たった一人のファミコン少年タイトルGIF

レトロゲームのスタッフロールにふざけたペンネームが多い理由


 ファミコンなどレトロゲームのエンディングに流れるスタッフロールを見て「やけにペンネームが多いな」と思ったことはないだろうか?

sutahhureoru.jpg
 ※当時のスタッフロール(イメージ図)


 たしかに僕も、ものすごい苦労してラスボスを倒して、感動のエンディングを迎えたゲームのスタッフロールに、ふざけたペンネームを見つけ、ほんのちょっとモヤっとしたことあるけども(笑)、けっこう和気あいあいとゲームをつくってるんだなあ、程度に思っていた。

 しかし、そこには、ある深刻な事情があったのだった。


 こちらの記事で、その当時のスタッフロール事情が語られています。

ファミコン~PCエンジン後期のスタッフロールについて (Colorful Pieces of Game)

 なるほどね。

 当時、ゲームは少人数でつくっていた。でもスタッフロールがすぐ終わっちゃったら残念だ。そこで苦肉の策ってわけか! 詳細はリンク先へ。
 


ドラえもんドラえもん

ハドソン 1986-12-12
売り上げランキング : 13489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2014/05/19 10:15 ] ファミコントリビア | コメント(3)
 ブログパーツ
当時はスタッフの名前を表に出さない会社が多かったから、ってのもあるかも。
所謂引き抜き対策?みたいな感じで。
2447. [ 2014/05/19 15:59 ] [ 編集 ]
引き抜き対策ってのは建前のような気がします。
ペンネーム有りの人がCDで顔出しのインタビューとかあったし、同じ業界人ならスタッフの名前くらい調べることは可能だったでしょう。
リンク先のような理由とか、日本人はシャイだからというのが大半の理由だと思います。
2449. [ 2014/05/19 18:16 ] [ 編集 ]
リンク先の岩崎さんがtwitterで言ってましたが
今はペンネーム表示についてまことしやかに
「引き抜き対策であった」と言われることが多いが
実際にそれを意識してペンネーム表示されるようになったのは
後年になってからのごく一部
ということですよ。
2450. [ 2014/05/20 01:02 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR