもアリかってね。
 その次は「東大ファミコン」かな。ツイート数を表示するやつを導入して間もなく、この記事で初めて“見るたびに横の数字が上がっていく感覚”ってやつを知った。なるほどこういうのもアリかってね。←なにこのフレーズ(笑

 というわけで今年のファミコン重大トピックスはいかがだたったでしょうか。オークション部門を別にしたので、ちょっとスカスカっちゃってる感じもするけど、もうとっくに生産中止してるファミコンの話題が、今でもこれだけあると考えればありがたい(良い悪いはべつにしてね)ってもんです。

 もちろんここに載ってないもののなかでも重大なニュースがあったのかもしれないし、タイミングの問題で掲載できなかったニュースもあったでしょう。でもまあそれはそれ(笑。2012年も(僕のできる限りの力で)ファミコンニュースをたくさんお届けいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!



<2011 ファミコン重大トピックス>
オークション編
ニュース編
コラム編





関連記事
[ 2011/12/27 17:57 ] まとめ | コメント(0)
 ブログパーツ

2011年 ファミコン重大トピックス!! (オークション部門)


 本ブログでは毎年12月にその年のファミコン10大ニュースを発表してきたわけだが、今年からは「ファミコン重大トピックス」と題し、オークション部門ニュース部門コラム部門にわけて発表したいと思う。

 というわけで、まずはオークション部門。

 2011年も話題には事欠かなかったこの部門。本ブログの半分はオークションネタでできているといっても過言ではない状況だった。今回はぼくたちに話題を提供してくれた、そんな出品物をさらにプレミア部門、祭り部門にわけて振り返ってみようと思う。



<プレミア部門>

新品未開封『ファイナルファンタジー』3本セットが驚きの高値に!! 3/25

fainarufaita-123.jpg

 まずはこれだ。新品のファミコンソフトが驚くほど高値で取引されていることは、だいぶ前からこのブログでも紹介してきた。(参照
 しかしながら、だからと言って「ファイナルファンタジーのファミコンカセット3本セットが18万円」と聞いて驚かないひとはいないんじゃないだろうか。このネタはネットニュースにも取り上げられ、それなりに話題になったが、さらに後日、この記録がやぶられることになろうとは誰が想像できただろうか・・・・・・(参照



発売中止『モンスターパーティ』が出品され、見たことない値段に!! 6/11
幻ソフト『ストライダー飛竜』のサンプル品がすごい値段で落札された!! 9/17 

monsuta-pa-thioku.jpg

 俗に言う幻のソフト。なんらかの事情により世に出回らなかった発売中止ソフトのことであるが、2011年はそんな幻のソフトのなかでもけっこう有名なタイトルが発掘された。それがこの2つだ。
 『モンスターパーティ』に至っては(僕が知りうるなかで)幻のソフトのなかで一番の高値がつき、ネットニュースにもなった。
 ただし幻のソフトにもいくつか種類があって、開発途中でとんざしたものもあれば、この2つのように他の機種(MSXやNES)では発売されているものもある。その場合、ハックROM(第3者が手を加えた海賊版)を疑う声があるのも事実。本ブログでも様々な意見が飛びかった。



伝説の任天堂ワーストゲーム機、24万円で落札される!! 2/23

nintendo-tbge-mumisyou.jpg

 ファミコンを深く知るためには、ファミコンよりも前のゲーム機、あるいは電子玩具についても深く知る必要があるんじゃないか。私オロチはただ単に「ファミコンだけじゃネタが続かん」という本音は置いといて、2011年はそんなもっともらしいテーマを胸に秘め手広くレトロゲーム、レトロ玩具にも注目してきた。
 そんなとき僕の目にとまったのがこのオークションだった。正直言って初めて見た。調べてみたら任天堂のハードのなかでもとびぬけてマイナーなゲーム機だということがわかった。このネタもまたネットニュースになった。



ヤフオクに出品されていた「最高級ファミコン」がものすごい高値に!! 7/25

rgbtuifamicomaka.png

 どんな世界にも高級品ってのがある。ファミコンなんてどこまでいってもファミコンなんだけど、やっぱり最上のものを求めるひとはいるのだ。しかし何を持って最上なのか、そこにはいろんな解釈があって、ただ単に機能性を重視するならべつにツインファミコンじゃなくてもいいわけだ。
 だから何を持って最上とするのか。僕が思うに月並みな言いかたになってしまうが、やっぱりそこにロマンがあるかどうかじゃないだろうか。ファミコン少年たちのそんな思いが、こんな結果につながったと僕は信じている。



<祭り部門>

Yahoo!オークションで空前の非売品祭り開催中!! 12/1

 かつて非売品がこれほどまでに大量に、同時期にオークションに出回ったことはあっただろうか。地味にすごい祭りだったと思うが、さほど話題にならなかったのは何でだろう・・・・・・


夏のサンプルROM祭 7/11

 2011年は、なぞのサンプル品コレクターさんが大量放出したみられるサンプルROM祭りが数回開催された。こちらはけっこう話題になった。


浜松市がゲームウォッチコレクションを再び放出!! 5/31

 浜松市が日本有数のゲームウォッチコレクターだったことが判明した出来事だった(笑


ヤフオクにドラクエバブル到来か!? 注目は「スマイルスライム」 9/19

 コメント欄より情報を頂いた。ふってわいたようなドラクエバブルに思わず記事を書いた。ドラクエ25周年の威力、おそるべしと言ったところか。

 その他の祭りとして業務用ファミコン祭ファミマガ祭りなどもあった。



<総評>

 2011年は新品ソフトの高騰ぶりが目立った。これらは時がたつにつれ希少性が増していくだろうから、これからさらに高騰するのかもしれない。その一方で段ボール箱ごと出品されているデットストック品もたまに見かける。
 じつはいっぱいありました。ってことになったら、某データックの件じゃないけど、豪快に値崩れするかもしれない。

 それからこれは僕が長年オークション結果を眺めてきて思ったことだが、今年はとくに、ファミコンソフト大量セットの取引成立が多いような気がした。そのなかでもコンプリートに近い大量セットが目に付いた。
 コレクター卒業、店舗の整理、あるいは差し押さえ品か何か知らないが「不況」という2文字が頭をよぎる。大量出品といえばファミマガやマル勝など古いファミコン雑誌の大量出品も多かった。

 そして見逃せないのが、去年の初めごろから今年の7月くらいまでファミコンカテゴリーで大暴れしていた某有名違法コピー出品者の動向。もちろん、むかしからコピー品を売りさばくやつはいっぱいいたが、こんなにクオリティの高いパチ物をコンスタントに堂々と売りさばいてたやつは初めてだった。

 最後に毎年つぎつぎと発掘されていく幻のソフトたち。僕はまだ「夢」を信じたいから、やはり期待していまう。もうそろそろ『ルーンマスター』とか『ゲオポリティク島における国家興亡論 』あたりが出てきてもいいんじゃないか(笑

 2012年もオークションには大注目である!



関連記事
[ 2011/12/26 19:49 ] まとめ | コメント(0)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR