「スーパーマリオ3は起こらなかった」とある指摘が物議を醸す


 海外掲示板Reddit Gamingにて『スーパーマリオブラザーズ3』は起こらなかったという興味深い指摘が話題となっている。それはいったいどういうことかというと……

Showing how "Super Mario Bros. 3" was actually a stage play


 投稿者は「スーマリ3はステージショーだった」と指摘。以下のような証拠を挙げたのだ。

・オープニングでカーテンがあがる
・セットの影が背景にうつる
・多くのブロックは背景にボルトで固定されている
・ステージの出口がセットの終わり(暗い部分)。
・一部のセットは天井から垂れ下がっている。


 以上のことから彼はこう結論づけた。

 スーパーマリオ3は起こらなかった。それはまさにステージショーである。マリオたちはただ役者。危険はなかった。あなたはただの観客だ、と……

 この解釈について、以下のようなコメントが寄せられていた。

・いくつかのセットは裏へ行けるし
・白いところで↓押し続けるやつね
・いまさら気づいたのか
・危険はなかった? たとえショーでも死ぬことはある
・そして、スーマリ2(※)は夢だった

 ※海外の『2』はゲーム内容がまったく違った。詳しくはこちら


 実はこの指摘については宮本氏が公式に答えている。スーパーマリオ3はパフォーマンスに過ぎないのかという質問に彼は大きくうなづいているのだった。



orotima-ku1.pngいつから実際に起こっていると思っていた?



 出典:Showing how "Super Mario Bros. 3" was actually a stage play : gaming
関連記事
[ 2018/08/17 09:18 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ

キツネ風主人公 メガドライブ対応新作ACT『Tanglewood』が登場 他


<ニュース>
キツネ風主人公が活躍する、メガドライブ(とPC)対応の新作アクションゲーム『Tanglewood』が登場 - ファミ通.com
 はて、メガドライブの新作はSEGAが公式に「許可を出さない」と明言したはず(参照)。海外の話だからいいのかな。そのへんの事情はよくわからないが今の時代にメガドライブの新作がでることは素晴らしいこと。しかも作者のMatt Phillips氏は当時の開発機を入手して、当時の技術を学んでつくったんだとか。それを当たり前のように新作として発表し、ユーザーの手に届くようにしている。この情熱には素直に頭が下がります。

新潟のゲーム好き集まれ!「第2回昭和玩具とレトロゲームのみの市in新潟」&「ゲームインパクト学園 新潟分校」が9月に開催決定! | そうさめも
 新潟はレトロゲームが熱いですね!

あのなつかしのゲームや少女漫画も!東海エリアの無料ディープスポット4選 | ニコニコニュース
 「ガチャガチャミュージアム」は知らなかった

【紀元前からeスポーツまで】ニコ動で教養番組「じっくり学ぶ。ゲームの歴史。」の配信をスタート!ゲームアナリスト・平林久和氏が解説:時事ドットコム
 興味深い

任天堂の名機「スーパーファミコン」ではどのようにして音楽が作られていたのか? - GIGAZINE

<オークション>
NG ネオジオROM メタルスラッグ METALSLUG 正規品 NAZCA 箱説付 05(ネオジオ)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com)
落札価格 1,141,000円なり。

<コレクション>
声優・木村昴さんのコーラの空き缶コレクションが圧巻 お友達が「エアガンでこれ全部打ち抜きたい」→確かにそんな気持ちになるほどズラリと並んでた - Togetter
 これは素晴らしいコレクションだ

<togetter>
「結婚したんだからそんな趣味やめて」自分の趣味が火種になって離婚した話「結婚前の取り決め大事」「結婚後に豹変されたら…」 - Togetter
 趣味はほどほどにしないとね(お前が言うな)



orotima-ku1.pngとくになし



OLD GAMERS HISTORY Vol.16 スポーツゲームレースゲーム熟成期編

メディア・パル
売り上げランキング: 20,112

関連記事

これが医学の進歩か FC「ドクターマリオ」TASで猛烈なタイム更新合戦発生中、1カ月でタイムは55秒→17秒 他


<注目!!>
これが医学の進歩か FC「ドクターマリオ」TASで猛烈なタイム更新合戦発生中、1カ月でタイムは55秒→17秒 - ねとらぼ
 こんなバグ技、知らなかった

<ニュース>
ダウンタウン松本人志、人生をファミコンゲームに例えると…その答えにネット上に「深い!」と共感の声 - zakzak
 ボンバーマンはたしかにファミコンがデビュー作品だが対戦となるとPCエンジンのイメージ。それにしても皆さん、共感力が高いんですね。

ゲームレガシー : 「XBoxの生みの親」が挑む、史上初のゲームROMを探し出す試み~アタリ1974年のアーケードゲーム「グラントラック10」
 ゲーム考古学への貢献の仕方、見習いたい

操縦方法「ビデオゲーム」で学んだ  76人乗り航空機盗み自殺した男 - 47NEWS
 76人乗ってる飛行機かと思った

<任天堂>
任天堂の歴代ハード販売台数は7億台以上――やはり最多はDS
 >最も売れたゲーム機はDS(1億5402万台)だ。同社の最も売れた据え置き機はWiiで、こちらは1億163万台の販売実績を記録している

<エレメカ>
逆に新しい! 沖縄・宜野湾にある昭和レトロなゲーム台が世代を超えて人気【島ネタCHOSA班】 - 琉球新報Style - 沖縄の毎日をちょっと楽しく新しくするウェブマガジン。
 年期入りまくり

<ゲーム&ウオッチ)
・8月29日発売「ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ」
ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ (G-MOOK)
前田 尋之
ジーウォーク (2018-08-29)
売り上げランキング: 1,179




orotima-ku1.pngとくになし

関連記事

ぶっちぎりで予選突破したのに、、、『スーパーモンキー大冒険』全国大会で起こった知られざる悲劇の物語


◆ながいたびがはじまる..◆

 世の中にクソゲー数あれど、作者自ら「ボツにすべきだった」と慙愧の念を表明してしまったクソゲーは『元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険』の他にはないでしょう。

nagaitabi1.jpg
作者公認&謝罪!! 伝説のクソゲー『スーパーモンキー大冒険』の発売記念に開かれた謎の全国大会「天竺ファミコンゲーム駅伝」がとんでもねえ一大イベントだった件(2018/05/24)

 しかもこれ、クソゲーのご多分に漏れずクリアはおろか、プレイすることすら困難な内容だったにもかかわらず、「天竺ファミコンゲーム駅伝」というクリアまでの時間を競う大会を全国規模で実施するという狂気の沙汰(ミラクル)を成し遂げているのです。

 それは今から30年以上前の出来事でした。

tennjiku5.jpg
 出典:87年当時の雑誌「ファミ通」より、大会の日程など

 今回はそんな全国大会で起こった知られざる悲劇の物語へ迫りましょう。出典は2002年頃、ひっそりとWEBアーカイブ化されていた参加者の手記です……

 ………………
 …………
 ……


◆超バブリーな全国大会◆

 当時中学生だったH君(仮名)は同級生のゲーム友達と「天竺ファミコンゲーム大会」の大阪地区大会へ出場。ぶっちぎりで予選を突破しました。そのときの様子が以下のように綴られています。

一人ずつチェックポイントで交代しながらゴールまでプレイし、ゴールまでのプレイ時間を競うというルールで、私のチームは最初のコマンド入力に失敗してタイムロスしたにもかかわらず、2位以下に大差をつけてブッちぎりで優勝した記憶があります。

 朝、わずかなおこづかいだけ持ってどこかへ出かけて行った息子が、大きなダンボール箱(賞品のラジカセ)を抱えて帰ってきたので、親御さんにビックリされたんだとか。そりゃ、ビックリするわ(笑)

monkytenjiku01.jpg
 ※同ソフト説明書より。当初は「親子」というくくりだったがのちに撤廃された模様


 そして迎えた決勝大会。手記ではその超バブリーな内容が参加者ならではのリアルな言葉で語られていました。

・会場はヒルトンホテル
・食事もイタリア料理などでかなり金がかかっていた
・優勝賞品はTV、準優勝賞品はビデオだった
・「藤木まり」とかいうデビュー前のアイドルがゲストで来ていた
・新幹線等の交通費、宿泊費、食費はすべて向う持ち

 VAPさん、どんだけ金余ってたん……



 この待遇には、ファミコンにあまりいいイメージの無かったH君のご両親も態度が一変。チームメイトと練習をしていたら珍しくおやつを出してくれたり、帰り際「ご苦労様」なんて言ってくれたりという漫画みたいなエピソードが笑えます。




◆盲点をついた秘策◆

 実はH君には優勝に絶対の自信がありました。なぜなら彼は時間を操ることができたからです。予選をぶっちぎりで突破できたのは、この秘策のおかげでした。

このゲームにはタイムゲートというものが存在し、それはゲーム内の時間で夜にしか開かないのです。(中略)この大会で優勝するためには一つのキーポイントがあって、それはマップ画面よりも戦闘画面の方が時間の進み方が速いということなのです。

 彼はこの挙動を利用して、タイムゲートの手前で戦闘を終えたあとにわざと戦闘画面から抜けず待機することでゲートが開くまでの時間を短縮するという、離れ業をやってのけていたわけです。

Smonky1.jpg
 ※戦闘画面

 しかも他のチームはそれに気づいてなかったようで、H君のチームは決勝大会でもぶっちぎりの早さで序盤をリードしました。




◆思わぬアクシデント◆

 大阪チームはやい!
 大阪チームはやい!

 司会者のボルテージも最高潮に達します。しかしそんな彼らを思わぬアクシデントが襲いました。さんざん練習したパターン通りにゲート前で敵が出現しないという緊急事態が起こったのです。その理由は思いもよらないものでした。そのときの鬼気迫る様子を、少し長めに引いてみましょう。

私達はぶっちぎりでタイムゲートの近くまでやってきました。そして、散々練習したパターンではその時点で夕方になっているはずだったのですが、そのときはいつになく快調に進んでいたため、まだ昼間だったのです。ここで、戦闘画面で時間を調整して夕方になってから先に進めば良かったのですが、まあ大丈夫だろうと思い、そのまま進んだのが運のツキだったのです。パターン通りではゲート手前で戦闘になるはずが、昼間だったので敵が出ない!慌ててもう一つ手前の戦闘ポイントまで戻ったが、それでかなりタイムをロスし、その後はもうボロボロで結果は4位か5位に終わりました。

 あーあ、、、

 この一連の流れに、私は思わず古代中国の思想書『韓非子』のエピソードを想起せざるを得ませんでした。それは、とある武将が戦で想定以上の成果をあげたにもかかわらず「想定通りでなかった」という理由で処罰されたというムチャクチャな話です(笑)

韓非子 (中国の思想)
 ※詳しくは「刑名参同」でググってね

 たいていのひとは「むしろ褒めてやれよ」と思うでしょうが、情勢が不安定だった古代中国では、それほどまでに賞罰システムを厳密化する必要があったのでしょう。あるいは戦況を分析し、目標をたて、ピッタリその通りに行動できるくらいの能力がないと生き抜くことができない理不尽な世の中だったのかもしれません。いずれにせよ平和な日本に生きる我々には理解したがいことですが、少なくとも私は韓非先生に「物事はうまく行き過ぎてもダメなんだよ」って言われているような気がしたのです。

 どうやらH君の三蔵法師は「韓非子」を読んでいなかったようですね、、、




◆H氏のモンキー評◆

 そんなこんなで、優勝したのは南九州地区代表で唯一の高校生チームでした。しかし時間を操るカラクリについては彼のチーム以外、スタッフを含め、誰一人として気づいてない様子だったとH氏は述懐します。

大会後、大会スタッフの人が、スーパーモンキー大冒険のカセットを記念に持って帰ってもいいと言った途端、「売りに行こう」といってみんなで取り合いになったのは非常に微笑ましい思い出。

 いやいや、せめて家まで持って帰ってあげて!(笑)

tennjiku4.jpg
 ※大会の様子を伝える当時の記事


 気になるのはそんなH氏が純粋にゲームとして『スーパーモンキー大冒険』をどう評価するのか、という点ですが、彼は次のように断言しています。

で、私自身のこのゲームの評価ですが、それははっきり言ってクソゲー以外の何物でもないです。

 結局、クソゲーかいっ!

 H氏は具体例を挙げつつ本作をを説明不足で、不親切で、不条理なクソゲーとこき下ろします。しかし、言葉は続いてしました。

ただ、不思議なことに私はこのゲームのプレイがそれほど苦痛にはならないのです。

 なんと、彼は決して快適とは言えない遅い歩みはむしろ中国大陸の広大さを表現しており、行く先々で襲ってくる妖怪たちも地道な旅を続ける三蔵一行の困難を実感できる舞台装置だとして、本作を最高の西遊記シミュレータであると評してみせるのです。

 この、
 圧倒的、
 当事者の視点よ!



◆その魅力を再認識◆

 ――私はつくづく思います。

 ゲームは体験なんだなと。たとえ作者すらクソゲー認定しちゃうような残念なゲームであっても、こうやって子どもの頃に一生懸命やったことってのはいつまでも憶えているものですよね。ましてや全国大会に出場できるほど打ち込んだものならば、その経験はきっと彼の人生のプラスになっているはずです。それどころか、他者にも影響を及ぼすことだってあるでしょう。現に私はこれほどまでに独創的で素晴らしい『スーパーモンキー大冒険』評を読んだことがありませんでした。彼が発見した「時間を操る秘策」を試したくなりましたし、何より、さんざん酷評され嘲笑されネタにされてきたこのゲームの魅力を、今さら再認識させられるなんて思ってもみなかったのです。

 誰かのゲーム評を読んで「ありがとう」という気持ちが湧いたのは何年振りでしょうか。もしかしたら初めてかもしれません……

 ちなみに、H氏が獲得した大阪地区大会の優勝楯と、全国大会の参加記念楯は、当時いっしょに東京(決勝大会)へ行った親父さんの手によって実家に飾られているとのことです。きっと30年経った今でも大切に飾られているんでしょうね。手記では「親バカ」なんて揶揄されていましたけど、今ではむしろ、この親父さんの気持ちのほうがわかるような年齢になっちまったよ。いやだねえ(笑)



orotima-ku1.pngおしまい



 引用元:元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険(クソゲー兄弟仁義)-Web Archive
 ※前回のコメント欄で情報提供いただきました。ありがとうございました。

関連記事
[ 2018/08/12 10:46 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ

任天堂・宮本茂さんが「給料」について語る貴重な映像


 ツイッター上で何やら任天堂の古い映像が紹介されていました。



 インタビューを受けるのは宮本茂氏。『スーパーマリオブラザーズ3』の制作中と見受けられ、1988年頃の映像かなと思われます。内容ですが、どうやら給料のことを聞かれたようで「給料の話ですか!?」と困惑している様子がうかがえます。その中で彼は以下のように述べました。

 成功したからもの凄いギャラをもらうということはなくて、会社は「大きなスポンサーが居てくれる」という感覚なんです。僕らにとって。


 個人でつくっていた場合、締め切り時間が来たら工場へ送られてしまうが、納得するまで作らせてもらえる、と言葉が続きます。素人考えでは個人のほうが融通が効くような気もしないでもないですが、きっと良い環境だったのですね、、、



orotima-ku1.png若いっ



Nintendo Video Game Designer Shigeru Miyamoto (Stem Trailblazer Bios)
Kari Cornell
Lernerclassroom (2016-01-01)
売り上げランキング: 59,810

関連記事
[ 2018/08/11 09:53 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。