近所の老舗文房具屋さんの閉店セールにて横井軍平氏が手がけた「伝説のパズルゲーム」発見!


<淡い期待>

 地元の文房具屋さんが閉店セールやってるという情報が入った。

 その文房具屋さんは僕が小学校のころからやってる老舗で(たぶん30年くらいやってた)、雑貨や手芸道具なんかも手がける、わりと大きな店舗だった。

 そんなお店がこの度、全品50%~90%オフの閉店セールをやっていると聞いたもんだから、20年ぶりに行ってみたというわけ。もしかしたら古いマリオグッズとか、任天堂の商品があるかもしれないし、万が一『アイアムティーチャー』とか掘り当てたら……

 といういやらしい気持を胸に秘めつつ。



<お宝ゲット!>

 店内に入ると、もうすでに閉店セールは佳境を迎えていたようだ。そこかしこに積まれた段ボールの山(おそらく倉庫からありったけの在庫を店内に運び入れたのだろう)が通り道をふさいでおり、ところどころ商品が散乱していた。

 入口付近のショーケースの中には、シャーボという高級シャープペン(高い物は1万円越え)がズラリ。発売当時のポップそのままに、整然と並べられていた。半額だったので思わず欲しくなったが、シャープペンを使う機会がまったくないので思いとどまった。
 
 ふと壁の張り紙を見ると「麻雀牌半額」の文字。奥の棚には任天堂の麻雀牌があった。任天堂の麻雀牌は最高級品はいまでも高値で取引されているが、ここにあったのは、そうでもないシリーズのものだった。そもそも麻雀する機会がないということでパス。


 次に胸を躍らせ手芸コーナーへ。出るかアイアムティーチャー!

 期待が高まるが、結果はもちろん×。その後、店内をまわるも目ぼしいものは無し。まあ、もともとダメ元だったし、懐かしい気分にひたれたので良かったかなと諦めかけたそのとき、カウンターのショーケースの中に何やら怪しい物体を発見!

 こ、これは……



<伝説のパズルゲーム「テンビリオン」>

 横井軍平氏がルービックキューブに対抗してつくったという伝説のパズルゲーム「テンビリオン」やないかいっ!

 当時、玩具メーカー各社がルービックキューブに続けと、類似パズルゲームを次々に発売、撃沈する中で、このテンビリオンだけはそれなりにヒット。なぜかドイツで大流行したという。これ、任天堂初期玩具の中ではそれほどレアでもないけど、前から欲しいと思ってたんだよね。半額で2個ゲット。やったぜ!

tenbirion.jpg


 ということで、さっそく家に帰ってやってみた。予想以上に難しいぞ。まったくそろう気がしない(笑)

 ちなみにこれ、2007年にクラブニンテンドーの会員限定グッズ「スターテンビリオン」として復活している。さすが名作。今でも攻略情報などを載せているサイトがあるとか。根強いファンがいるんだね……

 で、念のために調べてみたら普通にamazonでも売ってたよ。おい、売ってるんかい!

テンビリオンテンビリオン

任天堂
売り上げランキング : 77727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
横山文具店?
2360. [ 2014/03/12 00:23 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR