たった一人のファミコン少年タイトルGIF

ついにPS2とXboxがレトロゲームの仲間入りを果たす 他


<ニュース>
ついにPS2とXboxがレトロゲームの仲間入りを果たす (インサイド)
 【E3 2013】ビデオゲームヒストリーミュージアムをフォトレポ ― PS2とXboxもレトロゲーム入りというインサイドの記事。レトロゲームのいいところは、こうやって、どんどん仲間が増えるところかな(笑)


<ファッション>
『戦場の狼』『ソンソン』のTシャツとiPhone5ケースが発売決定(ファミ通)
 うーむ、あえて率直な意見。もうちょっと、デザインにメッセージ性みたいなものがあったら、もっとかっこよくなったと思う。


<クソゲー>
『スペランカー』は何故“クソゲー”と思われているのか(やまなしなひび)

 『スペランカー』はどうやって遊ぶと楽しいのかわからないまま、クソゲーの烙印を押されていると主張。最後のほうにも書いてあったが、その「どうやって遊ぶのか」という部分は、プレイしてるうちに自動的にわかっちゃうゲームが理想ではないだろうか。
 かの横井軍平氏も「キャラクタの動きがゲームの説明になってなければならない」というようなことを言っておりました。説明書などいらないと。面白いゲームというのは、誰がやっても自然と“どうやったら楽しいのか”がわかるゲームだと、僕も思います。

 そういったゲームデザインの観点から見ると、スペランカーにはそういう設計なり配慮なりがあったとは、とうてい思えない。でもゲームの楽しみは何もそれだけじゃないはずで、たとえば極端な話、「死にっぷりが面白い」という逆説的な観点もあるはずです。「よーし、いっちょ死んでみるか」とスペランカーをプレイする奴がいたとしても自由だ。たとえそれが製作側の意図じゃなくてもね。
 いわば『スペランカー』なら『スペランカー』というハード上で、自分というソフトをいかに表現できるか。自己表現という意味での自由度の高さ。そういったところが、そのゲーム(とくにレトロゲーム)が良作か否かを決定する要素だと思います。



<ドラクエ>
「じゅもん」と「まほう」の違い(おわライター疾走)
 興味深い話。もっと掘り下げると面白いかも。


<MSX>
思い出のMSX 名ゲームに名旋律あり(花の絵)


<コラム>
「アトラス。大好きだよ。」元セガ。元ゲームディレクターからの「真・女神転生Ⅳ」へのラブレター。(TECKWAVE)
 最近なにかと話題のアトラスの記事。



スペランカー先生 ~フラッシュアニメDVD~ 特装版
定価:¥ 3,990
新品最安価格:¥ 9,990 (3店出品)
中古最安価格:¥ 5,770 (9店出品)
在庫:在庫有り
レビュー平均:3.43.4点 (5人がレビュー投稿)
4.04.0点 サンプルでご判断を
2.02.0点 通常版で十分
3.03.0点 4コマをそのままに
発売日:2011-03-16
by 通販最速検索 at 2013/06/14
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR