あなたの思い出のカセットお返しします。「名前入りカセット博物館」が話題 他


<ニュース>
加熱するレトロゲーム市場 任天堂の強敵「アナログNTミニ」が来年発売 (Forbes)
 フルハイビジョンでプレイできるとのこと。


<グッズ>
ネオジオジャージにメガドライブTシャツ…!?『東京ゲームショウ2016』で発売されるゲームハードグッズは今年もアツい! (そうさめも)
 ターゲットは若者か。


<サイト>
あなたの思い出のカセットお返しします。「名前入りカセット博物館」が話題 (名前入りカセット博物館)
 名前入りファミコンカセットを本人へ返却するプロジェクト。


<オリジナル>
ファミカソンヌ3部作完結(BrightEye)
 カルカソンヌというボードゲームをファミコンをモチーフに自作したシリーズ。



懐かしファミコン パーフェクトガイド: いまもあそべる せいしゅんの8ビットゲーム
株式会社 マガジンボックス (2016-05-18)
売り上げランキング: 2,208

このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

ニッチにも程がある!! 今どき「ファミコン家具」をつくるメーカーが佐賀に存在した!


<メーカーも驚くほど売れている>

 今、ファミコンのカセットを収納する家具「ファミカセチェスト」がレトロゲーマーの間で話題になっている。

famicomchest01.jpg

 「ファミカセチェスト」は佐賀県に本社を置く株式会社ニッカという会社の通販部門が販売する、その名の通りファミコンカセットを収納するためのチェストである。その謳い文句は以下の通り。

・ゲームソフトを収納するためだけに設計・製作
・合計288本のソフトが収納可能
・引き出し取っ手部分にソフトを飾ることも可能



 その他にも、カラーリング、引き出し、仕切り、キャスターなど、細部にも並々ならぬこだわりを感じられます。


 しかも売れてるみたいだ……




<つくったのはどんな人たちなのか?>

 しかし、ファミコンが発売されて33年が経った今なぜ「ファミカセチェスト」なのか。当ブログでは、ファミコン専門ニュースサイトを名乗っている以上、話を聞かずにはいられないってことで、さっそく取材を開始。
 株式会社ニッカのWEB担当ばん氏に話を伺うことができた。

 まずこのチェストを販売している株式会社ニッカについて。家具の卸販売などを行っていた創業47年の会社だということだ。いわゆる老舗ってやつですね。
 ファミカセチェスト製作の中心人物である店長の山田氏については、Ustreamで『駄菓子屋ゲーセン回顧録』という番組をやっており、後世に駄菓子屋ゲーセン文化を語り継ぐ活動をしている人物なんだとか。

 筋金入りのレトロゲーマー様だ。


 そしてWEB担当ばん氏について。彼自身もレトロゲーマーであり、同番組の企画「スペースハリアー筐体再現プロジェクト」に感銘を受け同プロジェクトに参加。

 自分たちでスペハリを作りあげることに興味を持ち、次第にそのお手伝いがしたくなり、二年前に佐賀へ移住してきました!
 昨年の春に上物は完成し、現在はスペハリの可動部分を任され、時間があるときに 試作を製作しております。


 なんという情熱家……

 レトロゲームのために引っ越しまでなさるとは頭が下がります。




<試行錯誤の末、それは生まれた>

 それでは、さっそくファミカセチェストについて。経緯など伺いましょう。

 今回、オリジナル商品を開発するにあたって、もともとゲームが好きだったこともあり、ファミコンカセットの収納に特化した商品を作ろうということで企画が始動いたしました。


 なるほど。好き過ぎちゃったわけね。

tn11-3s
 ※初代赤白ファミコンやディスクシステムはもちろん、ブラウン管テレビもよく似合う

 当初の予定では、引出し前面部分は窓のようになっていて中のカセットが見える 構造でした。
 しかし、両端は木の枠があるため、カセットのラベルが隠れて完全に見えないのと、木材をくり貫いたりアクリル材のコストも掛かることから、原価を計算すると、どうしても売価が二万円台後半になることが予想されました。


 そこで生まれたのが全面にファミカセを飾るというアイデアだったと。

tn11-7s
 ※ディスクだって飾れます

 自分自身がレトロゲームを部屋に飾ることが好きなので提案させていただきました。コレクター心をくすぐる感じになったかなと思っております。



tn11-4s
 ※フルオープンする引き出し

 その他、こだわりについて。

 福岡県大川でつくった国産品と言うこともあり、海外に発注するよりは割高になりますが、そのぶん職人が1台1台拘って作ってますので、造りに関してはしっかりしています。


 福岡県大川ってところは江戸時代からその技術が受け継がれている家具の名産地なんだとか。そういえば「家具だけは良いものを買え」って、ばあちゃんがいつも言ってたっけ……
  




<ゆくゆくはゲーム収納家具をシリーズ化へ>

 最後に、今後の展望などお聞かせください。

 次回リリースする商品のコンセプトは既に決まっており、PCエンジンやメガCDなどのソフト(音楽CDの標準ケース)が飾れるチェストの製作を行っております。


 なるほど。いろんなハード別の家具があったら楽しそうだ。


 今後の展望としては、ゲーム収納家具をシリーズとして販売することで、お部屋をトータルコーディネート出来たらと考えております。メーカーごとのハードを収納可能なTVボードや、ジョイスティックなど収納したトレイがスライド出来てそのままゲームすることが可能な箱物などなど……


 僕もジョイスティックとか大好きだけど、唯一のダメなところは「収まりの悪さ」なんだよなあ。なんとかならんもんかと思ってました。今後の展開にも目が離せませんね。本日はありがとうございました!




<まとめ>

 ファミコン世代の人間が社会でそれなりの地位を築き始めている昨今、当然、それなりの収入もあるでしょう。したがって今回、当ブログが紹介したファミコンチェストは、ニッチにも程がある(※褒め言葉です(笑))アイテムではあるのですが、これからはむしろニッチな物が求められる時代になるのではないかと感じました。

 しかも今回、そのようなムーブメントが地方から起こっているというところが、重要なキーポイントのような気がします。



 参照リンク:ファミカセチェスト(インテリア家具通販Kagood)
 取材協力:株式会社ニッカ WEB担当 ばん 様

このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

マニアックゲーム機選手権!もっとも使った人が少ないのは? セガサターン、PCエンジン…… 他


<ニュース>
ゲオ×niconicoコラボ企画「巨大コントローラー体験会」がゲオショップで開催―ドワンゴ公式イベント以外で初(Gamer)
 先日、我がブログでも紹介した名古屋守山店でやったやつですね。これのレンタル料いくらだろう。ちょっと借りてみたいなあ。


ポケコインは「お金」 関東財務局が認定へ (中日新聞)
 こんなところからも税金取る気か


<PCエンジン>
無改造でDVI出力、PCエンジン用の同人ハード「うーぱーぐらふぃっくす」が発売
 税抜き35,800円だが売れ行きは好調とのこと。


<講演>
DDM社のBenJudd氏が講演「2Dゲームを3Dにしてしまうのはミステイク」古いIP活用法 (4gamer.)
 日本のメーカーはニーズがあるにもかかわらずIPを寝かせ過ぎている,とJudd氏は指摘した。とのこと。寝かせているのか、忘れ去られているのか……


<アンケート>
マニアックゲーム機選手権!もっとも使った人が少ないのは? セガサターン、PCエンジン…… (しらべぇ)
 あらかじめ10個の選択肢を編集部が用意したり、「当てはまらない」が過半数以上だったりするところは置いといて、そもそもゲームに「使う」という動詞をあてはめてるところにものすごい違和感があるなあ。「使う」って動詞は“手段としての道具”にあてはめる言葉だから、ゲームのような“それ自体が目的になりうるもの”にはあてはまらない気がするんだよね。少なくとも僕は「ゲームを使う」って表現をつかったことがない。
 たとえば「町おこしに映画を使う」とは言っても、「よーし、今日は思う存分、映画を使うぞ!」なんて言わないもんね。映画と違ってゲームの場合は“体験”要素が強いからますます「使う」なんて言わないよ。「やる」もしくは「プレイ」が妥当なのでは。
 ただし試みとしては面白い。1位になった機種は「もっとも有名なマイナーゲーム機」ってことだからね。言葉として破綻してるんです。清純派AV女優みたいな(笑) そこだけに焦点をあてるなら「なぜ有名なのにマイナーなのか」ってテーマでコラムが1本書けますね。




3DOデジタルスティックコントローラー
(1995-03-24)
売り上げランキング: 41,251

このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

謎の木目調アーケード筐体「8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick」があまりにも美しい 他


<ニュース>
謎の木目調アーケード筐体「8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick」があまりにも美しい (GameSpark)
 思わず声が出た。この横からのアングルは反則だ。
bodojjakusodai01.jpg
 サムネイル画像:8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick


<コラム>
カセット+ディスク、高嶺の花、憧れの的 - シャープ「ツインファミコン」(マイナビ)


<対談>
ニッポンのゲームだからできた。歴史に残る「安倍マリオ」【オールゲームニッポン】 (GameSpark)
 よくマリオが『Jr』で悪役やったことを指して「初期はキャラがぶれてた」というひといるけど、僕はそうは思わない。彼の心の中にはいまだにドス黒い炎が燃え上がっているはずだ!
 しかし別の話として「キャラクタは長くやってると丸くなる問題」ってのがある。両さんしかり、まる子しかり、キャラクタコンテンツは長期間運営するとなぜか見た目も内容も丸くなっていく。これは日本の社会問題である「成人男子のロリコン化」と関係があるのではないかと僕は見ています。それを突き詰めると人類のネオテニー化という問題に行き着くわけですが……、って、いかんいかん、普段、酔っぱらうと話すことをブログで書いてしまった(笑)
 まあ、このテーマについては別の機会にコラムにでも書こう。



<ドラクエ>
堀井雄二氏が考えるゲームデザイナーに必要な3要素は……発想力、忍耐、そして捨てる勇気!【CEDEC 2016】




このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事

岩田聡によるファミコン最初期のプログラムコードが発見される!?


jausnto000.jpg

 それは、ゲームのプロトタイプ研究家であるFrank Cifaldiさんのツイート「私はゲーム史に残る物を所有しています」から始まりました。



 これらファミコン用のプロトタイプです。本物かどうかわかりませんが、書き換え可能な古いEPROMです。中身は『ハイパーオリンピック』『サッカー』『スターゲイト』『ジャウスト』です。



 Frank Cifaldiさんはこれらのお宝をヤフオクで手に入れたんだとか。



 以下、このようにつづけました。

 『ジャウスト』には興味深い歴史があります。元々このソフトは任天堂とATARIの提携作品として生まれました。プログラムをしたのが任天堂の前社長である。故・岩田聡さんだったのです。(当時はHAL所属)
 しかし、なんらかの事情により、その夢のコラボレーションは実現しませんでした。


  結局、任天堂はそれをお蔵入りさせてたのですが、1987年にHAL名義で発売されることになりました。したがって、このプロトタイプ『ジャウスト』は任天堂のために岩田聡さんが書いたもっとも最初期のコードに間違いありません。



 このオークションを発見したFrank Cifaldiさんはシリアルコードに注目。これらは1984年に作られたと考えました。つまり彼は、このプロトタイプ『ジャウスト』が製品版とは大幅に違う可能性が高いことを見抜いたのです。


 実際に、彼が入手したプロトタイプ『ジャウスト』には製品版と明らかに違う点がいくつかあったという。

ゲーム界のトップに立った天才プログラマー 岩田聡の原点: 高校同期生26人の証言

 このお蔵入りした『ジャウスト』がその後、名作『バルーンファイト』につながったという話はマニアの間では有名ですね。しかも岩田さんはのちに任天堂の社長になっている。そう考えると、これは歴史的にも非常に意義のあるプロトタイプだということがわかります。


 さらにこんな物も……


 私は同じ売り手から『スーパーマリオブラザーズ』のプロトタイプも発見しました。得点表示などのテキストがスクロールします。これは製品版にはない演出です。(バグかもしれませんが)



 この出品者は他にも同じようなプロトタイプをいくつか出品していたんだとか。ぜんぜんスルーしてたなあ。いつだったっけ。


 製品版とは異なるプロトタイプゲームは、ゲーム開発についての様々な発見や洞察を提供してくれます。しかしこれらのROMは上書きされ最終的に廃棄される運命であり、本来は市場に出回らないものです。Frank Cifaldiさんのようなマニアがいなければ、それらの貴重な資料は、永遠に闇へ葬り去られていくのでしょう。


 情報元:Sketchy Auction Turns Out to Be a Rare Nintendo Prototype (WIRED)



(※2016/8/29 追記)

 その後、当ブログの調査で該当するオークションを見つけたので貼っておきます。

激レア ファミコン デバッグ基板 の ジャウスト (8/16) (ヤフオク!)
jusutookushon01.jpg

 こちらの出品者は先月下旬、ファミコンのデバッグ基板なるものを複数出品していました。説明文はすべて共通で以下のようなものでした。

製品版マスクROMの基板ではなく、評価、デバッグ、テスト用E2PROM版基板に、
製品版かそれに近いソフトが焼かれ実装されたものです。
ソフトのデバッグ、製品にする前にのエージングなどにも使われたものです。



 冒頭には「基本的に門外不出のものです」とあるので、出品者もこれがどういうものかは理解していた模様。

 また、商品発送元地域が京都府(任天堂の本社がある場所)となっていることや、8月にはゲームボーイの開発基板などを出品していることも見逃せないポイントなんですが、怪しかったからという理由でスルーしたコレクターも多く、真贋についてはいまだにハッキリしてないのが現状です。


<参照リンク>
激レア ファミコン デバッグ基板 の スーパーマリオブラザーズ
激レア ファミコン デバッグ基板の スターゲイト (14/16)
激レア ファミコン デバッグ基板の ハイパーオリンピック(15/16)




このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
[ 2016/08/25 10:17 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR