「懐かしのプレイステーションコンプリートブック」発売中!!


 とうとう、プレステ本が出るような時代になったかあ……

懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! 僕たちの初代プレステ (メディアックスMOOK)

 「懐かしのプレイステーションコンプリートブック」なる本が発売されました。内容は以下、Amazonより引用。

●ようこそ懐かしのプレステの世界に!
●歴代売上げランキングソフト10
●神アイデアゲームランキング10
●大作目白押し! RPGゲームランキング10
●漫画&アニメ発のキャラゲームランキング10
●音ゲーランキング10
●ギャルゲームランキング10
●シミュレーションゲームランキング10
●格闘ゲームランキング10
●スポーツゲームランキング10
●ホラーゲームランキング10
●アドベンチャーゲームランキング10
●対戦が熱い! 格ゲー以外の対戦ランキング10
●初期カオスゲームランキング10
●僕らが愛したファイナルファンタジー
●発売中止となったプレステソフト
●まだある! 隠れた名作ゲーム46本
●懐かしのプレステ周辺機器
●僕らの股間を熱くさせた! 忘れられないエロシーン
●シンプルシリーズ! 100本を超えたソフト群
●プレステQ&A トリビア集
●プレステゲーム音楽特集
●任天堂VSソニー 知られざる裏側
●ポリゴン進化の歴史
●有名人が語る初代プレステの想い出
●プレステ懐かしのCM
●プレステ10年の歴史年表
●プレステ3290本全タイトル完全目録



 レビューによると、コンプリートブックとは言ってますがプレステを網羅するようなカタログ本ではなく、ランキングを中心とした読み物だそうです。それにしても☆1は厳しいですねえ。




 ひとまずポチっておきました。自分の目で確かめてみます(笑)

puresutedana.jpg


 ちなみにこれがオロチのプレステ棚(暫定)。

 まだ集め始めたばかりで「気になったものorとにかく安いもの」を買ってるだけですが。こないだ偶然、地元のフリーマーケットみたいなやつに遭遇して、1本20円という破格で数十本を購入。売り子のおばちゃんが満面の笑みで「こんなのゴミゴミ」って言ってたのが忘れられません(笑)

 正直、レトロゲーム屋さんでも数百円のものばかりですよ。でも、値段じゃないんですよね。遊びたい。それだけです。



orotima-ku1.png時間を見つけては下の息子と1本ずつプレイしてるよ!
一方、上の息子は『マインクラフト』しかやらない模様……

関連記事
[ 2017/07/28 01:09 ] PS・SS | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

ぺんぎんくんWars復活、メガドラ鑑賞所、和製ゲームの悪訳本 他 2017年7月27日の気になるネタ!!


<コラム>
【飯田和敏連載】あの日、宮本茂の講評が美大生だった僕に与えた衝撃…『アクアノートの休日』を形成したクリエイター達。「若ゲ」前日譚を語ろう(電ファミ)


<マリオ>
POPなドットグラフィックのマリオをはじめとする、全7種類のiPhoneケースが発売中(INSIDE)
 学生ならこういうデザインもいいかもしれん。


グルマンディーズ スーパーマリオブラザーズ iPhone7/6s/6(4.7インチ)対応シリコンケース Bタイプ mrb-04b


<メガドライブ>
「メガドライブを鑑賞しながらいろいろ考える場所を作った」 とあるセガファンのコレクションルームの徳が高い (ねとらぼ)
 正直、コレクターが同じものを何個も持ってる写真って、世間的にはあまり良いイメージがないんだろうなあって自覚はあるんだけど、ようは見せ方なんだよね。勉強になります。それにしても徳が高いとは絶妙な表現。


<Atari>
伝説のゲーム会社、アタリの復活と「レトロゲーム」への期待 (ForbesJapan)
 Atariは訴訟ばかりしているというイメージ。


<ロックマン>
カプコン、「ロックマン」ウインドブレーカーを発売 (GameWatch.)
 コスプレ服っぽい。


<PCエンジン>
PCエンジンソフト『遊々人生】の新品がとんでもない値段に!!(ヤフオク!)
yuuyuujinsei.jpg

 2週間前くらいに同じ出品者からまったく同じものが出品され29,100円を付けていました。調べてみたところ中古だと500円前後でした。いったいどういうことでしょう!?


<洋書>
Engrishな和製ゲームを紹介した『This be book bad translation, video game!』を入手した (ど~もeagle0wlです(再))
 本書の紹介部分もさることならが、冒頭の背景情報が非常に興味深いです。著者がマザーのファンであることや、プロの翻訳家であることなど、知っているだけで本書の楽しみ方に幅が出てきますよね。入手ルートが限られていることがネックか。


<リメイク>
『ぺんぎんくんギラギラWARS』懐かしのボール投げ対戦アクションがド派手に再登場 (ファミ通)
 復活おめでとうございます。これを貼っておきます。

関連記事

ホビーパソコン「RX-78 GUNDAM」がトラウマになってしまった話


 それは我が家にファミコンが来るずっと前のことでした。

 ある日、親父がワープロを買ってきました。それはよくある一体型のワープロじゃないくて、テレビにつなげるタイプでした。親父は何を思ったか、バンダイのホビーパソコン「RX-78 GUNDAM」とワープロソフトを買ってきたんです。

gandamu7803.jpg
 ※RX-78はファミコンと同じ1983年発売ですが、我が家にファミコンが来たのはもっとあとのことでした。画像は当時のCMより。


 しかしながら、そのワープロソフトを使っている親父の姿を見たことは1度もありませんでした。きっと使い勝手が悪かったんだと思います。

 ただし「RX-78 GUNDAM」にはいくつかゲームソフトもありました。うちにも何本かあったので、しばらくはゲーム用としてテレビにつながれていたのだと思います。どんなソフトがあったかはあまり憶えてません。カセットを変えるたびに、キーボードの上に専用のオーバーシートを敷いていたのは、よく憶えています。

 ゲーム内容で唯一、記憶に残っているのは戦闘機を操縦するやつです。落ちるギリギリで回避すると、地面がめりこむというバグなんのか仕様なのかわかりませんが、とにかくそれが面白くて仕方ありませんでした。

gandamu78.png
 ※一番下の地面にあたるとミスになるので、けっこう難しい。

 おそらくこれが僕のテレビゲームの原体験になるのでしょう。小学1年生だった僕は学校から帰ると、本来のゲームの目的とはまったく関係のない、この行動を「地面にめりこむやつ」と呼んで延々と繰り返しやっていました。

 本当に、ただそれだけのことが、心の底から楽しかったのです。こうやって、30年後も憶えているくらい……

 わかるひといるかな(笑)



 ※当時のCM

 時は流れ、僕は大学生になっていました――

 ちょうどファミコンを集めだした頃で、とにかくお金がなかったので、売れるものは全部ヤフオク(無料から有料になったくらいの頃だったかな)で売っていました。さらに、その頃の僕はゴリゴリのファミコン至上主義者だったため、PCエンジンやMSXなど、ファミコンを集める過程で、たまたま手に入った他のレトロゲーム関連グッズを容赦なく売りさばいていました(笑)

 そんなある日、何か売れるものはないかと元自宅(当時、親父がやっていた会社の事務所)の2階の押し入れを物色していると、箱入りのこいつが出て来てしまったんです。

 おい、バカ、やめろ。

 もしタイムテレビでそのときの様子を見ることができたなら、僕はきっとモニター越しにそう叫んでいたでしょう。そのときの僕は「懐かしいなあ」という感情より先に目が¥マークになっていました。ただのゲス野郎です。
 さっそく、RX-78本体(箱・説)とソフト何本かセットを即決12,000円で出したら速攻で外人コレクターに落札されました……

ドラえもん ギガゾンビの逆襲

 数年後――
 ファミコン至上主義者を辞めた僕はRX-78を売ってしまったことを激しく後悔していました。それ以来、ヤフオクでこれを見かけても直視できませんでした。見た瞬間、ブラウザーを閉じることもあります。なぜならRX-78にどれくらいの市場価値があるのか知るのが怖かったから。一種のトラウマってやつですよ。不可解な行動ですけどトラウマってそういうもんじゃないですか。

 現に、僕がRX-78のことを話すのはこれが初めてなんじゃないでしょうか。このままじゃないけないって思ったんです。

 僕はこのトラウマを克服しようと決意しました。そのためには買い戻すこと一番なんでしょうけども。ひとまず今まで避けて続けてきた落札結果を見てみることにしたのです。こちら。

 ▼
 ▼
 ▼

gandamu7801.jpg
gandamu7802.jpg
 ※(激レア美品)バンダイ RX-78 GUNDAM ガンダム パソコン/ゲームPC・ソフト・コントローラーセット(ヤフオク!)


 見なけりゃ良かった\(^o^)/



orotima-ku1.pngRX-78の話なのにガンダム(モビルスーツのほう)出て来なくてごめんネ!



パソコン RX-78 GUNDAM CM(Youtube)
関連記事

セガグループ企業が「ドリームスイッチ」なる商標を出願していたことが判明


 セガグループの一員である株式会社セガトイズが2017年5月25日に「ドリームスイッチ」なる商標を出願していたことが判明しました。

 こちら。

 ▼
 ▼
 ▼

sw_shouhyo_sega.png

 
 気になる区分は以下のようになっています。

9 写真機械器具,映画機械器具,光学機械器具,音声及び音楽再生機能付き家庭用投影機,電気通信機械器具,電子応用機械器具(「ガイガー計数器・高周波ミシン・サイクロトロン・産業用X線機械器具・産業用ベータートロン・磁気探鉱機・磁気探知機・地震探鉱機械器具・水中聴音機械器具・超音波応用測深器・超音波応用探傷器・超音波応用探知機・電子応用扉自動開閉装置・電子顕微鏡」を除く。),電子管,半導体素子,電子回路(「電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路」を除く。),電子計算機用プログラム,ダウンロード可能な映像及び画像,家庭用テレビゲーム機用プログラム,携帯用液晶画面ゲーム機用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,レコード,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる音楽ファイル,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,映写フィルム,スライドフィルム,スライドフィルム用マウント,電子出版物
10B01 11B01 11C01 24A01 24E02 26A01 26D01
28 遊園地用機械器具,愛玩動物用おもちゃ,家庭用テレビゲームおもちゃ,おもちゃ,人形,囲碁用具,将棋用具,歌がるた,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,遊戯用カード,遊戯用器具,ビリヤード用具,運動用具(登山用・サーフィン用・水上スキー用・スキューバダイビング用のものを除く。),釣り具



 赤文字、見ましたか!?
 「家庭用テレビゲームおもちゃ」ですって!

 セガハード復活か!?

dori-musuitt5.png
 ※イメージ図

 実はセガさん(当時はセガ・エンタープライゼズ)、この少し前に「SWITCH」という商標を任天堂へ譲渡しています。

 おそらく、任天堂は今年3月に「NINTENDO SWITCH」というゲーム機を出したわけですが、同名のメガCDソフト「SWITCH」の商標をセガさんが取得していたため、譲ってもらったほうがいいんじゃないかってことになったんだと思われます。譲渡の申請自体は去年11月にされており、それが完了したのが今年の5月12日でした。


スイッチ  MCD 【メガドライブ】
セガ (1993-04-23)
売り上げランキング: 39,237


 ドリームスイッチの商標出願はその直後ということになります。

 調べたところ、セガトイズさんはアンパンマンとかディズニーとかのガッチガチの子ども向け玩具をつくっている会社でした。区分が「家庭用テレビゲーム機」ではなく「家庭用テレビゲームおもちゃ」になっていたのはそのためでしょうか……

 っていうか、いったい何が違うのかわかりませんが、しかしながら、根強いファンからいまだに現行機扱いされているリームキャストの「ドリーム」と、任天堂の最新ゲーム機「スイッチ」が合体したようなアグレッシヴな名前の商標が、テレビゲーム区分で、そんな絶妙なタイミングに、セガを冠する会社から出願されていたなんて、ただの偶然とは考えられません。そこに何も思惑が無いないわけがないのです……

 ドリームスイッチ、いったい、どういうことなんだ!



orotima-ku1.png考えすぎかな?



SOUCE:特許情報プラットフォーム
関連記事
[ 2017/07/23 20:34 ] SEGA系 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

任天堂が21年前に「SWITCH」の商標を取得!? よくよく調べてみたら意外な事実が判明!!


 ※こちらは頂いたコメントを基に書き直した記事です。

 我がブログでは紹介しなかったネタだったのですが、任天堂がスイッチソフト「ARMS」の商標を28年前の取得していたというニュースは誤報だったそうです。

 なんでも、「ARMS」は元々YAMAHAが1989年に商標登録していたもので、任天堂がその一部の使用権利のみ買い取った結果、書類上、任天堂が1989年に取得したように見えていただけだった模様。取得自体は2017年に入ってからなので、誤報ということになります。このネタを報じていたメディアの皆さん、次、間違えると履物が便所スリッパ、椅子がパイプ椅子となります。


 そんなことよりも、任天堂さんが21年前に「スイッチ」の商標を取得していたことを、今さら発見したのですが……

 ▼
 ▼
 ▼

sw_shouhyo19930229_1.png



 登録日が1996年2月29日なので、約21年前ってことになりますよね。
 このロゴにはもうひとパターンありました。


sw_shouhyo19930229_2.png


 こちらも登録日が1996年2月29日となっております。

 これって大発見じゃん?もしかして旧ロゴじゃね?みたいなノリの記事を意気揚々とアップしたところ、コメント欄にて「それはメガCDソフト『スイッチ』なのでは」という情報を頂きました。本当にありがとうございます!

 さっそく調べてみると……

 ▼
 ▼
 ▼

switch16.jpg
 ※Googleイメージ検索結果より


 マジですねえ。

 そうなってくると、ますます謎が深まります、なぜ任天堂がメガドラCDソフトの「スイッチ」の商標を持っているのでしょうか。もしかしたらこれも「ARMS」みたいなパターンなのかもと思って確認したところ……


 sw_shouhyou4.png

 ビンゴっすねえ。

 これを見ると「スイッチ」という商標は元々セガが持っていたという、意外な事実が判明しました。セガといえば任天堂としのぎをけずった、かつてのライバル会社です。任天堂は知ってて「スイッチ」という名前にしたのか、知らなかったのか。

 そして……

 ▼
 ▼
 ▼

sw_shouhyou3.png
 ※経過情報より

 こちらを見ると、最終的には今年の5月12日に移転が完了していることがわかりました。セガはどんな気持ちで任天堂にこの商標を譲渡したのでしょうか……

 ということで当サイトは「映す価値なし」となりました(笑)



orotima-ku1.pngなんだこのオチは!


 ※なお、この商標検索サイトはいずれのページも直リンクできない仕様なので、ソース見たい方は特許情報プラットフォームで検索して下さい



芸能人格付けチェック これぞ真の一流品だ! 完全版 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー (2016-02-24)
売り上げランキング: 61,782
関連記事
[ 2017/07/23 15:47 ] 任天堂 | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR