FBI「iPhoneのロック解除しろよ」 Apple「嫌だね」 サン電子「できるよ~」


 「いっき」でお馴染みサン電子が、何やら注目されています。

日本企業の子会社が協力か iPhoneロック解除 (朝日新聞web)

 記事によると、昨年12月にカリフォルニアで起きたテロ事件の容疑者が所有していたiPhoneをめぐって、FBIが「ロックを解除しろ」と要求。Appleが「プライバシーの問題」とこれを拒否しているのだという。

 で、訴訟対決になる寸前のところで名乗りを上げたのが以下引用。

 報道によると、FBIに解除方法を示したのは、サン電子(本社・愛知県江南市)の子会社で、イスラエルにあるセレブライト社。


 
 サン電子といえばファミコンで『いっき』とか『東海道五十三次』とか出してたサンソフトのことですよ。近年では『ギミック!』『バトルフォーミュラ』など後期作品がやたらプレミア付いてることで知られています。

 子会社がやったことなので、あんまり関係ないのかもしれませんが、こんなところでサン電子の名まえが聞けると思ってませんでしたね!


 このニュースについて以下のようなコメントが寄せられている。

・へべれけシリーズなつかしい。
・本当なら凄いな
・基本的人権など屁とも思ってないのか
・アップル社が黙って見逃すとは思えない
・いっきに株価が上がったな
・サン電子株がストップ高
・アトランチスの謎が解明された!



 サンソフトといえば、キャラゲームということで敬遠されがちですが『バットマン』(ダイナマイトじゃないほう)は名作中の名作ですね。もしかしたら僕がファミコンのアクションゲームの中で一番好きなゲームかもしれない。ちょっと難易度高いけど、ぜんぜんプレミア付いてないしお勧めです。



バットマンバットマン

サンソフト
売り上げランキング : 10501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
[ 2016/03/24 13:09 ] ゲーム業界 | コメント(1)
 ブログパーツ

珍品の宝庫 マイナー業務用ファミコンの世界


 業務用ファミコンといえば「FAMICOMBOX」やシャープ社「FAMICOM STATION」が有名だが(参照サイト)、じつはそれらメジャー機種以外にも十数種類ほどのマイナー機種の存在が確認されている。

 ただし、そららは本当にごく稀にしか発見されない珍品中の珍品ばかりなのだ。


 今回はそんなマイナー業務用ファミコンの世界を、ほんのちょっとだけご紹介。

channnejrur6.jpg
 
 まずこちらはオロチ所有の「AFC-10」というラック型ファミコンである。メーカー不明。業務用カセットでなく普通のファミコンカセットが使用できるのが特徴だ。中身を見ると、ファミコンカセットが10本も差せる仕様となっていた。

 続いてこちらは去年、スキー場と思われる場所で発見された「ジョイ・ランド」という持ち込み式ファミコン。

sugeefamikon.jpg
 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ

 ファミコン本体がそのまま取り込まれているという斬新さ。


 PCショップ「mobile-accessory-net」には、非課金式のラック型ファミコン「チャンネル4」なるものが売られている。

channnejrur5.jpg
 ※サムネイル画像クリックでリンク先へ


 みなさん、もうお気づきだと思うが、これらはファミコン本体を改造したものである。そもそもファミコンをはじめとする家庭用ゲーム機は、文字通り“家庭用”と言うくらいなので、ビジネス利用は禁止されているだ。任天堂がわざわざファミコンと互換性のない業務用ファミコンをつくっていたのはこのためである。
 したがって多くのマイナー業務用ファミコンにはメーカー表示などされておらず、仕様書や連絡先もついてないため情報がまったくわからない。当時のファミコン雑誌や文献、現在のインターネットにもまったく情報がない。いわば珍品となってしまうことが宿命づけられた存在なのだ。

 逆に言えば、その多くが謎のベールに包まれていることから、独特の怪しい雰囲気を醸し出しているのである。


 最後に先日、ヤフオク!にて、そんな業務用ファミコンのマイナー機種の1つと思われるものが出品され、10万を越える高額で落札されていたので紹介しよう。

orijinarufamikon0.jpg

orijinarufamikon1.jpg

 サムネイル画像:☆ 【ジャンク品】 メーカー不明 業務用ファミコン筐体 ☆(ヤフオク!)


 アーケード仕様のコントローラがついたタイプは初めて見たかも(近年、個人で改造されたものならよく見かけるが)しれない。いろんなスイッチがついていてかっこいいが、逆にいえばコンパクトに収め過ぎたかな。レバーを操作しているときにスタートボタンやセレクトボタンに手の甲が当たってしまわないかとか、余計な心配をしてしまいます(笑)
 クレジットがデジタル数字で表示されているところなども見逃せない。全体的に無骨なスタイルではあるが、他のマイナー機種と比べると、むしろ洗練されていて時代的には新しい機種のような印象を受ける。

 一部正常に動作しないためジャンク扱いでの出品だったが10万円を越える結果となった。落札者はまさかこれで商売をしようってわけではあるまい。僕だったら「10万円貯まる貯金箱だよ」って言い張るかな。それを10万円で買ってたら世話ないか(笑)


 ということで今回は、マイナー業務用ファミコンの世界を駆け足で紹介させて頂きました。

 当ブログではマイナー業務用ファミコンに関する情報を募集しています。「こんな珍しいやつ見つけた」「こんな機種を知っています」などなど、どんなに細かいことでも構いません。たくさんの情報をお待ちしています!


 関連記事:海外の業務用ファミコン「Nintendo M82」に思いを馳せてみる



Picade - Raspberry Pi Arcade Cabinet - Pimoroni アーケードキャビネット キットPicade - Raspberry Pi Arcade Cabinet - Pimoroni アーケードキャビネット キット

Pimoroni
売り上げランキング : 899505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

新作特集わずか2本「ファミマガ」創刊号に驚きの高値が!


 ファミリーコンピュータMagazine、通称「ファミマガ」の歴史は1985年8月創刊号から始まります。当初は『テクノポリス』の増刊号として企画されておりましたが、徳間書店が既に出していた『ファミリーコンピュータ大図鑑』シリーズがけっこう売れていたので、月刊誌として出すことにしたという。

famimagasoukangou01.jpg
 ※写真はオロチ所有のファミマガ創刊号。

 結果的にファミマガは日本初のファミコン専門誌として華々しいデビューを飾りました。しかしながら創刊号の新作特集記事は『スパルタンX』と『スターフォース』のわずか2本だったのです。(ちなみに同誌の人気コーナー「超ウルトラ技」は創刊号から存在しました)

famimagasoukangou03.jpg
 ※創刊号の目次。本当に新作記事は2本だけだね(笑)

 それでも、いざ創刊号が書店に並ぶと、それらは一瞬で売れてしまいました。時代が欲していたということでありましょう。この現象は創刊2号、3号と続いたそうです。そこからファミマガの快進撃が始まったのは皆さんもご存知の通りです。


 さて、そんなファミマガの創刊号がヤフオク!に出品され、驚くべき高値で落札されていたので紹介しよう。

 こちら↓

famimagasoukangou02.jpg


 おおー、こりゃすごい……

 そして同じ出品者が出していた1985年9月号(つまり創刊2号)もこんな感じに。

famimagasoukangou04.jpg


 2冊で3万円かあ。えらいこっちゃ……

 ファミコン雑誌には86年の壁ってのが存在するんだけど、僕がそれを説明した2013年の記事には、こんなことが書いてあったよ。

 ファミマガで例えるなら「87年」物が1冊500~1000円だとすると、「86年」物は1000円~2000円。「85年」物になると3000円と跳ね上がる。逆に88年以降だと1冊500円以下になってしまうのだ。

 ※引用:こんな雑誌あったんだ!! 「ファミコン雑誌」の歴史と相場 2013


 3年前と比べて全体の相場がちょっと上がってる気がしますね。創刊号は別扱いというのは、当たり前なんですが、それにしてもこの高値には驚きです。


 参照URL:【ファミマガ】月刊ファミコンマガジン1985年8月号【創刊号】 (ヤフオク!)
 参照URL:□【ファミマガ】月刊ファミコンマガジン 1985年9月号□ (ヤフオク!)



<参考文献>
超実録裏話 ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集超実録裏話 ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集
山本直人

徳間書店 2011-07-14
売り上げランキング : 88295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
[ 2016/03/22 01:29 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ

28年前はみんなファミコンソフトでアメリカ大統領選挙を学んだ 他


<ニュース>
バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」期間延長決定、『塊魂』『ミスタードリラー』も対象に(インサイド)
 この試み、うまくいってる模様。


<コラム>
28年前はみんなファミコンソフトでアメリカ大統領選挙を学んだ (受験生のためのなんでも情報板)
 時事ネタ。「みんな学んだ」と言いきっちゃってるところが新しい。


<PC>
8bit風アクション「Retro City Rampage」開発者が21世紀におけるDOSゲーム開発を語った(4Gamer)
 途中に出て来るパソコンの山がすごい。


<活動>
小野憲史のゲーム時評:ファミコンやゼビウス生みの親が講演 ゲーム開発者教育の課題(まんたんweb)
 「産業界と学術界で人材の流動性を高める仕組みが必要」とのこと。



トランプ革命トランプ革命
あえば 直道

双葉社 2016-03-23
売り上げランキング : 30553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

カセット3本付SFC本体セット『ドリームBOX』が落札されていた!!


 これは珍しい……

dorimubokusu01.jpg
サムネイル画像:【激レア?】スーパーファミコン本体+ソフト3本のセット新品(ヤフオク!)

 出品者の説明によると

 家電量販店?か何かの福引抽選で当たった


 ものらしいですが、詳細は不明だという。


 ちなみにセット内容は以下3本と思われます。

『ワイルドトラックス』 1994年6月4日発売
『ヨッシーアイランド』 1995年8月5日発売
『スーパードンキーコング3』 1996年11月1日発売



 発売日に開きがあるので、当時当たり前だった抱き合わせセットか何かなのかな。少なくとも販売されていたのは1996年11月以降だと思われます。詳しいひと教えてください!



コントローラー スーパーファミコン用コントローラー スーパーファミコン用

任天堂 1991-06-07
売り上げランキング : 1007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
[ 2016/03/15 23:04 ] SFC・64 | コメント(2)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。