たった一人のファミコン少年タイトルGIF

中国ネット紙がツッコミどころ満載の記事を掲載「ファミコンはわが国で一時代を築いた」


 中国の新聞「人民日報」ネット版に、なにやらツッコミどころが満載の記事が載っているという情報を提供いただきました。ありがとうございます。

中国のゲーマーが懐かしのファミコンソフトを投稿 (人民網日本語版)
tyuugokuge-ma-.jpg

 内容的にはこうだ。

 中国のゲーマーが自らのファミコンコレクションをネットに公開し、話題になっている。ファミコンは『スーパーマリオ』などの大ヒットで、中国でも一時代を築いた。初めて触れたゲーム機がファミコンというファンも多いだろう。
 公開されているコレクションはその数もさることながら状態も良い。これらの懐かしいファミコンを見て、少年時代の思い出に浸ってみるのもいいだろう。


 べつに普通のこと書いてあるよね。

 じゃあ、何がツッコミどころ満載かというと、まずはこの記事に載ってる写真を見てくれ。ハドソンの『魔神英雄伝ワタル外伝』だが、何かおかしい。そう、本当はこのカセット、普通サイズなのに、なぜかジャレコみたいな大きい形状になっているのだ。

 つまりこれはパチ物(不正コピー商品)なのである。

 他の写真のものはそうでも無かったのに、なぜわざわざこんなパチ物を最初の写真にしたのか。もし日本の新聞だったら赤っ恥だろう。彼らはパチ物と知らなかったのか、知ってて何とも思わないのか、どちらにしても恐ろしい。考えられない写真である。


 で、一番のツッコミどころは「そもそもファミコンは中国で正式発売されてない」ということ。任天堂がファミコンを販売していたのは日本以外では、北米とヨーロッパ、オーストラリアくらいなのだ。
 韓国の現地メーカーに「ヒョンデ・コンボイ」という韓国版ファミコンを販売させていたのが唯一の例外かもしれない。

konboikankoufamicom.jpg
 イメージ図

 そんなファミコンがなぜ中国で一時代を築くことができたのか。
 もう皆さん、お察しの通りである……




レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

サイバーガジェット 2015-10-31
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2012/10/26 23:44 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ
時候になるのかな。クローン、デッドコピーか。他ページだと日本版カセットもありますね。輸入したのか。
1591. [ 2012/10/27 00:05 ] [ 編集 ]
香港であれば正規版が流通していたようですが意味が解らないのが
NESとファミコン両方同時に売られていたらしいのです。

紅白機で探せば出てきます。

それがのちにコピーカセットや互換機等の形でで他地域に普及してしまっ他と思いますが。
1592. [ 2012/10/27 09:29 ] [ 編集 ]
韓国もNESとコンボイが平行で売られていたという話ですね。
1594. [ 2012/10/29 11:32 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR