69年間続いたゲームショップが閉店「最後の言葉」にぐっとくる


 とあるチラシがツイッターで話題となっている。




 愛されて69年間ということで、1945年の創業ってことになりますね。

 もともと玩具屋さんだったのでしょうか。そういえば僕が3年くらい前に住んでいたまちの、近所の玩具屋さんも、ずっとシャッターがしまったままです。そこは昔は玩具屋、今は駄菓子屋として、子供たちの憩の場なっていました。僕自身も子供のころ何度か祖母に連れられて、玩具を買ってもらったことがあるそうです。(あまり憶えてないですが)
 たまたま祖母のうちの近所にアパートを借りたので、今度は親となった僕が子供を連れて、その店で駄菓子を買ったりしていました。道路に面した棚には真っ白になった(日焼けでしょうね)幼児向けの玩具が並んでいたのが印象的でした。

 店主のおじいさんに「この玩具は何ですか?」と聞いたら「もう古いから……」となぜか、申し訳なさそうに言われたことが思い出されます。きっと、片づける気も、売る気もなかったのでしょう。本当に、そこは突然の閉店でしたね。


 そう考えると、こうやって最後に、子供たちへ言葉を届けられるっていうのは、ある意味、幸せな閉店の仕方なのかもしれません……



69 sixty nine (集英社文庫)69 sixty nine (集英社文庫)
村上 龍

集英社 2013-06-26
売り上げランキング : 64377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR