たった一人のファミコン少年タイトルGIF

最近ファミコンチラシが異常な動きをしている


 ファミコンソフト、周辺機器、そして非売品、駄菓子系フィギュアなどさまざまな関連グッツ。色々あるけれどここ最近といっても5年くらい前からひと際注目を集めているのがチラシである。メーカーなどから、問屋、小売店、玩具屋などに配られた当事のファミコンチラシ。それから一般ユーザーにも配られていたチラシなど様々です。
 当サイトとも相互リンクしていただいているファミコン時代さんなどファミコンのチラシを専門とするサイトも多い。

 さて本題、今日なんとなくYahoo!オークションを見ていたらファミコンチラシが大変なことになっていることに気づいた。削除されちゃう前に以下をご覧ください。

ファミコン チラシ 任天堂 バックギャモン
25,000円

ファミコン チラシ 任天堂 スーパーマリオUSA 
25,000円

ファミコン チラシ テクノスジャパン ダウンタウン熱血行進曲
22,100円

ファミコンチラシ 夢工場 ドキドキパニック マリオ
16,500円

 なんだこのバブル。それぞれの出品物と最終落札値段だ。調べてみると高騰しはじめたのはここ最近、1,2ヶ月のあいだです。これはブームの兆しだろうかなんて思いましたが、入札件数を見てみるとすべて3~4人と少ないんです。
 オークションの法則として猛烈に欲しいひとが2人いればどんなものでも高騰するという格言がありますが(まあ今作った言葉だけど)まさにそのケース。つまり今回のファミコンチラシの異常な動きは以下の結論に達しました。

 たまたま猛烈に欲しいひとが2人いたんだ!

 もちろん冗談ですけどね。本当のところはわかりません(笑。
 ただアーケードゲームの世界ではチラシ類はむしろゲーム本体に劣らないくらい価値があるものだというのがすでに常識です。さらにチラシの内容は希少なディスク物や人気のくにお系(そうじゃないものもあるけど)だからまったく驚くことでもなんでもない。むしろ当たり前すぎて話にならんというひともいるでしょう。
 でもね、やっぱり冷静に考えるとチラシに2万5千円は・・・ないです。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
こんにちは
オークションでファミコンチラシが凄いことになっていますね。カセットは頑張れば(レアを入れるとかなりですが)ある程度はお金で解決できます。ファミコンチラシは、まだジャンルとしては不透明な分野ですのでどれくらいのチラシが世の中に残っているかも不明です。チラシは紙ですし何枚配布されたか不明です。私は当時がんばって集めていました、おそらく私以外にも集めていた人がいるのではないかと思います。当時集めていて押入れなどに眠っていたチラシや問屋の倉庫に眠っていたチラシが今流出しているのではないかと思います。チラシが流行始めたのは、今年頭のファミ通1000号から始まったチラシの連載からではと思います。コアなチラシ収集家は以前から数名いたようですが。
208. [ 2008/11/18 23:08 ] [ 編集 ]
 どうもお久しぶりです、コメントありがとうございます。そうなんですよ、ここ最近とくにすごいような気がするんですよね。
 今さらですがフィリックス・ザ・キャットのチラシを初めて見させてもらいました。感動です。このソフトに関しての情報って少ないですよね。なんで発売中止になっちゃんでしょうか・・・

209. [ 2008/11/19 00:05 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR