『たけしの挑戦状』CMが打ち切られた意外な理由


 「ポリネシアンキッド 南海の黄金」といえば?

takasinotyousenjo01.jpg
 ※ファミコンソフト『たけしの挑戦状』カセットラベルより

 ご存知、愛すべきクソゲー『たけしの挑戦状』のサブタイトルです。このゲーム、クソゲークソゲーって言われてますけど最近、その評価は高まっています。理由は「名前を貸しただけ」のような、いわゆる一般的なタレントゲームと違って、たけし本人が積極的にアイデアを出してつくられたゲームだということが、当時の製作スタッフの証言により明らかにされたからで、不条理の中にも独特の北野ワールドが描かれていると評判です。

 中には、『たけしの挑戦状』こそ、映画監督、北野武の処女作だったと言い張っているひともいるとか、いないとか……

 
 しかし、同作品はファミコンブームの波に乗って80万本を売り上げるヒット作となったわけですが、実は、その裏で「CMが打ち切りになる」という事態に陥っていたことは、あまり知られていないのかもしれません。
 
 『たけしの挑戦状』がタイトーより発売されたは1986年の12月10日。時代的には次のような出来事がありました。チャレンジャー号事故(1月)。岡田有希子の飛び降り自殺(4月)。W杯メキシコ大会でアルゼンチンが優勝(6月)。世界初、使い捨てカメラ「写ルンです」発売(7月)。ちなみに同じ年の5月には『ドラクエ』が発売されています。

 そして、なんといっても衝撃的だったのが、フライデー襲撃事件ですね……


 そうなんです。たけしが軍団を引き連れて、フライデー編集部を襲ったこのあまりにも有名な事件、実は『たけしの挑戦状』が発売される前日の出来事だったのです。

 タレントの名を冠したゲームが出るのはファミコンでは初のことでした。それなのに発売日の前日、そのタレントが逮捕されるという前代未聞の事態に、むしろ、CMを打ち切っただけで、やり過ごせちゃったという事実のほうが驚きですね(笑)

 
 Youtubeに当時のCMがアップされていたので、最後に紹介させていただきます。





 えらいっ



たけしの挑戦状たけしの挑戦状

タイトー 1986-12-10
売り上げランキング : 12277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2015/02/03 22:13 ] ファミコントリビア | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
これ自分的にはモロにリアルタイムなんで既に知ってましたね。
ただ事件直後も僅かの間ではありますが、CMの差し替えが間に合わなかったのか、
本作のCMが流れてた時期もあったような記憶がありますが。
2787. [ 2015/02/03 22:39 ] [ 編集 ]
>タレントの名を冠したゲームが出るのはファミコンでは初のことでした。
初では無いですよ。タレント冠では「聖飢魔II悪魔の逆襲」の方が発売が早いです(現在:デーモン閣下)。
もっとも、そのわずかに先に「高橋名人の冒険島」もあるけど、名人はタレントなのかメーカー社員なのか・・?
2791. [ 2015/02/05 20:49 ] [ 編集 ]
フライデー事件でCM打ち切りってものすごく有名な話だと思うけど

ちなみにたけしの挑戦状は12月10日、聖飢魔IIは12月24日
たけしが初で間違ってない
3291. [ 2016/01/01 14:03 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR