たった一人のファミコン少年タイトルGIF

祝30周年!! 作者本人による『まじゃべんちゃー』制作秘話が掲載中


 ファミコンソフトの中で唯一の脱衣麻雀ゲームと呼ばれている『まじゃべんちゃー 麻雀戦記』

majanbieyta0o0.jpg

 実際は、元々のゲームが脱衣麻雀ゲームだったというだけで、ファミコン版は、そんな雰囲気も残しつつ、ファミコンユーザー層向けに作り直されているわけだが、そうだとしても元々そんなゲームが正規ソフトとして発売された例はなく、それだけでも異色な存在だった。
 したがって、マニアからは早くから注目されていたおり、ファミコン再評価時代には一時、プレミアソフトにもなっていたことがあるのだ。

 そんな『まじゃべんちゃー』が今年で、発売から30周年ということで、作者本人が自らその歴史を語っています。

まじゃべんちゃー30周年を迎えました (おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき)

 記事では制作秘話、名前の由来、テクノポリスソフト(徳間書店)から市販された経緯などが詳細に語られています。

 プロフィールなどを見ると、この同人ソフトメーカーは、30年以上もフリーの立場でゲームを作り続けていると書いてありました。内容はともかく、30年以上もそのような活動を続けられるなんて素直にすごいことだと思います。僕も昔は友人とゲーム作りを頑張っていましたが、もう辞めてしまったので、そのすごさが身に染みてわかるのです。

 とにかく、ファンは必見や!



まじゃべんちゃー麻雀戦記まじゃべんちゃー麻雀戦記

徳間書店 1990-10-19
売り上げランキング : 37900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
現在ではスクリプト言語の方で有名だと思うけど、おにたまさんは知ってても同人ゲーム作ってた事を知る人は少なそうだね。自分もそのクチだけど。
2767. [ 2015/01/26 22:54 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR