任天堂の「警告書」が公開されちゃった!!


 なんだか物騒なというか謎めいた情報です。なんでも任天堂著作権を侵害してるようなサービス、つまりエミュレーター関係の悪さをしていると任天堂から警告書が届くそうなのだが、それが初めて公開されちゃったというのだ。さらされているのはFOMAでファミコンができるというサイトの管理者に送られたもの。

 内容はかたすぎて1行で読むのやめたけど、なんだか怖いよ~。
(情報元:Gigazine
関連記事
[ 2008/10/17 11:44 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
任天堂はハード(FC互換機、あるいはFCリサイクル品など)については緩いようだけど、ソフトについては厳しく対応していくようだね。
やはりDSソフトが発売とほぼ同時にROMイメージがネット上に出回り、ネットで落としてタダでゲームをするやつらが増えたからか。
オイ!エミュとか使うやつら!!中古でもいいから本物を買え!と言いたい。自分は本体の自作などは行うが、本物以外は興味ないからね。
200. [ 2008/10/19 19:10 ] [ 編集 ]
>>ハードについては緩い
そうでもないですよ。
ttp://www.tea4two.jp/blog_tencho/index.php?eid=144
201. [ 2008/10/21 19:49 ] [ 編集 ]
知ってるよ。
売れると言う事は緩いと判断した
202. [ 2008/10/21 21:13 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR