たった一人のファミコン少年タイトルGIF

今ファミリーベーシック関係が熱い!


 ファミリーベーシック関係は当時から一部のマニアにしか需要がなかったため割と高価で、さらに絶対数が少ないってのと、それゆえ現代に至ってもなお、まだまだ未知の領域であるということがあり、思わぬものが思わぬ値段をつけたりする。
 ゲームポシェットは、ファミリーベーシック専用のプログラムが24種類も入ったテープとその解説本のセットのことである。定価1980円と割高なのは前述の通り。さてそのゲームポシェットが最近オークションに出たのだが、100円スタートで終わってみれば1万1500円という高値がついた。実に115倍である。こちら
 テクノポリスソフトという聞いたことの無いところから発売されているが、似たようなものに少年メディアというものがある。そういう私オロチはいくつか所持してるので、いつか掲載したいと思う。
 ファミリーベーシックといえば、ちょっと前にファミコンテレビシャープC1専用のファミリーベーシックと言われるものがオークションに出品されていたが、結局どうなった見過ごしてしまった。おそらく高値で終了したことだろう。
 
 ポシェットとはフランス語で、肩からさげる長いひものついた小型のバッグのことだそうだ。昭和レトロって感じの言葉だね。で結局、ゲームポシェットのこのフィーバーは何なんだっていう話だけど、まあたまたまこんな値段になったんじゃないかなというのが冷静な意見である。ちなみにファミリーベーシック関係って、なぜいちいち関係と言う言葉をつけてるかというと、ベーシック本体はそれほ人気がないからだ。
 しかし逆に周辺機器などその他のファミリーベーシック関係は長い間、その価値を下げていない。これから注目しても損はないと思うぞ!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR