ファミコン版アールタイプ?がまさかの10万越え


 こんばんわ。ヤフオクウォッチャーのオロチです。
 
 つい先日、ファミコン版『アールタイプ』なるものがオークションに出品されていました。落札結果にびっくりしたのだ。

a-rutaipu 01

 なんじゃこりゃあ!

 出品者の商品発送元地域が「海外タイ」の時点でお察し案件でしょうが。なのに11万2000円て。正気か!?

 実はこれ、5年前にも同じものが出ていたのですよ。そのときは「ハックROMじゃないか」ということで答えは出ているのです。それから何度か出ていたはずですが、10万を越えたことはありませんでした。


arutatou.jpg
  
 もちろんハックROM自体は違法ではないので、それをつくって楽しんでいるひとはいっぱいいるわけですが、それをコピーして商売するとなると話が違ってきます。違法コピー品が高値で取引されているような市場は健全だと思えないのですが、ヤフオク運営さん、なんとかなりませんか?

 あとついでに、最近、レトロゲームカテゴリで売れまくってる「スーパーエミュレータ」ってのは何でしょう。我がサイトのヤフオク集計プログラム(手動)にやたら引っかかってくるのですが……
関連記事

任天堂「ミニスーファミ」40年前出したゲーム機と同じ手法だった!! 他


<注目!!>
ゲームセンターはゲームをする所です。(togetter)
 あとで読む


<リニューアル閉店>
エーツー日本橋オタロード店がリニューアル閉店セール10月9日まで
 この前、行ったところだ。ちなみに地上8階建ての秋葉原本館は2018年秋オープン予定だそうです。


<ミニスーファミ>
ブックオフオンラインでミニスーファミ抽選販売中!! 限定10台!!
 抽選受付期間は10月2日(月)12時59分まで。


ファミコンミニとスーファミミニは兄弟だった(大人のためのゲーム講座)
 おおっ!これはまさにカラーテレビゲーム商法じゃないか!
 まさか40年前の手法を使ってくるとは、さすがです。


kara-terebige-mu15.jpg
 (C)任天堂

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の電子説明書が公開! (Nintendo Switch 情報ブログ)


<ファミコン世代>
VERBAL なぜ米エリート証券マンからラッパーに?(NIKKEI STYLE)
 m-floは嫁さんが好きだった。ミニ四駆、キン消し、ファミコンって思いっきり僕たち世代やね。


<海外>
外国人「日本で最もプレミアのついてるレトロゲームを調査してきた!」 (海外の万国反応記@海外の反応)
 あれ、この記事、kotakuで見たぞ。写真も同じだし。


<スポット>
往年の名機が大集合した店内が凄い…!レトロゲーム好きなら感涙必至のゲームバー・心斎橋「コンティニュー」 (ぐるなびWEBマガジン)
関連記事

10月3日発売「もう一度遊びたい懐かしRPGの書」ロープレ大図鑑


 コアマガジン社より「もう一度遊びたい懐かしRPGの書」なる書籍が出る模様。発売日は10月3日。価格は1,404円である。

もう一度遊びたい懐かしRPGの書

 内容はAmazonの説明もないので、表紙から伺い知るしかないが、ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、セガ、ゲームボーイ、PCエンジン、メガドライブというゲーム機名が見えます。セガだけ社名なのが気になりますが……
 何でしょう。SG-1000? マーク3? サターン?

 まあ、いいや。あとはロープレ大図鑑、ドラクエ30周年回顧録などの文字が見えるね。RPG好きは要チェックだ!!


もう一度遊びたい懐かしRPGの書

コアマガジン (2017-10-03)
売り上げランキング: 49,681


関連記事

【数量限定】SFC再販『アイアンコマンドー』予約開始!! 11月30日発売!!


 スーパーファミコンの名作『アイアンコマンドー』の再販版が、いよいよ予約開始です。

(SFC/SFC互換機用) アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士
(Amazonリンク)


 発売は11月30日。
 価格は6998円です。

 限定3000本は、今まで一番少ない数字なんだそうです。もしかしたら売り切れになるかもしれません……

 以下、コロンバスサークルさんよりニュースリリースです。

2017/09/29SFC/SFC互換機用「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」が再販決定!
SFC/SFC互換機用「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」が再販決定!
あのSFCソフトの隠れた名作「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」が約22年の時を経て再販決定!
この商品の国内販売を弊社が務めることになりました。

「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」は今でもアクションゲームファンの間で高く評価されている、ベルトスクロールアクションゲーム。
ミュータントを作り出そうと企む敵集団「G.H.O.S.T」の野望を打ち砕くため、アイアンコマンドーチームの「ジャック」と「リー」が技や豊富な武器を駆使して戦います。
ステージは全部で10ステージ。「バイク」や「トロッコ」に乗って進んでいくステージもあり、プレイヤーを飽きさせない変化に富んだ仕掛けが満載です。
また、2人同時プレイも可能で、1人よりも更に幅広いアクションを楽しむことが出来ます。
レトロゲームファンはもちろん、アクションゲーム初心者でも十分楽しめるベルトスクロールアクションゲーム「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」!数量限定生産で11月下旬発売予定です。

■製造元/販売元 :BLAZEPRO
■国内販売代理店:株式会社コロンバスサークル
■発売日:2017年11月下旬発売予定
■希望小売価格:6998円(税込)

※純正SFC及びSFC互換機のすべてに対応するものではありません。製造時期等により動作しない場合があります。
※本ソフトは、Piko Interactive LCCのライセンス商品です。





関連記事
[ 2017/09/29 17:01 ] ファミコンニュース | コメント(7)
 ブログパーツ

『ゲームセンター文化論』著者・加藤裕康氏インタビュー メディアの進化に伴って変わるゲームの見方 他


<話題>
小池百合子「日本をリセット」発言にファミコンを連想するひとたち(togetter)
 反応にも世代間ギャップがあって興味深い


<ニュース>
埼玉県にて「RIKIの8BIT展」開催!!  9月30日(土)から来年3月まで(彩の国ビジュアルプラザ)
 けっこう長い期間やるみたい


<ATARI>
レトロな新型ゲーム機Ataribox、Linux搭載で来春に発売。価格は249ドルから (engadget)
 そういえば、Atariからニュースレター来てたなあ。


<ドラクエ>
【堀井雄二インタビュー】「勇者とは、諦めない人」――ドラクエが挑んだ日本人への“RPG普及大作戦”。生みの親が語る歴代シリーズ制作秘話、そして新作成功のヒミツ (電ファミ)
 「期待感が薄かった」と、いきなり切り込んでるのは流石です。しかし堀井さんの中ではゼルダとキャンディークラッシュが同列なんだなあ。まあ、らしいっちゃあらしいチョイスだけど。あとドラクエの「ゆるさ」に自ら言及しているのも興味深い。逆にそれが日本にRPGを普及させた要因だったんじゃないかな。あいかわらず『5』以降やったことないので、ネタバレになるため、そのあたりは飛ばし読みましたが、さすがに電ファミさん。数ある堀井さんのインタビューの中でも、たいへん興味深い話がたくさん聞ける良い記事でした。


<バージョン違い>
プロ野球 ファミリースタジアム87バージョン違い (zationのブログ)
 ファミコンソフトの中でも屈指の普及しまくってるソフトで、しかもレトロゲームブームの中、いまだに100円くらいで買えるソフトなだけに、この発見はいっそう興味深い。


<ゲーセン>
『ゲームセンター文化論』著者・加藤裕康氏インタビュー メディアの進化に伴って変わるゲームの見方(Automaton)
 ぬおお~、お堅いなあ。お堅いよ! 文章がぜんぜん頭に入って来ない。もっとこっちにレベル合わせてくれないと。いきなりユニセフの「児童の商業的・性的搾取」とか言われても、たいていのゲーマーは引くぜ。まあ、こういう視点も必要だってのはわかるけどさ。要するにこの先生は「ゲームに対する否定的な世間の目を何とかしよう」っていう目的でがんばってるんだと思う。
 ただ、この手の話は、立場によって考え方がいろいろなんだよね。たとえばメーカー側や流通側からしたら「商売が成立すること」がまず第一条件だろう。そのためにはゲームに対する風当たりはなるべく弱いほうがいい。一方、ユーザー側は「ゲームを楽しめること」が第一じゃないだろうか。法を犯さず、人様に迷惑をかけず、ゲームを楽しむことができれば、別に世間の風当たりなんて関係ないんだよね。個人的には、オリンピック競技になってほしいなんてまったく思わない。だってよくある話じゃない。この先生はどういう立場なのか知らないけどさ、クールジャパンとか言ってわけわからん巨大な組織が介入してきて、おかしな方向へ行っちゃうなんてシナリオ。サブカルチャーにはよくある展開だよ。
 昔、調べたことあるんだけど、庶民に普及していた娯楽にお上が介入したことにより、変に儀式化しちゃう流れなんかは平安時代からあった。したがって、そんなことでゲームが楽しめなくなっちゃうくらいなら、放っといてほしいんだよね。そこに、商売が絡んでくると、変なやつらがいっぱい入ってくるし、もうそうなってるのかな。よく知らないし、知りたくもない。こっちは業界人でも何でもないから、そんなことに詳しい必要もないと思ってる。あくまでも、ただのユーザーという立場を貫きたいわけよ。ただのユーザーとしてゲームを楽しみたい。それだけなんです。この先生には、そういうひとたちもいるってこと。頭の片隅に置いといてくれたら幸いです。



ゲームセンター文化論―メディア社会のコミュニケーション
加藤 裕康
新泉社
売り上げランキング: 33,153


関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR