文部科学省「ゲームプレイ時間が短い子はテストでいい成績を取れる!」


 文部科学省が実施している全国学力・学習状況調査によると、テレビをみる時間や、ゲームをする時間が短い児童は、テストで正しい解答する確率が高いという結果が得られた。
 あたりまえです。ありがとうございました。詳しくはこちらの記事

 かと思えばゲームは社会性をはぐくむっていう記事もあった。こちらの記事。こっちはアメリカの調査なんだけど、ゲームをやってる子の中には、なんらかの慈善事業に寄付したことがある人が多いとか。文化の違いだと思えなくもないけどね。
 
 いい成績は取れないが社会性は育つってことでいいですか。なんだかね。
関連記事

[ 2008/09/18 12:28 ] ゲーム業界 | コメント(1)
 ブログパーツ
自分の友達はほぼ毎日ゲーム8時間以上オンラインゲームしてるんですけど、頭良いですよ。
高校時代まで、全教科50点以上はとってたと思います。
(まぁ、公立の学校でしたけどね。)
192. [ 2008/10/07 00:44 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。