無骨でかっこいい!! ソ連のアーケードゲーム機とその歴史


 モスクワにあるオフィスビル「ジャパンハウス」のブログ記事で、ソ連のアーケードゲーム博物館が紹介されている。

懐かしのゲームにハマろう!(ジャパンハウス)

 ようはソ連時代のアーケードゲームが展示されている、モスクワにある博物館なんだそうだが、これがなかなか興味深い。館内はさびしいくらい広々していて、古い倉庫のようだ。



 展示されているマシンはほとんど実働品で、なんでもロシア中のアーケードマシンをかき集め、ボロボロになった物は職員がレストアして展示しているのだという。


 公式サイトも存在し、しかもweb上に再現されたゲームを無料でプレイできるとか。

 こちら↓

sorenake-do.jpg

 
 ブログ記事では当時のロシアのアーケードゲーム事情も詳しく記載されている。ロシアのゲーム事情なんて聞いたことなかったから、新鮮で面白いです。軍事工場で作られてたってのが驚きだ(笑)

 とにかく素晴らしいレポート記事です。興味あるひとは是非読んでみてください。



池上彰のそこが知りたい! ロシア池上彰のそこが知りたい! ロシア
池上 彰

徳間書店 2015-08-27
売り上げランキング : 19912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2013/03/19 23:17 ] レトロゲーム | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR