任天堂公認のマリオ改造ソフト『マリオメーカー』発売へ


 小学生のころ、ノートに自作のマリオ面をつくって、鉛筆でなぞって遊んでた、お父さん、おめでとうございます。

marikemeka-01.jpg

 6月11日、任天堂が新作ソフトを発表した。その名も『マリオメーカー』

 なんでも、マリオのステージが自由につくれるゲームなんだとか。しかも嬉しいことにドット絵風のグラフィックも選択可。もちろんBGMや効果音もファミコン風になるようだ。

 Wii U専用ソフトで2015年発売予定である。


marikemeka-02.jpg

 たとえば、敵をこんな山盛りにしたり。


marikemeka-04.jpg
 
 こんなイタズラなんかできちゃう。(どうなるかはプロモーション映像を見てね)

 ただ、あくまでもドット絵風なので、ファミコンそのままというわけにはいかないみたいである。画面の比率も違うし。しかし、マリオが作れるってだけで、1本のゲームになっちゃうんだから凄いよね。もちろん任天堂さんのことだから、ただ作れるだけじゃないと思いますが、それだけ『スーパーマリオ』が凄いゲームなんだってことだ。

 これはつまり、とうとう『スーパーマリオ』がハードになったということである。

 僕は常々思う。本当に優れたゲームっていうのは、もはやソフトじゃないんだよね。言わば、僕たちの「イマジネーションという名のソフト」を再現してくれるハードになってしまうのだ!

 また僕、訳の分からんこと言ってますね。この辺でやめておきましょう(笑)


 詳しくはプロモーション映像をごらんください↓

関連記事
[ 2014/06/11 22:33 ] リメイク・新作 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR