『ボンバーマン』が初アプリ化!! 事前登録受付中


 『ボンバーマン』がアプリ化だとさ。

rbonamnbankanaru.jpg
 サムネイル画像:コナミ公式サイトより

 近日公開予定。現在は事前登録を受付中だ。コナミさん、頼みますよ!



ボンバーマンマニアックスボンバーマンマニアックス
ボンバーマン向上委員会

アスペクト 1995-05
売り上げランキング : 170737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
[ 2015/10/31 00:55 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

すべて任天堂に回収されたはずの「ディスクライターの鍵」がヤフオクに登場!! 


 かつて任天堂がサービスを提供していたファミコンのディスクシステムを書換する機械「ディスクライター」を所持することは、コレクターの夢と言われています。なにしろ、ディスクライターは当時、店頭にしか置かれておらず、サービス終了後、すべて処分されているはずだからです。
 現存が確認されているのは映画『ゲームセンターCX THE MOVIE』に出てきた、任天堂が所有している1台のみなんだとか。

 さて今回は「ディスクライターの鍵」がオークションに出品されていたという情報を提供いただいたのでご紹介させて頂きます。

 こちら↓

siukuinattinonkagi01.jpg
siukuinattinonkagi02.jpg
サムネイル画像:希少!任天堂 ディスクライター ディスくん刻印本体キー?

 おお、これは素晴らしいものです。

 出品者の説明によると「ディスクライターは任天堂にもれなく回収されてますので鍵も市場に出ることはまずありません」とのことですが、写真を良く見ると、このカギは先が折れているように思います。もしかしたら折れてしまったので、カギを新しくした際に、破棄し忘れたものかもしれません。

 ディスクくんのキーホルダーの裏には、ちゃんと任天堂の刻印もありますね!

 情報提供者:nkcさん



鍵のない夢を見る (文春文庫)鍵のない夢を見る (文春文庫)
辻村 深月

文藝春秋 2015-07-10
売り上げランキング : 21105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

幻のFCコントローラ「透明ジョイカード」がヤフオクに登場!! 3万円で落札される


 幻のファミコンコントローラと呼ばれる「透明ジョイカード」がヤフオク!に登場。3万1000円で落札される事案が発生。

 こちら↓

toumeiuoikado01.jpg
toumeiuoikado03.jpg
 ※サムネイル画像:ハドソン ジョイカード スケルトン 透明

 15年来のヤフオクウォッチャーである私オロチが「透明ジョイカード」を見るのはこれで3回目です。過去に3万円で落札されていますので、相場に変動はないかと思われますが、まあ、値段というものは、たまたま付いているだけですからね。その価値は計り知れません。

 非売品ゲームグッズコレクター、じろのすけさんのサイトによるとこのコントローラは「Bugってハニー」のキャンペーンでプレゼントされたものだそうです。詳しくは同サイトをご覧ください。

【レアソフト紹介】非売品:透明ジョイカードmk2 (ファミコン) (オタク旦那と一般人嫁)

 ちなみに普通のジョイカードmkII(中古)はAmazonで2000円くらいですかね。透明になるだけで約15倍ですよ。まあ、値段じゃないんですけどね……



ジョイカードMK2ジョイカードMK2

ハドソン 1983-07-01
売り上げランキング : 2317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

ファミコン版『ビックリマンワールド』のパッケージイラスト原画が流出!?


 ファミコンソフト『ビックリマンワールド』に関する版権セル画2枚&背(原文ママ)と題されたオークションを発見。

 いったい何のことかと思ったら、こういうことでした。こちら↓

bikkurimanseruga01.jpg
bikkurimanseruga02.jpg
 サムネイル画像:【版権セル画2枚&背】ビックリマンワールド激闘聖戦士ファミコン

 おお、これは珍しいですね。

 ファミコンのパッケージイラストに関する資料って、あんまり無いですから、ましてや原画そのものってことになると、もうほとんど現存してないんじゃないでしょうか。非常に貴重なものだと思います。

 前にもちょっと書いたんですけど、当時、僕は『ワンダーボーイ モンスターランド』というアーケードゲームが大好きでした。で、PCエンジンで『ビックリマンワールド』っていうゲームが出たとき、中身が『ワンダーボーイ モンスターランド』だったので、ファミコン版『ビックリマンワールド』を手に入れたとき、当然これも同じような内容なんだろうなって思って、ワクワクしながらやってみたら……なんだこれ(汗)っていう苦い思い出があります。



ビックリマンワールド 【PCエンジン】ビックリマンワールド 【PCエンジン】

すごいプレミアついてます

ハドソン 1987-10-30
売り上げランキング : 4028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

コンパイル元社長が語った『ぷよぷよ』誕生秘話「ドクターマリオにルーツがある」


 『ぷよぷよ』を生み出したメーカー、元コンパイル社長の仁井谷正充さんが22日にバラエティ番組に出演。その波乱万丈な人生を赤裸々に語った。

puyoyuojskusa01.png
サムネイル画像:にょきにょき攻略サイト

 番組では「ぷよぷよ」が生まれた経緯について以下のようなやりとりがあった。

 司会者「ぷよぷよはドクターマリオのパクリなんですよね?」
 仁井谷「そうですね。ルーツがそこにある」


 しかも任天堂から「お前パクっただろ」と言われるのを避けるため、当時、落ち目になっていたファミコンディスクシステムに狙い定め、任天堂に企画書を出したら見事に通ったという。
 結局、1991年10月25日にMSX2版とファミコン版が発売されたが『ぷよぷよ』が世に知られるのはメガドライブ版やアーケード版が出てからであり「スト2」を手本に対戦を派手にしたら大ヒットという。したがってファミコン版などの存在は知らないひとは多いだろう。

 続いて仁井谷さんは以下のように語る。

 ある会社に10億円必要だからお願いって言ったら「いいよ」って、その代わり「ぷよぷよ」の権利を売ったことにしてくれと。


 セガのことですね。結局コンパイルは10億円を返せず破綻。『ぷよぷよ』の権利はセガのものとなりました。


 一時は年収1億円以上あったという仁井谷さんですが、自己破産し数十年たった今ではアルバイト生活みたいな暮らしをしているとのこと。ただ、ゲーム作りはやめていないようで、現在「にょきにょき」という落ちゲーを開発中なんだとか。情熱ですね!



ぷよぷよぷよぷよ

徳間書店 1993-07-23
売り上げランキング : 33799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2015/10/23 12:49 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR