ロックマンとキン肉マンがまさかのコラボTシャツ発売!!


rokkumankiningkuma0n01_20170429092620716.jpg

 メーカー発表によると以下。

 29周年を迎えた『ロックマン』と現在も連載中の国民的漫画、『キン肉マン』が“29”つながりで平成29(にく)年に友情タッグ結成!
 「ロックマン」の懐かしいドット絵に落とし込まれた厳選された人気超人がデザインされています。両作品ファンのみならず、レトロゲームファンも楽しめるTシャツです!



 とのことです。
 発売は2017年6月予定、価格は4,000円(+税)で、サイズ:S~XXLだそうです。

 ロックマンもキン肉マンも、どちらもうちの息子の大好物じゃないですか!
 しかしながら、こういうのって子どもサイズがないんだよなあ。親世代(ターゲット世代)が子どもに着せたいって需要もきっとあるはずなんだけど。少ないのかなあ。

 リンク:カプコン公式サイト
関連記事

ピーチ姫と幸せな人生を送ったマリオに待ち受ける悲劇!? 他


<ニュース>
任天堂「ミニスーファミ」が年末発売か 公式発表を準備中説(forbes)


任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる(inside)
 理由が「退任するから退任」になってるけど、とくに理由はないのかな?


<マリオ>
ピーチ姫と幸せな人生を送ったマリオに待ち受ける悲劇!?(reddit)
Super Mario's World from comics
 意味がわかったとき「そういうことか!」ってなった。これはゲームキャラの宿命。


<コレクター>
マンションに辞書6000冊! 国語辞典天国で昇天 (デイリー)
 世の中、すごいひとがいるもんだ。ジャンルは違えど通じるものがる。


<インタビュー>
ドット絵の匠 ファミコンで最も精緻なドット絵 ☆よしみる 編(第3回) (ファミ熱)


<コラム>
あるファミコン互換機がずっこけるほどに音痴 特にドラクエで並外れた音痴っぷりを発揮 (ねとらぼ)
 互換機音痴ネタ。久々に聴いたけど笑ってしまった。


mariopeachkekkon0.jpg
関連記事

第6回 ファミコンパケ絵の世界!! ~夜空に浮かぶお月さま編~


 こんにちは。ファミコン研究家のオロチです。

 皆さん、パッケージに描かれた月を見ただけでファミコソフトが判別できたらロマンチックだと思いませんか。中秋の名月、十六夜、月見酒など、日本人は古来よりお月様を愛でてきました。

moon001.jpg

 たとえばこちらの画像はそれぞれファミコンパケ絵から切り取ったものですが、満月、おぼろがかった月、二十六夜、三日月と、バリエーションが豊富で、日本人の月オタクっぷりが伺えるというものです。
 いちおう確認ですけど、まさか、この時点でわかるひとはいないですよね?(笑)

 問題は全部で11問です。
 ヒントをそえつつ出していきますので、タイトルをお答えください。

 ↓

<第29問>
1tuki0061.jpg
 MSXでリリースされたアクションRPGの続編です。


<第30問>
tuki3030.jpg
 映画が題材のアクションゲームです。すごい剛毛(笑)


<第31問>
0tuki0091.jpg
 お城、キセル、宙に舞う小判……


<第32問>
tuki00310.jpg
 前代未聞のシューティングパズル。


<第33問>
sanma002.jpg
 特徴的な人物が見切れてますね。なんとなく死相が……


<第34問>
tuki0444.jpg
 朧気な月から、おどろおどろしい雰囲気が伝わってきますね。


<第35問>
1sasaranaga0.jpg
 この勇者、眉毛太くないですか?


<第36問>
tuki0151.jpg
 タイトルのわりには控えめなんだなあ。


<第37問>
tuki0081.jpg
 正確に言うとパケ絵じゃないのかも……


<第38問 超難問!!
tuki0181.jpg
 ビルから降りる人影。


<第39問 超難問!!
1tuki0011.jpg
 飛び交うヘリコプター。

 ↓
 ↓
 ↓

 それでは答え合わせです。

 ↓

<第29問の答え>
tuki0060.jpg

 『魔城伝説II 大魔司教ガリウス』(コナミ/1987)

 月の表現として大きければ大きいほど非日常感が増すと言う効果があります。それから「何をカブらせるのか」も大きなポイント。圧倒的に多いのは飛行物、お城、そして人物ですね。

 本作の場合はお城と主人公がカブってますね。古典的で大変素晴らしいパケ絵です。



<第30問の答え>
tuki0050.jpg

 『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』(コナミ/1986)

 こちらの場合、カブってるのは主人公であるキングコングと、飛行物でありヘリコプターですね。ファミパケ界における「月とヘリコプター」は、日本画でいう「月と鹿」ぐらい相性がいいようです。
 ただし本作の場合、そこへさらにコナミのロゴがカブったり、「スピードくじ」だの「出たっ2M」ビット」だの色んなシールが貼られまくられてしまってゴチャゴチャ感は否めません。



<第31問の答え>
tuki0090.jpg

 『がんばれゴエモン2』(コナミ/1989)

 ゴエモンまではわかったけど『2』かな。『外伝』かな。それとも『外伝2』かな。迷ったんじゃないでしょうか。こちらも大きく描かれた月にはお城、主人公(武器)、飛行物(小判)がカブっております。ちなみに『外伝2』のパケ絵は夕日。惜しい。


<第32問の答え>
tuki0030.jpg

 『クォース』(コナミ/1990)

 コナミは月が好きですねえ(笑)
 こちらは西洋風の象徴的デザインとなっております。太陽と対比させていることが多いですね。同じような構図に『リトルマジック』(DECO/1990)がありますが地味すぎてカットしました(笑)

tuki01602jpg



<第33問の答え>
sanma012.jpg

 『さんまの名探偵』(ナムコ/1987)

 文珍さんの顔が見切れてなければ難問だったと思います。というか、このゲームのパッケージに月があるのを知ってました?



<第34問の答え>
tuki0120.jpg

 『妖怪道中記』(ナムコ/1988)

 おどろおどろしい雰囲気を演出したいときはドンヨリ雲ですね。ひょんなことから地獄に落とされた主人公の心情を表している気がします。そんな雰囲気とは対照的にナムコらしいかわいらしいキャラクタが、コミカルホラーという独特な世界観を築き上げています。


<第35問の答え>
tuki0140.jpg

 『サンサーラ・ナーガ』(ビクター音楽産業/1990)

 桜玉吉さんがキャラデザした竜を育てるRPGです。オリエント風のトライバル文様を背景に描かれたコミカルなキャラクタがゲーム内容をよく表していると思います。



<第36問の答え>
tuki0150.jpg

 『ムーンクリスタル』(ヘクト/1992)

 夜空に浮かぶ肩から下が薄いおっさんをはじめ、作為的に配置されたキャラクタには、秘められたドラマみたいなものを感じますね。
 男性キャラがのきなみ三白眼気味なのに対して、女性キャラの瞳の異常にでかいというアンバランスさ。タイトルが『ムーンクリスタル』なのに対して、月が異常に小さいというアンバランスさが、見る者に不安感を与えているように感じます。

 ちなみに『ダブルムーン伝説』(メサイヤ/1992)のパケ絵にも一応、月はあったんですが、ロゴなのか何なのか中途半端か感じだったのでカットしました(笑)

tuki01300.jpg



<第37問の答え>

 tuki0083.jpg

 『マニアックマンション』(ジャレコ/1988)

 ジャレコが一時期採用していたジャケットレスパッケージ。どうせラベルと同じ絵なんだから透けさせちゃえっていう発想でしょうか。こちらも非常に大きな月にロゴ、飛行物、人物とかぶっている典型デザインですね。


<第38問の答え>
tuki0180.jpg

 『ホステージ』(ケムコ/1989)

 人質を救出する硬派なアクションゲーム。演出はわりと凝っていますがゲーム性のクセが強いっ。この月は内容的にサーチライトとのダブルミーニングともとれますね。味わい深いパケ絵です。


<第39問の答え>
tuki0010.jpg

 『ハドソンホーク』(エピックソニー/1991)

 同名の怪盗映画のゲーム化。横スクロールアクション。こちらも「月にヘリコプター」という形式美がみられ、たいへん風流ですね(笑)
 また、大泥棒、スパイ、怪盗といったダークヒーローに月はよく似合います。

 ということで今回は以上となります。
 昔から満月の夜は事故、犯罪、自殺、出産が増えるなんて学説がまことしやかに語られてますが、少なくとも月には人々を魅了する力があることは確かだと思います。ファミコンのパケ絵に出てくる月にも、何とも言えない魅力があると思いませんか?

 お月見の際には、本物のお月さまの下にファミコンパッケージを並べて酒を飲むというのも一興ですね。
 それではまた次回、お楽しみに!

<ファミコンパケ絵の世界 シリーズ>

1.お前は誰なんだ編(1)
2.背景と同化してる薄いおっさん編
3.紳士のたしなみ 谷間編(1)
4.その魅力の謎に迫る!!編
5.紳士のたしなみ 谷間編(2)
6.夜空に浮かぶお月さま編





 ※以下のテーマも更新準備中です。気になるテーマがあったらどしどしリクエスト下さい

 勇者の剣はキラリと光る編、なぜか天気が悪い カミナリ編、ファミコンパケ絵は城でもつ編、敵に捕まってるお姫様・ヒロイン編、ガオーポーズしてる巨大なおっさん編、シュワちゃんのそっくりさん(もしくは本人)編 スタローンもおるでよ!! 他
関連記事

伝説のゲームプロデューサー著「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」発売中!! 他


<ニュース>
「ファミスタ打線」ゲームみたいに強え~4連勝(スポニチ)


<インタビュー>
迷宮組曲、マイティボンジャック…ファミコンから「メディアリテラシー」を学んだ | スマートニュース 松浦茂樹さん(リクルート)
 ファミコン詳しい(笑) ゲーマーですね。



<書籍>
・伝説のゲームプロデューサー著「シブサワ・コウ 0から1を創造する力」発売中!!

シブサワ・コウ 0から1を創造する力
シブサワ・コウ
PHP研究所
売り上げランキング: 24,705

発売日:2017年3月22日




 完全に見過ごしてました(笑)
 今さらですけど紹介します。以下Amazonより引用。

<内容紹介>

『信長の野望』シリーズ世界累計出荷950万本突破! !
『三國志』シリーズ世界累計出荷750万本突破! !
伝説のゲームクリエイターが、既存の市場にない新しいものを創造する方法と これまで創り出してきた名作ゲームのヒットの秘訣を紹介する、待望の初の著書です!

『川中島の合戦』、『信長の野望』、『三國志』、『Winning Post』、『仁王』など、数々の名作を生み出してきた著者。しかし、社会人としてのスタートは、家業の倒産、染料工業薬品販売業の経営不振など、先の見えない数々の困難から始まったのです。

まさに「0」からスタートした著者が、どのようにして世の中にない商品を世に出し「1」を創りあげたのか、その方法と考え方を余すところなく明かします。



<目次>

第1章 創造――大ヒットシリーズ『信長の野望』は どのようにして生まれたのか?
第2章 旗揚げ――家業の倒産からゲーム会社へ、 好きなことを仕事にする
第3章 革新――「型破り」も続けることで「当たり前」になる
第4章 発展――過酷な市場競争の中で、生き残る方法
第5章 継承――ヒットを生み続ける企画会議の秘密



 シブサワ氏といえば電ファミのインタビュー記事が強烈でしたね。この記事に興味ある方は要チェックだ。




<レビュー>
あの時、アメリカで何が起こっていたのか──『セガ vs. 任天堂』|今月の「HONZ」推奨翻訳書レビュー2(courrier.jp)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)


<取材>
「暇つぶしの聖地」ゲームセンターは死なず!|老若男女さまざまな常連客を取材してみたら (courrier.jp)
 自分は「暇つぶし」で行ったことはないですが、興味深い内容です。途中で「この続きはCOURRiER Japon会員(有料)になるとご覧いただけます。」となります。


<動画>
・『ゼルダの伝説 BotW』がファミコン風に? 海外ファン無料ゲームが公開中 (ニコニコニュース)
関連記事

忘れ去られたファミコンソフト『プレイボックスベーシック』が落札されていた!! 他


<ニュース>
「ワンダーモモ30周年記念商品」などGAMES GLORIOUS×NAMCO春夏コラボ新商品の第1弾が登場!4月28日開催のイベントで先行発売も(Gamer)


<インタビュー>
PSVRはここから始まった、ソニーからSCEへの事業化までの道のり、嘘みたいな本当の話…SIE WWS プレジデント吉田修平氏に聞く(1/5)(SocialVRinfo)


<経済>
任天堂に次ぐ時価2位、ネクソンの隠れた実力 (東洋経済)



<レトロゲーム>
エメドラ木村氏、呉ソフト社長などが登壇、レトロゲームトークショーを5月4日(祝)開催、新橋ツクモ(akiba-pc.watch)


<書籍>
異色な“未来の低評価ゲームをレビューするSF小説”が書籍化決定、連載開始から一年で (inside)


<オークション>
忘れ去られたファミコンソフト『プレイボックスベーシック』が落札されていた!!
tophito010102.jpg
 ※PLAY BOX BASIC バイオリズム カリキュレータ ミュージック(ヤフオク)

 このブログでは何度か取り上げている『PLAYBOX BASIC』がオークションで売れてました。この出品物は1年くらいずーっとグルグル回ってたんですけど、ついに、落ちましたねえ。
 出品物が1年くらい回ってることは別に珍しくないことじゃありません。長い間見てると愛着みたいなものが湧いてきちゃって、落札されているのを見ると、少し淋しいという気持ちと、同時に「ついにやったなあ」という訳のわからん感慨みたいなものがありますね(笑)

 もちろん、ずっと回ってたってことは初期値段が高かったってことなんですが、最近、この、高値でグルグルまわってたやつが、ふいに落ちてたってことが他にもありました。たとえばファミカセコンプリート最後の砦のひとつと言われている『 カラオケスタジオ専用 トップヒット20 Vol.2』も1年くらいグルグル回っていたでしょうか。


tophito01012.jpg
 ※新品未使用 カラオケスタジオ専用 トップヒット20 Vol.2 即決


 まあ、こちらに関しては新品だし、同じような状態ものが、まんだらけのショーケースでは10万越えてましたから、お買い得っちゃあお買い得なのかもしれません……

関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS