30歳で亡くなったゲームライターの軌跡『ゲーム・レジスタンス』発売


 2014年5月30日、1冊の単行本が刊行された。

ゲーム・レジスタンス (GAMESIDE BOOKS)

 『ゲーム・レジスタンス』はゲームライター故・原田勝彦氏が生前、「ユーズド・ゲームズ」「ナイスゲームズ」「ユーゲー」「ゲームサイド」などに寄稿したコラムや攻略記事などをまとめた遺稿集である。

 原田勝彦 (別名:ゲーモク)
 1978年生まれ、秋田県出身。2000年頃からフリーライターとして数々のゲーム雑誌で執筆活動を展開。2006年、自動車業界へ身を置きながらも「ゲームサイド」連載コラム「ゲーム・レジスタンス」などを手がける。
 2008年9月4日、交通事故により他界。享年30歳だった。


 原田氏が活動した2000年代のゲーム業界は、まさに激動の時代。スクウェアエニックス合併、セガサミー合併、ハドソンがコナミ傘下に、 タイトーがスクエニ傘下に、バンダイナムコ合併、と業界の構造が目まぐるしく変化した。
 また、2000年にNTTドコモから「アプリ」搭載の携帯電話が発売され、のちのモバイル・ソーシャルゲーム市場の大勃興へとつながっていく。

 そんな、移り変わっていく時代の中で、原田氏はあくまでも純粋に、そして熱く、ゲームを楽しむことを求めた。
 本のタイトルにもなっている代表的連載コラム「ゲーム・レジスタンス」の名からも想像できる通り、彼の得意ジャンルは、シューティングゲーム・レースゲーム、ハードではメガドライブなどマイナー系だったという。

 原田氏は自虐的・感情的な文章で、多くの読者を生んだが、コラムの内容は次第に、フリーライターの不幸話みたいになっていき、やがて彼はぜんぜん別の仕事に就きながらも、コラムを継続することとなった。

ゲーム・レジスタンス (GAMESIDE BOOKS)ゲーム・レジスタンス (GAMESIDE BOOKS)
原田勝彦 ゲームサイド編集部

マイクロマガジン社 2014-05-30
売り上げランキング : 854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 気になる本の内容だが、公式サイトによると、連載コラム「ゲーム・レジスタンス」計100Pに加えて、掲載当時、著者の希望と提案により各誌に執筆・掲載された記事を多数収録とのことです。

 著者のゲームライターとしての軌跡をたどる(裏表紙より)一冊となっているようです。
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR