『Desert Bus VR』とかクレーンゲームの歴史とか「低評価ゲームコレクション」とか


<ニュース>
SFC/SFC互換機の新作ソフト『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』が本日発売!!
(SFC/SFC互換機用) アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士
 今頃、我が家にも届いてるころかな。ちなみに現在Amazonはちょいプレミア価格


VR対応バス運転シム『Desert Bus VR』がSteamで無料配信開始。砂漠を貫く一本道を8時間走り続ける、ただそれだけ(Automaton)
 つい先日、ネタに取り上げた『Desert Bus』のVR版が配信スタート。このタイミングは偶然ではなくて、ただ単に私が先日の記事に「VR版が近いうちに出ること」を書き忘れただけという(笑)


<歴史>
ボツネタ供養:「クレーンゲームの歴史」後編(国内編)(ど~もeagle0wlです(再))
 業界サイドと警視サイドの攻防が熱い。けっこう文化って法律に左右されるよね。京都の町屋が細長いのは、間口の広さで税金が決まったという法律のせいだったのだけど、いつしかその細長い構造がイケてるみたいなことになってるじゃん。そういうの面白いよねって思った。
 あとアーケードゲームにはまだまだ埋もれているジャンルってあるみたい。ツイッターで見かけたけど「パンチングマシーンの歴史」なんか、けっこう埋もれてるらしいよ。実は高インカムであり、オペレーター人気も高いわりに、まだ誰も文化的に注目していないんだとか。



<レポート>
共産党が“国辱”の烙印を押した70万円のゲーム、生ゴミ臭い『E.T.』など──小説家・赤野工作の「低評価ゲームコレクション」はビデオゲームの“裏・歴史博物館”だった (電ファミ)
 私も打ち上げまで参加させてもらった工作員さんのイベントのレポート記事があがってる。本当に楽しいイベントでした。ここだけの話、生ごみの臭いがするという『E.T.』を嗅がせてもらったんだけど、鼻の調子がわるかったのか正直、何もにおわなくて、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいでした(笑)


<SEGA>
SEGA300種類以上の人気キャラクタアイコン画像を無料で公開中!!
 正直言って7割方わからない!!


<見逃しクン>
ビデオゲームの語り部たち 第1部:焼け跡に生まれ,スペースインベーダーとともに戦後のエンターテイメントを支えた「池袋ロサ会館」(4gamer)
 私が個人的に見逃していた先月の記事を紹介。スペースインベーダーと池袋ロサ会館の歴史。これは貴重。


<動画>
外国人「ファミコンのプレゼントで号泣してる自分のホームビデオを発見、恥ずかしいが見てくれ」(海外の万国反応記@海外の反応)


 ニヤニヤが止まらないなあ。これだけ喜んでくれると買った甲斐があるというもの。ちなみに今年のクリスマスプレゼント。下の息子は「わた菓子をつくる機械がほしい」と言うのでサンタさんに頼んでおくと約束した。 
 それから何日か経ったある日、下の息子に少しいじわるなことを言って遊んでいたら、怒った息子が、こんなことを言い返してきたのだ。「お父さんには、わた菓子つくらせてあげないからね!」うーん、ノーダメージ。どころかMP回復したわ!!(笑)






orotima-ku1.png近所のゲーム屋さんで買ったPCE『エイリアンクラッシュ』がタイトル画面はつくんだけどすぐに止まってしまう不良品だった。しかし気付いた時点で購入後、1週間以上たっていたので保証期間が過ぎており、泣き寝入りするしかない(泣)。エイリアンクラッシュだけにクラッシュしてたって話。やかましいわっ!!

関連記事

海外ゲームサイト「Polygon」が歴代ゲームソフトTOP500を発表!! 他


<ニュース>
AR機能も搭載?スマホ版新作『たまごっち』、2018年海外で配信 (moguraVR)
 ゲームボーイ版の裸ソフトが、いまだに10円くらいで売られてるイメージ。


スクエニ『キングスナイト』50万DL突破。今ならファミコン版ドット絵キャラもらえるぞ! (AppBank)
 ファミコン版、最後のステージがどうやってもクリアできない。


<海外ネタ>
マリオTシャツ「ふたりのお姫様とひとつのキノコ」が大人気(RedditGaming)
 なぜか向こうのひとたちの想像力を無駄にかきたてるデザインらしい。


クリアカラーの「N64型スイッチ」が目が覚めるほどCool!!(NintedoToday)
 ハンドメイド販売サイトEtsyにて販売中なんだとか。たしかにかっこいいけど、ハッカージュニアの名前を出すまでもなく、著作権がらみの問題が頭をチラつく。向こうはこういうファンメイド作品に寛大だよね。日本に進出する前のEtsyは本当に何でもありだった。チェックするのやめたので今はどうなってるのか知らないが……


<ランキング>
海外ゲームサイト「Polygon」が歴代ゲームソフトTOP500を発表!!(Polygon)
 またえらいこと始めたなあ。サイトの5周年記念企画。個人的趣味は排除し、スタッフ+識者で革新性・洗練性・永続性に基づく厳正な投票を行ったという。とりあえず500位から401位まで発表されてた。ちなみに500位は『BALLBLAZER』だったよ。ファミコンでも出てるあのボールブレイザー?
 まだ500位とはいえ、2017年までに発売されたPC、アーケード、コンシューマ、すべてのゲームが対象なんだよね。こりゃ色んな意味でこの先の展開が気になるぜ……


ボールブレイザー
ボールブレイザー
posted with amazlet at 17.11.28
ポニーキャニオン (1988-03-04)
売り上げランキング: 46,583



<音楽>
新たな未発表音源も収録!アイドル八犬伝の新作CD「アイドル八犬伝原盤ホエホエとらっくす通ぷらす」発売決定!アイドル八犬伝の原画展グッズ情報も続々と明らかに! (そうさめも)
 最後に『アイドル八犬伝』をプレイしたのは10年くらい前かもしれん。これを機にやり直すか。


<コラム>
88個のレトロゲームが詰まったFCHOME88でファミコンの理不尽な楽しさを思い出す(デイリーポータルZ)
 こんな記事があります。


もう1つの江川事件…『プロ野球?殺人事件!』の真実 (Baseball Crix)
 タイトルに「真実」という言葉があったので、何か面白い開発エピソードでも語られるのかなと思って読んでみたら、とくにそういう話はありませんでした。
関連記事

とあるクソゲーが10年間で4億円以上を集めている謎の所業


 『Desert Bus』は1995年にリリースを予定していたメガCD専用の未発売ゲーム『Penn & Teller's Smoke and Mirrors』に収録されていたミニゲームである。
 アリゾナ州のツーソンからネバダ州のラスベガスまで砂漠の中の道をひたすら走り続けるだけという内容が、あまりにも意味不明だったため、カルト的クソゲーとして知られている。


 ※8時間プレイ動画


 BGMは一切なく、車窓から見えるのは砂漠のみ。終点ラスベガスへ到着するのにリアルタイムで8時間もかかる上、クリアボーナスは1ポイントのみ。ゲームを中断しようとスタートボタンを押してもクラクションが鳴るのみという、のみのみ尽くしで、しかもバスは何もしないと右へ少しずつ寄っていき道を外れてしまうため、何らかの方法でアクセル(Aボタン)を固定して放置するというずぼらな手法さえ通用しないという鬼畜仕様となっている。

deza-tobasu01.jpg
 ※冒頭の場面より


 このゲームをプロデュースしたPenn & Tellerは70年代からラスベガスで活躍する、毒舌の大男と何も喋らないチビからなるコメディアンコンビ。ポリゴン技術などの進歩によってリアリティへ追求が加速していた当時のゲーム業界の風潮に対して、「実際に砂漠を走るバスをリアルに再現したらこうなりました」という、いかにも西洋的な皮肉を利かせたのだろう。
 クラクションが鳴るだけというスタートボタンの仕様についてもご丁寧に「人生にポーズ機能などありません」とマニュアルに書かれていたんだとか……

 
 そんなクソゲーが現在までに4億円以上のお金を集めていると聞いたら驚くだろうか?


 海外ゲームメディア「Polygon」によると、現在このゲームは2007年から開始された「Desert Bus for Hope」という慈善プロジェクトに利用されているとのこと。

deza-tobasu02.jpg
 https://desertbus.org/

 きっかけはこのゲームを入手したカナダのグループが、あまりにも退屈な内容に一計を案じ、「お金をくれた分だけゲームを続ける」という企画をストリーミング配信したことだった。面白がった視聴者がお金を投入しつづけ、結局、7万ドルも集まってしまい、おかげで彼らは5日と5時間5分も砂漠の中を運転し続けるはめになったという。

 このプロジェクトは現在も続けられており、今年だけ65万ドル以上が集まっている。過去10年間を累計すると、じつに400万ドルを越えるという輝かしい結果を残しているのだ。日本円に換算すると4億円を越える額である。


 集まった寄付金は「Child’s Play」という慈善団体へ託され、玩具やゲームなどに姿を変えた上で、世界中の100を越える病院にいる子どもたちへ届けられているとのこと。バスが乗せていたのは客ではなく玩具やゲーム。行く突く先はラスベガスではなく子どもたちの笑顔だったというわけだ。



orotima-ku1.png最悪のクソゲーと呼ばれたゲームが、
子どもたちのために役立ってるなんて、
世の中、何がどう転ぶかわからないね!




Souce:Desert Bus for Hope eclipses $4 million lifetime mark(Polygon)
関連記事
[ 2017/11/26 13:14 ] 謎・調査シリーズ | コメント(2)
 ブログパーツ

計50タイトル内蔵ゲーム機「GENERATIONS3」12月23日発売!!


<注目!!>
ゲームはいつから「人前でやっても恥ずかしくないもの」になったのか(現代ビジネス)
 これかあ。ゲーム関係者やファンの?マークを増産している記事は。たとえば「ゲームは大人が遊んでもおかしくない遊び」という認識は存在しませんでした」という一文を見ても、主語がでかい。悪魔の照明になってる等、かなり筋が悪い書き方するなあ。しかしながら全体的にはそこまで間違ったこと言ってるようにも思えない不思議。ただし、内容は「見るコンテンツとしてのゲーム」が主題で、ゲーム実況とかライトノベルについて述べているものなので、タイトル盛り過ぎた感は否めませんね。正直、全体的にあまり頭に入ってきませんでした!


<ガジェット>
レトロゲームが楽しめるゲームボーイ風デザインの携帯ゲーム機でプログラミングにより他用途でも使える「GameShell」(Gigazine)
 なんだこれは。


<書籍>
初代ダライアスが稼働してから30周年を祝うファンブック「D3O -ダライアスの30年-」が委託販売! (とんちき録)
 興味深い。


<レトロゲーム>
往年の名作タイトル内蔵ゲーム機「GENERATIONS」(ジェネレーション)の第3弾を発売!(プレスリリース)
d23079-9-865933-3.jpg
d23079-9-946109-2.jpg

 画像はプレスリリースより。第3弾でるんだあ。これだけ入ってると買わざるを得ない。『ファイターズヒトリーダイナマイト』は難しかったのかなあ。


<ぴゅう太>
ホーム読みものぴゅう太を愉快に健やかに遊んでくださいましね第1回:『ザナぴゅう』の巻(電脳世界のひみつ基地)



orotima-ku1.png最近、目を付けていたオークションをすっかり忘れる日々を送っています。30分前タイマーとか設定してても、タイマー止めた5分後には忘れてしまう(笑)


ジェネレーション3 Retro-bit GENERATIONSⅢ
JNNEX
売り上げランキング: 574

関連記事

巨大ゲーム&ウオッチとかゲーム保存協会とか 他


<ニュース>
デカ過ぎてひとりじゃ難しい! 実際に遊べる巨大「ゲーム&ウオッチ」(GIZMODE)

 向こうのひとはでかい○○が好きだね。何気に動画が日本語だ。

NPO法人ゲーム保存協会「ゲーム・アーカイブ」11月25日より公開(ゲーム保存協会)
>公開するのは本部アーカイブ室にある2万本以上の資料のうち、一般公開の準備ができている6300本のソフト。20世紀のPCゲームの歴史における重要な資料の数々が含まれています。 興味深い。


<レトロゲーム>
ハイドライド内藤氏、テグザー五代氏など登壇のレトロゲームトークショーを12月2日(土)開催! 新橋ツクモ(impress)


<グッズ>
宿敵Dr.ワイリーは土下座姿で立体化!ガチャ「ロックマン フィギュアコレクション」発売(impress)
 土下座といえばこのひと!


<インタビュー>
27年続くマンガ『スーパーマリオくん』の作者、沢田ユキオ氏にインタビュー。マリオに捧げた半生について聞く(1/2)(ファミ通)
 宮本さんに顔が似てる


<ゲーム業界>
ゲーム業界で、女性が子育てしながら働くにはどうしたらいいの? コーエーテクモ襟川恵子氏・芽衣氏に悩みを聞いてもらった【前編】(ファミ通)
 あとで読む


<任天堂>
11月21日は任天堂の日(記念日な毎日)
 なお、任天堂さん自身はとくに何も意識してない模様。


<画像>
この発想はなかった!「スーパーファミコン」を郵便受けとして再利用する素敵なおうち(そうさめも)
 私もマイホームのカスタマイズをいろいろと考えてるけど実現させるのはすごくパワーが要る。たとえば家の電気のスイッチをアーケード筐体のボタンにするとか。引き出しの取ってをレバーにするとかね。まず嫁さんを説得するという最初にして最大の難関を突破しなければならないし。


<オークション>
SFC『ストリートファイターIIターボ』春麗(チュンリー)の等身大パネルが落札されていた!!(ヤフオク!)
tyunnri-paneru.jpg
 等身大パネルは置くところがね。折って立てて保存しておくといつのまにか曲がってたりする。


<イベント>
豊橋で「三遠ネオフェニックス×三河港モーターショー」(東愛知新聞)
>会場には、ネオフェニックス・ミニバスケットゲームも登場。ミニサーキット市場体験やレトロTVゲーム、ミニ四駆作り教室のブースと合わせて、親子で楽しむ来場者の姿もあった。 気になる。


<書籍>
開発者へのインタビューを掲載、同人誌「ギャラクシアン創世記 -澤野和則 伝-」が店頭販売中(impress)
 すごいボリュームだ



orotima-ku1.png今日は盛りだくさん。

関連記事
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。